ユダ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ユダ書

第1章[編集]

1イエズス、キリストのしもべにしてヤコボのきやうだいなるユダ、ちちにてましまかみあいせられ、キリスト、イエズスのためたもたれ、かつされたてまつりたるひとびとに[しよかんおくる]。 2ねがはくはじひへいあんじあいなんぢくははらんことを。 3しあいなるものよ、われわれきようどうたすかりきてなんぢかきおくらんことをせつのぞみ、ひとたびせいじんたちによりてつたへられししんかうためちからつくしてたたかはんことをすすめんとて、なんぢかきおくるをひつえうとせり。 4あるひとびとすなはむかしよりつみしよせるるやうよていせられたるけいけんなるひとびとくぐりりて、わがかみおんちようはうたうへ、ゆゐいつしゆさいしやにしてわがしゆにてましませるイエズス、キリストをいなたてまつればなり。 5なんぢもとよりなにごとをもれりといへども、ここわれなんぢをしておもひいださしめんとすることあり。すなはしゆエジプトのよりたみすくひいだたまひてのちしんぜざりしひとびとほろびしたまひ、 6またおのくらゐたもたずおのゐどころてたりしてんしたちを、おほいなるしんぱんために、むきうなはめもつくらやみうちたまひ、 7またソドマ、ゴモラおよそのふきんまちまちは、おなじくいんらんふけり、ことなるにくしんおかしたるがゆゑに、えいえんけいばつけてせしめとられしなり。 8かくごとかのむさうしやどもまたにくしんけがし、けんりよくかろんじ、そんえいののしる。 9だいてんしミカエルは、あくまろんじてモイゼのしかばねあらそひしときに、あへののしるがごとせんこくさずして、ねがはくはしゆなんぢめいたまはんことを、とへり。 10しかれどもこれひとすべらざることののしり、むちちくるゐごとしぜんれることもつそのけがすなり。 11かれらわざはひなるかなはカインのみちき、またはうしうためにバラアムのまよひながれ、なほコオレのむほんうちほろびたればなり。 12かれらはばからずしてしよくし、おのれあきらしめて、なんぢあいさんおいけがれり、かぜふきらるるみづなきくもみのらずしてふたたれ、かれたるあきすゑ13おのしうかうあわだたするうみあらなみくらやみかれらためかぎりなくそなはれるわくせいなり。 14アダムより七だいめなるヘノクは、これひとをもしてよげんしてへらく、「しゆそのせんまんせいとしたがへてきたたまひ、 15ばんみんむかひてしんぱんし、すべてのけいけんなるものを、そのけいけんおこなひしけいけんわざと、けいけんなるつみびとかみむかたてまつりてかたりしすべてのばうげんとをもつたまふべし」と。 16かれらしよくしたがひてあゆみ、ふまんらしてつぶやものそのくちたいげんかたり、りえきためひとへつらものなり。 17しあいなるものよ、なんぢわがしゆイエズス、キリストのしとたちよりよげんせられしこときおくせよ。 18すなはかれらへらく、すゑときにはあざけひとびときたり、おののぞみしたがひてけいけんわざうちあゆまん、と。 19かれらみづかぶんれつしてにくよくしたがひ、れいいうせざるものなり。 20しあいなるものよ、なんぢしせいなるしんかううへおのれて、せいれいによりていのり、 21おのれかみあいうちまもり、えいえんせいめいために、わがしゆイエズス、キリストのおんじひて。 22なんぢかれらうちあるものすなはしんぎあらそへるひとびとしようふくせしめ、 23あるものよりとりいだしてすくひ、あるものおそれつつあはれみ、にくけがされたるはだぎをもいとふべし。 24なんぢまもりてつまづかざらしむることと、(わがしゆイエズス、キリストのかうりんときに)そのくわうえいみまへけがれなくよろこばしくたしむることたまふもの、 25すなはわがしゆイエズス、キリストによりて、わがすくひぬしにてましまゆゐいつかみに、ばんせいいぜんおいても、いまおいても、またばんせいいたまでも、くわうえいゐくわうのうりよくけんのうす、アメン。