マタイ伝福音書-第二十六章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第26章[編集]

1イエスこれらのことばをみなかたりをへて、でしたちにたま2『なんぢらのるごとく、ふつかのちすぎこしまつりなり、ひとじふじかにつけられんためらるべし』 3そのときさいしちゃうたみちゃうらうら、カヤパといふだいさいしなかにはあつまり、 4たばかりをもてイエスをとらへ、かつころさんとあひはかりたれど、 5またいふ『まつりのあひだすべからず、おそらくはたみうちらんおこらん』

6イエス、ベタニヤにてらいびゃうにんシモンのいへゐたまとき7あるをんなせきかうつぼりたるたふとにほひあぶらちて、ちかづききたり、しょくじせきゐたまふイエスのかうべそそげり。 8でしたちこれいきどほりふ『なにゆゑかくみだりなるつひえをなすか。 9これおほくのかねりて、まづしきものほどこすことをたりしものを』 10イエスこれりてひたまふ『なにぞこのをんななやますか、われことをなせるなり。 11まづしきものつねなんぢらとともにをれど、われつねともらず。 12このをんなからだにほひあぶらそそぎしは、わがはうむりのそなへをなせるなり。 13まことになんぢらにぐ、ぜんせかいいずこにても、このふくいんのべつたへらるるところには、このをんなのなししこときねんとしてかたらるべし』

14ここにじふにでしひとりイスカリオテのユダといふものさいしちゃうらのもとにゆきて15『なんぢらにかれわたさば、なにほどわれあたへんとするか』かれぎんさんじふはかいだせり。 16ユダこのときよりイエスをわたさんとをりうかがふ。

17じょかうさいはじめでしたちイエスにきたりてふ『すぎこししょくをなしたまふために、いづこわれらがそなふることのぞたまふか』 18イエスひたまふ『みやこにゆき、それがしのもとにいたりて「いふ、わがときちかづけり。われでしたちとともすぎこしなんぢいへにてまもらん」とへ』 19でしたちイエスのめいたまひしごとくして、すぎこしそなへをなせり。 20れてじふにでしとともにせききて、 21しょくするときたまふ『まことになんぢらにぐ、なんぢらのうちひとりわれをらん』 22でしたちいたうれひて、おのおの『しゅよ、われなるか』とひいでしに、 23こたへてひたまふ『われとともにはちるるものわれをらん。 24ひとおのれきてしるされたるごとくなり。されどひとものわざはひなるかな、そのひとうまれざりしかたよかりしものを』 25イエスをるユダこたへてふ『ラビ、われなるか』イエスたまふ『なんぢのへるごとし』 26かれしょくしをるとき、イエス、パンをとり、しくしてさき、でしたちにあたへてたまふ『りてくらへ、これはからだなり』 27またさかづきをとりてしゃし、かれらにあたへてたまふ『なんぢらみなこのさかづきよりめ。 28これはけいやくのわがなり、おほくのひとのために、つみゆるしさせんとてながところのものなり。 29われなんぢらにぐ、わがちちくににてあたらしきものをなんぢらとともまでは、われいまよりのちこのぶだうよりるものをまじ』

30かれさんびうたひてのちオリブやまでゆく。

31ここにイエスでしたちにたまふ『こよひなんぢらみなわれにきてつまづかん「われひつじかいたん、さらばむれひつじるべし」としるされたるなり。 32されどわれよみがへりてのち、なんぢらにさきだちてガリラヤにかん』 33ペテロこたへてふ『たとひみななんぢきてつまづくともわれはいつまでもつまづかじ』 34イエスたまふ『まことになんぢぐ、こよひにはとりまへに、なんぢたびわれいなむべし』 35ペテロふ『われなんぢとともぬべきことありともなんぢいなまず』でしたちみなかくへり。

