マタイ伝福音書-第十六章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第16章[編集]

1パリサイびととサドカイびときたりてイエスをこころみ、てんよりのしるししめさんことをふ。 2こたへてひたまふ『ゆふべにはなんぢら「そらあかきゆゑはれならん」とひ、 3またあしたには「そらあかくしてくもゆゑに、けふあれならん」とふ。なんぢらそらけしきみわくることをりて、ときしるしみわくることあたはぬか。 4よこしまにしてふぎなるしるしもとむ、されどヨナの しるしほかしるしあたへられじ』かくてかれらをはなれてたまひぬ。

5でしたちかなたきしいたりしに、パンをたづさふることをわすれたり。 6イエスひたまふ『つつしみてパリサイびととサドカイびととのパンだねこころせよ』 7でしたちたがひに『われらはパンをたづさへざりき』とかたふ。 8イエスこれりてたまふ『ああしんかううすきものよ、なにぞパンきことをかたふか。 9いまさとらぬか、いつつのパンをせんにんわかちて、そのあまりいくかごひろひ、 10またななつのパンをしせんにんわかちて、そのあまりいくかごひろひしかをおぼえぬか。 11ひしはパンのことにあらぬをなにさとらざる。ただパリサイびととサドカイびととのパンだねにこころせよ』 12ここにでしたちイエスのこころせよとたまひしは、パンのたねにはあらで、パリサイびととサドカイびととのをしへなることをさとれり。

13イエス、ピリポ・カイザリヤのちはうにいたり、でしたちにひてひたまふ『ひとびとひとたれふか』 14かれいふ『あるひとはバプテスマのヨハネ、あるひとはエリヤ、あるひとはエレミヤ、またよげんしゃひとり15かれらにひたまふ『なんぢらはわれたれふか』 16シモン・ペテロこたへてふ『なんぢはキリスト、けるかみなり』 17イエスこたへてたまふ『バルヨナ・シモン、なんぢさいはひなり、なんぢこれしめしたるはけつにくにあらず、てんにいますちちなり。 18われはまたなんぢぐ、なんぢはペテロなり、われこのいはうへけうくわいてん、よみもんはこれにたざるべし。 19われてんこくかぎなんぢあたへん、おほよなんぢにてつなところてんにてもつなぎ、にてところてんにてもくなり』 20ここにイエス、おのがキリストなることたれにもぐなと、でしたちをいましたまへり。

21このときよりイエス・キリスト、でしたちに、おのれのエルサレムにきて、ちゃうらうさいしちゃうがくしゃらよりおほくのくるしみけ、かつころされ、みっかめによみがへるべきことしめはじめたまふ。 22ペテロ、イエスをかたへにひきいましでてふ『しゅよ、しかあらざれ、ことなんぢにおこらざるべし』 23イエスふりかへりてペテロにたまふ『サタンよ、うしろしりぞけ、なんぢはわがつまづきなり、なんぢかみのことをおもはず、かへつてひとのことをおもふ』 24ここにイエスでしたちにひたまふ『ひともしわれしたがきたらんとおもはば、おのれをすて、おのじふじかひて、われしたがへ。 25おのいのちすくはんとおもものは、これをうしなひ、がためにおのいのちをうしなふものは、これべし。 26ひとぜんせかいまうくとも、おのいのちそんせば、なにえきあらん、またそのいのちかわりなにあたへんや。 27ひとちちえいくわうをもて、みつかひたちとともきたらん。そのときおのおののおこなひしたがひてむくゆべし。 28まことになんぢらにぐ、ここにもののうちに、ひとのそのくにをもてきたるをるまでは、あぢはぬものどもあり』