マタイ伝福音書-第十八章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第18章[編集]

1そのときでしたちイエスにきたりてふ『しからばてんこくにておほいなるはたれか』 2イエスをさなごび、かれらのなかきてたま3『まことになんぢらにぐ、もしなんぢひるがへりてをさなごごとくならずば、てんこくるをじ。 4さればたれにてもをさなごのごとくおのれひくうするものは、これてんこくにておほいなるものなり。 5またのために、かくのごときひとりをさなごくるものは、われくるなり。 6されどわれしんずるちひさものひとりつまづかするものは、むしおほいなるひきうすくびけられ、うみふかみしづめられんかたえきなり。 7このつまづきあるによりてわざはひなるかな。つまづきかならきたらん、されどつまづききたらするひとわざはひなるかな。 8もしなんぢまたはあしなんぢをつまづかせば、りててよ。かたはまたはあしなへにていのちるは、りゃうてりゃうあしありてとこしへれらるるよりもまさるなり。 9もしなんぢなんぢをつまづかせば、きててよ。かためにていのちるは、りゃうめありてのゲヘナにれらるるよりもまさるなり。 10なんぢつつしみてちひさものひとりをもあなどるな。われなんぢらにぐ、かれらのみつかひたちはてんにありて、てんにいますちちみかほつねるなり。 11[なし] 12なんぢいかにおもふか、ひゃくひきひつじてるひとあらんに、しそのいっぴきまよはば、じふひきやまのこしおき、きてまよへるものをたづねぬか。 13もしこれみいださば、まことになんぢらにぐ、まよはぬじふひきまさりていっぴきよろこばん。 14かくのごとくちひさものひとりほろぶるは、てんにいますなんぢらのちちみこころにあらず。

15もしなんぢきゃうだいつみをかさば、きてただかれとのみあひたいしていさめよ。もしかばきゃうだいたるなり。 16もしかずば、ひとりふたりともなけ、これさんしょうにんくちりて、すべてのことたしかめられんためなり。 17もしかれにもかずば、けうくわいげよ。もしけうくわいにもかずば、これいはうじんまたはしゅぜいにんのごときものとすべし。 18まことになんぢらにぐ、すべてなんぢらがにてつなところてんにてもつなぎ、にてところてんにてもくなり。 19またまことなんぢらにぐ、もしなんぢのうちふたりなににてももとむることにつきにてこころひとつにせば、てんにいますちちこれたまふべし。 20にさんにんわがによりてあつまところには、われもそのうちるなり。

21ここにペテロみもときたりてふ『しゅよ、わがきゃうだいわれにたいしてつみをかさばいくたびゆるすべきか、ななたびまでか』 22イエスひたまふ『いな、われ「ななたびまで」とははず「ななたびしちじふばいするまで」とふなり。 23このゆゑに、てんこくはそのけらいどもとけいさんをなさんとするわうのごとし。 24けいさんはじめしとき、いちまんタラントのおひめあるけらいつれきたられしが、 25つくのかたなかりしかば、しゅじん、このものとそのつますべてのもちものとをりてつくのふことをめいじたるに、 26そのけらいひれはいしてふ「ゆるくしたまへ、さらばことごとくつくのはん」 27そのけらいしゅじんあはれみてこれき、そのおひめゆるしたり。 28しかるにけらいいでて、おのれよりひゃくデナリをひたるひとりどうれうにあひ、これをとらへ、のどめてふ「おひめつくのへ」 29そのどうれうひれし、ねがひて「ゆるくしたまへ、さらばつくのはん」とへど、 30うけがはずしてき、そのおひめつくのふまでこれひとやれたり。 31どうれうどもりしこといたかなしみ、きてりしすべてのことをそのしゅじんぐ。 32ここにしゅじんかれをいだしてふ「しきけらいよ、なんぢねがひしによりて、かのおひめをことごとくゆるせり。 33わがなんぢあはれみしごとく、なんぢもまたどうれうあはれむべきにあらずや」 34くそのしゅじんいかりて、おひめをことごとくつくのふまでかれごくそつわたせり。 35もしなんぢおのおのこころよりきゃうだいゆるさずば、てんちちまたなんぢらにのごとくたまふべし』