マルコ聖福音書3 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

マルコ聖福音書3 第3篇


第15章[編集]

1けてただちに、だいしさいは、りつぱふがくしちやうらうおよびぜんぎくわいはかりてイエズスをしばり、めしれてピラトにわたししが、 2ピラトイエズスにむかひ、なんぢはユデアじんわうなるか、とひしに、こたへて、なんぢへる[ごとし]、とのたまへり。 3かくだいしさいあまたこともつうつたへければ、 4ピラトまたイエズスにひて、なんぢなにをもこたへざるか、かれらなんぢうつたふることがらいかんばかりなるかをよ、とひしも、 5イエズスなほなにをもこたたまはざりしかば、ピラトはこれかんたんたり。 6さいじつあたり、そうとくが、ひとびとところしうじんひとりを、かれらゆるすのれいありしが、 7ここいつきときひところして、いつきものどもともにふごくしたるバラバといへるものありき。 8ぐんしゆうしゆつとうしてれいごとられんことねがひいでしに、 9ピラトこたへて、なんぢ、ユデアじんわうわれよりゆるされんことほつするか、とへり。 10これだいしさいねたみによりてこれわたしたることをればなり。 11しかるにだいしさいむしろバラバをおのれゆるさしむべく、ぐんしゆうそそのかししかば、 12ピラトまたこたへて、しからばユデアじんわういかしよぶんせんことほつするか、とひしに、 13かれらまたじふじかけよ、とさけびたり。 14ピラト、かれなんあくししぞ、とひたれど、かれらますますかれじふじかけよ、とさけたり。 15ピラトじんみんまんぞくせしめんとほつして、バラバをかれらゆるし、イエズスをばむちうちてのちじふじかけんためひきわたせり。 16ここおいへいそつ、イエズスをやくしよなかにはひきいだして、ぜんたいよびあつめ、 17イエズスにあかうはぎせ、いばらかんむりみてかむらせ、 18ユデアじんわうやすかれ、とひて、れいはじめ、 19なほよしもてそのかうべち、つばきかけ、ひざまづきてはいたり。 20てうろうしてのちあかうはぎぎて、もといふくせ、じふじかけんとてひきいだししが、 21ひとりのシレネじんをシモンとびて、アレキサンデルとルフォとのちちなるもの、ゐなかよりきたりてとほりかかりければ、しひこれそのじふじかはせ、 22イエズスを、ゴルゴタとところひきゆけり。ゴルゴタは(カルヴァリオ)すなはちされこうべところやくせらる。 23またもつやくぜたるぶだうしゆを、イエズスにましめんとしたれど、たまはざりき。 24かくこれじふじかくるや、たれなにるべきと、くじきてそのいふくわかてり。 25ごろイエズスをじふじかけしが、 26そのすてふだにはユデアじんわうしるされたりき。 27これともふたりがうとうひとりそのみぎに、ひとりそのひだりじふじかけられたり。 28かくて[せい]しよに、「かれざいにんれつせられたり」とあることじやうじゆせり。 29わうらいひとびとイエズスをののしり、かうべりてひけるは、ああしんでんこぼちてみつかうちたてなおものよ、 30じふじかよりりてみづからをすくへ、と。 31だいしさいまたおなじくあざけりて、りつぱふがくしかたりひけるは、かれたにんすくひしに、みづからをすくあたはず。 32イスラエルのわうキリスト、いまじふじかよりりよ、しからばわれしんぜん、と。ともじふじかけられたるものどもも、またこれののしたり。 33十二いたり、ちじやうあまねくらやみとなりて三およびしが、 34ときにイエズス、こゑたかよばはりて、エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニとのたまへり。は、わがかみわがかみなんわれたまひしや、となり。 35かたはらてるひとびとうちあるものどもきて、エリアをぶよ、とひけるに、 36ひとりはしきて、かいめんふくませ、よしけてましめつつ、け、エリアきたりてかれおろすやいなやをん、とひけるが、 37イエズスこゑたかよばはりて、いきたまへり。 38ときに[しん]でんまくうへよりしたまでふたつけしが、 39イエズスのむかうてるひやくふちやうよばはりていきたまひしをひけるは、このひとかみなりき、と。 40またはるかながたりしふじんたちありて、そのうちにはマグダレナ、マリアおよびせうヤコボとヨゼフとのははマリア、ならびにサロメありき。 41かれらはイエズスのガリレアにたまひしときしたがひてつかりしが、このほかにイエズスとともにエルザレムにのぼりたりしふじんおほたりき。 42ゆふぐれおよびて、あんそくじつまへなるよういなれば、 43かしらだちたるぎゐんアリマテアのヨゼフきたり、おのれかみくにてるものなれば、はばからずしてピラトのもといたり、イエズスのしかばねもとめしが、 44ピラトはイエズスもはやしぼうしたりやといぶかり、ひやくふちやうして、すでしたりやとひ、 45ひやくふちやうよりききりてのち、ヨゼフにそのしかばねあたへたり。 46ヨゼフぬのひて、イエズスをおろしてそのぬのつつみ、いはりたるはかおさめ、そのはかいりぐちいしまろばしけり。 47マグダレナ、マリアとヨゼフの[はは]マリアとは、イエズスのかれたまところながたりき。

