予兆詩集

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミシェル・ノストラダムス師の予言集>予兆詩集


1555年から1567年まで歴年なされたノストラダムス師の予兆詩集[1]

1555年[編集]

1 - 上述の年に関する予兆

神の御心に触れた魂が予兆を示す
困難、飢餓、ペスト、戦争が立て続けに
洪水、乾燥、大地と海は血に染まる
平和、休戦、高位聖職者たちが生まれ、王子たちは死ぬ。

2 - 1555年に関する題辞[2]

ティレニア海、大洋はラ・ガルド
つまりは大ネプツヌスと、彼の三叉戟の兵士たちによって
プロヴァンスは大いなるタンドの手により安泰
さらに、ナルボ・マルティウス、ヴィラールの雄々しさ

3 - 1月

時を告げる大きな青銅は
暴君の最期に際し、壊れるだろう。
涙、嘆き、叫び、洪水、氷。パンはない。
V.S.C.[3]、平和。軍隊が通るだろう。

4 - 2月

レマン湖のほとりで、恐怖が大きくなるだろう
勧告により、それは不足しえないだろう
新しい王は、子飼いの一団を準備させる
死んだ若者。飢餓。恐怖が噴出させるだろう。

5 - 3月

おお残酷なマルス、汝はどれほど怯えさせるのだろうか
銀と結合した鎌はより一層
艦隊、軍隊、水、風。影がまとわりつく
海、陸、休戦。友はL.V. [4]と結びつく。

6 - 4月

汝は監視をしなかったことで一層侮辱されよう
弱くて強いもの、不穏な平穏
彼等は飢えを訴える。人々は抑圧される
赤く染まった海。高慢で不公正な長身の男。

7 - 5月

五、六、十五。遅かれ早かれ彼らは滞在する
終わりなき嗣子。暴動を起こされた諸都市
平和の伝令官は二十三日に戻る
開かれた五を閉ざす。捏造されたニュース

8 - 6月

時を隔てて、水瓶のそばに奸悪な者が戻る
大いなるマルスに、火は障害を与えるだろう
その方向はアキロン、南仏、非常に高慢な女
フローラは考えの中では門を保ち続けるだろう

9 - 7月

八、十五と五。何という不誠実
奸悪な偵察者が許されようとやって来るだろう。
空の火、雷、恐怖、教皇座の怖れ
西方は震える。サラン (Salin) はワインを沢山隠す

10 - 8月

六、十二、十三、二十。婦人が語るだろう。
長男は女性により堕落させられるだろう。
ディジョンギュイエンヌ。雹、雷はそれを打破する。
血とワインをむさぼる貪欲な者。

11 - 9月

天は涙する、それをなさしむるのか、と。
海は準備する。ハンニバルは計略を実行する
デニス (Denys) は水浸しになる。艦隊は遅れ、安静にはしていない
彼は秘密を知らなかった。汝はそのことを喜ぶのか

12 - 10月

ウェヌス・ネプツヌスは企てを続行するだろう
考える人々は閉じ込められ、反対する人々は災禍に遭う
アドリア海に艦隊、テムズ川の方を向く諸都市
第四の騒音は夜に休んでいる人々を傷つける。

13 - 11月

天の大いなる者が外套に隠して与えるだろう
アドリアの救援を。門で提示される。
彼は起こりうる危険から身を守るだろう
夜、大物は箱を追いかけて傷付けられる

14 - 12月

きわめて不正で虚偽に満ちた門は叫ぶ
開かれた口、平和の条件
結晶化したローヌ川、水、雪、染まった氷
死、また死、雨による風は重荷を壊すだろう


1557年[編集]

15 - 1月

飾られた小物は大かまどを恐れるだろう
捕虜たちによって選ばれた第一位、(その者は)そこから戻らない
世界の大いなる低地。イタリアは気楽でない。
バルブイステルマルタ島。空虚は戻らない。

16 - 5月

今月に結びつく、急な知らせが空に。
受理され、放置される、死亡率は不確かに。
雨は僅少。入ること。天は地を干上げる
敗北、死、捕囚、逮捕、不運にも。

17 - 6月

フーク[5]での海軍の勝利、アントワープは不一致
空から大いなる者が生まれる、火、震撼、高い燃焼
サルデーニャ、木材、マルタ、パレルモコルシカ
死せる高位聖職者が、ラバに跨る者を撃つ

18 - 7月

さまよう伝令官、犬から獅子へと向き直る
火は都市を燃やすだろう。略奪、新しい捕囚。
軽量船が発見される。囚われの王子は戻ってくる。
密告者は捕われる。ガリア、乙女は大いなる者と結ばれる。

