マタイ伝福音書-第二十二章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第22章[編集]

1イエスまたたとへをもてこたへてたま2てんこくおののためにこんえんまうくるわうのごとし。 3こんえんまねきおきたるひとびとむかへんとてしもべどもをのこししに、きたるをうけがはず。 4またほかのしもべどもをつかはすとてふ「まねきたるひとびとげよ、よ、ひるげすでそなはりたり。うしえたるけものほふられて、すべてのものそなはりたれば、こんえんきたれと」 5しかるにひとびとかへりみずして、あるものおのはたに、あるものおのあきなひけり。 6またほかものしもべとらへて、はづかしめかつころしたれば、 7わういかりてぐんぜいつかはし、かのきゃうかうしゃほろぼしてまちきたり。 8かくてしもべどもにふ「こんえんすでそなはりたれど、まねきたるものどもはふさはしからず。 9さればなんぢちまたきて、ふほどのものこんえんまねけ」 10しもべどもみちでて、きもしきもふほどのものをみなあつめたれば、こんれいせききゃくにててり。 11わうきゃくんとてきたり、ひとりれいふくけぬものあるをて、 12これふ「ともよ、いかなればれいふくけずしてここりたるか」かれもくしゐたり。 13ここにわうじしゃらにふ「そのあししばりてそとくらきげいだせ、そこにてなげきはがみすることあらん」 14それまねかるるものおほかれど、えらばるるものすくなし』

15ここにパリサイびとでて、いかにしてかイエスをことばわなけんとあひはかり、 16そのでしらをヘロデたうものどもととものこしてはしむ『よ、われらはる、なんじはまことにして、まことをもてかみみちをしへ、かつたれをもはばかりたまふことなし、ひとうはべたまはぬゆゑなり。 17さればわれらにげたまへ、みつぎをカイザルにをさむるはきか、しきか、いかおもひたまふ』 18イエスそのよこしまなるをりてひたまふ『ぎぜんしゃよ、なんぞわれこころむるか。 19みつぎかねわれせよ』かれらデナリひとつをきたる。 20イエスたまふ『これはたれかたち、たれのしるしなるか』 21かれふ『カイザルのなり』ここにかれらにたまふ『さらばカイザルのものはカイザルに、かみものかみをさめよ』 22かれこれきてあやしみ、イエスをはなれてけり。

23よみがへりなしといふサドカイびとら、そのみもとにきたひて24よ、モーセは「ひともしなくしてなば、きゃうだいかれのつまめとりて、きゃうだいのためによつぎぐべし」とへり。 25われらのうちしちにんきゃうだいありしが、あにめとりてに、よつぎなくしてつまおとうとのこしたり。 26そのそのさんより、そのしちまでみなかくのごとし、 27いやはてにそのをんなにたり。 28さればよみがへりとき、そのをんなしちにんのうちたれつまたるべきか、かれみなこれをつまとしたればなり』 29イエスこたへてたまふ『なんぢらせいしょをもかみちからをもらぬゆゑあやまれり。 30それひとよみがへりのときは、めとらずとつがず、てんみつかひたちのごとし。 31しにんよみがへりきては、かみなんぢらにげて、 32われはアブラハムのかみ、イサクのかみ、ヤコブのかみなり」とたまへることをいままぬか。かみにたるものかみにあらず、けるものかみなり』 33ぐんじゅうこれをきてをしへをどろけり。

34パリサイびとら、イエスのサドカイびとらをもださしめたまひしことをきてあひあつまり、 35そのうちなるひとりけうはふし、イエスをこころむるため36よ、おきてのうちいづれいましめおほいなる』 37イエスたまふ『「なんぢこころつくし、せいしんつくし、おもひつくしてしゅなるなんぢかみあいすべし」 38これはおほいにしてだいいちいましめなり。 39だいにもまたこれにひとし「おのれのごとくなんぢのとなりあいすべし」 40おきてぜんたいよげんしゃとはふたつのいましめるなり』

41パリサイびとらのあつまりたるとき、イエスかれらにひてたま42『なんぢらはキリストにきていかおもふか、たれなるか』かれらふ『ダビデのなり』 43イエスたまふ『さらばダビデみたまかんじてなにゆゑかれをしゅとなふるか。いは

44しゅわがしゅたまふ、
われなんぢてきなんぢあししたくまでは、 :みぎせよ」

45くダビデかれしゅとなふれば、いかでそのならんや』 46たれひとことだにこたふることあたはず、そのよりへてまたイエスにものなかりき。