井筒

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ワキ詞「これは諸國一見の僧にて候。我此程は南都七堂に參りて候。又是より初瀨に參らばやと存じ候。是なる寺を人に尋ねて候へば。在原寺とかや申し候ふ程に。立ちより一見せばやと思ひ候。

「さてはこの在原寺は。いにしへ業平紀の有常の息女。夫婦住み給ひし石の上なるべし。風ふけば沖つ白浪たつた山と詠じけんも。この所にての事なるべし。

下歌「昔かたりの跡とへば。其業平の友とせし。紀の有常の常なき世、妹背をかけて弔はん。

シテ次第「曉ごとの閼伽の水。。月も心や澄ますらん。

サシ「さなきだに物の淋しき秋の夜の。人目まれなる古寺の。庭の松風更け過ぎて。月もかたぶく軒端の草。わすれて過ぎし古へを。忍ぶ顏にていつまでか。待つ事なくてながらへん。げに何事も。思ひ出の。人には殘る。世の中かな。

下歌「唯いつとなく一筋に。頼む佛の御手の糸。道びき給へ法の聲。

上歌「迷ひをも。照らさせ給ふ御誓ひ。。實にもと見えて有明の。ゆくへは西の山なれど。ながめは四方の秋の空。松の聲のみ聞ゆれども。嵐はいづくとも。定めなき世の夢心。何の音にか覺めてまし。

ワキ詞「我此寺にやすらひ。心を澄ますをりふし。いとなまめける女性。庭の板井を結び上げ花水とし。是なる塚に回向の氣色見え給ふは。いかなる人にてましますぞ。

シテ詞「是は此あたりに住む者なり。此寺の本願在原の業平は。世に名を留めし人なり。さればその跡のしるしも是なる塚の蔭やらん。妾も委しくは知らず候へども。花水を手向け御跡を弔ひ參らせ候。

ワキ詞「實に業平の御事は。世に名を留めし人なりさりながら。今は遥に遠き世の。昔かたりの跡なるを。しかも女性の御身として。かやうに弔ひ給ふ事。其在原の業平に。

「いかさま故ある御身やらん。

シテ詞「故ある身かと問はせ給ふ。其業平は其時だにも。昔男といはれし身の。ましてや今は遠き世に。故もゆかりもあるべからず。

ワキ「もつとも仰はさる事なれども。こゝは昔の舊跡にて。

シテ「主こそ遠く業平の。

ワキ「あとは殘りてさすがにいまだ。

シテ「聞えは朽ちぬ世語を。

ワキ「語れば今も。

シテ「昔男の。

地「名ばかりは。在原寺の跡舊りて。。松は老いたる塚の草。是こそゝれよ亡き跡の。一村すゝき穗に出づるはいつの名殘なるらん。草茫々として露深々と古塚の。まことなるかな古への。跡なつかしき。けしきかな。

ワキ詞「猶々業平の御事くはしく御物語り候へ。

地クリ「むかし在原の中將。年經てここに石の上。ふりにし里も花の春。月の秋とて。住み給ひしに。

シテサシ「其頃は紀の有常が娘と契り。妹背の心あさからざりしに。

地「又河內の國高安の里に。知る人ありて二道に。忍びて通ひ給ひしに。

シテ「風ふけば沖つ白波立田山。

地「夜半にや君がひとり行くらんとおぼつか波の夜の道。ゆくへを思ふ心遂げて外の契りはかれなり。

シテ「げに情知る。うたかたの。

地「あはれを述べしも。理なり。

クセ「むかし此國に。住む人の有りけるが。宿をならべて門の前。井筒に寄りてうなゐ子の。友達かたらひて互に影を水鏡。面をならべ袖を懸け。心の水も底ひなく。うつる月日も重なりて。おとなしく耻ぢがはしく。互に今はなりにけり。其後彼まめ男。言葉の露の玉章の。心の花も色そひて。

シテ「筒井筒。井筒に懸けしまろが丈。

地「生ひにけらしな。妹見ざる間にとよみておくりける程に。其時女もくらべ來し振分髮も肩過ぎぬ。君ならずして。誰かあぐべきと互によみし故なれや。筒井筒の女とも。聞えしは有常が。娘のふるき名なるべし。

ロンギ地「げにや舊りたりし物語。聞けば妙なる有樣の。あやしや名のりおはしませ。

シテ「誠は我は戀衣。紀の有常が娘とも。いさ白波の立田山夜半にまぎれて來りたり。

地「ふしぎやさては立田山。色にぞ出づるもみぢ葉の。

シテ「紀の有常が娘とも。

地「又は井筒の女とも。

シテ「はづかしながら我なりと。

地「いふや注連繩の長き世を。契りし年は筒井筒井筒の蔭に隱れけり。

ワキ上歌「更けゆくや。在原寺の夜の月。。昔を返す衣手に。夢待ちそへて假枕。苔の筵に臥しにけり。

後シテ「あだなりと名にこそ立てれ櫻花。年に稀なる人も待ちけり。かやうによみしも我なれば。人待つ女ともいはれしなり。我筒井筒の昔より。眞弓槻弓年を經て。今は亡き世に業平の。形見の直衣。身に觸れて。はづかしや。昔男に移り舞。

地「雪をめぐらす。花の袖。(序の舞)

シテワカ「こゝに來て。昔ぞかへす。在原の。

地「寺井に澄める。月ぞさやけき。

後シテ「月やあらぬ。春や昔と眺めしも。いつの頃ぞや。筒井筒。

地「つゝゐづゝ。井筒にかけし。

後シテ「まろがたけ。

地「おひにけらしな。

シテ「おひにけるぞや。

地「さながら見えし。昔男の。冠直衣は。女とも見えず。男なりけり。業平の面影。

シテ「見ればなつかしや。

地「我ながらなつかしや。亡婦魄靈の姿はしぼめる花の。色なうてにほひ。殘りて在原の寺の鐘もほのと。明くれば古寺の松風や芭蕉葉の夢も。破れて覺めにけり夢は破れ明けにけり。

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。