ルカ聖福音書3 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ルカ聖福音書3

第13章[編集]

1あたかそのときひとありて、ピラトがすにんのガリレアじんかれらいけにへまじへしことげしかば、 2イエズスこたへてのたまひけるは、なんぢは、かのガリレアじんかかひたればとて、すべてのガリレアじんまさりてつみふかかりしとおもふか。 3われなんぢぐ、しからず、れどかいしんせずば、なんぢみなおなじくほろぶべし。 4またシロエにおいたふれたるたふためおしころされしかの十八にんも、エルザレムにめるすべてのひとまさりてふさいありしとおもふか。 5われなんぢぐ、しからず、れどもしかいしんせずばなんぢみなおなじくほろぶべし、と。 6イエズスまたたとへかたたまひけるは、あるひとそのぶだうばたいちじくのゑたりしが、きたりてそのもとめたれどざりしかば、 7ぶだうばたけこさくにんひけるは、われきたりてこのいちじくのもとむれどざることすでに三ねんなり、ればこれたふせ、なんいたずらふさぐや、と。 8こさくにんこたへて、しゆよ、ことしこれゆるたまへ。われそのまはりりてひれうほどこしなば、 9あるひむすこともあらん、くばそののちきりたふたまふべし、とへり、と。 10あんそくじつあたりて、イエズスかれらくわいどうにてをしたまひけるに、 11をりしも十八ねんいらいはいしつおにかれ、かがまりてすこしもあふることあたはざるをんなあり。 12イエズスこれよびちかづけたまひ、をんなよ、なんぢそのはいしつよりすくはれたるぞ、とのたまひてこれあんしゆたまひしかば、 13をんなただちびてかみくわうえいたり。 14しかるにくわいどうつかさ、イエズスのあんそくじついやたまひしをいきどほり、こたへてぐんしゆうむかひ、はたらくべきむいかあり、ればそのあひだきたりていやされよ、あんそくじつにはすべからず、とひければ、 15しゆこたへてのたまひけるは、ぎぜんしやどもよ、なんぢおのおのあんそくじつあたりて、おのうしあるひろばを、かいばぶねよりときはなちて、みづひにひきくにあらずや。 16しかるをこの十八ねんかんサタンにつながれたる、アブラハムのむすめは、そのつなぎあんそくじつかるべからざりしか、と。 17イエズスこのことどものたまひけるに、はんたいせるものどもみなせきめんし、じんみんこぞりて、イエズスのさるるくわうえいあるすべてのことよろこたり。 18すなはのたまひけるは、かみくになににかたる、われこれなににかなぞらへん、 19あたかひとつぶからしだねごとし、ひとこれりてそのはたきたれば、そだちてたいぼくり、そらとりそのえだやすめり、と。 20またのたまひけるは、わがかみくになににかなぞらへん、 21あたかぱんだねごとし、をんなこれりて三うちかくせば、つひことごとふくるるにいたる、と。 22かくてイエズス、まちむらをしへつつぎてエルザレムへたびたまふに、 23あるひとしゆよ、すくはるるものすくなきか、とひしかば、ひとびとのたまひけるは、 24せばもんよりことつとめよ、けだしわれなんぢぐ、おほくのひとこともとむべけれども、しかあたはざるべし。 25かふすでりてもんぢたらんときには、なんぢそとちて、しゆよ、われひらたまへ、とひつつもんたたはじむべけれど、かれこたへて、われなんぢいづこものなるかをらず、とはん。 26なんぢそのときわれなんぢみまへにていんしよくし、なんぢわれちまたにてをしたまひしなり、とはんとすべし。 27しかれどもかれなんぢむかひ、われなんぢいづこものなるかをらず、あくともがらよ、ことごとわれよりれ、とはん。 28かくなんぢ、アブラハム、イザアク、ヤコブおよいつさいよげんしやかみくにりながら、おのれのみおひいださるるをば、そこなげきはがみとあらん。 29またとうざいなんぼくよりきたりて、かみくにせきひとびとあらん。 30かくよ、あとなるひとさきになり、さきなるひとあとにならん、と。 31おなに、ファリザイじんすにんちかづきてイエズスにむかひ、ヘロデなんぢころさんとす、でてここれ、とひしかば、 32かれらむかひてのたまひけるは、きてかのきつねげよ、よ、けふあすも、われあくまおひはらひ、ひとびといやし、しかしてみつかわがことをはるべし、 33しかれども、けふあすそのつぎも、われあゆまざるべからず、はエルザレムのほかたふるるは、よげんしやたるものりてふさわしからざればなり、と。 34エルザレムよ、エルザレムよ、よげんしやたちころし、なんぢつかはされたるひとびといしなげうものよ、あたかとりびなつばさしたに[あつむる]ごとく、なんぢこどもあつめんとせしこといくたびぞや、れどなんぢこれがへんぜざりき。 35よ、なんぢいへあれすたれてなんぢのこらん、われなんぢぐ、しゆみなによりてきたるものしゆくせられよかし、となんぢとなへんときいたるまで、なんぢわれことなかるべし、と。

