二松學舍大学校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報不足: この文書には原典や著作権者、ライセンス等の必要な情報が不足しています。必要な情報が提供されない場合、即時削除の基準により、削除される可能性があります。ノートも参照してください。

必要な情報: 著作権が消尽しているか。具体的には作詞者の没年。

作詞 新田貫一
補正 校歌制定委員会
作曲 東京音楽学校

一、

  1. 平和の御国
    栄えん花と 靖国の
    桜は匂ふ 窓染めて
    あゝ緑こき 大皇居
    仰ぎて清き この学舎

二、

  1. 世界の光
    東洋の学 継ぎ行けと
    願いて建てし 中洲師
    あゝ松が枝は年古りて
    伝統清き この学舎

概要[編集]

昭和18年に二松學舎専門学校校歌が制定されたが、戦後、新制大学への移行に伴い、校歌・学生歌の再検討がなされた。 まず、昭和18年に制定された校歌については、歌詞を時代の趨勢に即応させるため、原作詞について校歌制定委員会が補正を行った。 原作の天皇への帰趨、国家主義の精神は、世界平和への願いに改められた。 また、原詩は三節であったが、補正では二節に短縮された。

参考文献[編集]

  • 二松學舎九十年史
  • 二松學舎百年史

関連項目[編集]