ルカ聖福音書2 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ルカ聖福音書2

第7章[編集]

1イエズスそのすべてのことばじんみんかせをはりて、カファルナウムにたまひしが、 2あるひやくふちやうおのおもんぜるしもべみてするばかりなれば、 3イエズスのことくや、ユデアじんちやうらうつかはし、きたりてそのしもべいやたまはんことはしめたり。 4かれらイエズスのもといたりてせつねがひ、かのひとこれたまふにへたるものなり、 5こくみんあいし、われためみづかくわいどうてたればなり、とひければ、 6イエズスかれらともたまひ、すでそのいへとほからずなりたまへるときひやくふちやうともだちつかはしてはしめけるは、しゆよ、みづかわづらはしたまふことなかれ、われふせうにして、しゆわがやねしたたまふにらざればなり。 7ゆゑわがみまへいたるにへずとおもへり。りながらただひとことばにてめいたまへ、らばわがしもべえん。 8けだしわれひとけんものながら、ぶかへいそつありて、このけとへばき、かれきたれとへばきたり、またわがしもべこれせとへばすなり、と。 9イエズスこれきてかんたんし、したがへるぐんしゆうかへりみてのたまひけるは、われまことなんぢぐ、イスラエルのうちにても、ほどしんかうひしことなし、と。 10かくつかはされしひとびといへかへりてれば、みたりししもべすでえたりき。 11そののちイエズスナイムとへるまちたまふに、でしたちおびただしきぐんしゆうともきてありしが、 12まちもんちかづきたまときをりしもかきいださるるしにんあり。そのははひとりごにて、ははやもめなり、まちひとおびただしくこれともなたり。 13しゆこのやもめたまふやあはれかんたまひて、くことなかれ、とのたまひつつ、 14ちかづきてくわんたまひしかば、けるひとびとたちとどまれり。 15イエズス、わかものよ、われなんぢめいず、きよ、とのたまふや、したるものおきかへりてものいはじめけるを、そのははあたたまひしかば、 16ひとびとみなおそれいだき、くわうえいかみしてひけるは、おほいなるよげんしやわれうちおこれり、かみそのたみかへりたまへるなり、と。 17かくこのうはさユデアいつぱんおよびすべそのめぐりちはうひろまれり。 18ヨハネのでしたちこのいつさいことおのげしかば、 19ヨハネそのでしふたりびて、きたるべきものなんぢなるか、あるひわれものなほほかるか、とひてイエズスにつかはしければ、 20かれらイエズスのもといたりてひけるは、せんしやヨハネわれなんぢつかはして、きたるべきものなんぢなるかあるひわれものなほほかるかとふ、と。 21たうじイエズスは、おほくのひとやまひきずあくきとよりいやし、かつおほくのめしひしりよくあたたまひしが、 22こたへてつかひのたまひけるは、なんぢみききせしことを、きてヨハネにげよ、すなはめしひえ、あしなへあゆみ、らいびやうしやきより、みみしひきこえ、ししやよみがへり、ひんしやふくいんかせらる、 23すべわれきてつまづかざるひとさいはひなり、と。 24ヨハネのつかひりてのち、イエズスヨハネのことぐんしゆうかたりたまひけるは、なんぢなにんとてあれのでしぞ、かぜうごかさるるよしか、 25らばなにんとてでしぞ、やわらかいふくたるひとか、よ、あたひたかいふくたのしくくらひとびとは、ていわういへり、 26らばなにんとてでしぞ、よげんしやか、われなんぢぐ、しかよげんしやよりもまされるものなり、 27かきしるして「よ、わがつかひなんぢめんぜんつかははさん、かれなんぢさきだちてなんぢみちそなふべし」とあるはかれことなり。 28すなはわれなんぢぐ、をんなよりうまれたるものうちに、せんしやヨハネよりおほいなるよげんしやはあらず、れどかみくににてもつともちひさひとかのよりおほいなり。 29かれけるすべてのじんみんみつぎとりまでも、ヨハネのせんれいけてかみただしとせり、 30れどファリザイじんりつぱふがくしかれせんせられずして、おのれおけかみみむねかろんぜり、と。 31しゆまたのたまひけるは、ればわれげんだいひとたれにかなぞらへん、かれらは、たれたるぞや、 32あたかもわらべちまたしてかたりひ、われなんぢためふえふきたれども、なんぢをどらず、なんぢためなげきたれども、なんぢかざりき、とへるにたり。 33すなはせんしやヨハネきたりて、ぱんしよくせずさけまざれば、なんぢかれあくまかれたりとひ、 34ひときたりていんしよくすれば、かれしよくたしさけみ、みつぎとりつみびととのともたり、とふ。 35りながら、ちゑそのすべてのただしとせられたり、と。 36ここひとりのファリザイじん、イエズスにくわいしよくせんことひければ、そのファリザイじんいへりて、しよくたくたまひしが、 37をりしもそのまちつみびとなるひとりをんなありて、イエズスがファリザイじんいへにてしよくたくたまへるをくや、かうゆりたるうつはもちきたり、 38イエズスのあしもとにてそのうしろち、おんあししだいなみだにてうるほし、おのかみのにてこれぬぐひ、かつおんあしせつぷんかつかうゆそそぎければ、 39イエズスをまねきたるファリザイじんこれこころうちひけるは、かれはたしてよげんしやならば、おのれるるをんなたれにしていかなるひとなるかを、れるならん、かのをんなざいにんなるものを、と。 