マタイ伝福音書-第二十二章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第22章[編集]

1イエスまたたとへをもてこたへてたま2天國てんこくおののために婚筵こんえんまうくるわうのごとし。 3婚筵こんえんまねきおきたる人々ひとびとむかへんとてしもべどもをのこししに、きたるをうけがはず。 4またほかのしもべどもをつかはすとてふ「まねきたる人々ひとびとげよ、よ、晝餐ひるげすでそなはりたり。うしえたるけものほふられて、すべてのものそなはりたれば、婚筵こんえんきたれと」 5しかるに人々ひとびとかへりみずして、あるものおのはたに、あるものおの商賣あきなひけり。 6またほかものしもべとらへて、はづかしめかつころしたれば、 7わういかりて軍勢ぐんぜいつかはし、かの兇行者きゃうかうしゃほろぼしてまちきたり。 8かくてしもべどもにふ「婚筵こんえんすでそなはりたれど、まねきたるものどもは相應ふさはしからず。 9さればなんぢちまたきて、ふほどのもの婚筵こんえんまねけ」 10しもべどもみちでて、きもしきもふほどのものをみなあつめたれば、婚禮こんれいせききゃくにて滿てり。 11わうきゃくんとてきたり、一人ひとり禮服れいふくけぬものあるをて、 12これふ「ともよ、如何いかなれば禮服れいふくけずして此處ここりたるか」かれもくしゐたり。 13ここにわう侍者じしゃらにふ「そのあししばりてそと暗黒くらきげいだせ、其處そこにて哀哭なげき切齒はがみすることあらん」 14それまねかるるものおほかれど、えらばるるものすくなし』

15ここにパリサイびとでて、如何いかにしてかイエスをことばわなけんとあひはかり、 16その弟子でしらをヘロデたうものどもととものこしてはしむ『よ、われらはる、なんじはまことにして、まことをもてかみみちをしへ、かつたれをもはばかりたまふことなし、ひと外貌うはべたまはぬゆゑなり。 17さればわれらにげたまへ、みつぎをカイザルにをさむるはきか、しきか、如何いかおもひたまふ』 18イエスその邪曲よこしまなるをりてひたまふ『僞善者ぎぜんしゃよ、なんぞわれこころむるか。 19みつぎかねわれせよ』かれらデナリひとつをきたる。 20イエスたまふ『これはたれかたち、たれのしるしなるか』 21かれふ『カイザルのなり』ここにかれらにたまふ『さらばカイザルのものはカイザルに、かみものかみをさめよ』 22かれこれきてあやしみ、イエスをはなれてけり。

23復活よみがへりなしといふサドカイびとら、そのみもとにきたひて24よ、モーセは「ひともしなくしてなば、兄弟きゃうだいかれのつまめとりて、兄弟きゃうだいのために世嗣よつぎぐべし」とへり。 25われらのうち七人しちにん兄弟きゃうだいありしが、あにめとりてに、世嗣よつぎなくしてつまおとうとのこしたり。 26そのそのさんより、そのしちまでみなかくのごとし、 27最後いやはてにそのをんなにたり。 28されば復活よみがへりとき、そのをんな七人しちにんのうちたれつまたるべきか、かれみなこれをつまとしたればなり』 29イエスこたへてたまふ『なんぢら聖書せいしょをもかみ能力ちからをもらぬゆゑあやまれり。 30それひとよみがへりのときは、めとらずとつがず、てん御使みつかひたちのごとし。 31死人しにん復活よみがへりきては、かみなんぢらにげて、 32われはアブラハムのかみ、イサクのかみ、ヤコブのかみなり」とたまへることをいままぬか。かみにたるものかみにあらず、けるものかみなり』 33群衆ぐんじゅうこれをきてをしへをどろけり。

34パリサイびとら、イエスのサドカイびとらをもださしめたまひしことをきてあひあつまり、 35そのうちなる一人ひとり教法師けうはふし、イエスをこころむるため36よ、律法おきてのうちいづれ誡命いましめおほいなる』 37イエスたまふ『「なんぢこころつくし、精神せいしんつくし、おもひつくしてしゅなるなんぢかみあいすべし」 38これはおほいにして第一だいいち誡命いましめなり。 39第二だいにもまたこれにひとし「おのれのごとくなんぢのとなりあいすべし」 40律法おきて全體ぜんたい預言者よげんしゃとはふたつの誡命いましめるなり』

41パリサイびとらのあつまりたるとき、イエスかれらにひてたま42『なんぢらはキリストにきて如何いかおもふか、たれなるか』かれらふ『ダビデのなり』 43イエスたまふ『さらばダビデ御靈みたまかんじてなにゆゑかれをしゅとなふるか。いは

44しゅわがしゅたまふ、
われなんぢてきなんぢあししたくまでは、 :みぎせよ」

45くダビデかれしゅとなふれば、いかでそのならんや』 46たれ一言ひとことだにこたふることあたはず、そのよりへてまたイエスにものなかりき。