マルコ聖福音書3 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

マルコ聖福音書3 第3篇

第15章[編集]

1けてただちに、大司祭だいしさいは、律法りつぱふ學士がくし長老ちやうらうおよびぜん議會ぎくわいはかりてイエズスをしばり、めしれてピラトにわたししが、 2ピラトイエズスにむかひ、なんぢはユデアじんわうなるか、とひしに、こたへて、なんぢへる[ごとし]、とのたまへり。 3かく大司祭だいしさい數多あまたこともつうつたへければ、 4ピラトまたイエズスにひて、なんぢなにをもこたへざるか、彼等かれらなんぢうつたふる事柄ことがら如何いかんばかりなるかをよ、とひしも、 5イエズスなほなにをもこたたまはざりしかば、ピラトはこれ感嘆かんたんたり。 6祭日さいじつあたり、総督そうとくが、人々ひとびとところ囚人しうじん一個ひとりを、彼等かれらゆるすのれいありしが、 7ここ一揆いつきときひところして、一揆いつきものどもとも入獄にふごくしたるバラバといへるものありき。 8群衆ぐんしゆう出頭しゆつとうしてれいごとられんこと願出ねがひいでしに、 9ピラトこたへて、なんぢ、ユデアじんわうわれよりゆるされんことほつするか、とへり。 10これ大司祭だいしさいねたみによりてこれわたしたることをればなり。 11しかるに大司祭だいしさいむしろバラバをおのれゆるさしむべく、群衆ぐんしゆうそそのかししかば、 12ピラトまたこたへて、しからばユデアじんわう如何いか處分しよぶんせんことほつするか、とひしに、 13彼等かれらまた十字架じふじかけよ、とさけびたり。 14ピラト、かれなんあくししぞ、とひたれど、彼等かれら益々ますますかれ十字架じふじかけよ、とさけたり。 15ピラト人民じんみん満足まんぞくせしめんとほつして、バラバを彼等かれらゆるし、イエズスをばむちうちてのち十字架じふじかけんため引行ひきわたせり。 16ここおい兵卒へいそつ、イエズスをやくしよ中庭なかには引出ひきいだして、ぜんたい呼集よびあつめ、 17イエズスにあかうはぎせ、いばらかんむりみてかむらせ、 18ユデアじんわうやすかれ、とひて、れいはじめ、 19なほよしもてそのかうべち、つばきかけ、ひざまづきてはいたり。 20嘲弄てうろうしてのちあかうはぎぎて、もと衣服いふくせ、十字架じふじかけんとて引出ひきいだししが、 21一個ひとりのシレネじんをシモンとびて、アレキサンデルとルフォとのちちなるもの、田舎ゐなかよりきたりてとほりかかりければ、しひこれその十字架じふじかはせ、 22イエズスを、ゴルゴタとところ引行ひきゆけり。ゴルゴタは(カルヴァリオ)すなはち髑髏されこうべところやくせらる。 23また没薬もつやくぜたる葡萄ぶだうしゆを、イエズスにましめんとしたれど、たまはざりき。 24かくこれ十字架じふじかくるや、たれなにるべきと、くじきてその衣服いふくわかてり。 25ごろイエズスを十字架じふじかけしが、 26その罪標すてふだにはユデアじんわうしるされたりき。 27これとも二人ふたり強盗がうとう一人ひとりそのみぎに、一人ひとりそのひだり十字架じふじかけられたり。 28かくて[せい]しよに、「かれ罪人ざいにんれつせられたり」とあること成就じやうじゆせり。 29往來わうらい人々ひとびとイエズスをののしり、かうべりてひけるは、ああ神殿しんでんこぼちて三日みつかうちたてなおものよ、 30十字架じふじかよりりてみづからをすくへ、と。 31大司祭だいしさいまたおなじくあざけりて、律法りつぱふ學士がくしかたりひけるは、かれ他人たにんすくひしに、みづからをすくあたはず。 32イスラエルのわうキリスト、いま十字架じふじかよりりよ、しからばわれしんぜん、と。とも十字架じふじかけられたるものどもも、またこれののしたり。 33十二いたり、地上ちじやうあまね暗黒くらやみとなりて三およびしが、 34ときにイエズス、こゑたかよばはりて、エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニとのたまへり。は、わがかみわがかみなんわれたまひしや、となり。 35かたはらてる人々ひとびとうちあるものどもきて、エリアをぶよ、とひけるに、 36一人ひとりはしきて、海綿かいめんふくませ、よしけてましめつつ、け、エリアきたりてかれおろすやいなやをん、とひけるが、 37イエズスこゑたかよばはりて、いきたまへり。 38ときに[しん]殿でんまくうへよりしたまでふたつけしが、 39イエズスの對面むかうてる百夫ひやくふちやうよばはりていきたまひしをひけるは、このひとかみなりき、と。 40またはるかながたりし婦人ふじんたちありて、そのうちにはマグダレナ、マリアおよびせうヤコボとヨゼフとのははマリア、ならびにサロメありき。 41彼等かれらはイエズスのガリレアにたまひしときしたがひてつかりしが、このほかにイエズスとともにエルザレムにのぼりたりし婦人ふじんおほたりき。 42夕暮ゆふぐれおよびて、安息日あんそくじつまへなる用意よういなれば、 43頭立かしらだちたる議員ぎゐんアリマテアのヨゼフきたり、おのれかみくにてるものなれば、はばからずしてピラトのもといたり、イエズスのしかばねもとめしが、 44ピラトはイエズス最早もはや死亡しぼうしたりやといぶかり、百夫ひやくふちやうして、すでしたりやとひ、 45百夫ひやくふちやうよりききりてのち、ヨゼフにそのしかばねあたへたり。 46ヨゼフぬのひて、イエズスをおろしてそのぬのつつみ、いはりたるはかおさめ、そのはか入口いりぐちいしまろばしけり。 47マグダレナ、マリアとヨゼフの[はは]マリアとは、イエズスのかれたまところながたりき。