40イエズスこたへて、シモンよ、われなんぢことあり、とのたまひければ、かれよ、おおせられよ、とふに、 41[のたまひけるは]、あるさいしゆふたりふさいしやあり、ひとりは五百デナリオ、ひとりは五十デナリオのふさいあるを、 42かへすべきよしなければ、さいしゆふたりともゆるせり、かくさいしゆもつとあいせんものいづれれなるぞ、と。 43シモンこたへて、われおもふにおほくをゆるされたるものならん、とひしに、イエズス、なんぢはんだんせり、とのたまひ、 44をんなかへりみてシモンにのたまひけるは、このをんなるか、われなんぢいへりしに、なんぢわがあしみづあたへざりしを、このをんななみだもつわがあしうるほし、おのかみのもつこれぬぐへり。 45なんぢわれせつぷんせざりしに、このをんないりきたりてよりえずわがあしせつぷんせり。 46なんぢあぶらわがかうべそそがざりしに、このをんなかうゆわがあしそそげり。 47このゆゑわれなんぢぐ、このをんなおほあいしたるがゆゑに、おほくのつみゆるさるるなり、ゆるさるることすくなひとあいすることすこなし、と。 48かくかのをんなむかひ、なんぢつみゆるさる、とのたまひしかば、 49しよくたくともにせるひとびとこころうちいひでけるは、かれなにびとなればつみをもゆるすぞ、と。 50イエズスをんなむかひて、なんぢしんかうなんぢすくへり、やすんじてけ、とのたまへり。

第8章[編集]

1そののちイエズス、せつけうかつかみくにふくいんべつつ、まちまちむらむらじゆんくわいたまひければ、十二しとこれともなひ、 2またかつあくきおひはらはれ、やまひいやされたるすにんふじんすなはななつあくまそのよりでたる、マグダレナとばるるマリア、 3ヘロデのかれいクサのつまヨハンナおよびスザンナ、そのたおほくのふじんありて、おのざいさんもつかれらきようきふたり。 4おびただしきひとまちまちよりイエズスのもとはせあつまりければ、イエズスたとへもつかたたまひけるは、 5たねひとそのたねきにでしが、ときあるものみちばたちしかば、ふみけられ、そらとりこれついばめり。 6あるものいしうへちしかば、はえいでたれど、うるほひなきにりてれたり。 7あるものいばらうちちしかば、いばらともそだちてこれおほひふさげり。 8あるものよきつちちしかば、はえいでてひやくばいむすべり、と。イエズスこのことのたまひて、みみてるひとけ、とよばはりたまへり。 9でしたちこのたとへいかにとひしに、 10のたまひけるは、なんぢかみくにおくぎことたまはりたれど、ひとたとへもつてせらる、かれらつつえず、きつつさとらざらんためなり。 11このたとへかくごとし、たねかみおんことばなり、 12みちばたものひとびとにして、かれらしんじてすくはれざらんためのちあくまきたりてことばそのこころよりうばふなり。 13いしうへものは、ときよろこびてことばくれど、おのれく、しばらしんじて、いざなひときにはしりぞひとびとなり。 14いばらうちちしは、きたるのちこころづかひとみくわいらくとにおほひふさがれて、むすばざるひとびとなり。 15しかるによきつちちしは、ぜんりやうなるこころにて、ことばきてこれたもち、にんたいもつむすひとびとなり。 16たれともしびともして、うつはもつこれおほひ、あるひねだいしたものはあらず、いりくものあかりせんために、これしよくだいうへく。 17けだししてあらはれざるはなく、かくれてつひれずおほやけにならざるはなし。 18このゆゑなんぢききかたちゆういせよ。てるひとなほあたへられ、たぬひとそのてりとおもものをもうばはるべければなり、と。 19てイエズスのははきやうだいはんとてきたりしかど、ぐんしゆうためちかづくことあたはざりしかば、 20なんぢははきやうだいなんぢはんとてそとてり、とぐるものありしに、 21イエズスこたへてひとびとのたまひけるは、かみおんことばかつおこなひとこれわがははきやうだいなり、と。 22いちじつイエズス、でしたちともこぶねたまひしに、われうみかなたわたらん、とのたまひてやがのりいだせり。 23かくわたあひだにイエズスねむたまひしが、ばうふううみふきおろきたり、みづふねちてあやふかりければ、 24でしたちちかづきて、よ、われほろぶ、とひつつイエズスをましたるに、きてかぜあらなみとをいましたまひしかば、なみかぜやすみてなぎとなれり。 25て、なんぢしんかういづこる、とのたまひければ、かれらかつおそかつかんたんして、これたれおもふぞ、かぜうみも、めいたまへばこれしたがふよ、といひへり。 26またガリレアにむかへるゲラサじんちはうわたりて、 27じやうりくたまひしに、ひとりひとありてこれむかへたり。かれあくまかれたることすでひさしくして、いふくをもいへにもまず、はかにのみりしが、 28イエズスをるやみまへひれふし、こゑたかさけびて、いとたかかみみこイエズスよ、われなんぢなんかかはりかあらん。ねがはくはわれくるしむることなかれ、とへり。 29これイエズスあくきに、このひとよりでよ、とめいたまへばなり。