マタイ伝福音書-第二十章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第20章[編集]

1天國てんこく勞動人はたらきびと葡萄園ぶだうぞのやとふために、あさはやでたる主人あるじのごとし。 2一日いちにちいちデナリの約束やくそくをなして、勞動人はたらきびとどもを葡萄園ぶだうぞのつかはす。 3また九時くじごろでて市場いちばむなしくものどもをて、 4「なんぢらも葡萄園ぶだうぞのけ、相當さうたうのものをあたへん」といへば、かれらもく。 5十二じふにころ三時さんじころとにまたいでてまへのごとくす。 6ころまたでしに、なほものどものあるをていふ「なにゆゑ終日ひねもすここにむなしくつか」 7かれらふ「たれもわれらをやとはぬゆゑなり」主人あるじいふ「なんぢらも葡萄園ぶだうぞのけ」 8ゆふべになりて葡萄園ぶだうぞの主人あるじそのいへつかさふ「勞動人はたらきびとびて、あとものよりはじめ、さきものにまで賃銀ちんぎんをはらへ」 9かくてごろにやとはれしものきたりて、おのおのいちデナリをく。 10さきものきたりて、おほくるならんとおもひしに、これまたおのおのいちデナリをく。 11けしとき、家主いへあるじにむかひつぶやきてふ、 12「このあとものどもはわづかいち時間じかんはたらきたるに、なんぢ一日いちにちらうあつさとをしのびたるわれらとひとしくこれへり」 13主人あるじこたへて一人ひとりふ「ともよ、われなんぢに不正ふせいをなさず、なんぢわれいちデナリの約束やくそくをせしにあらずや。 14おのものりてけ、このあとものなんぢとひとしくあたふるは、こころなり。 15わがものこころのままにするはからずや、われよきがゆゑなんぢあしきか」 16かくのごとくあとなるものさきに、さきなるものあとになるべし』 17イエス、エルサレムにのぼらんとしたまふとき、ひそか十二じふに弟子でしちかづけて、みちすがらたまふ、 18よ、われらエルサレムにのぼる、ひと祭司長さいしちゃう學者がくしゃらにわたされん。かれこれさだめ、 19また嘲弄てうろうし、むちうち、十字架じふじかにつけんため異邦人いはうじんわたさん、かくてかれ三日みっかめによみがへるべし』

20ここにゼベダイのらのはは、そのらととも御許みもとにきたり、はいして何事なにごともとめんとしたるに、 21イエスかれひたまふ『なにのぞむか』かれふ『この二人ふたりなんぢ御國みくににて、一人ひとりなんぢみぎに、一人ひとりひだりせんことをめいたまへ』 22イエスこたへてたまふ『なんぢらはもとむるところらず、まんとする酒杯さかづきるか』かれらふ『るなり』 23イエスひたまふ『なんぢらは酒杯さかづきむべし、されどみぎひだりすることは、これわれあたふべきものならず、ちちよりそなへられたるひとこそあたへらるるなれ』 24じふにん弟子でしこれをき、二人ふたり兄弟きゃうだいことによりていきどほる。 25イエスかれらをびてひたまふ『異邦人いはうじんきみのそのたみつかさどり、おほいなるものたみうへけんることは、なんぢらのところなり。 26なんぢらのうちにてはしからず、なんぢらのうちおほいならんとおもものは、なんぢらの役者えきしゃとなり、 27かしらたらんとおもものなんぢらのしもべとなるべし。 28かくのごとく、ひときたれるもつかへらるるためにあらず、かへつてつかふることをなし、またおほくのひと贖償あがなひとしておの生命いのちあたへんためなり』

29かれらエリコをづるとき、おほいなる群衆ぐんじゅうイエスにしたがへり。 30よ、二人ふたり盲人めしひみちかたはらにしをりしが、イエスのたまふことをき、さけびてふ『しゅよ、ダビデのよ、われらをあはれみたまへ』 31群衆ぐんじゅうかれらをいましめてもださしめんとしたれど、愈々いよいよさけびてふ『しゅよ、ダビデのよ、われらをあはれたまへ』 32イエスちどまり、かれらをびてたまふ『わがなんぢらになにさんことをのぞむか』 33かれふ『しゅよ、ひらかれんことなり』 34イエスいたくあはれみてかれらのさはたまへば、ただちにものることをて、イエスにしたがへり。