マタイ伝福音書-第十四章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第14章[編集]

1そのころ、こくしゅヘロデ、イエスのうはさをききて、 2じしんどもにふ『これバプテスマのヨハネなり。かれしにんうちよりよみがへりたり、さればこそこれちからそのうちはたらくなれ』 3ヘロデさきに、おのきゃうだいピリポのつまヘロデヤのためにヨハネをとらへ、しばりてひとやれたり。 4ヨハネ、ヘロデに『かのをんなるるはよろしからず』とひしにる。 5かくてヘロデ、ヨハネをころさんとおもへど、ぐんじゅうおそれたり。ぐんじゅうヨハネをよげんしゃとすればなり。 6しかるにヘロデのたんじゃうびあたり、ヘロデヤのむすめそのせきじゃうまひをまひてヘロデをよろこばせたれば、 7ヘロデこれなににてももとむるままにあたへんとちかへり。 8むすめそのははそそのかされてふ『バプテスマのヨハネのくびぼんせてここにたまはれ』 9わううれひたれど、そのちかひせきものとにたいして、これあたふることをめいじ、 10ひとつかはひとやにてヨハネのくびり、 11そのかしらぼんにのせてきたらしめ、これせうじょあたふ。せうじょはこれをははささぐ。 12ヨハネのでしたちきたり、しかばねりてはうむり、きて、イエスにぐ。

13イエスこれきてひとけ、そこよりふねにのりてさびしきところたまひしをぐんじゅうききてまちまちよりかちにてしたがひゆく。 14イエスでておほいなるぐんじゅう、これをあはれみて、そのめるものいやたまへり。 15ゆふべになりたれば、でしたちみもときたりてふ『ここはさびしきところ、はやときおそし、ぐんじゅうらしめ、むらむらきて、おのためしょくもつはせたまへ』 16イエスたまふ『かれらくにおよばず、なんぢこれしょくもつあたへよ』 17でしたちふ『われらがここにもてるは、ただいつつのパンとふたつのうをとのみ』 18イエスたまふ『それをわれちきたれ』 19かくてぐんじゅうめいじてくさうへせしめ、いつつのパンとふたつのうをとをり、てんあふぎてしくし、パンをきて、でしたちにあたたまへば、でしたちこれぐんじゅうあたふ。 20すべてのひとくらひてく、きたるあまりあつめしにじふにかごちたり。 21くらひしものは、をんなこどもとをのぞきておほよせんにんなりき。

22イエスただちにでしたちをひてふねらせ、みづかぐんじゅうをかへすに、かなたきしさきかしむ。 23かくてぐんじゅうらしめてのち、いのらんとてひそかやまのぼり、ゆふべになりてひとりそこにゐたまふ。 24ふねははやをかよりすうちゃうはなれ、かぜさからふによりてなみなやまされゐたり。 25よあけよじごろ、イエスうみうへあゆみて、かれらにいたたまひしに、 26でしたちうみうへあゆたまふをこころさわぎ、へんげものなりとひておそさけぶ。 27イエスただちにかれらにかたりてひたまふ『こころやすかれ、われなり、おそるな』 28ペテロこたへてふ『しゅよ、もしなんぢならばわれめいじ、みづみてみもといたらしめたまへ』 29きたれ』とたまへば、ペテロふねよりり、みづうへあゆみてイエスのもとく。 30しかるにかぜおそれ、しづみかかりければ、さけびてふ『しゅよ、われすくひたまへ』 31イエスただちにみてべ、これをとらへてたまふ『ああしんかううすきものよ、なにうたがふか』 32あひともふねりしとき、かぜやみたり。 33ふねものどもイエスをはいしてふ『まことになんぢかみなり』

34つひわたりてゲネサレのきしに、35そのところひとびとイエスをみとめて、あまねくしはうひとをつかはし、またすべてのめるものれきたり、 36ただみころもふさにだにさはらしめたまはんことをねがふ、さはりしものはみないやされたり。