マタイ伝福音書-第十五章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第15章[編集]

1ここにパリサイびと學者がくしゃら、エルサレムよりきたりてイエスにふ、 2『なにゆゑなんぢ弟子でしは、いにしへのひと言傳いひつたへをかすか、食事しょくじのときにあらはぬなり』 3こたへてたまふ『なにゆゑなんぢらは、またなんぢらの言傳いひつたへによりてかみ誡命いましめをかすか。 4すなはかみは「ちちははうやまへ」とひ「ちちまたはははののしものかならころさるべし」とひたまへり。 5しかるになんぢらは「たれにてもちちまたはははむかひて、ところのものは供物そなへものとなりたりとはば、 6ちちまたはははうやまふにおよばず」とふ。くその言傳いひつたへによりてかみことばむなしうす。 7僞善者ぎぜんしゃよ、うべなるかな、イザヤはなんぢらにきて預言よげんせり。いはく、

8「このたみ口唇くちびるにてわれうやまふ、
されどこころわれとほざかる。
9ただいたづらにわれをがむ。
ひと訓誡いましめをしへとしをしへて」』

10かくて群衆ぐんじゅうせてひたまふ『きてさとれ。 11くちるものはひとけがさず、されどくちよりづるものは、これひとけがすなり』 12ここに弟子でしたち御許みもときたりていふ『御言みことばをききてパリサイびとつまづきたるをたまふか』 13こたへてたまふ『わがてんちちたまはぬものは、みなかれん。 14かれらをておけ、盲人めしひ手引てびきする盲人めしひなり、盲人めしひもし盲人めしひ手引てびきせば、二人ふたりともあなちん』

15ペテロこたへてふ『そのたとへわれらにたまへ』 16イエスたまふ『なんぢらもいまなほさとりなきか。 17すべくちるものははらにゆき、つひかはやてらるることさとらぬか。 18されどくちよりづるものはこころよりづ、これひとけがすものなり。 19それこころよりしきおもひいづ、すなはち殺人ひとごろし姦淫かんいん淫行いんかう竊盜ぬすみ僞證ぎしょう誹謗そしり20これらはひとけがすものなり、されどあらはぬにてしょくすることひとけがさず』

21イエスここをりてツロとシドンとの地方ちはうたまふ。 22よ、カナンのをんなそのほとりよりできたり、さけびて『 しゅよ、ダビデのよ、われあはれたまへ、わがむすめ惡鬼あくきにつかれていた くるしむ』とふ。 23されどイエス一言ひとことこたたまはず。弟子でしたちきたひてふ『をんなかへしたまへ、われらのあとよりさけぶなり』 24こたへてひたまふ『われはイスラエルのいへせたるひつじのほかにつかはされず』 25をんなきたりはいしてふ『しゅよ、われたすけたまへ』 26こたへてひたまふ『子供こどものパンをとりて小狗こいぬあたふるはからず』 27をんないふ『しかり、しゅよ、小狗こいぬ主人しゅじん食卓しょくたくよりおつる食屑たべくずくらふなり』 28ここにイエスこたへてひたまふ『をんなよ、なんぢ信仰しんかうおほいなるかな、ねがひのごとくなんぢになれ』むすめこのときよりえたり。 29イエス此處ここり、ガリラヤの海邊うみべにいたり、しかしてやまのぼり、そこにたまふ。 30おほいなる群衆ぐんじゅう跛者あしなへ不具かたは盲人めしひ唖者おふしおよびほかおほくのものきたりて、イエスの足下あしもときたれば、いやたまへり。 31群衆ぐんじゅうは、唖者おふしものいひ、不具かたはえ、跛者あしなへあゆみ、盲人めしひえたるをこれあやしみ、イスラエルのかみあがめたり。

32イエス弟子でしたちをしてたまふ『われ群衆ぐんじゅうをあはれむ、すで三日みっかわれとともにをりてくらふべきものなし。ゑたるままにてかへらしむるをこのまず、おそらくはみちにてつかてん』 33弟子でしたちふ『このさびしきにて、おほいなる群衆ぐんじゅうかしむべきおほくのパンを、何處いづこよりべき』 34イエスたまふ『パンいくつあるか』かれらいふ『ななつ、またちひさうをすこしあり』 35イエス群衆ぐんじゅうめいじてせしめ、 36ななつのパンとうをとをり、しゃしてこれをさき弟子でしたちにあたたまへば、弟子でしたちこれを群衆ぐんじゅうあたふ。 37すべてのひとくらひてき、きたるあまりひろひしに、ななつのかご滿ちたり。 38くらひしものは、をんな子供こどもとをのぞきて四千しせんにんなりき。 39イエス群衆ぐんじゅうをかへし、ふねりてマガダンの地方ちはうたまへり。