マタイ伝福音書-第二十五章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第25章[編集]

1このときてんこくは、ともしびりてはなむこむかへにづる、じふにんをとめなずらふべし。 2そのうちにんおろかにしてにんさとし。 3おろかなるものともしびをとりてあぶらたづさへず、 4さときものはあぶらうつはれてともしびとともにたづさへたり。 5はなむこおそかりしかば、みなまどろみてぬ。 6よなかに「やよ、はなむこなるぞ、むかへよ」とよばはるこゑす。 7ここにをとめみなきてそのともしびととのへたるに、 8おろかなるものさときものにふ「なんぢらのあぶらけあたへよ、われらのともしびきゆるなり」 9さときものこたへてふ「おそらくはわれらとなんぢらとにるまじ、むしるものにきておのがためにへ」 10かれはんとてきたるはなむこきたりたれば、そなへをりしものどもはかれとともにこんえんにいり、しかしてもんとざされたり。 11そののちかのほかをとめどもきたりて「しゅよ、しゅよ、われらのためにひらきたまへ」とひしに、 12こたへて「まことになんぢらにぐ、われなんぢらをらず」とへり。 13さればさましをれ、なんぢらはそのときらざるなり。 14またあるひととほくたびだちせんとして、しもべどもをび、これおのもちものあづくるがごとし。 15おのおのちからおうじて、あるものにはタラント、あるものにはタラント、あるものにはいちタラントをあたきてたびだちせり。 16タラントをけしものは、ただちにき、これをはたらかせてほかタラントをまうけ、 17タラントをけしものおなじくほかタラントをまうく。 18しかるにいちタラントをけしものは、きてり、そのしゅじんかねをかくしけり。 19ひさしうしてのちこのしもべどものしゅじんきたりてかれらとけいさんしたるに、 20タラントをけしものほかタラントをちきたりてふ「しゅよ、なんぢわれタラントをあづけたりしが、よ、ほかタラントをまうけたり」 21しゅじんいふ「いかな、ぜんかつちゅうなるしもべ、なんぢはわづかなるものちゅうなりき。われなんぢにおほくのものつかさどらせん、なんぢしゅじんよろこびれ」 22タラントをけしものきたりてふ「しゅよ、なんぢわれタラントをあづけたりしが、よ、ほかタラントをまうけたり」 23しゅじんいふ「いかな、ぜんかつちゅうなるしもべ、なんぢはわづかなるものちゅうなりき。われなんぢにおほくのものつかさどらせん、なんぢしゅじんよろこびにいれ」 24またいちタラントをけしものもきたりてふ「しゅよ、われはなんぢのきびしきひとにて、かぬところよりり、らさぬところよりあつむることをるゆゑに、 25おそれてゆき、なんぢのタラントをかくしおけり。よ、なんぢはなんぢのものたり」 26しゅじんこたへてふ「しくかつおこたれるしもべ、わがかぬところよりり、ちらさぬところよりあつむることをるか。 27さらばかねぎんかうにあづけくべかりしなり、われきたりてりしとともにものをうけりしものを。 28さればかれのタラントをりてじふタラントをてるひとあたへよ。 29すべててるひとは、あたへられていよいよゆたかならん。されどたぬものは、そのてるものをもらるべし。 30しかしてえきなるしもべそとくらきひいだせ、そこにてなげきはがみすることあらん」

31ひとそのえいくわうをもて、もろもろのみつかひひきゐきたるとき、そのえいくわうくらゐせん。 32かくてそのまへにもろもろのくにびとあつめられん、これわかつことひつじかいひつじやぎとをわかごとくして、 33ひつじをそのみぎに、やぎをそのひだりにおかん。 34ここにわうそのみぎにをるものどもにはん「わがちちしくせられたるものよ、きたりてはじめよりなんぢのためにそなへられたるくにげ。 35なんぢらゑしときにくらはせ、かわきしときにませ、たびびとなりしときやどらせ、 36はだかなりしときにせ、みしときにとぶらひ、ひとやりしときにきたりたればなり」 37ここに、ただしきものこたへてはん「しゅよ、いつなんぢのゑしをくらはせ、かわきしをませし。 38いつなんぢのたびびとなりしをやどらせ、はだかなりしをころもせし。 39いつなんぢのみまたひとやりしをて、なんぢにいたりし」 40わうこたへてはん「まことになんぢらにぐ、わがきゃうだいなるこれのいとちひさものひとりになしたるは、すなはわれしたるなり」 41かくてまたひだりにをるものどもにはん「のろはれたるものよ、われはなれてあくまとそのつかひらとのためにそなへられたるとこしへれ。 42なんぢらゑしときにくらはせず、かわきしときにませず、 43たびびとなりしときにやどらせず、はだかなりしときにせず、みまたひとやにありしときにとぶらはざればなり」 44ここにかれらもこたへてはん「しゅよ、いつなんぢゑ、あるひかわき、あるひたびびと、あるひははだか、あるひはみ、あるひひとやりしをつかへざりし」 45ここにわうこたへてはん「まことになんぢらにぐ、これのいとちひさきもののひとりさざりしは、すなはわれになさざりしなり」と。 46かくて、これらのものりてとこしへけいばつにいり、ただしきものとこしへいのちらん』