作者:坂上望城

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: さ 坂上望城
(? - 天元3(980))
坂上 望城(さかのうえ の もちき)は、平安時代中期の官人・歌人。加賀介・坂上是則の子。三十六歌仙の一人である父・坂上是則と同様に和歌に優れ、天暦5年(951年)に村上天皇の命により昭陽舎に置かれた和歌所の寄人(御書所預)となり、梨壺の五人の一人として、『万葉集』の訓読や『後撰和歌集』の撰集にあたった。『勅撰和歌集』には『拾遺和歌集』『後拾遺和歌集』に1首ずつ作品が入集している。— ウィキペディア日本語版坂上望城」より。

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。