マタイ伝福音書-第二十三章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第23章[編集]

1ここにイエスぐんじゅうでしたちとにかたりてたまふ、 2がくしゃとパリサイびととはモーセのむ。 3さればすべてそのところまもりておこなへ、されどそのしわざにはならふな、かれらはふのみにておこなはぬなり。 4またおもくくりてひとかたにのせ、おのれゆびにてこれうごかさんともせず。 5すべてそのしわざひとられんためにするなり。すなはちそのきゃうふだはばひろくし、ころもふさおほきくし、 6ふるまひじゃうせきくわいだうじゃうざ7いちばにてのけいれい、またひとにラビとばるることをこのむ。 8されどなんぢらはラビのとなへくな、なんぢらのひとりにして、なんぢはみなきゃうだいなり。 9にあるものちちぶな、なんぢらのちちひとり、すなはちてんいまものなり。 10まただうしとなへくな、なんぢらのだうしはひとり、すなはちキリストなり。 11なんぢのうちおほいなるものは、なんぢらのえきしゃとならん。 12おほよそおのれをたかうするものひくうせられ、おのれひくうするものたかうせらるるなり。

13わざはひなるかな、ぎぜんなるがくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはひとまへてんこくとざしてみづからず、らんとするひとるをもゆるさぬなり。 14[なし] 15わざはひなるかな、ぎぜんなるがくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはひとりかいしゅうしゃんためにうみをかめぐり、すでれば、これおのればいしたるゲヘナのとなすなり。

16わざはひなるかな、めしひなるてびきよ、なんぢらはふ「ひともしみやしてちかはばことなし、みやこがねしてちかはばはたさざるべからず」と。 17おろかにしてめしひなるものよ、こがねこがねせいならしむるみやとはいづれたふとき。 18なんぢらまたいふ「ひともしさいだんしてちかはばことなし、うへそなへものしてちかはばはたさざるべからず」と。 19めしひなるものよ、そなへものそなへものせいならしむるさいだんとはいづれたふとき。 20さればさいだんしてちかものは、さいだんとそのうへすべてのものとをしてちかふなり。 21みやしてちかものは、みやとそのうちみたまふものとをしてちかふなり。 22またてんしてちかものは、かみみくらとそのうへしたまふものとをしてちかふなり。

23わざはひなるかな、ぎぜんなるがくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらははくかいのんど・クミンのじふぶんいちをさめて、おきてうちにてもっとおもこうへいあはれみちうしんとをなほざりにす。されどこれおこなふべきものなり、しかして、かれもまたなほざりにすべきものならず。 24めしひなるてびきよ、なんぢらはぶよいだしてらくだむなり。

25わざはひなるかな、ぎぜんなるがくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはさかづきさらとのそときよくす、されどうちどんよくはうじゅうとにてつるなり。 26めしひなるパリサイびとよ、なんぢまづさかづきうちきよめよ、さらばそときよくなるべし。

27わざはひなるかな、ぎぜんなるがくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはしろりたるはかたり、そとうるわしくゆれども、うちしにんほねとさまざまのけがれとにてつ。 28かくのごとくなんぢらもそとひとただしくゆれども、うちぎぜんふはふとにてつるなり。

29わざはひなるかな、ぎぜんなるがくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはよげんしゃはかをたて、ぎじんかざりてふ、 30われらもしせんぞときにありしならば、よげんしゃながすことにくみせざりしものを」と。

31かくなんぢらはよげんしゃころししものたるをみづかあかしす。 32なんぢらおのせんぞますめみたせ。 33へびよ、まむしすゑよ、なんぢらいかでゲヘナのけいばつんや。 34このゆゑよ、われなんぢらによげんしゃちしゃがくしゃらをつかはさんに、うちあるものころし、じふじかにつけ、あるものなんぢらのくわいだうにてむちうち、まちよりまちくるしめん。 35これによりてぎじんアベルのより、せいじょさいだんとのあひだにてなんぢらがころししバラキヤのザカリヤのいたるまで、ちじゃうにてながしたるただしきは、みななんぢらにむくきたらん。 36まことになんぢらにぐ、これらのことはみないまむくきたるべし。

37ああエルサレム、エルサレム、よげんしゃたちをころし、つかはされたる ひとびといしにてものよ、めんどりのそのひなつばさしたあつむるごとく、われなんぢのどもをあつめんとせしこといくたびぞや、されどなんぢらはこのまざりき。 38よ、なんぢらのいへてられてなんぢらにのこらん。 39われなんぢらにぐ「むべきかな、しゅによりてきたもの」と、なんぢのいふときいたるまでは、いまよりわれざるべし』