人民委員会議の設立について

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

 人民委員会と呼ばれる暫定労働者と農民の政府を形成し、憲法制定会議の召集を待つ間、国を統治することを決定します。国家生活の個々の支部の管理は人民委員会議に委ねられており、その構成は、労働者、女性労働者、船員、兵士、農民、および事務職員の大衆組織と緊密に連携して、議会によって宣言されたプログラムの実施を確実にする必要があります。政府の権力は、これらの委員会の共同体に属しています。

人民委員会の活動の管理とそれらを解雇する権利は、全ロシアソビエト大会の労働者、農民、兵士の代理人とその中央政府に帰属します。

現在、人民委員会は次の人物で構成されています。

  • 人民委員会議長 - ウラジーミル・レーニン
  • 内務人民委員 - アレクセイ・ルイコフ
  • 外務人民委員 - レフ・トロツキー
  • 財務人民委員 - イヴァン・スクヴォルツォフ=ステパノフ
  • 農業人民委員 - ウラジーミル・ミリューチン
  • 労働人民委員 - アレクサンドル・シュリャプニコフ
  • 陸海軍委員 - ウラジーミル・アントーノフ=オフセーエンコ / ニコライ・クルィレンコ / パーヴェル・ドゥイベンコ
  • 貿易・産業人民委員 - ヴィクトル・ノギン
  • 公教育人民委員 - アナトリー・ルナチャルスキー
  • 法務人民委員 - ゲオルギー・オッポコフ
  • 食糧人民委員 - イヴァン・テオドローヴィチ
  • 郵便・電信人民委員 - ニコライ・グレボフ=アヴィーロフ
  • 民族問題人民委員 - ヨシフ・スターリン

鉄道人民委員会のポストは一時的にいません。