マタイ伝福音書-第二十五章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第25章[編集]

1このとき天國てんこくは、燈火ともしびりて新郎はなむこむかへにづる、じふにん處女をとめなずらふべし。 2そのうちにんおろかにしてにんさとし。 3おろかなるもの燈火ともしびをとりてあぶらたづさへず、 4さときものはあぶらうつはれて燈火ともしびとともにたづさへたり。 5新郎はなむこおそかりしかば、みなまどろみてぬ。 6夜半よなかに「やよ、新郎はなむこなるぞ、むかへよ」とよばはるこゑす。 7ここに處女をとめみなきてその燈火ともしびととのへたるに、 8おろかなるものさときものにふ「なんぢらのあぶらけあたへよ、われらの燈火ともしびきゆるなり」 9さときものこたへてふ「おそらくはわれらとなんぢらとにるまじ、むしるものにきておのがためにへ」 10かれはんとてきたる新郎はなむこきたりたれば、そなへをりしものどもはかれとともに婚筵こんえんにいり、しかしてもんとざされたり。 11そののちかのほか處女をとめどもきたりて「しゅよ、しゅよ、われらのためにひらきたまへ」とひしに、 12こたへて「まことになんぢらにぐ、われなんぢらをらず」とへり。 13さればさましをれ、なんぢらはそのときらざるなり。 14またあるひととほく旅立たびだちせんとして、しもべどもをび、これおの所有もちものあづくるがごとし。 15各人おのおの能力ちからおうじて、あるものにはタラント、あるものにはタラント、あるものにはいちタラントをあたきて旅立たびだちせり。 16タラントをけしものは、ただちにき、これをはたらかせてほかタラントをまうけ、 17タラントをけしものおなじくほかタラントをまうく。 18しかるにいちタラントをけしものは、きてり、その主人しゅじんかねをかくしけり。 19ひさしうしてのちこのしもべどもの主人しゅじんきたりてかれらと計算けいさんしたるに、 20タラントをけしものほかタラントをちきたりてふ「しゅよ、なんぢわれタラントをあづけたりしが、よ、ほかタラントをまうけたり」 21主人しゅじんいふ「いかな、ぜんかつちゅうなるしもべ、なんぢはわづかなるものちゅうなりき。われなんぢにおほくのものつかさどらせん、なんぢ主人しゅじん勸喜よろこびれ」 22タラントをけしものきたりてふ「しゅよ、なんぢわれタラントをあづけたりしが、よ、ほかタラントをまうけたり」 23主人しゅじんいふ「いかな、ぜんかつちゅうなるしもべ、なんぢはわづかなるものちゅうなりき。われなんぢにおほくのものつかさどらせん、なんぢ主人しゅじん勸喜よろこびにいれ」 24またいちタラントをけしものもきたりてふ「しゅよ、われはなんぢのきびしきひとにて、かぬところよりり、らさぬところよりあつむることをるゆゑに、 25おそれてゆき、なんぢのタラントをかくしおけり。よ、なんぢはなんぢのものたり」 26主人しゅじんこたへてふ「しくかつおこたれるしもべ、わがかぬところよりり、ちらさぬところよりあつむることをるか。 27さらばかね銀行ぎんかうにあづけくべかりしなり、われきたりて利子りしとともにものをうけりしものを。 28さればかれのタラントをりてじふタラントをてるひとあたへよ。 29すべててるひとは、あたへられて愈々いよいよゆたかならん。されどたぬものは、そのてるものをもらるべし。 30しかしてえきなるしもべそと暗黒くらきひいだせ、其處そこにて哀哭なげき切齒はがみすることあらん」

31ひとその榮光えいくわうをもて、もろもろの御使みつかひひきゐきたるとき、その榮光えいくわう座位くらゐせん。 32かくてそのまへにもろもろの國人くにびとあつめられん、これわかつこと牧羊者ひつじかいひつじ山羊やぎとをわかごとくして、 33ひつじをそのみぎに、山羊やぎをそのひだりにおかん。 34ここにわうそのみぎにをるものどもにはん「わがちちしくせられたるものよ、きたりてはじめよりなんぢのためにそなへられたるくにげ。 35なんぢらゑしときにくらはせ、かわきしときにませ、旅人たびびとなりしとき宿やどらせ、 36はだかなりしときにせ、みしときにとぶらひ、ひとやりしときにきたりたればなり」 37ここに、ただしきものこたへてはん「しゅよ、何時いつなんぢのゑしをくらはせ、かわきしをませし。 38何時いつなんぢの旅人たびびとなりしを宿やどらせ、はだかなりしをころもせし。 39何時いつなんぢのみまたひとやりしをて、なんぢにいたりし」 40わうこたへてはん「まことになんぢらにぐ、わが兄弟きゃうだいなるこれのいとちひさもの一人ひとりになしたるは、すなはわれしたるなり」 41かくてまたひだりにをるものどもにはん「のろはれたるものよ、われはなれて惡魔あくまとその使つかひらとのためにそなへられたる永遠とこしへれ。 42なんぢらゑしときにくらはせず、かわきしときにませず、 43旅人たびびとなりしときに宿やどらせず、はだかなりしときにせず、みまたひとやにありしときにとぶらはざればなり」 44ここにかれらもこたへてはん「しゅよ、いつなんぢゑ、あるひかわき、あるひ旅人たびびと、あるひははだか、あるひはみ、あるひひとやりしをつかへざりし」 45ここにわうこたへてはん「まことになんぢらにぐ、これのいとちひさきものの一人ひとりさざりしは、すなはわれになさざりしなり」と。 46かくて、これらのものりて永遠とこしへ刑罰けいばつにいり、ただしきもの永遠とこしへ生命いのちらん』