作者:中根重一

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: な 中根重一、なかね・しげかず
(1851–1906)
日本人の医学者、ドイツ語翻訳者。広島県の福山藩士の家に生まれる。大学東校医学部を卒業後、新潟医学所で教鞭をとる傍ら翻訳、通訳に従事。ドイツ語に堪能で、1882年ごろからは東京で行政官となり、太政官文書局御用掛准判任官、外務省翻訳官、独逸学協会幹事、またのちに設置された帝国議会貴族院書記官長も務める。のちには政争で失職し相場で財産を失うなどし苦境のまま腎臓炎を悪化させ死去。

妻はカツ(豁)。3人の娘(キヨ、トキ、ウメ)がおり、キヨは夏目漱石の妻となった(夏目鏡子)。

翻訳文献

  • 1885年 王室財政論(リヨンネ原著)、独逸学協会雑誌第18号
  • 1891年 地方財政学 (カール・ラートゲン、Rathgen, Karl原著)  NDL

著述

二次文献

官報(辞令)

  • 1887年5月7日官報、法制局  NDL
  • 1890年10月27日官報、内務省  NDL
  • 1891年4月8日官報、内閣  NDL
  • 1892年11月10日官報、内閣  NDL
  • 1893年12月4日官報、内閣  NDL
  • 1893年12月5日官報、逓信省  NDL
  • 1893年12月23日官報、内閣  NDL
  • 1894年2月17日官報、内閣  NDL
  • 1894年2月27日官報、内閣  NDL
  • 1897年7月5日官報、内閣  NDL
  • 1898年11月19日官報、内閣  NDL
  • 1898年12月12日官報、宮内省  NDL
  • 1900年3月12日官報、行政裁判所  NDL
  • 1900年11月1日官報、内務省  NDL
  • 1901年4月6日官報、内務省  NDL
  • 1901年12月28日官報、内閣  NDL

関連項目

注記

  1. 1.0 1.1 1.2 著作権保護期間内の可能性のある二次作品。

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。