19 - 8月

大法廷から追放される。紛争、負傷者。
選ばれ、釈放され、告発され、打ちのめされる反逆者たち
そして火、ピル (Pyr. )の都市、洪水、毒、圧搾
水面へ漕ぎ出すことなく、ラティウム人を怒らせることもない

20 - 9月

海と陸を行く、信仰、砕かれた忠誠心
略奪、遭難、都市では喧噪
高慢、酷い行い、培われた野望
弱い攻撃、事件の首魁は罰せられない

21 - 10月

寒さ、大洪水、王国からの追放。
甥、不和、熊の星座は東方を弱らせる。
毒、包囲がなされる、都市から逐われる。
祝うべき帰還、新宗派は破滅に

22 - 11月

閉じられた海、開かれた世界、奪還された都市
大物は衰える。選ばれた新人。大いなる靄(もや)
花が開き (Patére Floram)、陣営が入る。破棄された信仰
努力は白い羽毛には厳しいものとなろう

23 - 12月

ウェスタへの保護、戦争は絶やされ移される
海戦、名誉、死、高位聖職位
入ること。死亡。フランスは大いに増強される
選ばれし者、通り過ぎた者、悪い時期に来た者。

1558年[編集]

24 - 1月

次に生まれた王がなす。悲しみの祝婚歌
動揺させられた聖なるもの。饗宴、遊戯、鎮静のマルス
夜、涙、人々は叫ぶ、その者たちは婦人を外へ導く
逮捕と破棄された条約、至る所で

25 - 3月

位階内での虚しい不満
ジェノアは反逆する。侵攻、蜂起、騒乱
君主政体は最も偉大な王のものであろう
選挙、覆われた紛争、埋葬

26 - 4月

不和のせいで失敗に結びつく不在の中で
ある者は突然彼を頂点に戻すだろう
アキロンの方へと、騒音が極めて大きくなるだろう
障害、上を通り抜ける点

27 - 5月.

ティレニア海には異国の帆
海を通じて様々な襲撃があるだろう
ペスト、監獄、幕屋に血
司令官たち、教皇特使、外洋を進むことで動揺させられる

28 - 6月

信仰の存する所が棄てられるだろう
敵が敵を食うだろう。
天が火を雨のように降らせ、燃やすだろう。中断される
企ての夜。頭目たちは争いを起こすだろう

29 - 7月

戦争、雷鳴、無人になったいくつかの野
恐怖と喧騒、前線への強襲
偉大なる大物 (Grand grand) は衰える。亡命者への赦し
ゲルマン人イスパニア人。バルバロイの海を経て軍旗

30 - 8月

喧騒は空虚になるだろう。衰えている者たちは縛られる
剃髪たちは捕われ、パンポタン (Pempotan) が選ばれる
二人の赤き者と四人の立派な十字軍兵士は失敗する。
力ある君主にとって邪魔になる雨

31 - 10月

雨、風、バルバロイの艦隊、イステル、ティレニア海
輸送船がチェルヴェーテリを通る。配備された兵たち
恩恵は削られる。シエーナはフローラにより解放される
二者は死ぬだろう。結ばれた友情

32 - 11月

美しきウェヌスはフローラに入るだろう
秘密の亡命者たちはその場を放置するだろう
多くの未亡人たち、大物の死を彼女たちは悼む
王国から取り除くことを大いなる大物 (le grand grand) は行いそうもない

33 - 12月

遊戯、饗宴、婚礼、有名な高位聖職者の死
騒ぎ、休戦の平和、敵を弱らせる間
海も陸も空も騒がしい。偉大なブレンヌスの行為
叫び、金、銀、人々は敵を慌てさせる

1559年[編集]

34 - 上述の年に関して

畏怖、氷、大略奪、海を通り過ぎる。領土は拡大する
宗派、海をこえる聖別者たちは一層磨かれる
ペスト、暑さ、火、アキロンの王の旗
戦勝記念が建てられる。ヘンリポリス (Henripolis) の都市

35 - 1月

偉大な者はもはやいない。雨。戦車へとクリスタルが。
喧騒が引き起こされる、全ての物財の放棄
剃髪たち、聖別されたもの、新しいもの、古いもの、怯えさせるもの
選ばれた者、恩知らず、死体、憐れまれた者、悦び、同盟

36 - 2月

腐った小麦、悪疫の空気、イナゴ
急に落ちるだろう。新たな新しいものが生まれる
鎖に繋がれた捕虜、軽いもの、高いもの、低いもの、重いもの
その骨による凶事、それは王に、彼はそれを望まない

