マタイ伝福音書-第十一章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第11章[編集]

1イエスじふにでしめいへてのち、まちまちにてをしへ、かつ、のべつたへんとて、ここたまへり。

2ヨハネらうやにてキリストのみわざをきき、でしたちをつかはして、 3イエスにはしむ『きたるべきものなんぢなるか、あるひは、ほかつべきか』 4こたへてひたまふ『ゆきて、なんぢらがききするところをヨハネにげよ。 5めしひあしなへはあゆみ、らいびゃうにんきよめられ、おふしはきき、しにんよみがへらせられ、まづしきものふくいんかせらる。 6おほよそわれつまづかぬものさいはひなり』 7かれらのかへりたるをり、ヨハネのことぐんじゅうでたまふ『なんぢらなにながめんとてでし、かぜにそよぐあしなるか。 8さらばなにんとてでし、やはらかきころもたるひとなるか。よ、やはらかきころもたるものは、わういへり。 9さらばなにのためにでし、よげんしゃんとてか。しかり、なんぢらにぐ、よげんしゃよりもまさものなり。

10よ、わがつかひをなんぢのかほまへにつかはす。 かれはなんぢのまへに、なんぢのみちをそなへん」 としるされたるはひとなり。

11まことなんぢらにぐ、をんなみたるもののうち、バプテスマのヨハネよりおほいなるものおこらざりき。されどてんこくにてちひさものも、かれよりはおほいなり。 12バプテスマのヨハネのときよりいまいたるまで、てんこくはげしくめらる、はげしくむるものはこれをうばふ。 13すべてのよげんしゃおきてとのよげんしたるは、ヨハネのときまでなり。 14もしなんぢわがことばをうけんことをねがはば、きたるべきエリヤはひとなり、 15みみあるものくべし。 16われいまなになずらへん、わらべいちばし、ともびて、 17「われらなんぢのためにふえきたれど、なんぢをどらず、なげきたれど、なんぢむねうたざりき」とふにたり。 18それは、ヨハネきたりてのみくひせざれば「あくきかれたるものなり」といひ、 19ひときたりてのみくひすれば、「よ、しょくむさぼさけこのひと、またしゅぜいにんつみびとともなり」とふなり。されどちゑおのわざによりてただしとせらる』 20ここにイエスおほくのちからあるわざおこなたまへるまちまちくいあらためぬによりて、これめはじめたまふ、 21わざはひなるかなコラジンよ、わざはひなるかなベツサイダよ、なんぢらのうちにておこなひたるちからあるわざを、ツロとシドンとにておこなひしならば、かれらははやあらぬのはひなかにてくいあらためしならん。 22さればなんぢらにぐ、さばきにはツロとシドンとのかたなんぢよりもやすからん。 23カペナウムよ、なんぢはてんにまでげらるべきか、よみにまでくだらん。なんぢのうちにておこなひたるちからあるわざを、ソドムにておこなひしならば、けふまでもかのまちのこりしならん。 24さればなんぢらにぐ、さばきにはソドムののかたなんぢよりもやすからん』 25そのときイエスこたへてひたまふ『てんしゅなるちちよ、われかんしゃす、これのことをかしこものさとものにかくして、みどりごあらはたまへり。 26ちちよ、しかり、かくのごときはみこころかなへるなり。 27すべてのものわれわがちちよりゆだねられたり。ものちちほかになく、ちちをしるものまたはほっするままにあらはすところのものほかになし。 28すべらうするものおもにもの、われにきたれ、われなんぢらをやすません。 29われにうわにしてこころひくければ、くびきひてわれまなべ、さらばたましひやすみん。 30わがくびきやすく、わがかろければなり』