万葉集 (奈良女子高等師範学校国語研究室編)/巻第一抄/雄略天皇

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

泊瀬朝倉宮御宇天皇代 大泊瀬稚武天皇[編集]

籠も み籠もち ふぐしもよ みふぐしもち この丘に 菜摘ます児 家聞かな 名告らさね そらみつ やまとの国は おしなべて われこそ をれ しきなべて われこそませ われこそは 告らめ 家をも名をも