マタイ伝福音書-第十八章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第18章[編集]

1そのとき弟子でしたちイエスにきたりてふ『しからば天國てんこくにておほいなるはたれか』 2イエス幼兒をさなごび、かれらのなかきてたま3『まことになんぢらにぐ、もしなんぢひるがへりて幼兒をさなごごとくならずば、天國てんこくるをじ。 4さればたれにても幼兒をさなごのごとくおのれひくうするものは、これ天國てんこくにておほいなるものなり。 5またのために、かくのごとき一人ひとり幼兒をさなごくるものは、われくるなり。 6されどわれしんずるちひさもの一人ひとりつまづかするものは、むしおほいなる碾臼ひきうすくびけられ、うみ深處ふかみしづめられんかたえきなり。 7この躓物つまづきあるによりて禍害わざはひなるかな。躓物つまづきかならきたらん、されど躓物つまづききたらするひと禍害わざはひなるかな。 8もしなんぢまたはあしなんぢをつまづかせば、りててよ。不具かたはまたは蹇跛あしなへにて生命いのちるは、兩手りゃうて兩足りゃうあしありて永遠とこしへれらるるよりもまさるなり。 9もしなんぢなんぢをつまづかせば、きててよ。片眼かためにて生命いのちるは、兩眼りゃうめありてのゲヘナにれらるるよりもまさるなり。 10なんぢつつしみてちひさもの一人ひとりをもあなどるな。われなんぢらにぐ、かれらの御使みつかひたちはてんにありて、てんにいますちち御顏みかほつねるなり。 11[なし] 12なんぢいかにおもふか、百匹ひゃくひきひつじてるひとあらんに、しその一匹いっぴきまよはば、じふひきやまのこしおき、きてまよへるものをたづねぬか。 13もしこれ見出みいださば、まことになんぢらにぐ、まよはぬじふひきまさりて一匹いっぴきよろこばん。 14かくのごとくちひさもの一人ひとりほろぶるは、てんにいますなんぢらのちち御意みこころにあらず。

15もしなんぢ兄弟きゃうだいつみをかさば、きてただかれとのみあひたいしていさめよ。もしかば兄弟きゃうだいたるなり。 16もしかずば、一人ひとり二人ふたりともなけ、これさん證人しょうにんくちりて、すべてのことたしかめられんためなり。 17もしかれにもかずば、教會けうくわいげよ。もし教會けうくわいにもかずば、これ異邦人いはうじんまたは取税人しゅぜいにんのごときものとすべし。 18まことになんぢらにぐ、すべてなんぢらがにてつなところてんにてもつなぎ、にてところてんにてもくなり。 19またまことなんぢらにぐ、もしなんぢのうち二人ふたりなににてももとむることにつきにてこころひとつにせば、てんにいますちちこれたまふべし。 20二三人にさんにんわがによりてあつまところには、われもそのうちるなり。

21ここにペテロ御許みもときたりてふ『しゅよ、わが兄弟きゃうだいわれにたいしてつみをかさばいくたびゆるすべきか、七度ななたびまでか』 22イエスひたまふ『いな、われ「七度ななたびまで」とははず「七度ななたびしちじふばいするまで」とふなり。 23このゆゑに、天國てんこくはその家來けらいどもと計算けいさんをなさんとするわうのごとし。 24計算けいさんはじめしとき、一萬いちまんタラントの負債おひめある家來けらいつれきたられしが、 25つくのかたなかりしかば、主人しゅじん、このものとそのつますべての所有もちものとをりてつくのふことをめいじたるに、 26その家來けらいひれはいしてふ「ゆるくしたまへ、さらばことごとくつくのはん」 27その家來けらい主人しゅじんあはれみてこれき、その負債おひめゆるしたり。 28しかるに家來けらいいでて、おのれよりひゃくデナリをひたる一人ひとり同僚どうれうにあひ、これをとらへ、のどめてふ「負債おひめつくのへ」 29その同僚どうれうひれし、ねがひて「ゆるくしたまへ、さらばつくのはん」とへど、 30うけがはずしてき、その負債おひめつくのふまでこれひとやれたり。 31同僚どうれうどもりしこといたかなしみ、きてりしすべてのことをその主人しゅじんぐ。 32ここに主人しゅじんかれをいだしてふ「しき家來けらいよ、なんぢねがひしによりて、かの負債おひめをことごとくゆるせり。 33わがなんぢあはれみしごとく、なんぢもまた同僚どうれうあはれむべきにあらずや」 34くその主人しゅじんいかりて、負債おひめをことごとくつくのふまでかれ獄卒ごくそつわたせり。 35もしなんぢおのおのこころより兄弟きゃうだいゆるさずば、てんちちまたなんぢらにのごとくたまふべし』