マタイ伝福音書-第十三章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第13章[編集]

1そのイエスはいへでて、うみべしたまふ。 2おほいなるぐんじゅうみもとにあつまりたれば、イエスはふねりてしたまひ、ぐんじゅうはみなきしてり。 3たとへにてあまたのことをかたりてひたまふ、『よ、たねものまかんとてづ。 4くときみちかたはらにちしたねあり、とりきたりてついばむ。 5つちうすきいしぢちしたねあり、つちふかからぬによりてすみやかにでたれど、 6のぼりしときやけてなきゆゑる。 7いばらちしたねあり、いばらそだちてこれふさぐ。 8ちしたねあり、あるひはひゃくばい、あるひはろくじふばい、あるひはさんじふばいむすべり。 9みみあるものくべし』 10でしたちみもときたりてふ『なにゆゑたとへにてかれらにかたたまふか』 11こたへてたまふ『なんぢらはてんこくおくぎることをゆるされたれど、かれらはゆるされず。 12それたれにても、てるひとあたへられていよいよゆたかならん。されどたぬひとは、そのてるものをもらるべし。 13このゆゑかれらにはたとへにてかたる、これかれらはゆれどもず、きこゆれどもかず、またさとらぬゆゑなり、 14かくてイザヤのよげんは、かれらのうへじゃうじゅす。いはく、

「なんぢらきてけどもさとらず、
れどもみとめず。
15このたみこころにぶく、
みみくにものうく、
ぢたればなり。
これにてみみにてき、
こころにてさとり、ひるがへりて、
われいやさるることなからんためなり」

16されどなんぢらのなんぢらのみみは、るゆゑにくゆゑに、さいはひなり。 17まことになんぢらにぐ、おほくのよげんしゃぎじんは、なんぢらがところんとせしがず、なんぢらがところかんとせしがかざりしなり。 18さればなんぢたねものたとへけ。 19たれにてもてんこくことばをききてさとらぬときは、しきものきたりて、こころかれたるものをうばふ。みちかたはらにかれしとはかるひとなり。 20いしぢかれしとは、みことばをききて、ただちによろこくれども、 21おのれなければしばふるのみにて、みことばのためになやみあるひははくがいおこるときは、ただちにつまづくものなり。 22いばらなかかれしとは、みことばをきけども、こころづかひたからまどひとに、みことばふさがれてみのらぬものなり。 23かれしとは、みことばをききてさとり、むすびて、あるひはひゃくばい、あるひはろくじふばい、あるひはさんじふばいいたるものなり』

24またほかたとへしめしてひたまふ『てんこくたねはたにまくひとのごとし。 25ひとびとねむれるに、あたきたりてむぎのなかにどくむぎきてりぬ。 26なへはえでてみのりたるとき、どくむぎもあらはる。 27しもべどもきたりていへあるじにいふ「しゅよ、はたきしはたねならずや、しかるにいかにしてどくむぎあるか」 28しゅじんいふ「あたのなしたるなり」しもべどもふ「さらばわれらがきてこれあつむるをほっするか」 29しゅじんいふ「いな、おそらくはどくむぎあつめんとて、むぎをもともかん。 30ふたつながらかりいれまでそだつにまかせよ。かりいれのときわれかるものに「まづどくむぎきあつめて、くためにこれつかね、むぎはあつめてくられよ」とはん」』

31またほかたとへしめしてひたまふ『てんこくひとつぶからしだねのごとし、ひとこれをりてそのはたくときは、 32よろづたねよりもちひさけれど、そだちてはほかやさいよりもおほきく、となりて、そらとりきたりえだやどるほどなり』

33またほかたとへかたりたまふ『てんこくはパンだねのごとし、をんなこれをりて、さんこななかるれば、ことごとくふくれいだすなり』

34イエスすべてこれのことを、たとへにてぐんじゅうかたりたまふ、たとへならではなにごとかたたまはず。 35これよげんしゃによりてはれたることばじゃうじゅせんためなり。

いはく、

『われたとへまうけてくちひらき、
はじめよりかくれたることいださん』

36ここにぐんじゅうらしめて、いへりたまふ。でしたちみもときたりてふ『はたどくむぎたとへわれらにきたまへ』 37こたへてたまふ『たねものひとなり、 38はたせかいなり、たねてんこくどもなり、どくむぎしきものどもなり、 39これきしあたあくまなり、かりいれをはりなり、ものみつかひたちなり。 40さればどくむぎあつめられてかるるごとく、をはりにもくあるべし。 41ひとそのつかひたちをつかはさん。かれみくにうちよりすべてのつまづきとなるものふはふをなすものとをあつめて、 42るべし、そこにてなげきはがみすることあらん。 43のときぎじんちちみくににてのごとくかがやかん。みみあるものくべし。

44てんこくはたかくれたるたからのごとし。ひとみいださば、これかくしおきて、よろこびゆき、てるものをことごとくりてはたふなり。 45またてんこくしんじゅもとむるあきうどのごとし。 46あたひたかきしんじゅひとつをみいださば、きててるものをことごとくりて、これふなり。

47またてんこくは、うみにおろしてさまざまのものをあつむるあみのごとし。 48つればきしにひきあげ、してきものをうつはれ、しきものをつるなり。 49をはりにもくあるべし。みつかひたちでて、ぎじんなかよりあくにんわかちて、 50これるべし。そこにてなげきはがみすることあらん。

51なんぢこれらのことをみなさとりしか』かれいふ『しかり』 52またたまふ『このゆゑに、てんこくのことををしへられたるすべてのがくしゃは、あたらしきものふるものとをそのくらよりいだいへあるじのごとし』 53イエスこれらのたとへへてここりたまふ。

54おのさとにいたり、くわいだうにてをしたまへば、ひとびとおどろきてふ『このひとはこのちゑこれちからとをいづこよりしぞ。 55これたくみにあらずや、はははマリヤ、きゃうだいはヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダにあらずや。 56またそのしまいみなわれらとともにをるにあらずや。しかるにこれのすべてのこといづこよりしぞ』 57つひひとびとかれにつまづけり。イエスかれらにひたまふ『よげんしゃは、おのがさとおのがいへほかにてたふとばれざることなし』 58かれらのしんかうによりてそこにてはおほくのちからあるわざたまはざりき。