ヨハネ第一書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ヨハネ第一書

第1章[編集]

1せいめいみことばきて、もとよりりたりしところわれきしところにてところつらつらながめてにてあつかひしところ2すなはせいめい[たるもの]あらはたまへり、われかつちちおんもとましまして、われあらはたまひしえいゑんせいめいたてまつり、これほしようかつなんぢぐるなり。 3われみききせしところなんぢにもぐるは、なんぢをもわれくみせしめ、かつわれくみをしてちちそのおんこイエズス、キリストとともらしめんため4これかきおくるは(なんぢよろこびて)そのよろこびまつたからんためなり。 5われがキリストよりうけたまわりてなんぢつたふるところつげこれなり、かみひかりにてましまし、これいささかくらやみあることなし、 6われもしかれくみたてまつるとひてくらやみあゆまば、これいつはりてまことおこなはざるなり。 7れどかれひかりましますがごとく、われひかりうちあゆまば、これたがひあひくみして、そのおんこイエズスのおんちは、われすべつみよりきよむるなり。 8もしわれつみなしとはば、みづかあざむものにして、しんりわれうちらず。 9もしわれつみこくはくせば、かみしんじつせいぎましましてわれつみゆるし、われすべふぎよりきよたまふべし。 10もしわれつみをかしたることなしとはば、かみきよげんしやとしたてまつるものにして、おんことばわれらざるなり。

第2章[編集]

1わがせうしよ、これことなんぢかきおくるは、なんぢつみをかさざらんためなり。れどもしつみをかしたるものあらば、われちちみまへべんごしやいうせり。これすなはぎしやイエズス、キリストにして、 2かれわれつみあがなひにてまします、ただわれつみのみならず、ぜんせかいつみたいしてもまたしかるなり。 3われおんおきてまもときに、これによりてかれたてまつれることさとる。 4みづかかれたてまつれりとひておんおきてまもらざるひとは、きよげんしやにしてしんりそのうちらず。 5そのおんことばまもひとには、かみたいするのあいありてくわんぜんなり。われこれによりて、おのれかれことさとる。 6かれとどまたてまつるとひとは、おのれまたかれあゆたまひしごとくにあゆまざるべからず。 7しあいなるものよ、なんぢかきおくるはあたらしきおきてあらず、なんぢはじめよりけたるふるおきてにして、ふるおきてとはなんぢきしおんことばなり。 8またあたらしきおきてなんぢかきおくる。かれおいてもなんぢおいてもひとしくまことなり、くらやみすぎさりてまことひかりすでればなり。 9みづかひかりりとひておのきやうだいにくひとは、いまいたるまでくらやみうちるなり。 10おのきやうだいあいするひとは、ひかりとどまりて、かれにはつまづところなし。 11れどおのきやうだいにくひとは、くらやみりてくらやみあゆみ、くらやみためくらまされたるがゆゑに、くべきところらざるなり。 12せうしよ、なんぢかきおくるは、なんぢつみキリストのみなによりてゆるされたるがゆゑなり。 13ちちたちよ、なんぢかきおくるはなんぢはじめよりそんたまへるものをりたるがゆゑなり。せいねんたちよ、なんぢかきおくるは、なんぢあくまちたるゆゑなり。 14こどもたちよ、なんぢかきおくりしは、なんぢちちたてまつれるゆゑなり。ちちたちよ、なんぢかきおくりしは、なんぢちちたてまつりたりしゆゑなり。わかものよ、なんぢかきおくりしは、なんぢつよくしてかみおんことばなんぢうちとどまり、なんぢあくまちたるゆゑなり。 15およことあいするなかれ、ひともしあいせばちちたいするあいこれそんすることなし、 16すべことにくよくよくせいくわつほこりちちよりでずしてよりづればなり。 17しかしてそのよくすぎされど、かみみむねおこなひとかぎりなくそんするなり。 18せうしよ、すゑときなり、かつキリストきたるとなんぢきしごとく、いますでキリストとれるものおほし。われこれによりてすゑときなるをる。 19かれらわれうちよりでたれど、もとよりわれのものたらざりき。もしわれのものたりしならば、われともとどまりしならん、しかるに[かくごとくなるは]かれらみなわれのものたらざることあきらからんためなり。 20なんぢせいなるものよりちゆうゆせられて、いつさいことれり。 21なんぢかきおくりしは、しんりらざるものとしてにあらず、これり、またいつはりすべしんりよりでざることれるひととしてかきおくれるなり。 22いつはものたれぞ、イエズスのキリストにてましまこといなめるひとあらずや。おんちちおよおんこいなめるひとこれこそはキリストなれ。 23すべおんこいなめるひとおんちちをもいうたてまつらず、おんこせんげんするひとおんちちをもいうたてまつるなり。 24ねがはくはなんぢはじめよりきしところなんぢうちとどまらんことを。もしはじめよりきしところなんぢうちとどまらば、なんぢまたおんこおよおんちちうちとどまたてまつらん。 25それおんこみづかわれやくたまひしやくそくは、すなはえいゑんせいめいなり。 26われなんぢまどはすひとびときてこれことかきおくりたれども、 27なんぢかれよりたまはりしちゆうゆそのとどまりて、ひとをしへらるるをえうせず、そのちゆうゆばんじきてなんぢをしへ、しかまことにしていつはりあらず、なんぢそのをしへたるままこれとどまれ。 28せうしよ、いざしゆうちとどまたてまつれ、しからばそのあらはたまはんときわれはばかところなく、そのかうりんおいかれよりはづかしめられじ。 29なんぢかみにてましますことをらば、またひとかれよりうまたてまつりしをわきまへよ。

