マタイ伝福音書-第二十八章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第28章[編集]

1さてあんそくにちをはりて、ひとまはりはじめのほのあかころ、マグダラのマリヤとほかのマリヤとはかんとてきたりしに、 2よ、おほいなるぢしんあり、これしゅつかひてんよりくだきたりて、かのいしまろばしりぞけ、そのうへしたるなり。 3そのさまいなづまのごとくかがやき、そのころもゆきのごとくしろし。 4まもりものどもかれおそれたれば、おののきてしにんごとくなりぬ。 5みつかひこたへてをんなたちにふ『なんぢらおそるな、われなんぢらがじふじかにつけられたまひしイエスをたづぬるをる。 6ここにはいまさず、そのへるごとよみがへりたまへり。きたりてそのかれたまひしところよ。 7かつすみやかにきて、そのでしたちに「かれしにんうちよりよみがへりたまへり。よ、なんぢらにさきだちてガリラヤにたまふ、かしこにてまみゆるをん」とげよ。よ、なんぢらにこれげたり』 8をんなたちおそれおほいなるよろこびとをもて、すみやかにはかり、でしたちにらせんとてはしりゆく。 9よ、イエスかれらにひて『やすかれ』とたまひたれば、すすみゆき、みあしいだきてはいす。 10ここにイエスひたまふ『おそるな、きてきゃうだいたちに、ガリラヤにゆき、かしこにてわれるべきことをらせよ』

11をんなたちのきたるとき、よ、ばんぺいのうちのすにんみやこにいたり、すべりしことどもをさいしちゃうらにぐ。 12さいしちゃうら、ちゃうらうらとともあつまりてあひはかり、へいそつどもにおほくのかねあたへてふ、 13『なんぢらへ「そのでしよるきたりて、われらのねむれるかれぬすめり」と。 14このこともしそうとくきこえなば、われかれなだめてなんぢらにうれひなからしめん』 15かれかねをとりてふくめられたるごとくしたれば、はなしユダヤびとうちにひろまりて、けふいたれり。

16じふいちでしたちガリラヤにきて、イエスのめいたまひしやまにのぼり、 17つひまみえてはいせり。されどうたがものもありき。 18イエスすすみきたり、かれらにかたりてひたまふ『われてんにてもにてもすべてけんあたへられたり。 19さればなんぢきて、もろもろのくにびとでしとなし、ちちせいれいとのによりてバプテスマをほどこし、 20わがなんぢらにめいぜしすべてのことまもるべきををしへよ。よ、われをはりまでつねなんぢらとともるなり』