佐久間軍記/奈良御社參付河州合戰

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search

鯰江若江城攻 ↑佐久間軍記 →勝家授越前


奈良御社參付河州合戰

天正二年甲戌三月。信長公禁裏奏聞。赴奈良東大寺蘭奢待截。四月歸路。大坂門跡兵發道ヲサヘキル。使佐久間信盛擊破之。

同年。畠山(昭脱カ)高家臣遊佐河内守。殺昭高ヲ。國中大亂。時保田若狭守通信長公。使佐久間信盛。遊佐ヲ討シム。保田養子保田久六安政進先登ト云々。



この日本を法管轄とする文書は、著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日の属する年の翌年から起算して50年を経過したものであるため、日本の著作権法第51条及び57条の規定により著作権の保護期間が満了しています。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。