ローマのオリンピック

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第3回大会がセントルイスで開催されている頃、国際オリンピック委員会はロンドンで第4回大会の開催地を決定するための会議を開いていた。4回のオリンピック、つまり12年間は、何世紀にもわたって数えてきた古代人を微笑ませ、1分1秒がお金になる私たちの興味を引くには十分な期間です。ロンドンの会議は荒れたものではなく、慎重に議論した結果、1908年の大会開催地をローマに決定し、同時に来年ベルギーでスポーツと体育に関する予備会議を開催することを決定したのである。レオポルド国王は、この会議の名誉総裁となる。一方、委員会はロンドンで、エドワード国王の庇護のもと、市長自身の宮殿で会議を開いた。最後に、イタリア国王とローマのシンジケートは、投票結果を派遣で知らされ、すぐに満足の意を表明した。さらに、フランス人が主宰したこの投票に、さまざまな国籍の人々が参加したことを考えれば、この投票に、スポーツの国際主義の決定的な勝利と、その原則の決定的な奉献を見ることができるでしょう。

この問題は、まだスポーツの問題を深く考察することに慣れていないプリュドム氏が考える以上に重要である。確かに、スポーツの利益という観点だけからすれば、国際会議は梃子となるエミュレーションを維持するために必要なものではあるが、その作用はそれだけにとどまらない。なぜなら、それは、人間のあらゆる欠点の中で最も優れたものの一つである闘争心に基づいており、同時に、人間を苦しめる戦闘への情熱に無害な出口を提供するものだからです。

スポーツは、戦争の血なまぐさい憎しみからも、人道主義的な考えによる柔らかな愛からも等しく遠い存在であり、試練の後には、その激しいエネルギーが友愛に溶けてしまうような、激しい対立を生み出すのです。そのため、国家生活には欠かすことのできない要素となっています。それは、それぞれの強みを維持すると同時に、両者の間に貴重な協定を準備することでもあるのです。これはよく繰り返されることですが、軽く、何も考えずに。しかし、射撃や体操の試合、サッカーやボートの試合などで遠くから呼び寄せられるチームの一つを追いかける。このような若者の心理を研究し、出発時と帰国時の祖国に対する観念と外国に対する観念を比較検討し、これらの迅速な旅行の過程で、一方が強化され、他方が啓発されていることに驚くだろう。また、国旗に敬意を表して他の競技に参加した選手で、自国への愛着を深め、他国の長所をより正確に理解して帰らない者はほとんどいない。それは、墓の間をうろついたり、有名な記念碑の重い影や、世襲制の混乱した複雑さを観察したりする代わりに、その秘密の願望と複雑な情熱を統合する世代に体現されている反対国の魂そのものに接触していることを発見したのである。彼らは、この魂が自分自身に対して振動し、善良で美しい闘争の感情の中で、熱烈で忠実であることを感じているのだ。若い男たちが互いを知り、感謝し合うためのより良い方法は、まだ世の中に発明されていないのです。

だからこそ、オリンピックが再興されたのは良かったし、その理由もある。些細な反対や許しがたい嫉妬によって、努力すべきことがあまりにも多くなったとしても、15年間忍耐強くこの仕事に専念したことを、私も友人たちも決して後悔しないでしょう。

新たな一歩を踏み出し、オリンピック本来の美しさを取り戻す時が来たのです。オリンピアの栄華の時代、そしてその後、ギリシャに勝利したネロがアルフェウスのほとりに今も羨望を集める栄冠を集めようとした時代、文芸とスポーツが調和したオリンピックは偉大なものであったのだ。これからも同じに違いない。昔と同じように、今日も私たちは、壮大な過去を子供じみた、冒涜的な方法で取り戻そうとは思っていないのです。しかし、もし世紀が、近代オリンピックが生きて永続するために、その法則に触発された形態をとることを要求するならば、過去から、人間的、つまり不変的なものを抽出することを妨げるものは何もないのである。スポーツの国家的重要性、国際的機能、スポーツが利益の誘惑によって堕落することを許す危険性、他の活動形態と密接に関連付ける必要性、これらはオリンピアの破壊を乗り越え、この驚くべき都市が建設された輝かしい理想が一瞬で失われたとしても、確信に満ちたものである。私たちは当初から、この理想を、その時々のニーズに合った形と条件で完全に再現することを望んでいました。しかし、まず第一に必要なのは、若返り、存続可能なアスレチックがその要素を提供し、民族間の定期的な約束がなされ、新しい一連のオリンピックが進むべき道を示してくれることであった。

これができると、これからの祭りは、かつての祭りのように、筋肉と思考を一体化させることが可能になり、望ましいことになった。この仕事のために、ローマが提供されたのです。ロンドンでの雄弁な擁護者であったブルネッタ・デュソー伯爵を擁する強力な委員会は、1908年のオリンピックを格調高い首都の陰で開催するよう要請しました。今、私たちにオリンピックの規範を提供し、スポーツの神殿をかつての栄光の仲間たちに再開させるのは、ローマ人たちに任されているのです。

昔は詩人が未発表の作品を読むために、画家が最近の絵画を展示するためにオリンピアに来ていたのに、今ではこの宣伝はどちらにも興味がない、と指摘する人も間違いなくいるでしょう。だから、これは宣伝の問題ではなく、単に今日の陸上競技の例外的で技術的な特徴を減衰させ、一般生活の中にその場所を取り戻すためのものである。さらに、このために招いたペンや筆の職人たちは、いつか、忘れていた高貴さと美しさの源を、更新を望んでいる彼らの才能に再び開かせたことに感謝することだろう。

ピエール・ドゥ・クーベルタン

この著作物は、1937年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。