けだしかのあくきとらへらるることすでひさしく、くさりにてしばられ、あしかせにてまもらるるも、つなぎやぶり、あくまられて、あれのたりき。 30イエズスこれひて、なんぢなんぞ、とのたまひしにかれぐんだんなり、とへり、これりたるあくまおほければなり。 31てイエズスのめいじてそこなきふちかしめたまはざらんことひたりしが、 32そこおほくのぶたむれやまにてくさしかば、あくまどもそのぶたるをゆるされんことひけるに、イエズスこれゆるたまひければ、 33あくまどもそのひとよりでてぶたり、そのむれあはただしくがけよりみづうみとびいりておぼれしせり。 34ぼくしやどもそのなりゆきるやにげきて、まちむらふいちやうせしかば、 35ひとびとことやうんとてでしが、イエズスのもときたり、かのあくまでたりしひとの、すでいふくまとこころたしかにして、イエズスのあしもとせるをおそれたり。 36かくひとびとまたあくまつきすくはれししだいたれかれげしかば、 37ゲラサちはうじんみんこぞりて、おのれよりたちさたまはんことをイエズスにへり、これおほいにおそれたればなり。てイエズスふねりてかへたまひしに、 38あくまはなれしをとこともなはんことねがひしかど、イエズスこれらしてのたまひけるは、 39おのいへかへりて、かみいかんばかりおほいなることなんぢたまひしかをげよ、と。くてかれあまねまちめぐりて、イエズスのいかんばかりおほいなることおのれたまひしかいひひろめたり。 40イエズスかへたまひしに、ひとみなまちたりければ、ぐんしゆうこれくわんげいせり。 41をりしもをヤイロとえるひときたり、くわいどうつかさなりしが、イエズスのあしもとひれふして、おのいへたまはんことへり、 42おのれに十二さいばかりのひとりむすめありて、まさなんとすればなり。イエズスたまみちにて、ぐんしゆうおしせまられたまへるうちに、 43十二ねんらいちろうわづらへるひとりをんなかついしやためことごとそのざいさんつひやしたれども、たれにもいやされざりしが、 44うしろよりちかづきてイエズスのいふくふされしかば、しゆつけつたちまちとまれり。 45イエズス、われれしものたれぞ、とのたまへばみないなめるを、ペトロおよこれともなひたるひとびとひけるは、よ、ぐんしゆうおしせまりてなんぢわづらはすに、なほたれわれれし、とのたまふか。 46イエズスのたまひけるは、われれしものあり、われれいのうわがよりでたるをおぼゆればなり、と。 47をんなそのかくれざりしををののきつつ、きたりてイエズスのあしもとひれふし、そのれしりいうただちえたるしだいとをこうしゆうまへあかしければ、 48イエズスこれのたまひけるは、むすめなんぢしんかうなんぢすくへり、やすんじてけ、と。 49ことばいまだをはらざるに、ひとくわいどうつかさもときたり、なんぢむすめせり、わづらわすことなかれ、とひしに、 50イエズスこのことばきてむすめちちこたたまひけるは、おそるることなかれ、ただしんぜよ、らばかれたすかるべし、と。 51かくそのいへいたたまひて、ペトロ、ヤコボ、ヨハネおよむすめちちははほかともことたれにもゆるたまはず、 52ひとみなむすめためかつなげれるを、なかれ、むすめしたるにあらず、ねたるなり、とのたまひしに、 53ひとびとかれしたるをりて、これあざわらたり。 54しかるにイエズス、むすめり、よばはりて、むすめきよ、とのたまへば、 55そのれいかへりてむすめただちきしかば、これしょくもつあたふることめいたまへり。 56ふたおやいたおどろきしが、りしことたれにもかたるな、とイエズスいましたまへり。

第9章[編集]

1かくて十二しとよびあつめて、もろもろあくまやまひいやのうりよくけんりとをさづたまひ、 2かみくにことべ、かつびやうしやいやためつかはさんとして、 3のたまひけるは、なんぢみちりてなにものをもたづさふることなかれ、つゑふくろぱんかねおよびまいしたぎつことなかれ。 4いづれのいへるもこれとどまりて、そこよりいでさることなかれ。 5すべなんぢけざるひとあらば、そのまちり、かれらたいするしようことして、おのあしちりまでもはらえ、と。 6かくて十二しとしゆつたつしてむらむらじゆんくわいし、いたるところふくいんべ、びやうしやいやたり。 7ときぶんこくわうヘロデ、イエズスによりておこなはるるすべてのこときてうたがひまどへり。あるひとびとはヨハネししやうちよりふくくわつしたりとひ、 8あるひとびとはエリアあらはれたりとひ、あるひとびといにしへよげんしやひとりふくくわつしたりとへばなり。 9かくてヘロデひけるは、ヨハネはわれすでくびきりしものを、かかこときこゆるかのひとたれなるぞ、とてイエズスをこともとたり。 10しとたちかへりて、めんめんおこなひしいつさいことげければ、イエズスかれらしたがへて、べつにベッサイダふきんなるさびしきところしりぞたまひしに、 11ぐんしゆうこれりてそのあとしたひしかば、イエズスこれけてかみくにことかたり、ちれうえうするひといやたまへり。 12すでかたぶきしかば、十二[しと]ちかづきてひけるは、われかかさびしきところるなれば、ぐんしゆうかいさんして、めぐりむらおよゐなかややどらせ、かつしょくもつもとめしめたまへ、と。 