マタイ伝福音書-第二十章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第20章[編集]

1てんこくはたらきびとぶだうぞのやとふために、あさはやでたるあるじのごとし。 2いちにちいちデナリのやくそくをなして、はたらきびとどもをぶだうぞのつかはす。 3またくじごろでていちばむなしくものどもをて、 4「なんぢらもぶだうぞのけ、さうたうのものをあたへん」といへば、かれらもく。 5じふにころさんじころとにまたいでてまへのごとくす。 6ころまたでしに、なほものどものあるをていふ「なにゆゑひねもすここにむなしくつか」 7かれらふ「たれもわれらをやとはぬゆゑなり」あるじいふ「なんぢらもぶだうぞのけ」 8ゆふべになりてぶだうぞのあるじそのいへつかさふ「はたらきびとびて、あとものよりはじめ、さきものにまでちんぎんをはらへ」 9かくてごろにやとはれしものきたりて、おのおのいちデナリをく。 10さきものきたりて、おほくるならんとおもひしに、これまたおのおのいちデナリをく。 11けしとき、いへあるじにむかひつぶやきてふ、 12「このあとものどもはわづかいちじかんはたらきたるに、なんぢいちにちらうあつさとをしのびたるわれらとひとしくこれへり」 13あるじこたへてひとりふ「ともよ、われなんぢにふせいをなさず、なんぢわれいちデナリのやくそくをせしにあらずや。 14おのものりてけ、このあとものなんぢとひとしくあたふるは、こころなり。 15わがものこころのままにするはからずや、われよきがゆゑなんぢあしきか」 16かくのごとくあとなるものさきに、さきなるものあとになるべし』 17イエス、エルサレムにのぼらんとしたまふとき、ひそかじふにでしちかづけて、みちすがらたまふ、 18よ、われらエルサレムにのぼる、ひとさいしちゃうがくしゃらにわたされん。かれこれさだめ、 19またてうろうし、むちうち、じふじかにつけんためいはうじんわたさん、かくてかれみっかめによみがへるべし』

20ここにゼベダイのらのはは、そのらとともみもとにきたり、はいしてなにごともとめんとしたるに、 21イエスかれひたまふ『なにのぞむか』かれふ『このふたりなんぢみくににて、ひとりなんぢみぎに、ひとりひだりせんことをめいたまへ』 22イエスこたへてたまふ『なんぢらはもとむるところらず、まんとするさかづきるか』かれらふ『るなり』 23イエスひたまふ『なんぢらはさかづきむべし、されどみぎひだりすることは、これわれあたふべきものならず、ちちよりそなへられたるひとこそあたへらるるなれ』 24じふにんでしこれをき、ふたりきゃうだいことによりていきどほる。 25イエスかれらをびてひたまふ『いはうじんきみのそのたみつかさどり、おほいなるものたみうへけんることは、なんぢらのところなり。 26なんぢらのうちにてはしからず、なんぢらのうちおほいならんとおもものは、なんぢらのえきしゃとなり、 27かしらたらんとおもものなんぢらのしもべとなるべし。 28かくのごとく、ひときたれるもつかへらるるためにあらず、かへつてつかふることをなし、またおほくのひとあがなひとしておのいのちあたへんためなり』

29かれらエリコをづるとき、おほいなるぐんじゅうイエスにしたがへり。 30よ、ふたりめしひみちかたはらにしをりしが、イエスのたまふことをき、さけびてふ『しゅよ、ダビデのよ、われらをあはれみたまへ』 31ぐんじゅうかれらをいましめてもださしめんとしたれど、いよいよさけびてふ『しゅよ、ダビデのよ、われらをあはれたまへ』 32イエスちどまり、かれらをびてたまふ『わがなんぢらになにさんことをのぞむか』 33かれふ『しゅよ、ひらかれんことなり』 34イエスいたくあはれみてかれらのさはたまへば、ただちにものることをて、イエスにしたがへり。