マタイ伝福音書-第十一章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第11章[編集]

1イエス十二じふに弟子でしめいへてのち、町々まちまちにてをしへ、かつ、宣傳のべつたへんとて、此處ここたまへり。

2ヨハネ牢舍らうやにてキリストの御業みわざをきき、弟子でしたちをつかはして、 3イエスにはしむ『きたるべきものなんぢなるか、あるひは、ほかつべきか』 4こたへてひたまふ『ゆきて、なんぢらがききするところをヨハネにげよ。 5盲人めしひ跛者あしなへはあゆみ、癩病人らいびゃうにんきよめられ、聾者おふしはきき、死人しにんよみがへらせられ、まづしきもの福音ふくいんかせらる。 6おほよそわれつまづかぬもの幸福さいはひなり』 7かれらのかへりたるをり、ヨハネのこと群衆ぐんじゅうでたまふ『なんぢらなにながめんとてでし、かぜにそよぐあしなるか。 8さらばなにんとてでし、やはらかきころもたるひとなるか。よ、やはらかきころもたるものは、わういへり。 9さらばなにのためにでし、預言者よげんしゃんとてか。しかり、なんぢらにぐ、預言者よげんしゃよりもまさものなり。

10よ、わが使つかひをなんぢのかほまへにつかはす。 かれはなんぢのまへに、なんぢのみちをそなへん」 としるされたるはひとなり。

11まことなんぢらにぐ、をんなみたるもののうち、バプテスマのヨハネよりおほいなるものおこらざりき。されど天國てんこくにてちひさものも、かれよりはおほいなり。 12バプテスマのヨハネのときよりいまいたるまで、天國てんこくはげしくめらる、はげしくむるものはこれをうばふ。 13すべての預言者よげんしゃ律法おきてとの預言よげんしたるは、ヨハネのときまでなり。 14もしなんぢわがことばをうけんことをねがはば、きたるべきエリヤはひとなり、 15みみあるものくべし。 16われいまなになずらへん、童子わらべ市場いちばし、ともびて、 17「われらなんぢのためにふえきたれど、なんぢをどらず、なげきたれど、なんぢむねうたざりき」とふにたり。 18それは、ヨハネきたりて飮食のみくひせざれば「惡鬼あくきかれたるものなり」といひ、 19ひときたりて飮食のみくひすれば、「よ、しょくむさぼさけこのひと、また取税人しゅぜいにん罪人つみびとともなり」とふなり。されど智慧ちゑおのわざによりてただしとせらる』 20ここにイエスおほくの能力ちからあるわざおこなたまへる町々まちまち悔改くいあらためぬによりて、これめはじめたまふ、 21禍害わざはひなるかなコラジンよ、禍害わざはひなるかなベツサイダよ、なんぢらのうちにておこなひたる能力ちからあるわざを、ツロとシドンとにておこなひしならば、かれらははや荒布あらぬのはひなかにて悔改くいあらためしならん。 22さればなんぢらにぐ、審判さばきにはツロとシドンとのかたなんぢよりもやすからん。 23カペナウムよ、なんぢはてんにまでげらるべきか、黄泉よみにまでくだらん。なんぢのうちにておこなひたる能力ちからあるわざを、ソドムにておこなひしならば、今日けふまでもかのまちのこりしならん。 24さればなんぢらにぐ、審判さばきにはソドムののかたなんぢよりもやすからん』 25そのときイエスこたへてひたまふ『てんしゅなるちちよ、われ感謝かんしゃす、これのことをかしこものさとものにかくして、嬰兒みどりごあらはたまへり。 26ちちよ、しかり、かくのごときは御意みこころかなへるなり。 27すべてのものわれわがちちよりゆだねられたり。ものちちほかになく、ちちをしるものまたはほっするままにあらはすところのものほかになし。 28すべらうするもの重荷おもにもの、われにきたれ、われなんぢらをやすません。 29われ柔和にうわにしてこころひくければ、くびきひてわれまなべ、さらば靈魂たましひ休息やすみん。 30わがくびきやすく、わがかろければなり』