マタイ伝福音書-第十六章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第16章[編集]

1パリサイびととサドカイびときたりてイエスをこころみ、てんよりのしるししめさんことをふ。 2こたへてひたまふ『ゆふべにはなんぢら「そらあかきゆゑはれならん」とひ、 3またあしたには「そらあかくしてくもゆゑに、今日けふ風雨あれならん」とふ。なんぢらそら氣色けしき見分みわくることをりて、ときしるし見分みわくることあたはぬか。 4邪曲よこしまにして不義ふぎなるしるしもとむ、されどヨナの しるしほかしるしあたへられじ』かくてかれらをはなれてたまひぬ。

5弟子でしたち彼方かなたきしいたりしに、パンをたづさふることをわすれたり。 6イエスひたまふ『つつしみてパリサイびととサドカイびととのパンだねこころせよ』 7弟子でしたちたがひに『われらはパンをたづさへざりき』とかたふ。 8イエスこれりてたまふ『ああ信仰しんかううすきものよ、なにぞパンきことをかたふか。 9いまさとらぬか、いつつのパンをせんにんわかちて、そのあまり幾籃いくかごひろひ、 10またななつのパンを四千しせんにんわかちて、そのあまり幾籃いくかごひろひしかをおぼえぬか。 11ひしはパンのことにあらぬをなにさとらざる。ただパリサイびととサドカイびととのパンだねにこころせよ』 12ここに弟子でしたちイエスのこころせよとたまひしは、パンのたねにはあらで、パリサイびととサドカイびととのをしへなることをさとれり。

13イエス、ピリポ・カイザリヤの地方ちはうにいたり、弟子でしたちにひてひたまふ『人々ひとびとひとたれふか』 14かれいふ『あるひとはバプテスマのヨハネ、あるひとはエリヤ、あるひとはエレミヤ、また預言者よげんしゃ一人ひとり15かれらにひたまふ『なんぢらはわれたれふか』 16シモン・ペテロこたへてふ『なんぢはキリスト、けるかみなり』 17イエスこたへてたまふ『バルヨナ・シモン、なんぢ幸福さいはひなり、なんぢこれしめしたるは血肉けつにくにあらず、てんにいますちちなり。 18われはまたなんぢぐ、なんぢはペテロなり、われこのいはうへ教會けうくわいてん、黄泉よみもんはこれにたざるべし。 19われ天國てんこくかぎなんぢあたへん、おほよなんぢにてつなところてんにてもつなぎ、にてところてんにてもくなり』 20ここにイエス、おのがキリストなることたれにもぐなと、弟子でしたちをいましたまへり。

21このときよりイエス・キリスト、弟子でしたちに、おのれのエルサレムにきて、長老ちゃうらう祭司長さいしちゃう學者がくしゃらよりおほくの苦難くるしみけ、かつころされ、三日みっかめによみがへるべきことしめはじめたまふ。 22ペテロ、イエスをかたへにひきいましでてふ『しゅよ、しかあらざれ、ことなんぢにおこらざるべし』 23イエス振反ふりかへりてペテロにたまふ『サタンよ、うしろ退しりぞけ、なんぢはわが躓物つまづきなり、なんぢかみのことをおもはず、かへつてひとのことをおもふ』 24ここにイエス弟子でしたちにひたまふ『ひともしわれしたがきたらんとおもはば、おのれをすて、おの十字架じふじかひて、われしたがへ。 25おの生命いのちすくはんとおもものは、これをうしなひ、がためにおの生命いのちをうしなふものは、これべし。 26ひと全世界ぜんせかいまうくとも、おの生命いのちそんせば、なにえきあらん、またその生命いのちかわりなにあたへんや。 27ひとちち榮光えいくわうをもて、御使みつかひたちとともきたらん。そのときおのおのの行爲おこなひしたがひてむくゆべし。 28まことになんぢらにぐ、ここにもののうちに、ひとのそのくにをもてきたるをるまでは、あぢはぬものどもあり』