第16章[編集]

1あんそくじつぎてのちマグダレナ、マリアとヤコボのははマリアとサロメときて、イエズスにらんとてかうれうひ、 2しうはじめに、あさはやでてすでのぼれるころはかいたり、 3たれわれためはかいりぐちよりいしまろばしくべき、とたがひいにりしが、 4げてれば、いしすでとりのぞきてあり、はなはおほいなるものなりき。 5かくはかるにおよびて、みぎはうしろいふくたるせうねんせるをて、おどろきおそれしかば、 6かれふじんたちひけるは、おそるることなかれ。なんぢじふじかけられたまひしナザレトのイエズスをたづぬれども、かれふくくわつたまひて、ここにはましまさず。そのかれたまひしところよ。 7ただしきて、そのでしたちとペテロとにいたり、かれなんぢさきだちてガリレアにたまひ、かつなんぢのたまひしごとく、なんぢかしこにてかれん、とげよ、と。 8ふじんたちおそおののきつつはかよりにげでしが、おそれためなにごとをもひとかたらざりき。 9てイエズスは一しうはじめあさふくくわつたまひて、まづマグダレナ、マリアにあらはたまひしが、これかつななつあくまそのよりおひいだされしをんななり。 10かれきて、イエズスとともりしひとびとかなしみなげきつつあるにげしかど、 11かれらこれきて、イエズスがきてこのをんなたまひしことしんぜざりき。 12そののちかれらうちふたりゐなかかんとしてあゆみちすがら、イエズスことなるすがたにてあらはたまひしを、 13かれらきてひとびとげしかど、またこれをもしんぜざりき。 14さいごにイエズス、かの十一にんくわいしよくせるにあらはたまひ、おのふくくわつたまへるをたるひとびとことばしんぜざりしをもつて、かれらしんかうと、こころかたくななることとがたまへり。 15かくこれのたまひけるは、なんぢぜんせかいきて、すべてのざうぶつふくいんべよ。 16しんかつせんせらるるひとすくはれ、しんぜざるひとつみさだめられん。 17しんずるひとびとにはこれしるしともなはん、すなはかれらわがによりてあくまおひはらひ、あたらしきことばはなし、 18へびとらへ、しどくむもがいなく、びやうにんあんしゆせばそのやまひえん、と。 19かれらかたたまひてのちしゆイエズスてんげられたまひて、かみみぎたまふ。 20でしたちしゆつたつして、あまねをしへべしが、しゆちからくはたまひて、ともなへるしるしによりてことばしようたまひたりき。