第14章[編集]

1イエズスあんそくじつぱんしよくせんとて、ファリザイじんかしらだちたるあるものいへたまひしかば、かれらこれうかがたり、 2をりしもすいしゆかかれるひとみまへりければ、 3イエズスこたへてりつぱふがくしとファリザイじんとにむかひ、あんそくじついやすはきか、とのたまひしに、 4かれらもくぜんたりしかば、イエズスかれとらへていやし、さてこれらしめて、 5かれらこたへてのたまひけるは、なんぢうちおのろばあるひうしちたるものあらんに、あんそくじつなりとも、たれすみやかこれひきあげざらんや、と。 6かれらこれたいして、こたふることあたはざりき。 7またまねかれたるひとびとじやうせきえらありさまて、かれらたとへかたりてのたまひけるは、 8なんぢこんえんまねかれたるときじやうせきくことなかれ、おそらくはなんぢよりもたふとひとまねかれたらんに、 9なんぢかれとをまねきたるひときたりてなんぢむかひ、このきやくせきゆづれとはん、しからばなんぢせきめんしてまつせきくにいたるべし。 10ればまねかれたるとききてまつせきけ、しからばまねきたるひときたりて、ともかみすすめとはん。かくなんぢれつせきせるひとびとまへめんぼくあるべし。 11けだしすべみづかたかぶひとげられ、みづかへりくだひとげらるべし、と。 12イエズスまたおのれまねきたるひとのたまひけるは、なんぢごさんまたばんさんまうくるときほういうきやうだいしんぞくめるりんじんまねくことなかれ、おそらくはかれらまたなんぢまねきてなんぢむくいとならん。 13さてふるまひまうけば、ひんきゆうかたはあしなへめしひなるひとまねけ、 14かれらなんぢむくゆべきよしなくして、なんぢさいはひなるべし。ぎじんふくくわつときむくいらるべければなり、と。 15れつせきしやひとりこれきてイエズスにひけるは、かみくににてぱんしよくせんひとさいはひなるかな、と。 16イエズスこれのたまひけるは、あるひとおほいなるばんさんまうけて、おほくのひとせうたいせしが、 17ばんさんじこくいたりてしもべつかはし、もはやばんじととのひたればきたられよ、とまねかれたるひとびとはしめしに、 18かれらみないちどうことわでたり。はじめものは、われこさくひたればきてざるべからず、われゆるせ、とひ、 19つぎものは、われいつくびきうしひたればきてこころみんとす、われゆるせ、とひ、 20またひとりは、われつまめとりたるがゆゑくことあたはず、とひしかば、 21しもべかへりてそのしだいしゆじんげしに、かふいかりてしもべひけるは、すみやかまちちまたつじとにきて、ひんきゆうかたはめしひあしなへなるひとびとここともなきたれ、と。 22しもべやがて、しゆめいたまひしごとくにしかどなほくうせきあり、とひしかば、 23そのときしゆじんしもべひけるは、なんぢみちおよびまがきもとき、ひとひて、わがいへつるまでらしめよ、と。 24われなんぢぐ、かのまねかれたるものうちひとりわがばんさんあじははじ、と。 25ぐんしゆうおびただしくイエズスにともなひければ、かへりみてのたまひけるは、ひとわれきたりて、 26そのふぼさいしきやうだいしまいおのせいめいまでもにくむにあらざれば、わがでしたることあたはず、 27またおのじふじかになひてわれしたがはざるひとは、わがでしたることあたはず。 28なんぢうちたれか、たふてんとほつして、まづしてこれえうするひようはかり、てるものこれじやうじゆするにれりやいなやをかぞへざらんや、 29もしいしずゑさだめたるのちじやうじゆすることあたはずば、ものこれあざけでて、 30このひとはじめてじやうじゆすることあたはざりき、とはん。 31またいかなるわうか、でてわうたたかひまじへんとするにあたり、まづして、二まんひききたものに、わがまんもつむかふことをべきか、と、おもんぱからざらんや、 32もしべからずばてきなほとほあひだに、しせつつかはしてかうわもとむべし。 33これひとしくなんぢうちそのてるものことごとみかぎらざるものは、たれにてもあれわがでしたることあたはず。 34しほものなり、れどしほもしそのあぢうしなはば、なにもつてかこれしほせん、 35とちにもひれうにもえきなくして、そとてられんのみ、みみてるひとけ、と。

