ユダ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ユダ書

目次

第1章[編集]

1イエズス、キリストのしもべにしてヤコボの兄弟きやうだいなるユダ、ちちにてましまかみあいせられ、キリスト、イエズスのためたもたれ、かつされたてまつりたる人々ひとびとに[書簡しよかんおくる]。 2ねがはくは慈悲じひ平安へいあん慈愛じあいなんぢくははらんことを。 3至愛しあいなるものよ、われわれ共同きようどう救霊たすかりきてなんぢ書贈かきおくらんことをせつのぞみ、一度ひとたび聖人等せいじんたちによりてつたへられし信仰しんかうためちからつくしてたたかはんことをすすめんとて、なんぢ書贈かきおくるを必要ひつえうとせり。 4ある人々ひとびとすなはむかしよりつみしよせるるやう預定よていせられたる敬虔けいけんなる人々ひとびとくぐりりて、わがかみ恩寵おんちよう放蕩はうたうへ、ゆゐいつ主宰者しゆさいしやにして我主わがしゆにてましませるイエズス、キリストをいなたてまつればなり。 5なんぢもとより何事なにごとをもれりといへども、ここわれなんぢをしておもひいださしめんとすることあり。すなはしゆエジプトのよりたみ救出すくひいだたまひてのちしんぜざりし人々ひとびとほろびしたまひ、 6またおのくらゐたもたずおの居處ゐどころてたりし天使等てんしたちを、おほいなる審判しんぱんために、無窮むきう縲絏なはめもつ暗黒くらやみうちたまひ、 7またソドマ、ゴモラおよその付近ふきん市町まちまちは、おなじく淫亂いんらんふけり、ことなる肉身にくしんおかしたるがゆゑに、永遠えいえん刑罰けいばつけてせしめとられしなり。 8かくごとかの夢想者むさうしやどもまた肉身にくしんけがし、権力けんりよくかろんじ、尊榮そんえいののしる。 9だい天使てんしミカエルは、惡魔あくまろんじてモイゼのしかばねあらそひしときに、あへののしるがごと宣告せんこくさずして、ねがはくはしゆなんぢめいたまはんことを、とへり。 10しかれどもこれひとすべらざることののしり、無知むち畜類ちくるゐごと自然しぜんれることもつそのけがすなり。 11彼等かれらわざはひなるかなはカインのみちき、また報酬はうしうためにバラアムのまよひながれ、なほコオレの謀反むほんうちほろびたればなり。 12彼等かれらはばからずしてしよくし、おのれあきらしめて、なんぢ愛餐あいさんおいけがれり、かぜふきらるるみづなきくもみのらずしてふたたれ、かれたるあきすゑ13おの醜行しうかう泡立あわだたするうみ暴波あらなみ暗黒くらやみ彼等かれらためかぎりなくそなはれる惑星わくせいなり。 14アダムより七代目だいめなるヘノクは、これひとをもして預言よげんしてへらく、「しゆその千萬せんまん聖徒せいとしたがへてきたたまひ、 15萬民ばんみんむかひて審判しんぱんし、すべての敬虔けいけんなるものを、その敬虔けいけんおこなひし敬虔けいけんわざと、敬虔けいけんなる罪人つみびとかみむかたてまつりてかたりしすべての暴言ばうげんとをもつたまふべし」と。 16彼等かれら私慾しよくしたがひてあゆみ、不満ふまんらしてつぶやものそのくち大言たいげんかたり、利益りえきためひとへつらものなり。 17至愛しあいなるものよ、なんぢ我主わがしゆイエズス、キリストの使徒しとたちより預言よげんせられしこと記憶きおくせよ。 18すなは彼等かれらへらく、すゑときにはあざけ人々ひとびときたり、おののぞみしたがひて敬虔けいけんわざうちあゆまん、と。 19彼等かれらみづか分裂ぶんれつして肉慾にくよくしたがひ、れいいうせざるものなり。 20至愛しあいなるものよ、なんぢ至聖しせいなる信仰しんかううへおのれて、聖霊せいれいによりていのり、 21おのれかみあいうちまもり、永遠えいえん生命せいめいために、我主わがしゆイエズス、キリストのおん慈悲じひて。 22なんぢ彼等かれらうちあるものすなは眞偽しんぎあらそへる人々ひとびと承服しようふくせしめ、 23あるものより取出とりいだしてすくひ、あるものおそれつつあはれみ、にくけがされたる肌着はだぎをもいとふべし。 24なんぢまもりてつまづかざらしむることと、(我主わがしゆイエズス、キリストの降臨かうりんときに)その光榮くわうえい御前みまへけがれなくよろこばしくたしむることたまふもの、 25すなは我主わがしゆイエズス、キリストによりて、わが救主すくひぬしにてましまゆゐいつかみに、萬世ばんせい以前いぜんおいても、いまおいても、また萬世ばんせいいたまでも、光榮くわうえい威光ゐくわう能力のうりよく権能けんのうす、アメン。