37 - 3月

寺院に囚われる、諸宗派によって長く望まれていたもの
選ばれたもの、奪われたもの、木に諍いを形作る
七十の部分が新たな連盟を生む
その結果彼らの死、宥められた王、知らせ

38 - 4月

王は勝利者、皇帝と称えられる
歪められた信仰、認識された王家の事件
マチアンの血[6]、王は征服者となる
傲慢な民族、涙によって謙虚になる

39 - 5月

遺恨による婚礼、祝婚歌
三つの赤い部分により剃髪たちは出発する、
黒い若者へと。火によって魂は再置される
偉大なるネプツヌスオグミウスは信奉するようになる

40 - 6月

家の中で、七人、死によって、立続けの死すべき運命
雹、嵐、酷いペスト、怒り
東方の王、西方の全ての者は逃げ出す
そのかつての征服者たちを屈服させるだろう

41 - 7月

略奪された盗品、暑さ、大旱魃
居合わせない多くの人々により、見聞きされない事件
異邦人に対し、非常に大きな情愛
新しい国、王、オリエントは騙される

42 - 8月

見つけられた瓶、貢納する都市
分断された野、新しい欺瞞
負傷したイスパニア人、飢餓、猛威を振るうペスト
執拗な嘲り、不明瞭、凶事、妄想

43 - 9月

乙女らと未亡人ら、汝らの良き時が近付く
人々が熱望するものは何もないだろう
新たに近付いてくるには遠い。
しかと十分に取られ、きちんと元通りになり、より悪い状態が続くだろう

44 - 10月

今月の内に完成するだろう
三人の大物は外に。良き城塞都市は遠いだろう
彼らに反抗して、そのうち一人が陰謀を企むだろう
今月の終わりに人々は不足を見るだろう。

45 - 11月

言葉が保たれ、婚礼は再開される
偉大なる女傑 (La grande grande) はフランスの外へ出掛けるだろう
ロマーニャでの声、飽くことなしに叫ぶ
偽りだらけの保証により、平和が受け取られる

46 - 12月

涙の中の悦びがマルスを捕らえに来よう
偉大な者の前で神に捧げられた者たちは動揺するだろう
言葉を詠むことなしに、彼らは三つの方向から入るだろう
鎮静のマルス、氷の上をワインが巡る

1560年[編集]

47 - 1月

昼間、議会、公会議でない仮信条協定(fr:intérim)
平和が準備される年、ペスト、飢餓、分裂
外にも中にも置かれる。空が変わる。住居。
休暇の終わり、位階の叛乱

48 - 2月

議会が中断する。古の聖なるものを取り戻す。
二つの下で、許しにより火が続く
軍隊を除外して聖別式。長身の赤き者は持つことを望むだろう
怠慢の平和、選ばれし者、未亡人は生きている

49 - 3月

新しく選ばれた者が出現させるだろう
日課の場所、境界の外へと出る
残忍を変えるためになされた善
疑わしい場所からは、全員が速やかに出て行くだろう

50 - 4月

選ばれた場所に、剃髪たちは満足しない
レマン湖から導かれる証明されないもの
人々は古い時代を新しくさせるだろう
大いにくすぶる陰謀を暴くであろう

51 - 5月

アロブロックス (Allobrox)の協定は中断されるだろう
最後の手段は強い嘲笑をもたらすだろう
大いなる謀反人は崩されないだろう
そして新たな同盟が承認される

52 - 7月

長い髪が統治者に害をなす。
飢餓、灼熱、火、そして血の蒸気
ユピテル主義者のすべての身分に大いなる栄誉
焚きつけられた剃髪たちによる暴動

53 - 8月

ペスト、飢餓、火、やむことのない灼熱
雷、大きな雹、寺院は空から打たれる。
勅令、逮捕、そして破棄された過酷な法
創造者たる頭目とその手下たち、そして彼は不意にとらわれる

54 - 9月

剃髪たちは甲冑を奪われるだろう
彼らのより大きな諍いが増幅するだろう
アルバニアの雷を欺いたリベル・パテル[7]
諸宗派はその精髄を侵蝕されるだろう

55 - 10月

慎ましい要求が受け容れられるだろう
彼らは逐われ、そのあと元に戻るだろう
偉大な女傑は満たされていたことに気付くだろう
盲人、聾者は上に置かれるだろう

56 - 11月

置かれることはないだろう、追い払われた新参者たち。
黒、遠くから、偉大な者は強く保つだろう
軍隊に頼るため、亡命者たちは一層逐われるだろう
勝利を歌い上げる、自由のきかない、慰め

