ヤコボ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ヤコボ書

第1章[編集]

1かみおよわがしゆイエズス、キリストのしもべヤコボ、りさんせる十二ぞくあいさつす。 2わがきやうだいたちよ、なんぢしゆじゆこころみおちいりたるときは、これもつとよろこぶべきことおもへ。 3なんぢしんかうこころみは、にんたいしやうずるをればなり。 4れどなんぢくわんぜんむけつにして、なにごととぼしきところなからんために、にんたいくわんぜんなるげふさざるべからず。 5なんぢうちちしきえうするひとあらば、たれをもとがめめたまはずしてをしみなくたまかみねがたてまつるべし、らばあたへられん。 6ただしうたがことなくしんかうもつねがはざるべからず、けだしうたがものかぜうごかされて、ただよへるうみなみたれば、 7かかひとしゆよりなにものをもけんとすることなかれ、 8これふたごころあるひとにして、そのすべてのみちおいさだまりければなり。 9きやうだいひくものそのたかめられしをおほいによろこぶべく、 10めるものは、おのひくきによりてよろこぶべし。これまさくさはなごとくにぎんとすればなり。 11それでてくれば、くされてそのはなち、そのおもてうつくしさはせたり。めるものそのみちおいしぼむべきことまたかくごとし。 12こころみしのひとさいはひなり、たんれんのちかみおのれあいしたてまつひとびとやくたまひしせいめいかんむりべければなり。 13たれいざなはるるにあたりて、かみよりいざなはるとふべからず。けだしかみあくいざなはれたまことあたはざれば、たれをもいざなたまことなし。 14おのおのいざなはるるは、おのれよくかれまどはされてなり、 15かくよくはらむやつみみ、つみまつたうせらるるやしやうず。 16ればわがしあいなるきやうだいたちよ、あやまことなかれ、 17すべたまものくわんぜんなるめぐみとはうへよりして、へんかうなくかいてんかげなきひかりちちよりくだる。 18けだしざうぶつはつほごときものたらしめんために、みこころよりしてしんりことばもつわれたまひしなり。 19わがしあいなるきやうだいたちよ、なんぢれり、ひとすべくにはやく、かたるにおそかるべし。 20ひといかりかみさざればなり。 21ればなんぢいつさいけがらはしきことと、おびただしきあくじとをぬぎて、なんぢゑられてなんぢれいこんすくふべきおんことばおだやかうけいれよ。 22かくなんぢみづかあざむきてちやうもんしやたるにとどまらず、ことばじつかうしやれ。 23けだしひともしことばちやうもんしやにしてじつかうしやあらずば、かがみうつしてうまれつきかほひとたるべし。 24すなはおのすがたしりぞくや、ただちそのいかりしかをわする。 25しかれどもじいうくわんぜんなるりつぱふかんがみてこれとどまものは、わすちなるちやうもんしやらずしてわざじつかうしやる。かかひとは、そのところりてさいはひなるべし。 26ひともしみづかしうけうなりとおもひつつ、そのしたせいせずしておのこころあざむかば、そのしうけうむえきなり。 27ちちにてましまかみみまへきよくしてけがれなきしうけうは、みなしごやもめそのこんなんあたりてはうもんし、みづかまもりてせけんけがされざることこれなり。

第2章[編集]

