マタイ伝福音書-第十二章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第12章[編集]

1そのころイエスあんそくにちむぎはたけをとほりたまひしに、でしたちゑてみ、はじめたるを、 2パリサイびとてイエスにふ『よ、なんぢのでしあんそくにちまじきことをなす』 3かれらにたまふ『ダビデがそのともなへるひとびととともにゑしとき、ししことまぬか。 4すなはかみいへりて、さいしのほかは、おのれもそのともなへるひとびとくらふまじきそなへのパンをくらへり。 5またあんそくにちさいしらはみやうちにてあんそくにちをかせども、つみなきことをおきてにてまぬか。 6われなんぢらにぐ、みやよりおほいなるものここにり。 7「われあはれみこのみていけにへこのまず」とは、いかなるこころかをなんぢりたらんには、つみなきものつみせざりしならん。 8それひとあんそくにちしゅたるなり』

9イエスここりて、かれらのくわいだうたまひしに、 10よ、かたてなえたるひとあり。ひとびとイエスをうったへんとおもひ、ひていふ『あんそくにちひといやすことはきか』 11かれらに、ひたまふ『なんぢのうちいっぴきひつじをもてるものあらんに、もしあんそくにちあなおちいらば、これりあげぬか。 12ひとひつじよりすぐるることいかばかりぞ。さらばあんそくにちぜんをなすはし』 13ここにかのひとたまふ『なんぢのべよ』かれべたれば、ほかのごとくゆ。 14パリサイびといでていかにしてかイエスをほろぼさんとはかる。 15イエスこれりてここりたまふ。おほくのひとしたがひきたりたれば、ことごとくこれいやし、 16かつわれひとらすなといましたまへり。 17これよげんしゃイザヤによりてはれたることばじゃうじゅせんためなり。いはく、

18よ、わがえらびたるしもべ
わがこころよろこいつくしむもの
われわがれいかれあたへん、
かれいはうじんただしきしめさん。
19かれあらそはず、さけばず、
そのこゑおほじにてものなからん。
20ただしきをしてげしむるまでは、
そこなへるあしることなく、
けぶれるあますことなからん。
2いはうじんかれのぞみをおかん』

22ここにあくきかれたるめしひおふしみもときたりたれば、これいやして、おふしものゆるやうにたまひぬ。 23ぐんじゅうみなをどろきてふ『これはダビデのにあらぬか』 24しかるにパリサイびとききてふ『このひとあくきかしらベルゼブルによらでは、あくきいだすことなし』 25イエスかれらのおもひりてたまふ『すべてわかあらそくにはほろび、わかあらそまちまたいへはたたず。 26サタンもしサタンをいださば、みづかわかあらそふなり。さらばそのくにいかでつべき。 27われもしベルゼブルによりてあくきいださば、なんぢらのたれによりてこれいだすか。このゆゑかれらはなんぢらのさばきひととなるべし。 28されどわれもしかみれいによりてあくきいださば、かみくにすでなんぢらにいたれるなり。 29ひとまづつよものしばらずば、いかでつよものいへりて、そのかざいうばふことをん、しばりてのちそのいへうばふべし。 30われともならぬものわれにそむき、われとともにあつめぬものちらすなり。

31このゆゑなんぢらにぐ、ひとすべてのつみけがしとはゆるされん、されどみたまけがすことはゆるされじ。 32たれにてもことばをもてひとさからものゆるされん、されどことばをもてせいれいさからものは、このにてものちにてもゆるされじ。 33あるひをもしとし、をもしとせよ。あるひをもしとし、をもしとせよ。によりてらるるなり。 34まむしすゑよ、なんぢらしきものなるに、いかきことをんや。それこころつるよりくちはるるなり。 35ひとくらよりものをいだし、しきひとしきくらよりしきものをいだす。 36われなんぢらにぐ、ひとかたすべてのむなしきことばは、さばきたださるべし。 37それはなんぢことばによりてとせられ、なんぢことばによりてつみせらるるなり』

38ここにあるがくしゃ・パリサイびとこたへてふ『よ、われらなんぢしるしんことをねがふ』 39こたへてひたまふ『よこしまにしてふぎなるしるしもとむ、されどよげんしゃヨナのしるしのほかにしるしあたへられじ。 40すなはち「ヨナがみっかみよおほうをはらなかりし」ごとく、ひとみっかみよなかるべきなり。 41ニネベのひとさばきのときいまひととともにちてこれつみさだめん、かれらはヨナのぶることばによりてくいあらためたり。よ、ヨナよりもまさるものここり。 42みなみにょわうさばきのときいまひととともにきてこれつみさだめん、かれはソロモンのちゑかんとてはてよりきたれり。よ、ソロモンよりもまさものここにり。 43けがれしれいひとづるときは、みづなきところめぐりてやすみもとむ、しかしてず。 44すなはち「わがでしいへかへらん」といひ、かへりて、そのいへきてきよめられ、かざられたるを45つひきておのれよりしきほかななつのれいれきたり、ともりてここむ。さればひとのちさままへよりもしくなるなり。よこしまなるもまたくのごとくならん』

46イエスなほぐんじゅうにかたりゐたまふとき、よ、そのははきゃうだいたちと、かれものはんとてそとつ。 47あるひとイエスにふ『よ、なんぢのははきゃうだいたちと、なんぢものはんとてそとてり』 48イエスげしものこたへてひたまふ『わがははとはたれぞ、わがきゃうだいとはたれぞ』 49かくてをのべ、でしたちをしてひたまふ『よ、これははは、わがきゃうだいなり。 50たれにてもてんにいますちちみこころをおこなふものは、すなはきゃうだい、わがしまい、わがははなり』