57 - 12月

葬儀は放置される。最高の同盟
逝去した偉大な剃髪、入り口でなされた拒絶
帰還の中に存在するもの。恩恵は忘却の中に。
公正の死が宴席で遂行される。

1561年[編集]

58 - 上述の年に関して

王にして王なる者は生きていない、寛大な者による破滅
悪疫の年、曇天が惹起される
大物のせいで、誰も自身のためには喜ばない
そして奸悪なものたちの時期は過ぎ去るだろう

59 - 3月

壁の下部で、灰色の縄帯を持つ者
騎兵は潰滅して、囲い地は開放される
寺院の外で、マルスと大鎌持ち
外に、置かれ、放棄される、幻想上は。

60 - 4月

粛清された時期、悪疫の嵐
バルバロイの攻撃、激昂、侵略
今月を通じて、終わりない凶事が我らに向けて準備される
そして最も偉大な者たち、愚弄の中でより取るに足らない二者

61 - 5月

長くない喜びが彼の仲間により棄てられる
悪疫の年、最も偉大な者が襲われる。
善良な婦人はエリュシオンの野に
そして、価値あるものの大半は寒さで摘まれない。

62 - 6月

ロワン (LOIN) の道程。紛争を準備させないために
悲しい企て。醜悪なペストの瘴気
どの部分でも、偉大なものたちは悲嘆にくれる
そして、十と七は二十と二を襲う

63 - 7月

再び捕らわれ、明け渡され、凶事により恐怖に晒される
低きものによる血、醜悪な面々
最も知恵ある人々に対して激しい恐怖に駆られる無知な人々
喪失、憎悪、恐怖、哀れな女性は低きに落とされる

64 - 8月

死と捕縛、無気力な者たちの変化
より一層近づく一方で遠ざかるだろう
結合して閉じられたものが、廃れた納屋に
長引く救いに、最も強き者が驚かされる

65 - 10月

灰、白、黒、煙でいぶされ、僧帽を持たされる。
その者たちは自らの地位に再任され、解任され、叙任される
夢想家たちは馬鹿にされていると思うだろう
そしてウェスタの巫女は強力な火床(グリル)に押し付けられる

1562年[編集]

66 - 上述の年に関して

冬と春は良好で健やか、夏は凶
日照りの秋は有害、小麦は稀少
ワインは十分。悪い双眼、事件、迫害された者
戦争、反抗者たち、暴動につながる欠陥

67 - 1月

善きものに向けた隠れた欲求が成就するだろう
宗教、平和、愛、合意
祝婚歌は全く調和しないだろう
高き者は、高く、低く、綱で置かれる。

68 - 2月

剃髪たちにとっての頭目は果てに辿り着くことはないだろう
変えられた勅令、閉ざされた者たちは沖に置かれる
大人物の死体が発見される。信仰はより少ない。低地に立ちつつ
包み隠され、凍えさせられ、打たれる、掘っ立て小屋で

69 - 3月

遠くから動かされ、遠くから近くへと侵食するだろう
捕られ、囚われ、平穏になる、女性によって。
人々が駆け引きするようには保てないだろう
通り過ぎることなく置かれ、激怒から魂を取り除く

70 - 4月

遠くから、動かすために引き起こしに来るだろう
無数の人々に対する露になった無為なもの
義務のせいで凶事が誰にも認識されない
厨房では、死が見つけられて終えられる。

71 - 5月

協定は何もない。より強い凶事と騒乱
あるべきものとして、海も陸も静まる
法令全体は二倍の価値はない
不公正な者が語るだろう。無に帰させるための議会

72 - 6月

驚異的な出来事、ひどくて信じられない!
テュポーンは悪人たちを動揺させるだろう
そのあとで綱により支えられる者
そして、野原には亡命者の大部分

73 - 7月

天からフランスに来た権力が玉座におさまる
徳により世界が平和になる
より多くの血が撒き散らされ、ほどなく好機がめぐってくる
(それは)鳥たちや火によってであって、蛆虫によってではない

74 - 8月

有色人たちや聖別された者たちは満足しない
陽気なアンドロギュノスにより一挙に
大部分の人が見る、時は来ない
彼らのうちの数人が、肉なしのスープを作るだろう

75 - 9月

彼らは全力を取り戻すだろう
合意の一点に結び付けられる、合意はされない
否認した全ての人々、剃髪たちにはなお一層の信頼
彼らのうちの数人は、群れに包囲される

76 - 10月

陸と海の教皇特使のために
大いなるケープはすべてに順応する
沈黙のロルヴァラン[8]は傾聴する
彼の助言には同意したがらないだろう

77 - 11月

風が敵軍を妨げる
最も偉大な者は前進が困難でほとんど進まない
毒のワインがグラスに注がれるだろう
馬の害なく大きな銃を運ぶために

78 - 12月

クリスタルにより、企ては破棄される
さらに一層寛ぐための遊戯と饗宴
もはや彼の食事は偉大な者たちのそばにはないであろう
急なカタル、聖水を振りかける

1563年[編集]

