作者:北村季吟

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: き 北村季吟
(寛永元(1625) - 宝永2(1705))
北村 季吟(きたむら きぎん)は、江戸時代前期の歌人、俳人、和学者。出身は近江国野洲郡北村。祖父の宗龍、父の宗円を継いで医学を修めた。はじめ俳人安原貞室に、ついで松永貞徳について俳諧を学ぶ。飛鳥井雅章・清水谷実業に和歌、歌学を学んだことで、『土佐日記抄』、『伊勢物語拾穂抄』、『源氏物語湖月抄』などの注釈書をあらわし、元禄2年(1689年)には歌学方として500石にて子息湖春と共に幕府に仕えた。以後、北村家が幕府歌学方を世襲した。『新続犬筑波集』、『続連珠』、『季吟十会集』の撰集、式目書『埋木』、句集『いなご』は特筆される。山岡元隣、松尾芭蕉、山口素堂などの門人を輩出した。— ウィキペディア日本語版北村季吟」より。
北村季吟

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。