13しかるにイエズスかれらむかひ、なんぢこれしょくもつあたへよ、とのたまひしかば、かれらひけるは、われいつつぱんふたつさかなとあるのみ。あるひきてこのすべてのぐんしゆうためしょくもつはんか、と。 14ゐあはせたるだんし五千にんばかりなりしが、イエズス、ひとびとを五十にんづつくみぐみせしめよ、とでしたちのたまひければ、 15かれらそのごとくにして、ことごとせしめたり。 16イエズスいつつぱんふたつさかなとをり、てんあふぎてこれしゆくし、きてでしたちわかち、ぐんしゆうまへかしめたまひしかば、 17みなしよくしてあきりしが、しよくあましたるものひろひてくず十二かごありき。 18イエズスひとりいのたまひけるに、でしたちともりしが、ひてのたまひけるは、ぐんしゆうわれたれふぞ、と。 19かれらこたへてひけるは、ひとびとあるひせんしやヨハネなりとひ、あるひはエリアなりとひ、あるひいにしへよげんしやひとりふくくわつしたるなりとふ、と。 20イエズスかれらのたまひけるは、なんぢわれたれふか、と。シモン、ペトロこたへて、かみのキリストなり、とひしかば、 21イエズスきびしくかれらいましめ、たれにもこれかたらざるやうめいじて、 22のたまひけるは、ひとさまざまくるしめられ、かつちやうらうしさいちやうりつぱふがくしはいせきせられ、ころされ、しかしてみつかふくくわつすべし、と。 23またいちどうむかひてのたまひけるは、ひともしわがあときたらんとほつせば、おのれて、にちにちおのじふじかりてわれしたがふべし。 24おのせいめいすくはんとほつするひとこれうしなひ、わがためせいめいうしなひとこれすくふべければなり。 25すなはひとたとひぜんせかいまうくとも、もしおのれうしなおのれがいせば、なんえきかあらん。 26けだしわれわがことばとをづるひとをば、ひとまたおのれちちせいたちとのゐくわうもつきたらんときかれづべし。 27れどわれまことなんぢぐ、ここてるものうちに、かみくにるまであぢははざらんひとびとあり、と。 28これおんことばのちやうかばかりをて、イエズスペトロとヤコボとヨハネとをしたがへ、いのらんとてやまのぼたまひしに、 29いのたまあひだに、おんかほかたちかはり、いふくしろくなりてかがやけり。 30をりしもふたりひとありてイエズスとともかたりしが、これモイゼとエリアとにして、 31ゐくわうびてあらはれつつ、イエズスがまさにエルザレムにおいげんとしたませいきよことかたれり。 32ペトロおよともひとびとへずしてねむりたりしに、そのむるや、イエズスのえいくわうと、ともてるふたりとをたり。 33そのふたりイエズスをはなれければ、ペトロところらずして、イエズスにひけるは、よ、よいかなわれここことわれみついほりつくり、ひとつなんぢためひとつはモイゼのためひとつはエリアのためにせん、と。 34かたほどに、ひとむらくもおこりてかれらおほひしかば、でしたちくもときおそれいだけり。 35かくこゑくもうちよりひびきていはく、「これわがあいしなる、これけ」と。 36このこゑひびけるときただイエズスひとりのみたまひしが、でしたちもくして、そのたりしことそのころたれにもかたらざりき。 37よくじつかれらやまくだときぐんしゆうおびただしくきたりむかへしが、 38をりしもひとりひとぐんしゆううちよりよばはりてひけるは、よ、こいねがわくはわがかへりたまへ、われひとりごなるものを、 39あはれやあくきこれけば、にはかさけびてなげたふし、かつあわかせひきつけさせ、くだくるばかりにしてやうやくにたちさる。 40われなんぢでしたちに、これおひはらことひしかど、あたはざりき。 41イエズスこたえてのたまひけるは、しんかうなきよこしまだいなるかなわれいつまでなんぢともりてなんぢしのばんや。そのここつれきたれ、と。 42かくかれちかづきけるに、あくまこれたふしてひきつけさせしかば、 43イエズスをきしかり、いやしてそのちちかへたまへり。 44ここおいひとみなかみたいのうおどろき、イエズスのたまへるすべてのことかんたんしければ、イエズスでしたちむかひ、なんぢこのことばみみをさめよ、けだしひとひとびとわたさるることあらん、とのたまひしが、 45かれらこのことばかいせず、しかかれらさとらざらんために、これたいしてかくされしかば、このことばきてイエズスにことおそたり。 46ここに、おのれいづれもつともおほいなるか、とのかんがへかれらうちおこりしかば、 47イエズスそのこころおもんぱかところたまひ、ひとりをさなごりておのかたはらたせ、 48かれらのたまひけるは、たれにてもあれ、わがためこのをさなごくるひとは、われくるなり、またわれくるひとは、われつかはしたまひしものをくるなり、すなはなんぢいちどううちおいもつともちひさものは、これもつともおほいなるものなり、と。 49ヨハネこたへて、よ、なんぢもつあくまおひはらものあるをしが、われともしたがはざるものなれば、われこれきんじたり、とひければ、 50イエズスこれのたまひけるは、きんずることなかれ、なんぢはんせざるひとなんぢためにするものなればなり、と。 51イエズスがこのよりられたまふべきひかずちんとしければ、エルザレムにくべくおんかほかため、 52まづすにんつかひつかはしたまひしかば、かれらきてイエズスのためじゆんびせんとて、サマリアのあるまちりしかど、 53イエズスのおんかほエルザレムにむかへるによりて、ひとびとこれけざりき。 