マタイ伝福音書-第五章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

マタイ伝福音書-第五章 (文語訳)

1イエス群衆ぐんじゆうて、やまにのぼり、たまへば、弟子でしたち御許みもとにきたる。2イエスくちをひらき、をしへてひたまふ、3幸福さいはひなるかな、こゝろまづしきもの天國てんこくはそのひとのものなり。4幸福さいはひなるかな、かなしむもの。そのひとなぐさめられん。5幸福さいはひなるかな、柔和にうわなるもの。そのひとがん。6幸福さいはひなるかな、かわもの。そのひとくことをん。7幸福さいはひなるかな、憐憫あはれみあるもの。そのひと憐憫あはれみん。8幸福さいはひなるかな、こゝろきよもの。そのひとかみん。9幸福さいはひなるかな、平和へいわならしむるもの。そのひとかみとなへられん。10幸福さいはひなるかな、のためにめられたるもの天國てんこくはそのひとのものなり。11がためにひと、なんぢらをのゝしり、まため、いつはりて各樣さまざましきことをふときは、なんぢ幸福さいはひなり。12よろこよろこべ、てんにてなんぢらのむくいおほいなり。汝等なんぢらよりさきにありし預言者等よげんしやたちをも、めたりき。

13なんぢらはしほなり、しほもし效力かうりよくうしなはば、なにをもてかこれしほすべき。のちようなし、そとにすてられてひとまるるのみ。14なんぢらはひかりなり。やまうへにあるまちかくるることなし。15またひと燈火ともしびをともしてますしたにおかず、燈臺とうだいうへにおく。かく燈火ともしびいへにあるすべてのものらすなり。16かくのごとくなんぢらのひかりひとまへにかがやかせ。これひとなんぢらが行爲おこなひて、てんにいますなんぢらのちゝあがめんためなり。

17われ律法おきてまた預言者よげんしやこぼつためにきたれりとおもふな。こぼたんとてきたらず、かへつて成就じやうじゆせんためなり。18まことなんぢらにぐ、天地てんちかぬうちに、律法おきて一點いつてん一畫いつかくすたることなく、ことごとくまつたうせらるべし。19このゆゑにもし此等これらのいとちひさ誡命いましめひとつをやぶり、かつそのごとひとをしふるものは、天國てんこくにて最小いとちひさものとなへられ、これおこなひ、かつひとをしふるものは、天國てんこくにておほいなるものとなえられん。20われなんぢらにぐ、なんぢらの學者がくしや・パリサイびとまさらずば、天國てんこくることあたはず。21いにしへのひとに「ころすなかれ、ころもの審判さばきにあふべし」とへることあるを汝等なんぢらきけり。22れどわれなんぢらにぐ、すべて兄弟きやうだいいかものは、審判さばきにあふべし。また兄弟きやうだいむかひて、愚者おろかものよといふものは、衆議しゆうぎにあふべし。また痴者しれものよといふものは、ゲヘナのにあふべし。23このゆゑなんぢもし供物そなへもの祭壇さいだんにささぐるとき、そこにて兄弟きやうだいうらまるることあるをおもいださば、24供物そなへもの祭壇さいだんのまへにのこしおき、きて、その兄弟きやうだい和睦わぼくし、しかるのちきたりて、供物そなへものをささげよ。25なんぢをうつたふるものとともにみちるうちに、はや和解わかいせよ。おそらくは、うつたふる者なんぢを審判人さばきびとにわたし、審判人さばきびと下役したやくにわたし、つひになんぢはひとやれられん。26まことに、なんぢにぐ、一厘いちりんのこりなくつぐのはずば、其處そこをいづることあたはじ。

27姦淫かんいんするなかれ」とへることあるを汝等なんぢらきけり。28されどわれなんぢらにぐ、すべて色情しきじやういだきてをんなるものは、すでこゝろのうち姦淫かんいんしたるなり。29もしみぎなんぢをつまづかせば、くじいだしててよ、五體ごたいひとほろびて、全身ぜんしんゲヘナにられぬはえきなり。30もしみぎなんぢをつまづかせば、りててよ、五體ごたいひとほろびて、全身ぜんしんゲヘナにかぬはえきなり。31また「つまをいだすもの離縁状りえんじやうあたふべし」とへることあり。32されどわれなんぢらにぐ、淫行いんかうゆゑならでつまをいだすものは、これに姦淫かんいんおこなはしむるなり。またいだされたるをんなめとるものは、姦淫かんいんおこなふなり。

33またいにしへのひとは「いつはりちかふなかれ、なんぢのちかひしゆたすべし」とへることあるをなんぢけり。34されどわれなんぢらにぐ、一切いつさいちかふな、てんしてちかふな、かみ御座みくらなればなり。35してちかふな、かみ足臺あしだいなればなり。エルサレムをしてちかふな、大君おほきみみやこなればなり。36おのかしらしてちかふな、なんぢ頭髮かみのけ一筋ひとすぢだにしろくし、またくろくしあたはざればなり。37ただしかしかり、いないなといへ、これぐるはあくよりづるなり。

38にはを、にはを」とへることあるをなんぢけり。39されどわれなんぢらにぐ、しきもの抵抗てむかふな。ひともしなんぢみぎほゝをうたば、ひだりをもけよ。40なんぢをうつたへて下衣したぎらんとするものには、上衣うはぎをもらせよ。41ひともしなんぢ一里いちりゆくことをひなば、とも二里にりゆけ。42なんぢにものにあたへ、らんとするものこばむな。

43「なんぢのとなりあいし、なんぢのあだにくむべし」とへることあるを汝等なんぢらきけり。44されどわれなんぢらにぐ、なんぢらのあだあいし、なんぢらをむるもののためにいのれ。45これてんにいますなんぢらのちゝとならんためなり。てんちゝはそのしきもののうへにも、もののうへにものぼらせ、あめたゞしきものにも、たゞしからぬものにもらせたまふなり。46なんぢらおのれあいするものあいすともなにむくいをかべき、取税人しゆぜいにんしかするにあらずや。47兄弟きやうだいにのみ挨拶あいさつすともなにまさることかある、異邦人いはうじんしかするにあらずや。48らばなんぢらのてんちゝまつたきがごとく、なんぢらもまつたかれ。