マタイ伝福音書-第十三章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第13章[編集]

1そのイエスはいへでて、海邊うみべしたまふ。 2おほいなる群衆ぐんじゅうみもとにあつまりたれば、イエスはふねりてしたまひ、群衆ぐんじゅうはみなきしてり。 3たとへにて數多あまたのことをかたりてひたまふ、『よ、たねものまかんとてづ。 4くときみちかたはらにちしたねあり、とりきたりてついばむ。 5つちうすき磽地いしぢちしたねあり、つちふかからぬによりてすみやかにでたれど、 6のぼりしときやけてなきゆゑる。 7いばらちしたねあり、いばらそだちてこれふさぐ。 8ちしたねあり、あるひはひゃくばい、あるひは六十ろくじふばい、あるひは三十さんじふばいむすべり。 9みみあるものくべし』 10弟子でしたち御許みもときたりてふ『なにゆゑたとへにてかれらにかたたまふか』 11こたへてたまふ『なんぢらは天國てんこく奧義おくぎることをゆるされたれど、かれらはゆるされず。 12それたれにても、てるひとあたへられて愈々いよいよゆたかならん。されどたぬひとは、そのてるものをもらるべし。 13このゆゑかれらにはたとへにてかたる、これかれらはゆれどもず、きこゆれどもかず、またさとらぬゆゑなり、 14かくてイザヤの預言よげんは、かれらのうへ成就じゃうじゅす。いはく、

「なんぢらきてけどもさとらず、
れどもみとめず。
15このたみこころにぶく、
みみくにものうく、
ぢたればなり。
これにてみみにてき、
こころにてさとり、ひるがへりて、
われいやさるることなからんためなり」

16されどなんぢらのなんぢらのみみは、るゆゑにくゆゑに、幸福さいはひなり。 17まことになんぢらにぐ、おほくの預言者よげんしゃ義人ぎじんは、なんぢらがところんとせしがず、なんぢらがところかんとせしがかざりしなり。 18さればなんぢたねものたとへけ。 19たれにても天國てんこくことばをききてさとらぬときは、しきものきたりて、こころかれたるものをうばふ。みちかたはらにかれしとはかるひとなり。 20磽地いしぢかれしとは、御言みことばをききて、ただちによろこくれども、 21おのれなければしばふるのみにて、御言みことばのために艱難なやみあるひは迫害はくがいおこるときは、ただちにつまづくものなり。 22いばらなかかれしとは、御言みことばをきけども、心勞こころづかひ財貨たからまどひとに、御言みことばふさがれてみのらぬものなり。 23かれしとは、御言みことばをききてさとり、むすびて、あるひはひゃくばい、あるひは六十ろくじふばい、あるひは三十さんじふばいいたるものなり』

24またほかたとへしめしてひたまふ『天國てんこくたねはたにまくひとのごとし。 25人々ひとびとねむれるに、あたきたりてむぎのなかにどくむぎきてりぬ。 26なへはえでてみのりたるとき、どくむぎもあらはる。 27しもべどもきたりて家主いへあるじにいふ「しゅよ、はたきしはたねならずや、しかるに如何いかにしてどくむぎあるか」 28主人しゅじんいふ「あたのなしたるなり」しもべどもふ「さらばわれらがきてこれあつむるをほっするか」 29主人しゅじんいふ「いな、おそらくはどくむぎあつめんとて、むぎをもともかん。 30ふたつながら收穫かりいれまでそだつにまかせよ。收穫かりいれのときわれかるものに「まづどくむぎきあつめて、くためにこれつかね、むぎはあつめてくられよ」とはん」』

31またほかたとへしめしてひたまふ『天國てんこく一粒ひとつぶ芥種からしだねのごとし、ひとこれをりてそのはたくときは、 32よろづたねよりもちひさけれど、そだちてはほか野菜やさいよりもおほきく、となりて、そらとりきたりえだ宿やどるほどなり』

33またほかたとへかたりたまふ『天國てんこくはパンだねのごとし、をんなこれをりて、さんこななかるれば、ことごとくふくれいだすなり』

34イエスすべてこれのことを、たとへにて群衆ぐんじゅうかたりたまふ、たとへならでは何事なにごとかたたまはず。 35これ預言者よげんしゃによりてはれたることば成就じゃうじゅせんためなり。

いはく、

『われたとへまうけてくちひらき、
はじめよりかくれたることいださん』

36ここに群衆ぐんじゅうらしめて、いへりたまふ。弟子でしたち御許みもときたりてふ『はたどくむぎたとへわれらにきたまへ』 37こたへてたまふ『たねものひとなり、 38はた世界せかいなり、たね天國てんこくどもなり、どくむぎしきものどもなり、 39これきしあた惡魔あくまなり、收穫かりいれをはりなり、もの御使みつかひたちなり。 40さればどくむぎあつめられてかるるごとく、をはりにもくあるべし。 41ひとその使つかひたちをつかはさん。かれ御國みくにうちよりすべての顛躓つまづきとなるもの不法ふはふをなすものとをあつめて、 42るべし、其處そこにて哀哭なげき切齒はがみすることあらん。 43のとき義人ぎじんちち御國みくににてのごとくかがやかん。みみあるものくべし。

44天國てんこくはたかくれたるたからのごとし。ひと見出みいださば、これかくしおきて、よろこびゆき、てるものをことごとくりてはたふなり。 45また天國てんこく眞珠しんじゅもとむる商人あきうどのごとし。 46あたひたかき眞珠しんじゅひとつを見出みいださば、きててるものをことごとくりて、これふなり。

47また天國てんこくは、うみにおろして各樣さまざまのものをあつむるあみのごとし。 48つればきしにひきあげ、してきものをうつはれ、しきものをつるなり。 49をはりにもくあるべし。御使みつかひたちでて、義人ぎじんなかより惡人あくにんわかちて、 50これるべし。其處そこにて哀哭なげき切齒はがみすることあらん。

51なんぢこれらのことをみなさとりしか』かれいふ『しかり』 52またたまふ『このゆゑに、天國てんこくのことををしへられたるすべての學者がくしゃは、あたらしきものふるものとをそのくらよりいだ家主いへあるじのごとし』 53イエスこれらのたとへへて此處ここりたまふ。

54おのさとにいたり、會堂くわいだうにてをしたまへば、人々ひとびとおどろきてふ『このひとはこの智慧ちゑこれ能力ちからとを何處いづこよりしぞ。 55これ木匠たくみにあらずや、はははマリヤ、兄弟きゃうだいはヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダにあらずや。 56またその姉妹しまいみなわれらとともにをるにあらずや。しかるにこれのすべてのこと何處いづこよりしぞ』 57つひ人々ひとびとかれにつまづけり。イエスかれらにひたまふ『預言者よげんしゃは、おのがさとおのがいへほかにてたふとばれざることなし』 58かれらの信仰しんかうによりて其處そこにてはおほくの能力ちからあるわざたまはざりき。