79 - 上述の年に関して

健やかな春、血、しかし動揺させられ、一致は何もない。
途切れることのない殺人、捕囚、死体、被疑者
沢山の水とペスト、全体の中のごく僅か、鳴らされた角笛
捕虜、死体、逃走者、大物になる者、来た者。

80 - 1月

多くの水、多くの死体、多くの武器が揺さぶる
合意は何もなく、偉大な者は囚われたままに
人の血、激怒、激昂しない者
遅れた悔悛者、ペスト、戦争、動機

81 - 2月

言葉の死が敵たちに近づく
善良な者は平和に帰着させたがるだろう
頑迷な者たちは近親の女性を亡きものとしたがるだろう
捕虜たちは驚かされる、容疑者たち、怒りは害する

82 - 3月

途切れない愁傷、すなわち父たちと母たちの死
愁嘆に立ち会う女性たち、女性のペスト患者、怪異
偉大な者はもはやなく、すべてが終わる
平和の下で、休息、そして全員がそのことに反対


83 - 4月

王子たちは討論の只中、動揺させられたキリスト教国
外国の異教徒たち、キリストの御座は不快にさせられる
極めて悪いものが来る、非常によいものも。致命的な見解
東方の死、ペスト、飢餓、悪しき条約。

84 - 5月

大地が震える、死者、驚異、怪異
無数の捕虜、撃破すること、なされたこと
海を渡ることで不運が生じるだろう
高慢に対する高慢、偽るための凶事

85 - 6月

不公正の者は低きへ、人々は彼をひどく苦しめる
雹は浄化する、宝、彫られた大理石
スュアール[9]の頭目は人々を死なせるべく殺戮するだろう
そして刃は木に括りつけられるだろう

86 - 7月

悪くないのは何者か。許せない結末
火、悲嘆にあらず、困惑の外にいる教皇特使
最もひどい負傷者には戦いは仕掛けられないだろう
六月の終わり、糸は木で切られる。

87 - 8月

善き者は協定によって巧妙に弱らせられる
マルス、及び団結した高位聖職者たちは止めないだろう
贈り物に当惑した大物たちは体を切り開かれる
相応しい者も相応しくない者も、不当な財を差し押さえるだろう

88 - 9月

吉から凶へと時代は変わるだろう
アウスト[10]の協約、最も偉大な者たちの希望
大いなる者たちの愁嘆、リュイ[11]がなお一層傾くだろう
剃髪たちは知識も権力も理解しない。

89 - 10月

疑うに十分な凶事の月は今月である
死、全てを瀉血すること、ペスト、飢餓、争うこと
亡命に反対の人々は注意しに来るだろう。
見張るべきでない大いなる秘密の死

90 - 11月

死によって死は咬む、会議、ペストの飛翔
人は思い切ってマリウスを攻撃するということができない
デウカリオンは最後の騒擾を惹き起こす
半死人に慄く若者はほとんどいない。

91 - 12月

遺恨による死が他の者たちを輝かせるだろう。
高所で大いなる禍いが起こる
悲しい着想が各々を害するために生じるだろう
品位ある世上権、ミサは成功する

1564年[編集]

92 - 上述の年に関して

セクスティル[12]の年、雨、小麦は豊穣、憎しみ
人々に喜び。王子たち、王たちは対立の中に
群れは滅びる。人類の変転
害された人々。そして、樹皮の下の毒

93 - 1月

非常に変わりやすい時期、あらわになった不和
戦争の勧告、変化、捕虜、変化したもの。
偉大な女性は生きていない。企てられたもの、洪水で失われたもの
大いなる争い、最も偉大な者に向けて全てが整えられる

94 - 2月

大洪水、陰謀に巻き込まれた死だという噂
改められた世紀、三人の偉大な者たちは大いなる不和の中に
煽動者たちによって、協定は険悪に
妨げの雨、悪意ある諸会議は和解する

