マタイ伝福音書-第二十八章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第28章[編集]

1さて安息あんそくにちをはりて、一週ひとまはりはじめのほのあかころ、マグダラのマリヤとほかのマリヤとはかんとてきたりしに、 2よ、おほいなる地震ぢしんあり、これしゅ使つかひてんよりくだきたりて、かのいしまろば退しりぞけ、そのうへしたるなり。 3そのさま電光いなづまのごとくかがやき、そのころもゆきのごとくしろし。 4まもりものどもかれおそれたれば、おののきて死人しにんごとくなりぬ。 5御使みつかひこたへてをんなたちにふ『なんぢらおそるな、われなんぢらが十字架じふじかにつけられたまひしイエスをたづぬるをる。 6此處ここにはいまさず、そのへるごとよみがへりたまへり。きたりてそのかれたまひしところよ。 7かつすみやかにきて、その弟子でしたちに「かれ死人しにんうちよりよみがへりたまへり。よ、なんぢらにさきだちてガリラヤにたまふ、彼處かしこにてまみゆるをん」とげよ。よ、なんぢらにこれげたり』 8をんなたちおそれおほいなる歡喜よろこびとをもて、すみやかにはかり、弟子でしたちにらせんとてはしりゆく。 9よ、イエスかれらにひて『やすかれ』とたまひたれば、すすみゆき、御足みあしいだきてはいす。 10ここにイエスひたまふ『おそるな、きて兄弟きゃうだいたちに、ガリラヤにゆき、彼處かしこにてわれるべきことをらせよ』

11をんなたちのきたるとき、よ、番兵ばんぺいのうちの數人すにんみやこにいたり、すべりしことどもを祭司長さいしちゃうらにぐ。 12祭司長さいしちゃうら、長老ちゃうらうらとともあつまりてあひはかり、兵卒へいそつどもにおほくのかねあたへてふ、 13『なんぢらへ「その弟子でしよるきたりて、われらのねむれるかれぬすめり」と。 14このこともし總督そうとくきこえなば、われかれなだめてなんぢらにうれひなからしめん』 15かれかねをとりてふくめられたるごとくしたれば、はなしユダヤびとうちにひろまりて、今日けふいたれり。

16じふいち弟子でしたちガリラヤにきて、イエスのめいたまひしやまにのぼり、 17つひまみえてはいせり。されどうたがものもありき。 18イエスすすみきたり、かれらにかたりてひたまふ『われてんにてもにても一切すべてけんあたへられたり。 19さればなんぢきて、もろもろの國人くにびと弟子でしとなし、ちちせいれいとのによりてバプテスマをほどこし、 20わがなんぢらにめいぜしすべてのことまもるべきををしへよ。よ、われをはりまでつねなんぢらとともるなり』