マタイ伝福音書-第二十六章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第26章[編集]

1イエスこれらのことばをみなかたりをへて、弟子でしたちにたま2『なんぢらのるごとく、二日ふつかのち過越すぎこしまつりなり、ひと十字架じふじかにつけられんためらるべし』 3そのとき祭司長さいしちゃうたみ長老ちゃうらうら、カヤパといふだい祭司さいし中庭なかにはあつまり、 4詭計たばかりをもてイエスをとらへ、かつころさんとあひはかりたれど、 5またいふ『まつりのあひだすべからず、おそらくはたみうちらんおこらん』

6イエス、ベタニヤにて癩病人らいびゃうにんシモンのいへ居給ゐたまとき7あるをんな石膏せきかうつぼりたるたふとにほひあぶらちて、ちかづききたり、食事しょくじせき居給ゐたまふイエスのかうべそそげり。 8弟子でしたちこれいきどほりふ『なにゆゑかくみだりなるつひえをなすか。 9これおほくのかねりて、まづしきものほどこすことをたりしものを』 10イエスこれりてひたまふ『なにぞこのをんななやますか、われことをなせるなり。 11まづしきものつねなんぢらとともにをれど、われつねともらず。 12このをんなからだにほひあぶらそそぎしは、わがはうむりのそなへをなせるなり。 13まことになんぢらにぐ、全世界ぜんせかいいずこにても、この福音ふくいん宣傅のべつたへらるるところには、このをんなのなししこと記念きねんとしてかたらるべし』

14ここに十二じふに弟子でし一人ひとりイスカリオテのユダといふもの祭司長さいしちゃうらのもとにゆきて15『なんぢらにかれわたさば、なにほどわれあたへんとするか』かれぎん三十さんじふはかいだせり。 16ユダこのときよりイエスをわたさんとをりうかがふ。

17除酵祭じょかうさいはじめ弟子でしたちイエスにきたりてふ『過越すぎこししょくをなしたまふために、何處いづこわれらがそなふることのぞたまふか』 18イエスひたまふ『みやこにゆき、それがしのもとにいたりて「いふ、わがときちかづけり。われ弟子でしたちととも過越すぎこしなんぢいへにてまもらん」とへ』 19弟子でしたちイエスのめいたまひしごとくして、過越すぎこしそなへをなせり。 20れて十二じふに弟子でしとともにせききて、 21しょくするときたまふ『まことになんぢらにぐ、なんぢらのうち一人ひとりわれをらん』 22弟子でしたちいたうれひて、おのおの『しゅよ、われなるか』とひいでしに、 23こたへてひたまふ『われとともにはちるるものわれをらん。 24ひとおのれきてしるされたるごとくなり。されどひともの禍害わざはひなるかな、そのひとうまれざりしかたよかりしものを』 25イエスをるユダこたへてふ『ラビ、われなるか』イエスたまふ『なんぢのへるごとし』 26かれしょくしをるとき、イエス、パンをとり、しくしてさき、弟子でしたちにあたへてたまふ『りてくらへ、これはからだなり』 27また酒杯さかづきをとりてしゃし、かれらにあたへてたまふ『なんぢらみなこの酒杯さかづきよりめ。 28これは契約けいやくのわがなり、おほくのひとのために、つみゆるしさせんとてながところのものなり。 29われなんぢらにぐ、わがちちくににてあたらしきものをなんぢらとともまでは、われいまよりのちこの葡萄ぶだうよりるものをまじ』

30かれ讃美さんびうたひてのちオリブやまでゆく。

31ここにイエス弟子でしたちにたまふ『今宵こよひなんぢらみなわれにきてつまづかん「われ牧羊者ひつじかいたん、さらばむれひつじるべし」としるされたるなり。 32されどわれよみがへりてのち、なんぢらにさきだちてガリラヤにかん』 33ペテロこたへてふ『假令たとひみななんぢきてつまづくともわれはいつまでもつまづかじ』 34イエスたまふ『まことになんぢぐ、こよひにはとりまへに、なんぢたびわれいなむべし』 35ペテロふ『われなんぢとともぬべきことありともなんぢいなまず』弟子でしたちみなかくへり。