1わがきやうだいたちよ、なんぢくわうえいなるわがしゆイエズス、キリストにおけしんかうたもちて、ひとえこあることなかれ。 2けだしなんぢあつまりふくしてきんゆびめたるひといりきたり、またそふくしたるまずしきひといりきたらんに、 3なんぢふくしたるひとかへりみて、よろしくここせよとひ、まずしきひとには、そこあるひあしだいもとせよ、とはば、 4これこころうちへだてしてれうけんただしからざるしんぱんしやるにあらずや。 5わがしあいなるきやうだいたちよ、け、かみこのおけひんしやえらみてしんかうめるものらしめ、かみおのれあいたてまつひとびとやくたまひしくによつぎたらしめたまひしにあらずや。 6しかるになんぢひんしやいやしめたり。ふしやせいりよくもつなんぢあつし、かつみづかはふていくにあらずや、 7なんぢうへとなへられたるけがすにあらずや。 8ただなんぢもしせいしよしたがひて、「なんぢおのちかものおのれごとあいせよ」とのわうてきりつぱふまもらば、そのところし。 9れどもしひとたいしてえこあらば、これつみをかして、はんにんとしてりつぱふとがめらるるなり。 10たれにもあれ、りつぱふことごとまもるも、いつてんをかところあらば、いつさいたいしていうざいとなればなり。 11けだし、「なんぢかんいんするなかれ」とのたまひしものまた、「ころなかれ」とのたまひしがゆゑに、たとひかんいんせざるもころことあらば、これりつぱふゐはんしやたるなり。 12ればなんぢかたるにもおこなふにも、あたかじいうりつぱふもつしんぱんせらるべきものごとくにせよ。 13けだししんぱんじひさざるひとじひなきものにして、じひしんぱんつものなり。 14わがきやうだいたちよ、たとひひとみづかしんかうありとふとも、おこなひなくばなんえきかあらん、しんかうあにこれすくふをんや。 15もしきやうだいしまいはだかにしてにちにちしよくもつとぼしからんに、 16なんぢうちかれらむかひて、こころやすきてあたため、くまでしよくせよ、とひとありとも、えうするものあたへずばなんえきかあらん。 17しんかうまたくのごとし、おこなひなくばしたるものなり。 18しかるにひとあるひはん、なんぢしんかうありわれおこなひあり、おこなひなきなんぢしんかうわれしめせ、しからばわれまたおこなひによりてしんかうなんぢしめさん、 19なんぢかみゆゐいつにてましまことしんず、そのところし、あくましんじてふるひをののくなりと。 20くうなるひとよ、おこなひなきしんかうしたるものなるをらんことほつするか、 21わがちちアブラハムは、さいだんうへそのイザアクをささげて、おこなひによりてとせられしにあらずや。 22しんかうかれおこなひともはたらきしことと、おこなひによりてしんかうまつたうせられしこととはなんぢところなり。 23しかしてせいしよに、「アブラハムかみしんじたり、かくこのこととしてかれせられたり」とることじやうじゆし、かれかみあいじんとせられたり。 24ひととせらるるは、ただしんかうのみにらずしておこなひるをずや。 25これひとしくしやうふラハブも、つかひたちけてほかみちよりらしめ、おこなひによりてとせられしにあらずや。 26けだしれいなきにくたいせるがごとく、おこなひなきしんかうまたせるなり。

第3章[編集]

1わがきやうだいたちよ、たにんずうけうしことなかれ、われひとしほきびしきしんぱんくるはなんぢところにして、 2われみなおほくのこときてあやまつものなればなり。ひともしことばによりてあやまことなくばこれくわんぜんなるひとにして、またそのぜんしんくつわにてをさむるをべし。 3それうましたがへんとして、くつわそのくちほどこせば、われそのぜんしんぎよす。 4またふねよ、たとひそのふねおほいにしてつよかぜおそわるるも、いとちひさかじによりてあやつものほつするところけらる、 5かくごとしたちひさきよくぶながら、そのほこところおほいなり。いかばかりのちひさが、いかばかりのおほいなるはやしくかをよや。 6したまたなり、ふぎせかいなり。したわれごたいうちそなはりてぜんしんけがし、じごくもつもやされ、われいつしやうしやりんく。 7けだしいつさいけものとりはふものうみしゆぞくせいせられ、またじつじんせいによりてせいせられたり。 8しかれどもしたひとりこれせいすることあたはず、さだまりなきあくにしてしどくてり。 9われしたもつちちにてましまかみしゆくたてまつり、またこれもつかみかたどりてつくられたるひとのろひ、 10しゆくふくのろひおなくちよりづ。わがきやうだいたちよ、これしかあるべきにあらず、 11あにおなあなよりみづあまきものとにがきものとをながいづみあらんや。 12わがきやうだいたちよ、いかんいちじくぶだうしやうじ、ぶだういちじくしやうずるをんや。かくごとしほみづいづみまたまみづいだすことあたはず。 13なんぢうちちしきありてびんせうなるものありや、そのひとよろしくせいくわつにより、ちしきづるをんわもつおこなひしめすべし。 14れどなんぢもしにがねたみいだきてあらそこころあらばほこことなかれ、しんりはんしていつはことなかれ。 15これかかちしきてんよりくだれるものにあらずしてぞくするもの、にくよくよりづるもの、あくまよりきたるものなればなり。 16けだしねたみあらそひとあるところには、みだれいつさいあくげふとあり。 17うへよりのちしきだい一にみさをつぎをんびんをんわにしてすすめやすく、(ぜんくみし)あはれみかうくわとにち、ぜひせず、へうりなきものなり。 18へいわせるひとびとおいて、へいわうちかるるなり。

第4章[編集]