95 - 3月

王たちの間に憎悪が生じるのを見るだろう
紛争と戦争が始まる
大いなる諸変化、新しい騒擾が大きくなる
人々は平民の秩序を傷つけに来るだろう

96 - 4月

秘密の陰謀、民衆は謀略を企む
揺さぶる策略の中で露見したこと
偉大な者たちに抗して…[13]
そして殺され、権力のない状態に置かれる

97 - 5月

変わりやすい時期、熱、ペスト、憔悴
戦争、討論、掛け値なしに悲嘆にくれた時代
浸水、王子はより厳格でないものへと
王たちと偉大な者たちに祝福、その他の者たちは死を恐れる

98 - 6月

その場所からペストが平定され、逃走が生じる。
変わりやすい時期、風、三人の大物の死
天から巨大な雷霆、剃髪たちの財産を喰らうために
死が近い老人、果樹園の中に木はほとんどない。

99 - 7月

世界は脅威に晒され、王たちは祝福する
剃髪たちは動揺させられる、そのことについての勧告により
教会、彼らにとっての王たちが人々を苛立たせる
ある人は後に、彼がそうでなかったものを示すだろう

100 - 8月

洪水が近い、牛の新しいペスト
宗派は衰える。人々に空虚な喜び
法なき法に関して、証拠として前に置かれる
餌、罠、そして脈を断つために裏切られる。

101 - 9月

全てを水浸しにする。剃髪の女性たちに損失
壁からの飛翔、死、全ての財産の放棄
覆いの外套によって逃れるだろう
新参たちと古参たちの運は向きが変わるだろう

102 - 10月

口と咽喉が焼け爛れた火ぶくれの状態に。
7人の偉大な者たちのうちの5人。にじみ出る咳が害をなす。
非常に長引く雨、火ぶくれは変化しても、死には至らない。
偉大な者は死ぬ。その者は万人を輝かせる者であった。

103 - 11月

火の騒ぎにより、大物たちと老人たちは衰える。
ペストは鎮まる。より偉大な女性が生まれる。
祭壇のペスト、隠された干し草、余り摘まれないために
群れは死ぬ。司祭を除けば豊かな喜び。

104 - 12月

快活な点、聖別式での甘美な恍惚
腫れ上がった三、四、そして側面で死ぬ
道が欠ける、聖別式では半分にならない
七と三を通じて、そして五番目のものを通じて、巡る

1565年[編集]

105 - 上述の年に関して[14]

昨年と比べて今年は百倍悪くなる
王国や教会の最も偉大な方々にとっても
終わりなき凶事、死、国外追放、壊された廃墟
大いなる女性は死に瀕する。ペスト、傷、胆汁。

106 - 1月

雪、さび病、雨、大きな傷
最も偉大な者たちに喜び、やむことなきペスト
種子、小麦は多い。そしてより多くの群れが
準備されるだろう。反目は和らがない。

107 - 2月

偉大な者たちに大きな不和が生じる
長身の学者のせいで、大きな事件が混ぜるだろう
新しい諸宗派、憎しみと不和の中におく
戦争と諸変化で全ての人々を傷つけたものを

108 - 3月

秘密の陰謀、危険な変化
過激派は秘密裏に企てる
雨、大風、高慢な人々による災禍
川は氾濫する、ペストにつながる動向

109 - 4月

ペストがはびこる、諸宗派は互いに争う
穏やかな時、冬、ほとんど戻らない。
ミサと説教について、彼こそが苦しみつつも討議する
川は氾濫する、致命的な凶事、至る所で

110 - 5月

細民へと、討論と喧騒によって
そして女性たちと故人たちによって、大いなる戦
偉大な女性の死、瘰癧の者たちを称える
より偉大な婦人たち、その地から追い払われる

111 - 6月

男も女も伴侶に先立たれる
偉大な君主たちはその生命が危機に瀕する。
ペスト、鉄、飢餓、大災禍が渾然と
変化による動乱、小人が大人を生む。

112 - 7月

雹、さび病、雨、そして大いなる災い
女性たちを守ること、それらが騒ぎの元になるだろう。
憎しみによって、数人の死、ペスト、火、飢餓
天は反射して輝いてると言われる状態になるだろう。

113 - 8月

小麦は十分というには程遠いだろう
死はこの上なく白き雪が降るせいで近付く
不毛、腐った小麦、多量の水
負傷した偉大な者、そのわきには何人かの死体

114 - 9月

果物はほとんどない。小麦や高木、低木も
大きな家禽、高きものは刺激する
仔獅子のような高位聖職者と同じくらいに世俗的
トランダー[15]は打ち負かす、高き者たちは後退する。