36ここにイエスかれらとともにゲツセマネといふところにいたりて、弟子でしたちにたまふ『わが彼處かしこにゆきていのあひだ、なんぢら此處ここせよ』 37かくてペテロとゼベダイの二人ふたりとをともなひゆき、うれかなしみでてたまふ、 38『わがこころいたくうれひてぬばかりなり。なんぢ此處こことどまりてわれともさましをれ』 39すこすすみゆきて、平伏ひれふいのりてたまふ『わがちちよ、もしべくば酒杯さかづきわれよりらせたまへ。されどこころままにとにはあらず、御意みこころのままにたまへ』 40弟子でしたちのもとにきたり、そのねむれるをてペテロに たまふ『なんぢらひとときわれともさまることあたはぬか。 41誘惑まどはしおちいらぬやう、さましかついのれ。こころねつすれども肉體にくたいよわきなり』 42また二度ふたたびゆきいのりてたまふ『わがちちよ、この酒杯 さかづきもしわれまではりがたくば、御意みこころのままにたまへ』 43またきたりてかれらのねむれるをたまふ、これそのつかれたるなり。 44またはなれゆきて、たびおなことばにていのたまふ。 45しかして弟子でしたちのもときたりてたまふ『いまねむりてやすめ。よ、ときちかづけり、ひと罪人つみびとらのわたさるるなり。 46きよ、われくべし。よ、われるものちかづけり』

47なほかたたまふほどに、よ、十二じふに弟子でし一人ひとりなるユダきたる、祭司長さいしちゃうたみ長老ちゃうらうらよりつかはされたるおほいなる群衆ぐんじゅうつるぎぼうとをもちてこれともなふ。 48イエスをものあらかじめ合圖あひづしめしてふ『わが接吻くちつけするものはそれなり、これとらへよ』 49かくてただちにイエスにちかづき『ラビ、やすかれ』といひて接吻くちつけしたれば、 50イエスひたまふ『ともよ、なにとてきたる』このとき人々ひとびとすすみてイエスにをかけてとらふ。 51よ、イエスとともにありしもののひとり、をのべつるぎきて、だい祭司さいししもべをうちて、そのみみおとせり。 52ここにイエスかれたまふ『なんぢのつるぎをもとにをさめよ、すべてつるぎをとるものつるぎにてほろぶるなり。 53われわがちちひて、十二じふにぐんあま御使みつかひいまあたへらるることあたはずとおもふか。 54もししかせば、くあるべくしるしたる聖書せいしょはいかで成就じゃうじゅすべき』 55このときイエス群衆ぐんじゅうたまふ『なんぢら強盜がうたうむかふごとくつるぎぼうとをもち、われとらへんとてきたるか。われ日々 ひびみやしてをしへたりしに、なんぢわれとらへざりき。 56されどかくのごとくなるは、みな預言者よげんしゃたちのふみ成就じゃうじゅせんためなり』ここに弟子でしたちみなイエスをててげさりぬ。

57イエスをとらへたるものども、學者がくしゃ長老ちゃうらうらのあつまだい祭司さいしカヤパのもときゆく。 58ペテロとほはなれ、イエスにしたがひてだい祭司さいし中庭なかにはまでいたり、その成行なりゆきんとて、そこに下役したやくどもとともせり。 59祭司長さいしちゃうらとぜん議會ぎくわいと、イエスをさだめんとて、いつはりの證據しょうこもとめたるに、 60おほくの僞證者ぎしょうしゃいでたれどもず。のち二人ふたりものいでて61『このひとは「われかみみやこぼ三日みっかにてべし」とへり』 62だい祭司さいしたちてイエスにふ『この人々ひとびとなんぢたいしてつる證據しょうこなにをもこたへぬか』 63されどイエスもだ居給ゐたまひたれば、だい祭司さいしいふ『われなんぢめいず、けるかみちかひてわれらにげよ、なんぢはキリスト、かみなるか』 64イエスたまふ『なんぢのへるごとし。かつわれなんぢらにぐ、いまよりのち、なんぢらひと全能者ぜんのうしゃみぎし、てんくもりてきたるをん』 65ここにだい祭司さいしおのがころもきてふ『かれ瀆言けがしごとをいへり、なにほか證人しょうにんもとめん。よ、なんぢらいまこの瀆言けがしごとをきけり。 66いかにおもふか』こたへてふ『かれはあたれり』 67ここにかれその御顏みかほつばきし、こぶしにてち、あるものどもは手掌てのひらにてたたきて68『キリストよ、われらに預言よげんせよ、なんぢをうちしものたれなるか』

69ペテロそとにて中庭なかにはしゐたるに、一人ひとり婢女はしためきたりてふ『なんぢもガリラヤひとイエスとともにゐたり』 70かれすべてのひとまへうけがはずしてふ『われはなんぢふことをらず』 71かくてもんまできたるとき、ほか婢女はしためかれをて、其處そこにをるものどもにむかひて『このひとはナザレびとイエスとともにゐたり』とへるに、 72かさねてうけがはず、ちかひて『われはそのひとらず』といふ。 73しばらくして其處そこものどもちかづきてペテロにふ『なんぢもたしかにかの黨與ともがらなり、なんぢ國訛くになまりなんぢをあらはせり』 74ここにペテロうけひかつちかひて『われそのひとらず』とづるをりしも、にはとりきぬ。 75ペテロ『にはとりまへに、なんぢ三度みたびわれをいなまん』と、イエスのたまひし御言みことばおもひだし、そとでていたけり。