54ればヤコボとヨハネとふたりでしこれて、しゆよ、われいまめいじててんよりくだし、かれらやきほろぼさしめばいかに、とひければ、 55イエズスかへりみて、しかりてのたまひけるは、なんぢいかなるせいしんなるかをみづからざるなり、 56ひときたりしは、たましひほろぼさんためあらず、これすくはんがためなり、と。かくいちどうむらけり。 57いつこうみちあゆめるときあるひとイエズスにむかひ、いづこにもあれ、たまところわれしたがはん、とひしかば、 58イエズスこれのたまひけるは、きつねあなあり、そらとりあり、れどひとまくらするところなし、と。 59しかるにまたひとりむかひて、われしたがへ、とのたまひしかばかれしゆよ、まづきてちちはうむことわれゆるたまへとひけるに、 60イエズスのたまひけるは、しにんをしてそのしにんはうむらしめ、なんぢきてかみくにげよ、と。 61またひとりひけるは、しゆよ、われなんぢしたがはん、れどまづわがいへものしよちすることゆるたまへ。 62イエズスのたまひけるは、すきけてなほうしろかへりみるひとは、かみくにてきせざるものなり、と。

第10章[編集]

1そののちしゆまた七十二にんしめいして、おのいたらんとするまちまちところどころに、まづふたりづつつかはさんとして、 2のたまひけるは、かりいれおほけれどもはたらものすくなし、ゆゑはたらものそのかりいれつかはさんことを、かりいれしゆねがへ。 3け、なんぢつかはすは、こひつじおほかみなかるるがごとし、 4なんぢさいふたびぶくろはきものたづさふることなかれ、とちゆうにてたれにもあいさつすことなかれ。 5いずれのいへるも、まづこのいへへいあんあれかしとへ、 6そこへいあんあらば、なんぢいのへいあんそのうへとどまらん、しからずばなんぢかへらん。 7おないへとどまりて、そのうちありはするものいんしよくせよ、これはたらものそのむくいくるにあたひすればなり。いへよりいへうつることなかれ、 8またいずれのまちるとも、ひとびとなんぢけなば、なんぢきようせらるるものしよくし、 9そこにあるびやうにんいやし、ひとびとむかひて、かみくになんぢちかづけり、とへ。 10いずれのまちるとも、ひとびとなんぢけずば、そのちまたでてへ、 11なんぢまちにてわれきしちりまでも、われなんぢむかひてはらうぞ、りながらかみくにちかづきたるをれ、と。 12われなんぢぐ、かのには、ソドマはかのまちよりもゆるさるることあらん。 13わざはひなるかななんぢコロザイン、わざはひなるかななんぢベッサイダ、もしなんぢうちおこなはれしきせき、チロとシドンとのうちおこなはれしならば、かれらはやかいしんして、あらごろもまとひてはひせしならん。 14ればしんぱんあたりて、チロとシドンとはなんぢよりもゆるさるることあらん。 15またカファルナウムよ、なんぢぢごくにまでしづめらるべし、てんにまでもげられたるものを。 16そもそもなんぢひとわれき、なんぢかろんずるひとわれかろんじ、われかろんずるひとわれつかはしたまひしものをかろんずるなり、と。 17かくて七十二にんよろこびつつかへりきたり、しゆよ、なんぢりて、あくますらもわれきふくす、とひしかば、 18イエズスかれらのたまひけるは、われサタンがいなづまごとてんよりつるをつつありき。 19われなんぢに、へびさそりならびてきいつさいいきほひふみにじるべきけんのうさづけたれば、なんぢがいするものはあらじ、 20りながら、きしんなんぢふくするをよろこぶことなかれ、むしろなんぢてんかきしるされたるをよろこべ、と。 21そのときイエズス、せいれいによりてきえつしてのたまひけるは、てんちしゆなるちちよ、われなんぢしようさんす、これことがくしやちしやかくして、ちひさひとびとあらはたまひたればなり。しかちちよ、かくごときはみこころかなひしゆゑなり。 22いつさいものわがちちよりわれたまはりたり、ちちほかに、たれなるかをものなく、およあへしめしたらんものほかに、ちちたれなるかをものなし、と。 23かくでしたちかへりみてのたまひけるは、なんぢところさいはひなるかな24けだしわれなんぢぐ、おほくのよげんしやおよていわうは、なんぢところんとほつせしかどることをず、なんぢところかんとほつせしかどくことをざりき、と。 25をりしもひとりりつぱふがくしたちあがり、イエズスをこころみんとしてひけるは、よ、われなにしてかえいえんせいめいべき。 26イエズスこれのたまひけるは、りつぱふなんかきしるしたるぞ、なんぢなんむぞ、と。 27かれこたへて、なんぢこころつくし、たましひつくし、ちからつくし、せいしんつくしてなんぢかみたるしゆあいし、またなんぢちかものおのれごとあいすべし、とひしに、 28なんぢこたへただし、これおこなへ、しからばなんぢくることをん、とのたまへり。 29しかるにかれみづかべんぜんとほつしてイエズスにむかひ、わがちかものとはたれぞ、とひしかば、 30イエズスこたへて、あるひとエルザレムよりエリコにくだときがうとうおちいりしが、かれらこれぎてきずはせ、はんしはんしやようにしてすてれり。 