作者:ギュスターヴ・エミール・ボアソナード

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ほ ギュスターヴ・エミール・ボアソナード
(1825–1910)

フランス人の法学者。明治政府の法制顧問及び法学教授として1873年に招聘され、治罪法、民法など日本法の編纂に尽力した。勲一等旭日大綬章受章。
ギュスターヴ・エミール・ボアソナード

作品[編集]

関連文献[編集]

  • 有地亨『旧民法の編纂過程にあらわれた諸草案 -旧民法とフランス民法との比較検討の準備作業として-』、1973年。九州大学『論説』。 PDF

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。