115 - 10月

全てが変えられ、一が四を迫害する
病から脱し、死の影は大きく遠ざかる
四のうちの二は、もはや討論しには来ないだろう
亡命、崩壊、死、飢餓、困惑

116 - 11月

大物たちの中のより大きな人数はさしたるものではないだろう
大いなる諸変化、精神的な衝撃、鉄、ペスト
些細な構想、貸されたもの、満足いくように支払われたもの
逆の、霜がひどく害する

117 - 12月

酷い霜、氷、団結よりも一層
既婚の未亡人たち、火、悲嘆
遊戯、はしゃぐこと、喜び、マルスは不和を呼び込むだろう
結婚による良い見通し

1566年[編集]

118 - 上述の年に関して

最も偉大な者たちに死、名誉の負傷、暴力、
信仰告白者たち、彼等の身分と宗派
二つの大いなる教会へ、様々な騒ぎ、退廃
凶事、好戦的な隣人、頭のない教会の農奴

119 - 1月

損失、大打撃。それと暴力もなくはない
信仰の者たち全て、より一層宗教へと。
最も偉大な者たちは、生命、名誉、物財を失うだろう
二つの教会とも、その宗派に欠陥。

120 - 2月

二人の大変な大物に、有害な損失が生じる。
最も偉大な者達に名誉と生命に関する財を失わせるだろう
ひどい大騒音が駆け巡る。非常に厭な水瓶
大いなる病が存在する。羨望の中の説教とミサ

121 - 3月

諸教会の従者たちが、その主人を裏切るだろう。
同様に別の領主たちは、共有地によって。
説教とミサでの隣人たちは彼ら同士で争うだろう
不穏な気配、騒音が増大する。数人の横たわる者たちは死ヘ

122 - 4月

全財産の放棄、大地は我々にもたらすだろう
フランスでは戦争の喧騒はない、暴動を除けば。
人殺し、道では追い剥ぎが見られるだろう
信仰はほとんどない。暑い熱、人々は動揺の中に

123 - 5月

人々の間に不和、むき出しの反目
戦争、大君主たちの死、イタリアの幾つかの部分
普遍的な災禍、西方ではよりひどいもの
良く、満ちた時。しかし、酷い乾燥、涸渇

124 - 6月

小麦は豊富とはいえない。他の果実は全て豊富
夏と春は雨が多い。長い冬、雪、氷
武装したオリエント、フランスはさらに増強する
家畜の死。多くの蜂蜜はその場所で包囲された人々へと

125 - 7月

悪疫と火により、木々の実は滅びるだろう
油の徴は豊富にあるが、パテル・デニス[16]は稀少である。
大物たちは死ぬが多くはない、異邦人たちは出発するだろう
バルバロイの海の襲撃、そして前線の危機

126 - 8月

並外れた豪雨、ありあまる財産
家畜の価格は適正になる。だから女性たちは危険の外に
雹、雨、雷鳴。フランスでは人々が打ちのめされる
死によって人々は働くだろう。この死は人々を懲らしめる存在である

127 - 9月

武装、ペストは止む。暴徒たちの死
大いなるリベル・パテル[17]、余り満ち溢れているとはいえない
奸悪な者たちはより悪賢い者たちに捕らわれる
かつてないほどの勝利を重ねるフランスが勝つだろう

128 - 10月

この月まで大旱魃が続く、
イタリアとプロヴァンスで。そのせいで果実全ては半分に
最もひどい不足は敵に。つまりは彼らの集団の囚人、
略奪者や海賊に対して。そして敵が死ぬ。

129 - 11月

敵はひどく怯えて、トラキアへと後退する
悲鳴や怒号をそのままにしつつ。そして悲しませる略奪
喧騒を放置する、海と大地、死んだ宗教
ユピテル主義者は路上に置かれる。逆上させられた宗派全体

1567年[編集]

130 - 上述の年に関して

死、若い娘たちに病、風邪、
頭から双眼へと。その地の不幸な商人たち
不運な海、悪い種蒔き、ひどい風土でのワイン
たくさんの油、大雨、戦争は果実を傷める

131 - 1月

監獄、秘密の悲嘆、近親者の内での不和
その者は命を与えるだろう。凶事による様々なカタル
死が続くだろう。監獄が合意を生み出すだろう
恐怖、怯え、大きな畏怖、旅立つので担保を置いていくだろう

132 - 2月

隠された敵と開示された敵のための監獄
旅は続かないだろう。死に至る反目
愛、三つ、争われたもの、秘密、公共の祝祭
壊れて崩れたもの、水は喧騒を破砕するだろう

133 - 3月

公共の敵、婚礼と結婚
その後で死、死によって富んだ者
大いなる友人たちは途中で姿を現す。
二つの宗派は隠語を使う。驚きのせいで、手遅れな後悔

134 - 4月

大病により、宗教は怒らされる。
大使館の教皇特使と幼子たちにより、
資格のない者に贈り物が与えられる。緩められた新法
年老いた父たちの財産。王は素晴らしい地方に。