31たまたまひとりしさいおなみちくだれるに、これすぎき、 32またひとりのレヴィじんも、そのところきあはせてこれしかど、おなやうすぎけり。 33しかるにひとりのサマリアじんたびじたどりつつかれかたはらきたりけるが、これあはれもよおし、 34ちかづきてあぶらぶだうしゆとをそそぎ、そのきずほうたいしておのうませ、やどともなひてかんごせり。 35よくじつデナリオぎんかまいいだしてやどぬしあたへ、このひとかんごせよ、このうへつひやしたらんところは、われかへときなんぢつぐのふべし、とへり。 36このにんうちかのがうとうおちいりたるひとちかかりしとなんぢゆるものいづれぞ、とのたまひけるに、 37りつぱふがくしかのひとあはれみくはへたるものこれなり、とひしかばイエズス、なんぢきてかくごとくせよ、とのたまへり。 38かくみなきけるに、イエズスあるむらたまひしを、マルタとなづくるをんなじたくにてせつたいせり。 39かのをんなにマリアとなづくるしまいありて、これしゆあしもとしておんことばたるに、 40マルタはもてなしいそがしさにとりまぎれたりしが、たちとどまりてひけるは、しゆよ、わがしまいわれひとりのこしてもてなさしむるをとしたまはざるか、ればめいじてわれたすけしめたまへ、と。 41しゆこたへてのたまひけるは、マルタマルタ、なんぢさまざまこときておもひわづらこころさわがすれども、 42ひつえうなるはただひとつ、マリアはさいりやうぶぶんえらめり、これうばはるまじきなり、と。

第11章[編集]

1かくてイエズス、あるところにていのたまへるに、そのをはたまふや、でしひとりひけるは、しゆよ、ヨハネもそのでしをしへしごとく、われいのことをしたまへ、と。 2イエズスかれらのたまひけるは、なんぢいのときへ、ちちよ、ねがはくはみなせいとせられんことを、みくにきたらんことを、 3われにちようかてを、ひびわれあたたまへ、 4われすべおのれおひめあるひとゆるすにり、われつみゆるたまへ、われこころみたまふことなかれ、と。 5またのたまひけるは、なんぢうちともてるものよなかそのもとき、ともよ、われみつぱんせ、 6わがひとりいうじんたびじわがもときたれるに、これきようすべきものなければ、とはんに、 7かれうちよりこたへて、われわづらはすことなかれ、すでぢ、わがこどもわれともとこれば、きてなんぢあたふることをず、とことあらんか、 8るをなほたたきてまざるときは、われなんぢぐ、かのひとたとひおのともなればとてはきてあたへざるも、そのわづらはしさのためきて、えうするほどものあたふるならん。 9われなんぢぐ、ねがへ、らばあたへられん、さがせ、らばみいださん、たたけ、らば[を]ひらかれん、 10すべねがひとけ、さがひとみいだし、たたひとは[を]ひらかるべければなり。 11なんぢうちたれちちぱんはんにそのちちいしあたへんや、あるひさかなを[はんに]そのかはりへびあたへんや、 12あるひたまごはんにさそりあたへんや、 13ればなんぢあしものながらも、たまものそのどもあたふるをれば、いはんてんましまなんぢちちは、おのれねがひとびとぜんりやうなるれいたまふべきをや、と。 14イエズスあくまおひいだたまふに、そのひとおしなりしが、すであくまおひいだたまふやおしものいひしかば、ぐんしゆうかんたんせり。 15れどそのうちあるひとびとは、かれあくまおひいだすはあくまかしらベエルゼブブにるなり、とひ、 16またひとは、イエズスをこころみんとて、てんよりのしるしこれもとたり。 17イエズスそのこころみぬきてかれらのたまひけるは、すべみづかわかあらそくにほろび、[わかあらそふ]いへいへともまたたふるべし、 18サタンもしみづかわかあらそはば、そのくにいかにしてかつべき、けだしなんぢふ、われベエルゼブブにりてあくまおひいだすと。 19われもしベエルゼブブにりてあくまおひいだすならば、なんぢこどもたれりてこれおひいだすぞ、らばかれらなんぢしんぱんしやとなるべし。 20れどわれもしかみゆびもつあくまおひいだすならば、かみくにまことなんぢきたれるなり。 21つよものぶさうしてそのすみかまもときは、そのてるものあんぜんなりといへども22もしかれよりつよものおそひきたりてかれたば、ことごとそのたのめるぶきうばひて、そのぶんどりものわかたん。 23われともらざるひとわれはんし、われともあつめざるひとらすなり。 24をきひとよりでしときれたるところめぐりてやすみもとむれどもず、いはく、でしわがいへかへらん、と。 25すなはきたりてそのいへはききよめられかざられたるをるや、 26きておのれよりもあしななつあくきたづさへ、ともりてここむ、かくそのひとすゑまへよりもさらあしくなるなり、と。 27このことどもことのたまへるに、あるをんなぐんしゆううちよりこゑげて、さいはひなるかななんぢやどししたいよ、なんぢひしちぶさよ、とひしかば、 28イエズスのたまひけるは、むしさいはひなるかなかみことばきてこれまもひとびとよ、と。 29ぐんしゆうはせあつまりければ、イエズスかたりたまひけるは、げんだいじやあくにして、しるしもとむれども、よげんしやヨナのしるしほかしるしあたへられじ、 30すなはちヨナがニニヴひとしるしとなりしごとく、ひとげんだいおけるもまたしかり。 