ヨハネ第二書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ヨハネ第二書

第1章[編集]

1 ちやうらうえらみかうむりたるふじんおよそのこどもすなはわれならびに、ただわれのみならず、すべしんりれるひとまた2いまわれうちとどまりて、しかかぎりなくわれともそんすべきしんりたいして、まことあいするところものに[しよかんおくる]。 3ねがはくはおんちようじひへいあんとが、ちちにてましまかみおよちちおんこイエズス、キリストよりたまはりて、しんりおよあいおいなんぢともらんことを。 4われなんぢこどもうちに、われちちよりおきてたてまつりしごとくにあゆめるものあるをみとめて、はなはよろこべり。 5ふじんよ、いまあたらしきおきてかきおくるものとせず、これはじめよりけたるものとしてあひあいせんことなんぢこひねがふ。 6あいとはわれそのおんおきてしたがひてあゆむべきことこれなり。おんおきてとはすなはちなんぢはじめよりきたるがままにあゆむべきものこれなり。 7けだしにくたいにてきたたまふイエズス、キリストをせんげんせざる、おほくのいうわくしやでたり、これいうわくしやにしてまたキリストなる。 8なんぢおのれかへりみて、われかつはたらきしところうしなはず、じゆうまんせるはうしうくるやうにせよ。 9すべてキリストのをしへとどまらずしてしりぞものかみいうたてまつらず、をしへとどまものちちおよおんこいうたてまつる。 10もしなんぢいたものにして、このをしへもたらことなくば、これいへるることなく、これあいさつすることなかれ。 11これあいさつするひとは、そのしきわざあづかればなり。 12かきおくるべきことなほおほくあれども、われかみすみとをもつてするをこのまず、これなんぢよろこびまつたからんために、なんぢうちりてくちづからかたらんこときぼうすればなり。 13えらみかうむりたるなんぢしまいこどもなんぢよろしくとへり。