亡びよ

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

情報不足: この文書には原典や著作権者、ライセンス等の必要な情報が不足しています。必要な情報が提供されない場合、即時削除の基準により、削除される可能性があります。ノートも参照してください。

必要な情報: 底本

             藤井武
日本は興りつつあるのか、それとも亡びつつあるのか。
私の愛する国は祝福の中にあるのか、それとも呪詛の中にか。

興りつつあると私は信じた、祝福の中にあると私は想うた。
しかし実際この国に正義を愛し公道を行おうとする政治家の誰一人もいない。

真理そのものを慕うたましいの如きは草むらを分けても見当たらない。
青年は永遠を忘れて鶏のように地上をあせり
おとめは真珠を踏みつける豚よりも愚かな恥ずべき事をする。

かれらの偽らぬ会話がおよそ何であるかを
去年の夏のある夜私はさる野原で隣のテントからゆくりなく漏れ聞いた。
私は自分の幕屋の中に座して身震いをした。
翌早朝私は突然幕屋をたたみ私の子女の手をとって
ソドムから出たロトのようにそこを逃げだした。

その日以来日本の滅亡の幻影が私の目から消えない。
日本は確かに滅びつつある。あたかも癩病者の肉が壊れつつあるように。
わが愛する祖国の名は遠からず地から拭われるであろう。
鰐が東から来てこれを呑むであろう。

亡びよ、この汚れた処女の国、この意気地なき青年の国!
この真理を愛することを知らぬ獣と虫けらの国よ、亡びよ!

『こんな国に何の未練もなく往ったと言ってくれ』と遺言した私の恩師の心情に
私は熱涙をもって無条件に同感する。

ああ禍いなるかな、真理にそむく人よ、国よ。
ああ主よ、願わくはみこころをなしたまえ。!