マタイ伝福音書-第二十四章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第24章[編集]

1イエスみやでてゆきたまふとき、弟子でしたちみや建造物たてものしめさんとて御許みもときたりしに、 2こたへてたまふ『なんぢら一切すべてものぬか。まことなんぢらにぐ、此處ここひとつのいしくづされずしてはいしうへのこらじ』 3オリブやまたまひしとき、弟子でしたちひそか御許みもときたりてふ『われらにたまへ、これらのこと何時いつあるか、またなんぢのきたたまふとをはりとには、なにしるしあるか』 4イエスこたへてたまふ『なんぢらひとまどはされぬやうにこころせよ。 5おほくのものわがをかきたり「われはキリストなり」とひておほくのひとまどはさん。 6またなんぢら戰爭いくさ戰爭いくさうはさとをかん、つつしみておそるな。かかることはあるべきなり、されどいまをはりにはあらず。 7すなはち「たみたみに、くにくにさからひてたん」また處々ところどころ饑饉ききん地震ぢしんとあらん、 8これはみなうみ苦難くるしみはじめなり。 9そのとき人々ひとびとなんぢらを患難なやみわたし、またころさん、なんぢわがために、もろもろの國人くにびとにくまれん。 10そのときおほくのひとつまづき、かつたがひにわたし、たがひにくまん。 11おほくのにせ預言者よげんしゃおこりて、おほくのひとまどはさん。

12また不法ふはふすによりて、おほくのひとあいひややかにならん。 13されどをはりまでへしのぶものすくはるべし。 14御國みくにのこの福音ふくいんは、もろもろの國人くにびとあかしをなさんため全世界ぜんせかい宣傅のべつたへられん、しかしてのちをはりいたるべし。

15なんぢら預言者よげんしゃダニエルによりてはれたる「あらにくむべきもの」のせいなるところつをば(ものさとれ) 16そのときユダヤにものどもはやまのがれよ。 17うへものはそのいへものいださんとしてくだるな。 18はたにをるもの上衣うはぎらんとてかへるな。 19そのにはみごもりたるものちちまするものとは禍害わざはひなるかな。 20なんぢらのぐることのふゆまたは安息あんそくにちおこらぬようにいのれ。 21そのときおほいなる患難なやみあらん、はじめよりいまいたるまでかかる患難なやみはなく、またのちにもからん。 22そのもしすくなくせられずば、一人ひとりだにすくはるるものなからん、されど選民せんみんためにそのすくなくせらるべし。 23そのときあるひは「よ、キリスト此處ここにあり」あるひは「此處ここにあり」とものありともしんずな。 24にせキリスト・にせ預言者よげんしゃおこりて、おほいなるしるし不思議ふしぎとをあらはし、べくば選民せんみんをもまどはさんとするなり。 25よ、あらかじめこれなんぢらにげおくなり。 26さればひともしなんぢらに「よ、かれ荒野あらのにあり」といふともくな「よ、かれ部屋へやにあり」とふともしんずな。 27電光いなづまひがしよりでて西にしにまでひらめきわたるごとく、ひときたるもまたしからん。 28それ死骸しがいのあるところにはわしあつまらん。

29これらの患難なやみののちただちにくらく、つきひかりはなたず、ほしそらよりち、てん萬象ばんしゃうふるひうごかん。 30そのときひとしるしてんあらはれん。そのとき地上ちじゃう諸族しょぞくみななげき、かつひと能力ちからおほいなる榮光えいくわうとをもて、てんくもきたるをん。 31またかれ使つかひたちをおほいなるラッパのこゑとともにつかはさん。使つかひたちはてんはてよりはてまで、四方しはうより選民せんみんあつめん。

32無花果いちぢくよりのたとへをまなべ、そのえだすでにやはらかくなりてぐめば、なつちかきをる。 33かくのごとくなんぢらもこれのすべてのことば、ひとすでにちかづきて門邊かどべいたるをれ。 34まことなんぢらにぐ、これらのことことごとくるまで、いまくまじ。 35てんぎゆかん、されどことばくことなし。 36そのそのときものなし、てん使つかひたちもらず、らず、ただちちのみたまふ。 37ノアのときのごとくひときたるもしかあるべし。 38かつ洪水こうずゐまへノア方舟はこぶねまでは、人々ひとびとひ、めととつがせなどし、 39洪水こうずゐきたりてことごとくほろびすまではらざりき、ひときたるもしかあるべし。 40そのとき二人ふたりをとこはたにをらんに、一人ひとりられ一人ひとりのこされん。 41二人ふたりをんなうすひきらんに、一人ひとりられ一人ひとりのこされん。 42さればさましをれ、なんぢらのしゅのきたるは、いづれのなるかをらざればなり。 43なんぢこれをれ、家主いへあるじもし盜人ぬすびといづれのとききたるかをらば、をさまして、そのいへ穿うがたすまじ。 44このゆゑなんぢらもそなへをれ、ひとおもはぬとききたればなり。 45主人しゅじんときおよびて食物しょくもつあたへさするために、いへもののうへにてたる忠實まめやかにしてさとしもべたれなるか。 46主人しゅじんのきたるとき、かくるをらるるしもべ幸福さいはひなり。 47まことになんぢらにぐ、主人しゅじんすべての所有もちものかれつかさどらすべし。 48もしそのしもべしくして、こころのうちに主人しゅじんおそしとおもひて、 49その同輩どうはいたたきはじめ、酒徒さけのみらと飮食のみくひともにせば、 50そのしもべ主人しゅじんおもはぬしらぬとききたりて、 51これはげしくしもとうち、そのむくい僞善者ぎぜんしゃおなじうせん。其處そこにて哀哭なげき切齒はがみすることあらん。