第15章[編集]

1ときみつぎとりつみびと、イエズスにかんとてちかづきければ、 2ファリザイじんりつぱふがくしつぶやきて、このひとつみびとけてともしよくするよ、とたりしかば、 3イエズスかれらたとへかたりてのたまひけるは、 4なんぢうちたれか、ひやくとうひつじありてそのいつとううしなひたらんに、九十九とうきてそのせたるものをみいだすまでたずねざらんや。 5これみいださば、よろこびておのかたせ、 6いへかへりてほういうりんじんよびあつめ、われせたりしひつじいだしたればわれともよろこべ、とはん、 7われなんぢぐ、かくごとく、かいしんするひとりつみびとためには、かいしんえうせざる九十九のぎじんためよりも、てんおいよろこびあるべし。 8またいかなるをんなか、ダラクマ十まいありてそのいちまいうしなひたらんに、ともしびともし、いへきていだすまでさがさざらんや。 9いださば、おのれほういうりんじんよびあつめて、うしなひたりしダラクマをいだしたればわれともよろこべ、とはん。 10われなんぢぐ、かくごとく、かいしんするひとりつみびとためには、かみつかひたちまへよろこびあるべし、と。 11またのたまひけるは、あるひとふたりありしが、 12じなんなるものちちむかひ、ちちよ、われてらるべきぶんざいさんわれたまへ、とひしかば、ちちこどもざいさんわかてり。 13いくにちざるに、じなんいつさいかきあつめてゑんごくしゆつたつし、かしこにてはうたうなるせいくわつざいさんらうひせり。 14すでいつさいつひやしてのちかのちはうだいききんおこりしかば、かれやうやとぼしくなり、 15そのちはうあるひともといたりてこれすがりしに、そのひとこれおのこさくりてぶたはせたり。 16かくぶたくらまめがらもておのはらたさんことのぞたりしかど、これあたふるものなかりき。 17やがみづからかへりみてひけるは、わがちちいへにはぱんけるやとひにんいくばくかあるに、われここにてうゑなんとす。 18ちてわがちちもといたり、ちちよ、われてんたいしてもなんぢまへにもつみおかせり、 19われもはやなんぢばるるにらず、ねがはくはわれなんぢやとひにんひとりみなたまへ、とはん、と。 20すなはちてちちもとしてきしが、いまほどとほかりけるに、ちちこれあはれかんじ、はしりきてそのくびいだき、これせつぷんせり。 21は、ちちよ、われてんたいしてもなんぢまへにもつみおかせり、われもはやなんぢばるるにらず、とひしかど、 22ちちしもべむかひ、はやさいじやうふくとりきたりてこれせ、そのゆびわめ、あしくつかせよ、 23またえたるこうしひききたりてほふれ、われくわいしよくしてたのしまん、 24このわがしたるによみがへり、せたるにいだされたればなり、とひてえんひらけり。 25しかるにちやうなんはたけたりしが、かへりきたりていへちかづくときなりものをどりものおときこえしかば、 26しもべひとりびて、なにごとぞとひしに、 27しもべひけるは、なんぢおとときたれり、これつつがなくむかへたるにより、なんぢちちえたるこうしほふりたるなり、と。 28ちやうなんいきどほりていへことがへんぜざりしかば、ちちでてねんごろこひでけるに、 29かれこたへてひけるは、よ、われたねんなんぢつかへ、いまだかつなんぢめいそむきしことなきに、いつぴきやぎだも、ともだちともくわいしよくせんために、なんぢよりあたへられしことなし、 30しかるをしやうぎともざいさんくひつくしたる、かのなんぢきたるや、なんぢこれためえたるこうしほふれり、と。 31ちちこれひけるは、よ、なんぢつねわれともりて、わがものみななんぢものなり、 32れどもなんぢをととは、したるによみがへり、せたるにいだされたれば、われゆくわいつくしてよろこばざるをざりしなり、と。