第3章[編集]

1われかみこどもしようせられ、かつしかあらんためちちわれたまひしあいいかなるかをよ。われらざるは、かれたてまつらざるがゆゑなり。 2しあいなるものよ、われいまかみこどもたり、れどそのいかるべきかはいまだあらはれず、われそのあらはれんときわれかみたてまつるべきをれり、これありままたてまつるべければなり。 3すべこのきぼういうするひとは、なほかれきよましますがごとく、おのれきよからしむ。 4すべつみをかひとりつぱふをかす、すなはつみりつぱふをかことなり。 5またイエズスのあらはたまひしはわれつみのぞかんためにして、かれいささかつみなきことなんぢところなり。 6すべかれとどまものつみをかさず、すべつみをかひとかれたてまつりしことなくかれたてまつことなし。 7せうしよ、たれにもまどはさるることなかれ、ものぎじんなり、なほかれぎじんにてましますがごとし。 8つみものあくまよりのものなり、あくまはじめよりつみものなればなり。かみおんこあらはたまひしは、あくまわざほろぼしたまはんためなり。 9すべかみによりてうまたてまつりしひとつみさず、おんたねこれそんすればなり。またつみあたはず、かみによりてうまたてまつりたればなり。 10かみこどもあくまこどもとは、ここおいあきらかあらはる、すなはすべさざるひとかみよりのものあらず、きやうだいあいせざるひとまたしかり、 11たがひあひあいせよとはなんぢはじめよりきしつげなればなり。 12カインのごとすべからず、かれしきものより[のひと]にしておととしめころししが、これしめころししはなにゆゑぞ、おのわざあしくしておととわざただしかりしゆゑなり。 13きやうだいたちよ、なんぢにくむをあやしむことなかれ、 14われきやうだいあいするによりてよりせいめいうつされたるをれり、あいせざるひととどまる。 15すべおのきやうだいにくひとひとごろしなり、すべひとごろしえいゑんせいめいそのとどまことなきはなんぢところなり。 16われあいさとりたるは、キリストがわれためせいめいたまひしをもつてなり、われまたきやうだいためいのちつべし。 17このざいさんてるもの、きやうだいきうばふせるをつつ、これおのはらわたぢなば、いかでかかみたいするあいこれとどまことんや。 18わがせうしよ、われことばしたとをもつあいすべからず、おこなひまこととをもつてすべし。 19これもつわれみづかしんりによれることる、またみまへおいわがこころすすめん、 20けだしわれこころわれとがむるも、かみわれこころよりゐだいましましてばんじたまふなり。 21しあいなるものよ、もしわれこころわれとがめずば、かみみまへおいはばかところなし、 22またなにごとねがふもこれたまはるなり、かみおきてまもりてみこころかなふことをおこなへばなり。 23かくそのおきては、すなはおんこイエズス、キリストのみなしんたてまつり、かつそのわれめいたまひしごとたがひあひあいすべきことこれなり。 24かみおきてまもひとかみとどまたてまつり、かみまたこれとどまたまふ。われかみわれとどまたまことるは、そのわれたまひし[せい]れいによりてなり。

第4章[編集]

