マタイ伝福音書-第二十三章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第23章[編集]

1ここにイエス群衆ぐんじゅう弟子でしたちとにかたりてたまふ、 2學者がくしゃとパリサイびととはモーセのむ。 3さればすべてそのところまもりておこなへ、されどその所作しわざにはならふな、かれらはふのみにておこなはぬなり。 4またおもくくりてひとかたにのせ、おのれゆびにてこれうごかさんともせず。 5すべてその所作しわざひとられんためにするなり。すなはちその經札きゃうふだはばひろくし、ころもふさおほきくし、 6饗宴ふるまひ上席じゃうせき會堂くわいだう上座じゃうざ7市場いちばにての敬禮けいれい、またひとにラビとばるることをこのむ。 8されどなんぢらはラビのとなへくな、なんぢらの一人ひとりにして、なんぢはみな兄弟きゃうだいなり。 9にあるものちちぶな、なんぢらのちち一人ひとり、すなはちてんいまものなり。 10また導師だうしとなへくな、なんぢらの導師だうしはひとり、すなはちキリストなり。 11なんぢのうちおほいなるものは、なんぢらの役者えきしゃとならん。 12おほよそおのれをたかうするものひくうせられ、おのれひくうするものたかうせらるるなり。

13禍害わざはひなるかな、僞善ぎぜんなる學者がくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはひとまへ天國てんこくとざしてみづからず、らんとするひとるをもゆるさぬなり。 14[なし] 15禍害わざはひなるかな、僞善ぎぜんなる學者がくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらは一人ひとり改宗者かいしゅうしゃんためにうみをかめぐり、すでれば、これおのればいしたるゲヘナのとなすなり。

16禍害わざはひなるかな、盲目めしひなる手引てびきよ、なんぢらはふ「ひともしみやしてちかはばことなし、みや黄金こがねしてちかはばはたさざるべからず」と。 17おろかにして盲目めしひなるものよ、黄金こがね黄金こがねせいならしむるみやとはいづれたふとき。 18なんぢらまたいふ「ひともし祭壇さいだんしてちかはばことなし、うへ供物そなへものしてちかはばはたさざるべからず」と。 19盲目めしひなるものよ、供物そなへもの供物そなへものせいならしむる祭壇さいだんとはいづれたふとき。 20されば祭壇さいだんしてちかものは、祭壇さいだんとそのうへすべてのものとをしてちかふなり。 21みやしてちかものは、みやとそのうちみたまふものとをしてちかふなり。 22またてんしてちかものは、かみ御座みくらとそのうへしたまふものとをしてちかふなり。

23禍害わざはひなるかな、僞善ぎぜんなる學者がくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらは薄荷はくか蒔蘿いのんど・クミンの十分じふぶんいちをさめて、律法おきてうちにてもっとおも公平こうへい憐憫あはれみ忠信ちうしんとを等閑なほざりにす。されどこれおこなふべきものなり、しかして、かれもまた等閑なほざりにすべきものならず。 24盲目めしひなる手引てびきよ、なんぢらはぶよいだして駱駝らくだむなり。

25禍害わざはひなるかな、僞善ぎぜんなる學者がくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらは酒杯さかづきさらとのそときよくす、されどうち貪慾どんよく放縱はうじゅうとにて滿つるなり。 26盲目めしひなるパリサイびとよ、なんぢまづ酒杯さかづきうちきよめよ、さらばそときよくなるべし。

27禍害わざはひなるかな、僞善ぎぜんなる學者がくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらはしろりたるはかたり、そとうるわしくゆれども、うち死人しにんほねとさまざまのけがれとにて滿つ。 28かくのごとくなんぢらもそとひとただしくゆれども、うち僞善ぎぜん不法ふはふとにて滿つるなり。

29禍害わざはひなるかな、僞善ぎぜんなる學者がくしゃ、パリサイびとよ、なんぢらは預言者よげんしゃはかをたて、義人ぎじんかざりてふ、 30われらもし先祖せんぞときにありしならば、預言者よげんしゃながすことにくみせざりしものを」と。

31かくなんぢらは預言者よげんしゃころししものたるをみづかあかしす。 32なんぢらおの先祖せんぞ桝目ますめみたせ。 33へびよ、まむしすゑよ、なんぢらいかでゲヘナの刑罰けいばつんや。 34このゆゑよ、われなんぢらに預言者よげんしゃ智者ちしゃ學者がくしゃらをつかはさんに、うちあるものころし、十字架じふじかにつけ、あるものなんぢらの會堂くわいだうにてむちうち、まちよりまちくるしめん。 35これによりて義人ぎじんアベルのより、聖所せいじょ祭壇さいだんとのあひだにてなんぢらがころししバラキヤのザカリヤのいたるまで、地上ちじゃうにてながしたるただしきは、みななんぢらにむくきたらん。 36まことになんぢらにぐ、これらのことはみないまむくきたるべし。

37ああエルサレム、エルサレム、預言者よげんしゃたちをころし、つかはされたる人々 ひとびといしにてものよ、牝鷄めんどりのそのひなつばさしたあつむるごとく、われなんぢのどもをあつめんとせしこと幾度いくたびぞや、されどなんぢらはこのまざりき。 38よ、なんぢらのいへてられてなんぢらにのこらん。 39われなんぢらにぐ「むべきかな、しゅによりてきたもの」と、なんぢのいふときいたるまでは、いまよりわれざるべし』