第16章[編集]

1イエズスまたでしたちのたまひけるは、あるふがうひとりかれいありしが、しゆじんざいさんらうひせりとて、うつたへでられしかば、 2しゆじんかれび、なんぢきてところこれなにごとぞや、なんぢもはやかれいたるをざれば、かれいたりしときくわいけいさしいだせ、とひしに、 3かれいこころうちひけるは、わがしゆじんかれいしよくわれよりうばへるうへは、われなにすべきぞ、たがやことかなはず、こじきするははづかし、 4かれいめられたるのちひとびといへけられんためには、すべきやうこそあれ、とて、 5しゆじんふさいあるひとびとよびあつめて、はじめひとりひけるは、わがしゆじんたいするなんぢふさいいくばくぞ、と。 6かれあぶらたるなり、とひしに、かれいひけるは、なんぢしようしより、はやして五十とけ、と。 7またつぎものひけるは、なんぢふさいいくばくぞと、かれむぎこくなりとひしに、かれいひけるは、なんぢしようしよりて八十とけ、と。 8しかるにしゆじんこのふせいなるかれいめて、そのしゆだんたくみなりとせり。けだしこのこどもたがひひかりこどもよりもたくみなればなり。 9われまたなんぢぐ、なんぢふせいとみもついうじんつくり、いきえしのちなんぢえいえんすみかうけれしむべくよ。 10そもそもせうじちゆうなるひとだいじにもまたちゆうなり、せうじふせいなるひとだいじにもまたふせいなり。 11ればなんぢふせいとみおいちゆうならざりせば、たれまこととみなんぢたくせん。 12またたにんものおいちゆうならざりせば、たれなんぢものなんぢあたへん。 13ひとりしもべふたりしゆかねつかふることあたはず、あるひひとりにくみてひとりあいし、あるひひとりしたがひてひとりうとむべければなり。なんぢかみとみとにかねつかふることあたはず、[とのたまへり]。 14しかるにどんよくなるファリザイじんこのしじゆうこときてあざけりければ、 15イエズスかれらのたまひけるは、なんぢひとまへみづかとするものなり、れどかみなんぢこころたまふ、けだしひとりてたかものは、かみみまへにくむべきものなり。 16りつぱふよげんしやたちとはヨハネをかぎりとす、そのときよりかみくにのべつたへられ、ひとみなちからつくしてこれいたらんとす。 17てんちすたるは、りつぱふいつくわくつるよりはやすし。 18すべつまいだしてめとひとかんいんおこなものなり、またをつとよりいだされたるをんなめとひとかんいんおこなものなり。 19かつひとりふがうあり、ひいろぬのあまぬのとをまとひ、ひびおごらしたるに、 20またラザルとへるひとりこつじきあり、ぜんしんはれただれてふがうもんぜんし、 21そのしよくたくよりつるくずあきらんことほつすれどもあたふるひとなく、しかいぬどもきたりてそのしゆもつねぶたり。 22しかるにこつじきにければ、てんしたづさへられてアブラハムのふところいたりたるに、ふがうまたしてぢごくほうむられしが、 23くつううちりて、げて、はるかにアブラハムとそのふところなるラザルとを24さけびてひけるは、ちちアブラハムよ、われあはれみてラザルをつかはし、そのゆびさきみづひたしてわれしたひやさせたまへ、われこのほのほうちいたくるしめるを、と。 25アブラハムこれひけるは、よ、なんぢぞんめいあひだものけ、ラザルがおなあひだあしものけしをきおくせよ、ればこそいまかれなぐさめられてなんぢくるしむなれ。 26しかのみならずわれなんぢとのあひだにはおほいなるふちさだめおかれたれば、ここよりなんぢところわたらんとほつするもかなはず、そこよりここうつことかなはざるなり、と。 27ふがうまたひけるは、しからばちちよ、こひねがはくはラザルをわがちちいへつかはし、 28われきやうだいにんあれば、かれらまたこのくなうところきたらざるやうこれしようめいせしめたまへ、と。 29アブラハムこれひけるは、モイゼとよげんしやたちとあれば、かれらこれくべきなり、と。 30ふがういなちちアブラハムよ、れどもしししやうちよりいたものあらば、かれらかいしんすべし、とひければ、 31アブラハムこれむかひて、もしモイゼとよげんしやたちとにかざるかれらならば、たとひししやうちよりふくくわつすともしんぜざるべし、とへり、と。

