ヨハネの第三の書(文語訳)

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

<文語訳新約聖書

w:舊新約聖書 [文語]』w:日本聖書協会、1950年

w:大正改訳聖書

ヨハネの第三の書

第1章[編集]

1:1[編集]

長老、書を愛するガイオ、わが眞をもて愛する者に贈る。

1:2[編集]

愛する者よ、我なんぢが靈魂の榮ゆるごとく汝すべての事に榮え、かつ健かならんことを祈る。

1:3[編集]

兄弟たち來りて汝が眞理を保つこと、即ち眞理に循ひて歩むことを證したれば、われ甚だ喜べり。

1:4[編集]

我には我が子供の、眞理に循ひて歩むことを聞くより大なる喜悦はなし。

1:5[編集]

愛する者よ、なんぢ旅人なる兄弟たちにまで行ふ所みな忠實をもて爲せり。

1:6[編集]

かれら教會の前にて汝の愛につきて證せり。なんぢ神の御意に適ふやうに彼らを見送らば、その行ふところ善からん。

1:7[編集]

彼らは異邦人より何をも受けずして御名のために旅立せり。

1:8[編集]

されば斯かる人を助くべきなり、我らも彼らと共に眞理のために働く者とならん爲なり。

1:9[編集]

われ曩に聊か教會に書きおくれり。然れど彼らの中に長たらんと欲するデオテレペス我らを受けず。

1:10[編集]

この故に我もし往かば、その行へる業を思ひ出させん。彼は惡しき言をもて我らを罵り、なほ足れりとせずして自ら兄弟たちを接けず、之を接けんとする者をも拒みて教會より逐ひ出す。

1:11[編集]

愛する者よ、惡に效ふな、善にならへ。善をおこなふ者は神より出で、惡をおこなふ者は未だ神を見ざるなり。

1:12[編集]

デメテリオは凡ての人にも眞理にも證せらる。我等もまた證す、なんぢ我らの證の眞なるを知る。

1:13[編集]

我なほ汝に書き贈ること多くあれど、墨と筆とにてするを欲せず、

1:14[編集]

速かに汝を見、たがひに顏をあはせて語らんことを望む。

1:15[編集]

汝に平安あれ、朋友たち安否を問ふ。なんぢ名をさして友たちに安否を問へ。