マテオ聖福音書4 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

w:マテオ聖福音書

マテオ聖福音書 第4篇

第28章[編集]

1かくあんそくじつをはりすなはいつしうはじめよあけに、マグダレナ、マリアとほかのマリアと、はかんとていたりしに、 2をりしもだいぢしんあり、すなはしゆつかひてんよりくだり、ちかづきていしまろばしけ、そのうへせしが、 3そのかたちいなづまごとく、そのいふくゆきごとし。 4ばんぺいおそおののきてしにんごとくなれり。 5てんしふじんこたへてひけるは、なんぢおそるることなかれ、けだしわれなんぢじふじかけられたまひしイエズスをたずぬるをれり。 6かれここいまさず、すなはのたまひしごとふくくわつたまへり。きたりてしゆかれたまひたりしところ7かつきてでしたちそのふくくわつたまひしことげよ。かれなんぢさきだちてすでにガリレアにたまふ、なんぢかしここれるべし[とへ]、われあらかじめこれなんぢげたるぞ、と。 8ふじんおそれおほいなるよろこびとをいだきてすみやかはかり、でしたちげんとてはしれり。 9をりしもイエズスかれらゆきひ、やすかれ、とのたまひければ、かれらちかづきておんあしいだき、これれいはいせり。 10ときにイエズスかれらのたまひけるは、おそるることなかれ、きてわがきやうだいたちにガリレアにけとげよ、かれらかしこわれるべし、と。 11ふじんりしをりしもばんぺいうちすうにんものまちいたり、りしことことごとしさいちやうげしかば、 12かれらちやうらうあひあつまりてけふぎし、かねおほへいそつあたへて、 13ひけるは、なんぢへ、でしたちよるきたりて、われねむれるうちかれぬすめりと。 14このこともしそうとくきこえなば、われかれきてなんぢぶじならしめん、と。 15ばんぺいかねりて、いひふくめられしごとくにしたれば、このものがたりけふいたるまでもユデアじんうちひろまれり。 16かくて十一のでしガリレアにき、イエズスのかれらめいたまひしやまに[いたり]、 17イエズスをれいはいせり。れどうたがものもありき。 18イエズスちかづきてかれらかたりてのたまひけるは、てんおいてもおいても、いつさいけんのうわれたまはれり。 19ゆゑなんぢきてばんみんをしへ、ちちせいれいとのみなによりてこれせんれいほどこし、 20なんぢめいぜしことことごとまもるべくをしへよ。われをはりまでにちにちなんぢともるなり、と。