31なんぽうによわうは、しんぱんあたりて、げんだいひとともちてこれつみさだめん、かれはてより、サロモンのちゑかんとてきたりたればなり、よ、サロモンにまされるものここり。 32ニニヴひとしんぱんあたりてげんだいひとともちてこれつみさだめん、かれらはヨナのせつけうによりてかいしんしたればなり、よ、ヨナにまされるものここり。 33ともしびともして、かくれたるところまたますしたものはあらず、いりくひとあかりせんためこれしよくだいうへく。 34なんぢともしびなり、そのにしてくば、ぜんしんあきらかなるべく、もししくばそのまたくらかるべし。 35このゆゑに、なんぢあかりやみにならざるやうこころせよ、 36なんぢぜんしんあきらかにしてやみところなくば、ぜんたいあきらかにしてかがやけるともしびらさるるごとくならん、と[かたたまへり]。 37イエズスかたたまへるうちに、ひとりのファリザイじんおのいへにてしよくたまはんことをひしかば、りてしよくたまひしが、 38イエズスしよくぜんあらたまはざりしを、このひといぶかりければ、 39しゆこれのたまひけるは、さてなんぢファリザイじんは、さかづきさらとのそときよむれど、なんぢうちぬすみふぎとにてり。 40おろかなるものどもよ、そとつくたまひしものは、またうちをもつくたまひしにあらずや。 41りながらあまれるものほどこせ、しからばいつさいものただちなんぢためきよめらるべし。 42れどわざはひなるかななんぢファリザイじんはつかヘンルドそのほかいつさいやさいの十ぶんの一をおさむれど、かみあいすることとをさしおけばなり、これしてこそかれらをもおこたらざるべかりしなれ。 43わざはひいなるかななんぢファリザイじんくわいどうにてはじやうざを、ちまたにてはけいれいこのめばなり。 44わざはひなるかななんぢけだしあらはれざるはかて、うへあゆひとびとこれらざるなり、と。 45りつぱふがくしひとりこれこたへて、よ、ひては、われにもぶじよくくはふるなり、とひしかば、 46イエズスのたまひけるは、なんぢわざはひなるかなりつぱふがくしひとびとにはになざるはすれど、みづからはゆびひとつだもそのれざればなり。 47わざはひなるかななんぢよげんしやたちはかじるしつるものこれころししはなんぢせんぞにして、 48なんぢみづかそのせんぞしわざどういすることしようす、かれらこれころしたるになんぢそのはかつればなり。 49これによりてまたかみちゑのたまはく、「われかれらよげんしやおよしとたちつかはさんに、かれらそのうちものころし、またはくがいせん」と。 50ればせかいかいびやくいらいながされたるすべてのよげんしや51すなはちアベルのよりさいだんしんでんとのあひだたふれしザカリアのいたるまで、げんだいそのつみはれん、われまことなんぢぐ、げんだいかくごとつみはるべし。 52わざはひいなるかななんぢりつぱふがくしちしきかぎうばひりて、みづからもらず、らんとするひとびとをもこばみたればなり、と。 53これことのたまうちに、ファリザイじんりつぱふがくしはなはだしくいきどほりでて、さまざまこともつへいこうせしめんとし、 54イエズスをうつたへんとしていんぼうめぐらし、そのくちよりなにごとをかとらへんとせり。

第12章[編集]

1そのときおびただしきぐんしゆうめぐりふみばかりなるに、イエズスでしたちかたりたまひけるは、ファリザイじんぱんだねようじんせよ、これぎぜんなり。 2おほはれたることあらはれざるべきはなく、かくれたることれざるべきはなし、 3なんぢくらやみにてひしことあかるみはれ、へやにてささやきしことやねにてべらるべければなり。 4ればわれわがともたるなんぢぐ、にくたいころしてそののちなにをもざるものおそるることなかれ。 5ここなんぢおそるべきものしめさん、すなはころしたるのちぢごくなげいるるけんのうあるものおそれよ、しかり、われなんぢぐ、これおそれよ。 6すずめせんにてるにあらずや、しかるにそのいちも、かみみまへわすれらるることなし。 7なんぢかみのすらみなかぞへられたり、ゆゑおそるることなかれ、なんぢおほくのすずめまされり。 8われなんぢぐ、すべひとびとまへにてわれせんげんするものは、ひとまたかみつかひたちまへにてこれせんげんせん。 9れどひとびとまへにてわれいなものは、かみつかひたちまへにていなまるべし。 10またすべひとそしひとゆるされん、れどせいれいたいしてばうとくしたるひとゆるされじ。 11ひとびとなんぢくわいどうに、あるひくわんりけんりよくしやまへかんときいかまたなにこたへ、またなにはんかとおもひわづらふことなかれ、 12ふべきことは、そのときあたりて、せいれいなんぢをしたまふべければなり、と。 13かくぐんしゆううちより、あるひとイエズスにむかひ、よ、わがきやうだいめいじて、かとくわれともわかたしめたまへ、とひしかば、 14イエズスこれのたまひけるは、ひとよ、なんぢうへはんじまたぶんぱいしやとして、たれわれさだめしぞ、と。 15かくひとびとのたまひけるは、つつしみてすべてのどんよくようじんせよ、ひとせいめいもちものゆたかなるにらざればなり、と。 