1なんぢうちおけいくさあらそひとはいづこよりかきたれる、なんぢごたいうちたたかへるそのよくよりにあらずや。 2なんぢむさぼりてず、ころねたみてことあたはず、あらそたたかひてことなきはねがはざるがゆゑなり。 3ねがひてけざるは、よくためつひやさんとしてあしねがふがゆゑなり。 4かんいんしやよ、このたいするあいじやうかみあだとなるをらずや、ればたれにもあれ、このともたらんとするひとみなかみあだとなる。 5なんぢせいしよへることいたづらなりとおもふか、かみなんぢやどらせたまひしれいねたむまでにのぞたまふ、 6なほおほいなるおんちようたまへばこそ、「かみがうまんなるものさからひ、けんそんなるものおんちようたまふ」とはへるなれ。 7このゆゑなんぢかみきふくしてあくまさからへ、しからばあくまなんぢよりしりぞくべし。 8かみちかづきたてまつれ、らばかみなんぢちかづきたまはん。つみびとよ、きよめよ、ふたごころものよ、こころきよらかにせよ。 9つうくわいしてなげかつけ、なんぢわらひなげきとなり、なんぢよろこびかなしみれ、 10しゆみまへへりくだれ、らばしゆなんぢたかたまはん。 11きやうだいたちよ、あひそしことなかれ、きやうだいそしものあるひきやうだいぜひするものは、りつぱふそしりつぱふぜひするものなり。もしりつぱふぜひせば、これりつぱふりかうしやあらずして、そのしんぱんしやたるなり。 12そもそもすくべくほろぼしべきりつぱふしやしんぱんしやゆゐいつにてまします、 13しかるになんぢたれなればちかものをばぜひするぞ。いまわれけふあすなにがしまちき、いちねんあひだそことどまり、しやうばいしてんとものよ、 14なんぢあすなにごとのあるべきかをらざるにあらずや。 15けだしなんぢいのちなにぞや、しばらゆるもやにして、つひにはきえうするものなり。なんぢよろしくこれへて、われもししゆおぼしめしならばまたくるならば、これかれさんとふべし。 16しかるになんぢいまたかぶりてみづかほこれり、かくごとほこりすべあくじなり。 17ゆゑひとぜんおこなふべきをりてこれおこなはざればつみるなり。

第5章[編集]

1さてめるひとびとよ、なんぢたうらいすべきわざはひためさけなげけ。 2なんぢとみふはいし、なんぢいふくむしばまれ、 3なんぢきんぎんびたり。かくそのさびなんぢしようこなりて、ごとくになんぢにくまん、なんぢすゑたいしていかりたくはへたるなり。 4よ、なんぢあざむきて、なんぢとちかりとりしさくにんあたへざりしちんぎんさけぶ、かれらさけびばんぐんしゆみみれり。 5なんぢちじやうりてくわんらくし、はうたうゆだね、さつがいあたりてもこころまんぞくせしめ、 6ぎじんつみさだめてこれころししも、かれなんぢていかうせざりき。 7ればきやうだいたちよ、しゆかうりんまでにんたいせよ、よやのうふたふとちて、はるあきあめくるまでにんたいするを。 8ればなんぢにんたいしてこころかたうせよ、けだししゆかうりんちかきにり。 9きやうだいたちよ、なんぢしんぱんせられざらんために、あひうらことなかれ、しんぱんしやもんぜんたまふ。 10きやうだいたちよ、なんぢしゆみなによりてかたりしよげんしやたちもつて、くつうにんたいとのもはんとせよ。 11われにんたいしたるひとびとさいはひなりとするをおもへ、なんぢかつてヨブのにんたいき、またをはりしゆたまひしことたり。すなはしゆじひふかましまして、あはれみたまものなり。 12わがきやうだいたちよ、なんぢだい一に、あるひてんあるひあるひなにものもつてもちかことなかれ、ただしかりはしかり、いないなへ、これしんぱんかからざらんためなり。 13なんぢうちうれふるものあらんか、そのひといのるべきなり。よろこものあらんか、そのひとせいうたふべきなり。 14なんぢうちめるものあらんか、そのひとけうくわいちやうらうたちぶべく、かれらしゆみなによりてこれちゆうゆし、これうへいのるべし。 15かくしんかういのりびやうしやすくひ、しゆこれひきたたまひ、もしつみあらばゆるさるべきなり。 16ればたがひにおのつみこくはくして、たがひためいのれ、これなんぢいやされんためなり。ぎじんあついのりおほいなるかうりよくあり。 17エリアはわれどうやうひとなりしも、あめちじやうらざらんことせついのりしかば、らざることねんかげつなりき。 18かくふたたいのりしかば、てんあめあたあたへたりき。 19わがきやうだいたちよ、もしなんぢうちしんりあやまてるものあり、ひとありてこれたちかへらしめんか、 20つみびとそのみちまよひよりたちかへらしめたるものは、そのたましひよりすくひ、おほくのつみおほふべしとるべきなり。