ヨハネ第三書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ヨハネ第三書

第1章[編集]

1 ちやうらうしあいなるガイオ、すなはまことあいせるものに[しよかんおくる]。 2しあいなるものよ、われなんぢたましひさかゆるごとくにばんじおいさかえ、かつさうけんならんこといのる。 3あるきやうだいたちきたりて、なんぢちゆうじつすなはなんぢいかちゆうじつあゆめるかをしようしたれば、われはなはよろこべり。 4われりて、わがこどもちゆうじつあゆめるをくにまされるよろこびはあらず。 5しあいなるものよ、なんぢきやうだいたちしかりよじんたいして、なにごとすにもちゆうじつこれせり。かれらけうくわいまへおいなんぢあいじやうしようせしが、 6なんぢなほかみふさはしからんやうかれらりよかうたすけんはしかるべきことなり。 7かれらかみみなためしゆつたつして、なにものをもいけうじんけざればなり。 8ゆゑわれしんりけふりよくせんために、よろしくかくごとひとせつたいすべきなり。 9わがけうくわいててひとふでかきおくれり、れどそのうちかしらだことこのめるデオトレフェスわれうけいれざるなり。 10ゆゑいたりたらんときそのところわざそのこころよびおこさんとす。すなはかれわれあくこうして、しからざるもののごとく、みづかきやうだいたちうけいれず、あはせてうけいれんとするひとびといましめ、かつけうくわいよりおひいだすなり。 11しあいなるものよ、なんぢあくならはずしてぜんならへ、ぜんひとかみよりのものなり。あくひとかみたてまつりしことなし。 12デメトリオはしゆうじんにもじつさいにもしようめいせられ、われまたこれためしようめいす、しかしてわれしようめいしんじつなるはなんぢこれれり。 13なんぢかきおくるべきことはおほかりしかども、われすみふでもつかきおくるをこのまず。 14ねがはくはふじつなんぢて、われくちづからあひかたらん。なんぢへいあんあれかし。いうじんたちなんぢよろしくとへり。いうじんたちに、おのおのしてよろしくつたへよ。 15[14]ねがはくはふじつなんぢて、われくちづからあひかたらん。なんぢへいあんあれかし。いうじんたちなんぢよろしくとへり。いうじんたちに、おのおのしてよろしくつたへよ。