135 - 5月

父から息子へとそれが近づく。厳しいと言われる行政官たち。
大いなる婚礼、討議している敵たち。
隠された者は前線に置かれる、非難の信仰のために。
不平を言う者たちに対抗する良き友や女性たち

136 - 6月

宝による父の遺産は見つけられる
王たちと行政官たち。婚礼、敵。
公的な悪意を持つ者、判事たち、市長
死、怯えと恐怖、そして三人の大物が死ぬ

137 - 7月

またもや死が近づく。王の贈り物と遺産。
人々は老朽によって崩壊しているものを建て直すだろう。
若い後継者たちは遺産がないのではと疑う。
石膏像や厨房から、宝が発見される。

138 - 8月

秘密の敵たちは牢に入れられるだろう
王たちと行政官たちはそこに安全策を施すだろう
何人かの命、健康、病の双眼、鼻
二人の大物は悪い時に非常に遠くへと連れだって行くだろう

139 - 9月

長期にわたる頭の物憂さ、婚礼、公共の敵
高位聖職者と旅により、偉大な者の夢、恐怖
火と大崩壊、斜めの場所で見つけられる
発見された急流を通じて、新しい過ちが出現する

140 - 10月

王たちと行政官たちは死によって手を置く
若い娘たちは病、偉大な者たちは体が腫れ上がる
物憂さと婚礼により、敵は主人に仕える
公共の苦痛、作り手は体が腫れ上がる

141 - 11月[18]

大使館から帰還して、王からの贈り物は然るべき場に置かれる
もはやすることはないだろう。ゆえに神の許へ召されるだろう
より近き親類、友人たち、血を分けた兄弟たち
寝台と長椅子の近くで、まさしく見つけられた死体

[編集]

  1. このタイトルは1605年版の『予言集』で採用されたもの。
  2. この詩はノストラダムス自身が『1555年向けの占筮』で発表した詩篇には含まれていないため、シャヴィニーによる贋作の可能性が指摘されている。
  3. 諸説あるが、確定した読みの存在しない略語。
  4. 諸説あるが、確定した読みの存在しない略語。
  5. ウーク (Houche) を、シャヴィニーはアントワープ近郊の都市フーク (Hoeke) としている。
  6. 語義未確定。「マケドニアの血」とされることが多い。
  7. 古代ローマ神話の神の名で、バッコスと同一視される。
  8. ロルヴァラン (Lorvarin) はロレーヌ (Lorraine) のアナグラムとされることが多い。
  9. スュアール (suard) は、スアルドネス(Suardones, ブラウンシュヴァイクの住民を表すラテン語)など、諸説あるが語義の確定には至っていない語。
  10. アウスト (Aust) はオーストリアと解されるのが通例だったが、この詩の初出(『1563年向けの暦』)では、「八月 (Aoust)」になっている。
  11. リュイ (LVIS) はシャヴィニーの書き換えで、元々は扉 (l'huys)。
  12. セクスティル (sextile)は占星術上の星位。
  13. 3行目は途切れている。シュヴィニャールが復元しているが、ここでは扱わない。
  14. この年向けの詩篇から1行12音節になっているが、一般に流布している版には、シャヴィニーによって1行10音節に改変された詩篇が混じっている。現在ではシュヴィニャールによって本来の詩篇が復元されているが、ここでは扱わない。
  15. 通説的には、トランダー (Tolandad) は、ダンドロ(D’Andelot, コリニーの弟)のアナグラムとされる
  16. 酒の神。ワインの隠喩
  17. 酒の神。ワインの隠喩
  18. ノストラダムス最後の詩篇とされることがあるが、現在ではシュヴィニャールによって1567年12月向け、1567年の年末向けという二篇が復元されている。ただし、ここでは扱わない。

底本と翻訳について[編集]

  • 底本
    • Les Prophéties de M. Michel Nostradamus, s.n., s.l., 1605
    • 「予兆詩集」は、現在ではブルゴーニュ大学教授ベルナール・シュヴィニャールによる全154篇からなる校定版 (Bernard Chevignard, Présages de Nostradamus, Seuil, 1999) が存在するが、彼の校訂者としての著作権などに配慮し、ここでは141篇からなる伝統的な文書の訳出を行った。
  • 翻訳
    • ウィキソースユーザーのsumaruによる。