16またかれらたとへかたりてのたまひけるは、あるふしやはたゆたかにみのりければ、 17そのひとこころうちかんがへけるは、われさんぶつむべきところなきをいかにせんと。 18ついへらく、われかくべし、すなはわがくらこぼち、さらおほいなるものてて、そこわがさんぶつざいうわとをまん、 19しかしてわがたましひむかひ、たましひよ、たねんよういたくはへたるざいさんあまたあれば、こころやすんじ、いんしよくしてたのしめ、とはん、と。 20れどかみかれのたまはく、おろかものよ、なんぢたましひこんやよびかへされんとす、らばそなへたるものたれものるべきぞ、と。 21おのれためたからみて、かみみまへまざるひとかくごとものなり、と。 22またでしたちのたまひけるは、ればわれなんぢぐ、いのちためなにをかためなにをかん、とおもひわづらふことなかれ、 23いのちくひものまさり、いふくまされり。 24からすかんがみよ、ことなくことなく、くらをもなやをもたざれども、かみこれやしなたまふなり、なんぢからすまさることいくばくぞや。 25なんぢうちたれくふうしておのじゆみやういつちうだもくはふることをんや、 26ればいとちひさことすらもあたはざるに、なんそのたことおもひわづらふや。 27ゆりいかそだつかをかんがみよ。はたらことなくつむことなし、れどもわれなんぢう、サロモンだもそのえいぐわきはみおいて、かのゆりひとつほどによそほはざりき。 28けふりてあすなげいれらるるくさをさへ、かみよそほはせたまへば、いはんなんぢをや、しんかううすものどもかな29なんぢも、なにをかなにをかまんともとむることなかれ、またたいまうおこすことなかれ、 30けだしいはうじんは、このいつさいものもとむれども、なんぢちちなんぢこれえうすることをたまへばなり。 31ればまづかみくにと、そのとをもとめよ、らばこのいつさいものなんぢくはへらるべし。 32ちひさむれよ、おそるることなかれ、なんぢくにたまことは、なんぢちちみこころかなひたればなり。 33なんぢもちものりてほどこしおこなへ、おのれためふるびざるかねぶくろつくり、きざるたからてんたくはへよ、かしこにはぬすびとちかづかず、しみそこなはざるなり。 34これなんぢたからところには、こころまたるべければなり。 35なんぢこしおびしてともしびあるべし。 36またあたかも、しゆじんこんえんよりかへりきたりてもんたたかばただちひらかん、とまちくるひとごとくによ。 37しゆじんきたときめさめたるをらるるしもべさいはひなり、われまことなんぢぐ、しゆじんみづかおびしてこのしもべしよくかせ、かよひてかれらきふじせん。 38しゆじん十二までにきたるも三までにきたるも、しもべかくごときをば、かれらさいはひなり。 39なんぢるべし、かふもしぬすびときたるべきときらばかならけいかいしてそのいへうがたしめじ。 40なんぢまたよういしてあれ、ひとなんぢおもはざるとききたるべければなり、と。 41ペトロ、イエズスにむかひ、しゆよ、このたとへのたまふは、われためにか、すべてのひとためにもか、とひしかば、 42しゆのたまひけるは、ときおうじてかぞくむぎほどよくわけあたへしめんとて、こしゆそのかぞくうへつる、ちゆうぎにしてさとしつじたれなるか、 43しゆじんきたときおこなへるをらるるしもべさいはひなり。 44われまことなんぢぐ、しゆじんおのてるいつさいものこれつかさどらしめん。 45もしかのしもべこころうちに、わがしゆひときたことおそしとひて、げなんげぢようちたたき、のみくひしてゑひはじめんか、 46せざるらざるときに、かのしもべしゆじんきたりてこればつし、そのむくいふちゆうものおなじくせん。 47またそのしゆじんりてよういせず、しゆじんしたがひておこなはざるしもべは、むちうたるることおほからん。 48しかれども、らずしてむちうたるべきことしたるものは、たるることすくなかるべし、すべおほあたへられたるひとおほもとめられ、いたくしたることおほければさいそくすることおほかるべし。 49われちじやうはなたんとてきたれり、そのゆるほかにはなにをかのぞまん。 50しかるにわれにはくべきせんれいあり、しとげらるるまで、おもひせまれることいかばかりぞや。 51なんぢは、われちじやうへいわもちきたれりとおもふか、われなんぢぐ、いなかへつてぶんりなり。 52けだしいまよりのちいつかに五にんあらば、三にんは二にんに、二にんは三にんたいしてわかれん、 53すなはちちに、ちちに、ははむすめに、むすめははに、しうとめよめに、よめしうとめたいしてわかるることあらん、と。 54イエズスまたぐんしゆうのたまひけるは、なんぢにしよりくもおこるをればただちあめきたらんとふ、すでにしてはたしてしかり。 55またみなみかぜくをればあつくなるべしとふ、すでにしてはたしてしかり。 56ぎぜんしやよ、なんぢてんちありさまくることれるに、いかんいまときみわけざる、 57いかんただしきことみづかみさだめざる。 58なんぢあひてともくわんりもとときとちうにてかれゆるされんことつとめよ。おそらくはなんぢはんじもとき、はんじしたやくわたし、したやくかんごくれん、 59われなんぢぐ、さいしゆうの一りんまでもかへさざるうちは、なんぢそこでざるべし、と。