第17章[編集]

1イエズスでしたちのたまひけるは、つまづきはきたらざるをず、れどこれきたひとわざはひなるかな2いしうすくびけられてうみなげいれらるるは、このちひさものひとりつまづかするよりは、むしろかれりてまされり。 3なんぢみづかちゆういせよ。もしなんぢきやうだいなんぢつみをかさばこれいさめよ、しかしてもしかいしんせばこれゆるせ、 4いちにちななたびなんぢつみをかして、いちにちななたびかいしんすとひつつなんぢかへらばこれゆるせ、と。 5しとたちねがはくはわれしんかうたまへ、としゆひしかば、 6しゆのたまひけるは、なんぢもしからしひとつぶほどしんかうだにあらば、このくわむかひて、けてうみうつて、とはんに、かならなんぢしたがはん。 7なんぢうちたれか、しもべたがやあるひぼくしてはたけよりかへれるときこれむかひて、ただちきてしよくせよ、とものあらんや。 8かえつわがゆうげしたくし、いんしよくするうちおびしてわれきふじせよ、さてのちなんぢいんしよくすべしとふにあらずや。 9めいぜしことしたればとて、しゆじんかのしもべかんしやするか、 10われおもふにしからず。かくごとく、なんぢめいぜられしことことごとしたらんときわれむえきしもべなり、すべきことしたるみみへ、と。 11イエズスエルザレムへおもむたまふとて、サマリアとガリレアとのなかほどとほたまひしが、 12あるむらたまとき、十にんらいびやうしやこれむかへて、はるかたちとどまり、 13こゑげてひけるは、イエズスよ、われあはれたまへ、と。 14イエズスこれたまふや、なんぢきておのれしさいたちせよ、とのたまひしかば、かれらほどに、とちうにてきよくなれり。 15そのうちひとりおのれきよくなりたるをるや、こゑたかかみくわうえいしつつかへりきたり、 16イエズスのあしもとひれふしてかんしやせしが、これサマリアじんなりき。 17イエズスこたへてのたまひけるは、きよくなりしものは十にんあらずや、そのにんいづこにかる、 18このいはうじんほかは、たちかへりてかみくわうえいたてまつれるものえざるなり、と。 19すなはこれのたまひけるは、ちてけ、けだしなんぢしんかうなんぢすくへり、と。 20かみくにいつきたるべきかと、ファリザイじんはれしとき、イエズスこたへてのたまひけるは、かみくにえてきたるものにあらず、 21またよ、ここかしこにありとふべきにもあらず、かみくにすなはなんぢうちればなり、と。 22またでしたちのたまひけるは、なんぢひといちじつんとほつするきたらん、れどこれざるべし。 23またひとは、ここかしこり、とはんも、くことなかれ、したがふことなかれ、 24いなづまひらめきてそらはてよりはてひかごとく、ひとそのあたりてしかあるべければなり。 25れどあらかじおほくのくるしみけ、かつこのじだいひとてられざるべからず。 26ノエのおこりしごとく、ひとにもまたしかあらん、 27すなはちノエがはこぶねまで、ひとびとのみくひし、つまめとり、めあはせられりしが、こうずゐきたりてことごとかれらほろぼせり。 28またロトのおこりしごとくならん、すなはひとびとのみくひし、うりかひし、ゑ、てなどりしが、 29ロトがソドマよりでしには、てんよりいわうりて、かれらことごとほろぼせり。 30ひとあらはるべきにもまたかくごとくなるべし。 31そのときひとやねりてきぐいへうちらば、これらんとてくだるべからず、はたけひとまたおなじくかへるべからず。 32ロトのつまことおもへ。 33すべおのせいめいすくはんとほつするひとこれうしなひ、うしなはんひとこれたもたん。 34われなんぢぐ、かのにはふたりひとつどこらんに、ひとりられひとりのこされん、 35ふたりをんなともうすらんに、ひとりられひとりのこされん、ふたりをとこはたけらんに、ひとりられひとりのこされん、と。 36でしたちこたへて、しゆよ、いづこぞ、とひしかば、 37いづこにもあれ、しかばねらんところわしまたあつまるべし、とのたまへり。