マタイ伝福音書-第十二章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第12章[編集]

1そのころイエス安息あんそくにちむぎはたけをとほりたまひしに、弟子でしたちゑてみ、はじめたるを、 2パリサイびとてイエスにふ『よ、なんぢの弟子でし安息あんそくにちまじきことをなす』 3かれらにたまふ『ダビデがそのともなへる人々ひとびととともにゑしとき、ししことまぬか。 4すなはかみいへりて、祭司さいしのほかは、おのれもそのともなへる人々ひとびとくらふまじきそなへのパンをくらへり。 5また安息あんそくにち祭司さいしらはみやうちにて安息あんそくにちをかせども、つみなきことを律法おきてにてまぬか。 6われなんぢらにぐ、みやよりおほいなるものここにり。 7「われ憐憫あはれみこのみて犧牲いけにへこのまず」とは、如何いかなるこころかをなんぢりたらんには、つみなきものつみせざりしならん。 8それひと安息あんそくにちしゅたるなり』

9イエス此處ここりて、かれらの會堂くわいだうたまひしに、 10よ、片手かたてなえたるひとあり。人々ひとびとイエスをうったへんとおもひ、ひていふ『安息あんそくにちひといやすことはきか』 11かれらに、ひたまふ『なんぢのうち一匹いっぴきひつじをもてるものあらんに、もし安息あんそくにちあなおちいらば、これりあげぬか。 12ひとひつじよりすぐるること如何いかばかりぞ。さらば安息あんそくにちぜんをなすはし』 13ここにかのひとたまふ『なんぢのべよ』かれべたれば、ほかのごとくゆ。 14パリサイびといでていかにしてかイエスをほろぼさんとはかる。 15イエスこれりて此處ここりたまふ。おほくのひとしたがひきたりたれば、ことごとくこれいやし、 16かつわれひとらすなといましたまへり。 17これ預言者よげんしゃイザヤによりてはれたることば成就じゃうじゅせんためなり。いはく、

18よ、わがえらびたるしもべ
わがこころよろこいつくしむもの
われわがれいかれあたへん、
かれ異邦人いはうじん正義ただしきしめさん。
19かれあらそはず、さけばず、
そのこゑ大路おほじにてものなからん。
20正義ただしきをしてげしむるまでは、
そこなへるあしることなく、
けぶれる亞麻あますことなからん。
2異邦人いはうじんかれのぞみをおかん』

22ここに惡鬼あくきかれたる盲目めしひ唖者おふし御許みもときたりたれば、これいやして、唖者おふしものゆるやうにたまひぬ。 23群衆ぐんじゅうみなをどろきてふ『これはダビデのにあらぬか』 24しかるにパリサイびとききてふ『このひと惡鬼あくきかしらベルゼブルによらでは、惡鬼あくきいだすことなし』 25イエスかれらのおもひりてたまふ『すべてわかあらそくにはほろび、わかあらそまちまたいへはたたず。 26サタンもしサタンをいださば、みづかわかあらそふなり。さらばそのくにいかでつべき。 27われもしベルゼブルによりて惡鬼あくきいださば、なんぢらのたれによりてこれいだすか。このゆゑかれらはなんぢらの審判さばきひととなるべし。 28されどわれもしかみれいによりて惡鬼あくきいださば、かみくにすでなんぢらにいたれるなり。 29ひとまづつよものしばらずば、いかでつよものいへりて、その家財かざいうばふことをん、しばりてのちそのいへうばふべし。 30われともならぬものわれにそむき、われとともにあつめぬものちらすなり。

31このゆゑなんぢらにぐ、ひとすべてのつみけがしとはゆるされん、されど御靈みたまけがすことはゆるされじ。 32たれにてもことばをもてひとさからものゆるされん、されどことばをもてせいれいさからものは、このにてものちにてもゆるされじ。 33あるひをもしとし、をもしとせよ。あるひをもしとし、をもしとせよ。によりてらるるなり。 34まむしすゑよ、なんぢらしきものなるに、いかきことをんや。それこころ滿つるよりくちはるるなり。 35ひとくらよりものをいだし、しきひとしきくらよりしきものをいだす。 36われなんぢらにぐ、ひとかたすべてのむなしきことばは、審判さばきたださるべし。 37それはなんぢことばによりてとせられ、なんぢことばによりてつみせらるるなり』

38ここにある學者がくしゃ・パリサイびとこたへてふ『よ、われらなんぢしるしんことをねがふ』 39こたへてひたまふ『邪曲よこしまにして不義ふぎなるしるしもとむ、されど預言者よげんしゃヨナのしるしのほかにしるしあたへられじ。 40すなはち「ヨナが三日みっか三夜みよ大魚おほうをはらなかりし」ごとく、ひと三日みっか三夜みよなかるべきなり。 41ニネベのひと審判さばきのときいまひととともにちてこれつみさだめん、かれらはヨナのぶることばによりて悔改くいあらためたり。よ、ヨナよりもまさるもの此處ここり。 42みなみ女王にょわう審判さばきのときいまひととともにきてこれつみさだめん、かれはソロモンの智慧ちゑかんとてはてよりきたれり。よ、ソロモンよりもまさものここにり。 43けがれしれいひとづるときは、みづなきところめぐりてやすみもとむ、しかしてず。 44すなはち「わがでしいへかへらん」といひ、かへりて、そのいへきてきよめられ、かざられたるを45つひきておのれよりしきほかななつのれいれきたり、ともりて此處ここむ。さればひとのちさままへよりもしくなるなり。邪曲よこしまなるもまたくのごとくならん』

46イエスなほ群衆ぐんじゅうにかたり居給ゐたまふとき、よ、そのはは兄弟きゃうだいたちと、かれものはんとてそとつ。 47あるひとイエスにふ『よ、なんぢのはは兄弟きゃうだいたちと、なんぢものはんとてそとてり』 48イエスげしものこたへてひたまふ『わがははとはたれぞ、わが兄弟きゃうだいとはたれぞ』 49かくてをのべ、弟子でしたちをしてひたまふ『よ、これははは、わが兄弟きゃうだいなり。 50たれにてもてんにいますちち御意みこころをおこなふものは、すなは兄弟きゃうだい、わが姉妹しまい、わがははなり』