36ここにイエスかれらとともにゲツセマネといふところにいたりて、でしたちにたまふ『わがかしこにゆきていのあひだ、なんぢらここせよ』 37かくてペテロとゼベダイのふたりとをともなひゆき、うれかなしみでてたまふ、 38『わがこころいたくうれひてぬばかりなり。なんぢこことどまりてわれともさましをれ』 39すこすすみゆきて、ひれふいのりてたまふ『わがちちよ、もしべくばさかづきわれよりらせたまへ。されどこころままにとにはあらず、みこころのままにたまへ』 40でしたちのもとにきたり、そのねむれるをてペテロに たまふ『なんぢらひとときわれともさまることあたはぬか。 41まどはしおちいらぬやう、さましかついのれ。こころねつすれどもにくたいよわきなり』 42またふたたびゆきいのりてたまふ『わがちちよ、この さかづきもしわれまではりがたくば、みこころのままにたまへ』 43またきたりてかれらのねむれるをたまふ、これそのつかれたるなり。 44またはなれゆきて、たびおなことばにていのたまふ。 45しかしてでしたちのもときたりてたまふ『いまねむりてやすめ。よ、ときちかづけり、ひとつみびとらのわたさるるなり。 46きよ、われくべし。よ、われるものちかづけり』

47なほかたたまふほどに、よ、じふにでしひとりなるユダきたる、さいしちゃうたみちゃうらうらよりつかはされたるおほいなるぐんじゅうつるぎぼうとをもちてこれともなふ。 48イエスをものあらかじめあひづしめしてふ『わがくちつけするものはそれなり、これとらへよ』 49かくてただちにイエスにちかづき『ラビ、やすかれ』といひてくちつけしたれば、 50イエスひたまふ『ともよ、なにとてきたる』このときひとびとすすみてイエスにをかけてとらふ。 51よ、イエスとともにありしもののひとり、をのべつるぎきて、だいさいししもべをうちて、そのみみおとせり。 52ここにイエスかれたまふ『なんぢのつるぎをもとにをさめよ、すべてつるぎをとるものつるぎにてほろぶるなり。 53われわがちちひて、じふにぐんあまみつかひいまあたへらるることあたはずとおもふか。 54もししかせば、くあるべくしるしたるせいしょはいかでじゃうじゅすべき』 55このときイエスぐんじゅうたまふ『なんぢらがうたうむかふごとくつるぎぼうとをもち、われとらへんとてきたるか。われ ひびみやしてをしへたりしに、なんぢわれとらへざりき。 56されどかくのごとくなるは、みなよげんしゃたちのふみじゃうじゅせんためなり』ここにでしたちみなイエスをててげさりぬ。

57イエスをとらへたるものども、がくしゃちゃうらうらのあつまだいさいしカヤパのもときゆく。 58ペテロとほはなれ、イエスにしたがひてだいさいしなかにはまでいたり、そのなりゆきんとて、そこにしたやくどもとともせり。 59さいしちゃうらとぜんぎくわいと、イエスをさだめんとて、いつはりのしょうこもとめたるに、 60おほくのぎしょうしゃいでたれどもず。のちふたりものいでて61『このひとは「われかみみやこぼみっかにてべし」とへり』 62だいさいしたちてイエスにふ『このひとびとなんぢたいしてつるしょうこなにをもこたへぬか』 63されどイエスもだゐたまひたれば、だいさいしいふ『われなんぢめいず、けるかみちかひてわれらにげよ、なんぢはキリスト、かみなるか』 64イエスたまふ『なんぢのへるごとし。かつわれなんぢらにぐ、いまよりのち、なんぢらひとぜんのうしゃみぎし、てんくもりてきたるをん』 65ここにだいさいしおのがころもきてふ『かれけがしごとをいへり、なにほかしょうにんもとめん。よ、なんぢらいまこのけがしごとをきけり。 66いかにおもふか』こたへてふ『かれはあたれり』 67ここにかれそのみかほつばきし、こぶしにてち、あるものどもはてのひらにてたたきて68『キリストよ、われらによげんせよ、なんぢをうちしものたれなるか』

69ペテロそとにてなかにはしゐたるに、ひとりはしためきたりてふ『なんぢもガリラヤひとイエスとともにゐたり』 70かれすべてのひとまへうけがはずしてふ『われはなんぢふことをらず』 71かくてもんまできたるとき、ほかはしためかれをて、そこにをるものどもにむかひて『このひとはナザレびとイエスとともにゐたり』とへるに、 72かさねてうけがはず、ちかひて『われはそのひとらず』といふ。 73しばらくしてそこものどもちかづきてペテロにふ『なんぢもたしかにかのともがらなり、なんぢくになまりなんぢをあらはせり』 74ここにペテロうけひかつちかひて『われそのひとらず』とづるをりしも、にはとりきぬ。 75ペテロ『にはとりまへに、なんぢみたびわれをいなまん』と、イエスのたまひしみことばおもひだし、そとでていたけり。