マタイ伝福音書-第八章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

1イエスやまくだたまひしとき、おほいなる群衆ぐんじゆうこれにしたがふ。2よ、一人ひとり癩病人らいびやうにんみもとにたり、はいしてふ『しゆよ、御意みこころならば、われきよくなしたまふをん』3イエスをのべ、かれにつけて『わがこころなり、きよくなれ』とたまへば、癩病らいびやうただちにきよまれり。4イエスたまふ『つつしみてたれにもかたるな、ただきておのれ祭司さいしせ、モーセがめいじたる供物そなえものささげて、人々ひとびとあかしせよ』

5イエス、カペナウムにたまひしとき、百卒長ひやくそつちやうきたり、6ひていふ、『しゆよ、しもべ中風ちゆうぶみ、いえしてゐていたくるしめり』 7イエスたまふ『われ、きていやさん』 8百卒長ひやくそつちやうこたへてふ『しゆよ、われなんじをわが屋根やねしたれまつるにらぬものなり。ただ御言みことばのみをたまへ、さらばしもべはいえん。9われみづから権威けんゐしたにあるものなるに、わがしたにはまた兵卒へいそつありて、これに「ゆけ」とえばき、かれにに「きたれ」とへばきたり、ぼくに「これをせ」』とえばすなり』 10イエスきてあやしみ、したがへる人々ひとびとたまふ。『まことになんじらにぐ、かかるあつ信仰しんかうはイスラエルのうち一人ひとりにだにしことなし。11、なんぢらにぐ、おほくくの人、ひがしより西にしよりきたり、アブラハム、イサク、ヤコブとともに天國てんごくえんにつき、12御國みくにらはそとくらきにされ、そこにて哀哭なげき切齒はがみすることあらん』 13イエス百卒長ひやくそつちやう に『ゆけ、なんじしん ずるごとくなんじになれ』とたまへば、このときぼくいえたり。

14イエス、ペテロのいえはいり、その外姑しゅうとめねつみてしをるを15そのさはたまへば、ねつり、をんなおきてイエスにつかふ。16ゆうべになりて人々ひとびと悪鬼あくきかれたるものをおほく御許みもとにつれきたりたれば、イエスことばにてれいし、めるものをことごとくいやたまへり。17これは預言者イザヤによりて『かれみづかわれらの疾患わづらひをうけ、われらのやまいふ』とはれしことば成就じやうじゆせんためなり。

18さてイエス群衆ぐんじゆうおのれめぐれるをて、ともに彼方かなたきしかんことを弟子でしたちにめいたまふ。19一人ひとり学者がくしやきたりてふ『よ、何處どこにゆきたまふとも、われしたがわん』 20イエスひたまふ『きつねあなあり、そらとりねぐらあり、されどひとまくらするところなし』 21また弟子でし一人ひとりいふ『しゆよ、ず、きて、ちちほうむるることをゆるしたまへ』 22イエスひたまふ『我にしたがへ、にたるものにそのほうむらせよ』

23かくてふねたまへば弟子たちもしたがふ。24よ、うみおほいいなる暴風あらしおこりて、ふななみおほ はるるばかりなるに、イエスはねむ りゐたま ふ。25弟子でしたち御許みもとにゆき、こしてふ『しゆよ、すくひたまへ、われらはほろぶ』 26かれらにたまふ『なにゆゑおくするか、信仰しんかううすきものよ』 すなわきてかぜうみとをいましたまへば、おほいなるなぎとなりぬ。27人々ひとびとあやしみてふ『こは如何いかなるひとぞ、かぜうみしたがふとは』!

28イエス彼方かなたにわたり、ガダラびとにゆきたまひしとき、惡鬼あくきかれたる二人ふたりのもの、はかよりできたりてこれふ。そのたけきことはなはだしく、其處そこみちひとぎえぬほどなり。29よ、かれさけびてふ『かみよ、われらなんじなん關係かかはりあらん、いまときいたらぬに、われらをめんとて此處ここにきたりたまふか』  30はるかにへだたりておほくのぶた一群ひとむれしゐたりしが、31惡鬼あくきどもひてふ『もしわれらをいださんとならば、ぶたむれつかわしたまへ』 32かれらにたまふ『ゆけ』惡鬼あくきいでてぶたりたれば、よ、そのぐんみながけよりうみくだりて、みずにたり。33げてまちにゆき、すべてのこと惡鬼あくきかれたりしものことげたれば、34よ、町人まちびとこぞりてイエスにわんとてたり、かれて、この地方ちほうよりたまはんことをへり。