マタイ伝福音書-第二十四章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第24章[編集]

1イエスみやでてゆきたまふとき、でしたちみやたてものしめさんとてみもときたりしに、 2こたへてたまふ『なんぢらすべてものぬか。まことなんぢらにぐ、ここひとつのいしくづされずしてはいしうへのこらじ』 3オリブやまたまひしとき、でしたちひそかみもときたりてふ『われらにたまへ、これらのこといつあるか、またなんぢのきたたまふとをはりとには、なにしるしあるか』 4イエスこたへてたまふ『なんぢらひとまどはされぬやうにこころせよ。 5おほくのものわがをかきたり「われはキリストなり」とひておほくのひとまどはさん。 6またなんぢらいくさいくさうはさとをかん、つつしみておそるな。かかることはあるべきなり、されどいまをはりにはあらず。 7すなはち「たみたみに、くにくにさからひてたん」またところどころききんぢしんとあらん、 8これはみなうみくるしみはじめなり。 9そのときひとびとなんぢらをなやみわたし、またころさん、なんぢわがために、もろもろのくにびとにくまれん。 10そのときおほくのひとつまづき、かつたがひにわたし、たがひにくまん。 11おほくのにせよげんしゃおこりて、おほくのひとまどはさん。

12またふはふすによりて、おほくのひとあいひややかにならん。 13されどをはりまでへしのぶものすくはるべし。 14みくにのこのふくいんは、もろもろのくにびとあかしをなさんためぜんせかいのべつたへられん、しかしてのちをはりいたるべし。

15なんぢらよげんしゃダニエルによりてはれたる「あらにくむべきもの」のせいなるところつをば(ものさとれ) 16そのときユダヤにものどもはやまのがれよ。 17うへものはそのいへものいださんとしてくだるな。 18はたにをるものうはぎらんとてかへるな。 19そのにはみごもりたるものちちまするものとはわざはひなるかな。 20なんぢらのぐることのふゆまたはあんそくにちおこらぬようにいのれ。 21そのときおほいなるなやみあらん、はじめよりいまいたるまでかかるなやみはなく、またのちにもからん。 22そのもしすくなくせられずば、ひとりだにすくはるるものなからん、されどせんみんためにそのすくなくせらるべし。 23そのときあるひは「よ、キリストここにあり」あるひは「ここにあり」とものありともしんずな。 24にせキリスト・にせよげんしゃおこりて、おほいなるしるしふしぎとをあらはし、べくばせんみんをもまどはさんとするなり。 25よ、あらかじめこれなんぢらにげおくなり。 26さればひともしなんぢらに「よ、かれあらのにあり」といふともくな「よ、かれへやにあり」とふともしんずな。 27いなづまひがしよりでてにしにまでひらめきわたるごとく、ひときたるもまたしからん。 28それしがいのあるところにはわしあつまらん。

29これらのなやみののちただちにくらく、つきひかりはなたず、ほしそらよりち、てんばんしゃうふるひうごかん。 30そのときひとしるしてんあらはれん。そのときちじゃうしょぞくみななげき、かつひとちからおほいなるえいくわうとをもて、てんくもきたるをん。 31またかれつかひたちをおほいなるラッパのこゑとともにつかはさん。つかひたちはてんはてよりはてまで、しはうよりせんみんあつめん。

32いちぢくよりのたとへをまなべ、そのえだすでにやはらかくなりてぐめば、なつちかきをる。 33かくのごとくなんぢらもこれのすべてのことば、ひとすでにちかづきてかどべいたるをれ。 34まことなんぢらにぐ、これらのことことごとくるまで、いまくまじ。 35てんぎゆかん、されどことばくことなし。 36そのそのときものなし、てんつかひたちもらず、らず、ただちちのみたまふ。 37ノアのときのごとくひときたるもしかあるべし。 38かつこうずゐまへノアはこぶねまでは、ひとびとひ、めととつがせなどし、 39こうずゐきたりてことごとくほろびすまではらざりき、ひときたるもしかあるべし。 40そのときふたりをとこはたにをらんに、ひとりられひとりのこされん。 41ふたりをんなうすひきらんに、ひとりられひとりのこされん。 42さればさましをれ、なんぢらのしゅのきたるは、いづれのなるかをらざればなり。 43なんぢこれをれ、いへあるじもしぬすびといづれのとききたるかをらば、をさまして、そのいへうがたすまじ。 44このゆゑなんぢらもそなへをれ、ひとおもはぬとききたればなり。 45しゅじんときおよびてしょくもつあたへさするために、いへもののうへにてたるまめやかにしてさとしもべたれなるか。 46しゅじんのきたるとき、かくるをらるるしもべさいはひなり。 47まことになんぢらにぐ、しゅじんすべてのもちものかれつかさどらすべし。 48もしそのしもべしくして、こころのうちにしゅじんおそしとおもひて、 49そのどうはいたたきはじめ、さけのみらとのみくひともにせば、 50そのしもべしゅじんおもはぬしらぬとききたりて、 51これはげしくしもとうち、そのむくいぎぜんしゃおなじうせん。そこにてなげきはがみすることあらん。