1しあいなるものよ、なんぢすべてのれいしんぜずして、れいかみよりのものなりやいなやをこころみよ、おほくのよげんしやでたればなり。 2かみれいこれもつるべし、すなはにくしんおいきたたまひしイエズス、キリストをせんげんするれいは、すべかみよりのものなり。 3またイエズスをせんげんせざるれいは、すべかみよりのものにあらず、これキリストのれいなり。なんぢかつきたるをきしが、かれいますでるなり。 4せうしよ、なんぢかみよりのものにして、かのよげんしやてり、これなんぢましませるものは、るものよりまさたまへばなり。 5かれらよりのものなればしたがひてかたり、しかしてかれらく。 6われかみよりのものなり、かみたてまつひとわれき、かみよりならざるひとわれかず。われこれもつしんりれいごびうれいとをる。 7しあいなるものよ、われあひあいすべし、これあいかみよりまたすべあいするひとかみよりうまれてかみたてまつものなればなり。 8あいせざるひとかみたてまつらず、けだしかみあいにてまします。 9かみあいわれおいあらはれしは、かみわれをしてこれによりてきしめんために、そのおんひとりごつかはしたまひしをもつてなり。 10あいとはこれなり、すなはわれさきかみあいたてまつりしにあらずして、かみおんみづかさきわれあいたまひ、われつみためおんこあがなひとしてつかはしたまひしなり。 11しあいなるものよ、かみわれあいたまひしことかくごとくなれば、われまたあひあいすべきなり。 12たれかつかみたてまつりしことなし、われにしてあひあいせば、かみわれうちとどまたまひて、これあいたてまつあいわれおいくわんぜんなり。 13われかみとどまたてまつことかみわれとどまたまこととをるは、かみそのれいわれたまひしによりてなり。 14ちちおんこすくひぬしとしてつかはしたまひしことは、われもくげきしてこれしようす。 15およそイエズスがかみおんこにてましますことをせんげんするものは、かみこれとどまたまふ、かれまたかみとどまたてまつる、 16かみわれたいしていうたまへるあいは、われこそこれり、かつしんじたるものなれ。かみあいにてまします、しかしてあいとどまものかみとどまたてまつり、かみまたこれとどまたまふ。 17あいわれおいくわんぜんなるは、われしんぱんはばかところなからんためなり、われこのおいしゆたてまつればなり。 18あいにはおそれなし、おそれはくばつふくむがゆゑに、くわんぜんなるあいおそれのぞく、おそるるものあいくわんぜんならざるものなり。 19ればわれかみあいたてまつるべし、かみまづわれあいたまひたればなり。 20ひとありて、われかみあいたてまつるとひつつおのきやうだいにくまば、これきよげんしやなり、けだしゆるきやうだいあいせざるものいかでかたまはざるかみあいたてまつることをべき。 21かつかみあいたてまつひとおのきやうだいをもあいすべしとは、これわれかみよりたまはれるおきてなり。

第5章[編集]

1すべてイエズスのキリストにてましますことをしんずるひとは、かみよりうまたてまつりたるものにして、すべたまひしものをあいするひとは、またかみよりうまたてまつりたりものをもあいするなり。 2われかみあいたてまつりてそのおきてじつかうするときこれもつかみこどもあいすることる、 3かみたいするあいは、そのおきてまもるにればなり。かくそのおきてかたきものにあらず。 4けだしすべかみよりうまたてまつりしものつ、しかしてちたるしようりわれしんかうこれなり。 5ものたれぞ、イエズスがかみおんこにてましますことをしんずるものあらずや。 6これみづとによりてきたたまひしもの、すなはちイエズス、キリストなる、ただみづのみにあらみづとによりてなり。これしようたまふものは[せい]れいにして、[せい]れいしんりにてまします。 7けだしてんおいしようするものみつあり、ちちみことばせいれいこれなり、しかしてこのみつのものはいつたまふ。 8またおいて)しようするものみつあり、れいみづこれなり、しかしてこのみつのものはいつす。 9われひとしようくれば、かみしようさらおほいなり、しかしてかみこのしようおほいなるはおんこきてしようたまひしがゆゑなり。 10かみおんこしんたてまつひとおのれうちかみしよういうす、かみしんぜざるひとこれきよげんしやたてまつものなり、かみおんこきてたまへるしようしんぜざればなり。 11そのしようこれなり、すなはかみわれえいゑんせいめいたまひて、このせいめいそのおんこり、 12おんこいうたてまつひとせいめいいうし、おんこいうたてまつらざるひとせいめいいうせざるなり。 13これことなんぢかきおくるは、かみおんこみなしんたてまつなんぢをして、みづかえいゑんせいめいいうせることらしめんためなり。 14またみむねしたがひてねがときは、なにごとをもわれたまことは、われかれおいかくしんたてまつところにして、 15なにごとねがふもわれたまことれば、またねがひしところべきことをもれるなり。 16ひともしおのきやうだいいたらざるつみをかすをいのるべし、らばせいめいいたらざるつみせるひとたまはるべきなり。またいたつみあれば、われこれためねがふべしとはず。 17すべてのふぎつみなり、またいたらざるつみあり。 18すべかみよりうまたてまつりたるひとつみさず、かみよりうまたまひしものこれまもたまひて、あくまこれるることなきはわれこれれり。 19われかみよりのものにして、こぞりてあくまぞくすることわれこれれり。 20かみおんこわれまことかみらしめ、われそのまことおんこらしめんために、きたりてちしきあたたまへることわれまたこれれり。これまことかみにしてまたえいゑんせいめいにてまします。 21せうしよ、みづかまもりてぐうざうとほざかれ。