第16章[編集]

1安息日あんそくじつぎてのちマグダレナ、マリアとヤコボのははマリアとサロメときて、イエズスにらんとて香料かうれうひ、 2しうはじめに、あさはやでてすでのぼれるころはかいたり、 3たれわれためはか入口いりぐちよりいしまろばし退くべき、とたがひいにりしが、 4げてれば、いしすでとりのぞきてあり、はなはおほいなるものなりき。 5かくはかるにおよびて、みぎはうしろ衣服いふくたる少年せうねんせるをて、おどろきおそれしかば、 6かれ婦人ふじんたちひけるは、おそるることなかれ。なんぢ十字架じふじかけられたまひしナザレトのイエズスをたづぬれども、かれ復活ふくくわつたまひて、此處ここにはましまさず。そのかれたまひしところよ。 7ただしきて、その弟子でしたちとペテロとにいたり、かれなんぢさきだちてガリレアにたまひ、かつなんぢのたまひしごとく、なんぢ彼處かしこにてかれん、とげよ、と。 8婦人ふじんたちおそおののきつつはかよりにげでしが、恐怖おそれため何事なにごとをもひとかたらざりき。 9てイエズスは一しうはじめあさ復活ふくくわつたまひて、まづマグダレナ、マリアにあらはたまひしが、これかつ七個ななつ惡魔あくまそのより逐出おひいだされしをんななり。 10かれきて、イエズスとともりし人々ひとびとかなしみなげきつつあるにげしかど、 11彼等かれらこれきて、イエズスがきてこのをんなたまひしことしんぜざりき。 12そののち彼等かれらうち二人ふたり田舎ゐなかかんとしてあゆ途中みちすがら、イエズスことなる姿すがたにてあらはたまひしを、 13彼等かれらきて人々ひとびとげしかど、またこれをもしんぜざりき。 14最後さいごにイエズス、かの十一にん會食くわいしよくせるにあらはたまひ、おの復活ふくくわつたまへるをたる人々ひとびとことばしんぜざりしをもつて、彼等かれら信仰しんかうと、こころ頑固かたくななることとがたまへり。 15かくこれのたまひけるは、なんぢぜん世界せかいきて、すべての造物ざうぶつ福音ふくいんべよ。 16しんかつせんせらるるひとすくはれ、しんぜざるひとつみさだめられん。 17しんずる人々ひとびとにはこれしるしともなはん、すなは彼等かれらわがによりて惡魔あくま逐払おひはらひ、あたらしき言語ことばはなし、 18へびとらへ、死毒しどくむもがいなく、病人びやうにん按手あんしゆせばそのやまひえん、と。 19彼等かれらかたたまひてのちしゆイエズスてんげられたまひて、かみみぎたまふ。 20弟子でしたち出立しゆつたつして、あまねをしへべしが、しゆちからくはたまひて、ともなへるしるしによりてことばしようたまひたりき。