マタイ伝福音書-第二十七章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第27章[編集]

1よあけになりて、すべてのさいしちゃうたみちゃうらうら、イエスをころさんとあひはかり、 2つひこれしばり、きゆきてそうとくピラトにわたせり。 3ここにイエスをりしユダ、そのさだめられたまひしをい、さいしちゃうちゃうらうらに、かのさんじふぎんをかへしてふ、 4『われつみなきのりてつみをかしたり』かれらいふ『われらなにあづからん、なんぢみづからあたるべし』 5かれそのぎんせいじょげすててり、ゆきてみづかくびれたり。 6さいしちゃうらそのぎんをとりてふ『これはあたひなれば、みやくらをさむるはからず』 7かくてあひはかり、そのぎんをもてすゑつくりはたひ、たびびとらのぼちとせり。 8これによりてはたは、いまいたるまではたとなへらる。 9ここによげんしゃエレミヤによりてはれたることばじゃうじゅしたり。いはく『かくてかれねづもられしもの、すなはちイスラエルのらがねづもりしものあたひぎんさんじふをとりて、 10すゑつくりはたかわりこれあたへたり。しゅわれめいたまひしごとし』

11さてイエス、そうとくまへたまひしに、そうとくひてふ『なんぢはユダヤびとわうなるか』イエスたまふ『なんぢのふがごとし』 12さいしちゃうちゃうらううったふれども、なにをもこたたまはず。 13ここにピラトかれふ『かぬか、かれらがなんぢたいしていかにおほくのしょうこつるを』 14されどそうとくいたあやしむまで、ひとことをもこたたまはず。 15まつりときには、そうとくぐんじゅうのぞみにまかせて、めしうどひとりこれゆるれいあり。 16ここにバラバといふかくれなきめしうどあり。 17さればひとびとあつまれるとき、ピラトふ『なんぢらたれゆるさんことをねがふか。バラバなるか、キリストととなふるイエスなるか』 18これピラトかれらのイエスをわたししはねたみるとゆゑなり。 19かれなほさばきにをるとき、そのつまひと つかはしてはしむ『かのぎじんかかはることをな、われけふゆめなかにてかれゆゑにさまざまくるしめり』 20さいしちゃうちゃうらうら、ぐんじゅうにバラバのゆるされんことはしめ、イエスをほろぼさんことをすすむ。 21そうとくこたへてかれらにふ『ふたりうちいづれをゆるさんことねがふか』かれらいふ『バラバなり』 22ピラトふ『さらばキリストととなふるイエスをわれいかにすべきか』みないふ『じふじかにつくべし』 23ピラトふ『かれなにあくじをなしたるか』かれはげしくさけびていふ『じふじかにつくべし』 24ピラトはなにかひなくかへつてらんにならんとするをて、 みづをとりぐんじゅうのまへにあらひてふ『このひとにつきてわれつみなし、なんぢみづからあたれ』 25たみみなこたへてふ『は、われらとわれらのしそんとにすべし』 26ここにピラト、バラバをかれらにゆるし、イエスをむちうちて、じふじかにつくるためわたせり。

27ここにそうとくへいそつども、イエスをくわんていにつれゆき、ぜんたいみもとあつめ、 28そのころもをはぎて、ひいろうはぎをきせ、 29いばらかんむりみて、そのかうべかむらせ、あしみぎにもたせ、かつそのまへひざまづき、てうろうしてふ『ユダヤびとわうやすかれ』 30またこれつばきし、かのあしをとりてかうべたたく。 31かくてうろうしてのち、うはぎぎて、もところもをきせ、じふじかにつけんとてきゆく。 32そのづるとき、シモンといふクレネびとにあひしかば、ひてこれにイエスのじふじかをおはしむ。 33かくてゴルゴタといふところすなはされかうべにいたり、 34にがみぜたるぶだうしゅませんとしたるに、めて、まんとしたまはず。 35かれらイエスをじふじかにつけてのち、くじをひきてころもをわかち、 36かつそこにして、イエスをまもる。 37そのかうべうへに『これはユダヤびとわうイエスなり』としるしたるすてふだきたり。 38ここにイエスとともにふたりがうたうじふじかにつけられ、ひとりはそのみぎに、ひとりはそのひだりにおかる。 39ゆききものどもイエスをそしり、かうべりていふ、 40みやこぼちてみっかのうちにつるものよ、もしかみならばおのれすくへ、じふじかよりりよ』 41さいしちゃうらもまたおなじく、がくしゃちゃうらうらとともにてうろうしてふ、 42ひとすくひておのれすくふことあたはず。かれはイスラエルのわうなり、いまじふじかよりりよかし、さらばわれかれしんぜん。 43かれかみたのめり、かみかれをいつくしまばいますくひたまふべし「われかみなり」とへり』 44ともにじふじかにつけられたるがうたうどもも、おなことをもてイエスをののしれり。

45ひるじふによりうへあまねくくらくなりて、さんじおよぶ。 46さんじごろイエスおほごゑさけびて『エリ、エリ、レマ、サバクタニ』とたまふ。わがかみ、わがかみ、なんぞわれたまひしとのこころなり。 47そこにもののうちあるひとびとこれをきて『かれはエリヤをぶなり』とふ。 48ただちにそのうちひとりはしりゆきてうみわたをとり、ぶだうしゅふくませ、あしにつけてイエスにましむ。 49そのほかものどもふ『まて、エリヤきたりてかれすくふやいなや、われこれん』 50イエスふたたおほごゑよばはりていきえたまふ。 51よ、せいじょまくうへよりしたまでけてふたつとなり、またちふるひ、いはさけ、 52はかひらけて、ねむりたるせいとしかばねおほくきかへり、 53イエスのよみがへりののちはかをいで、せいなるみやこりて、おほくのひとあらはれたり。 54ひゃくそつちゃうおよびこれともにイエスをまもりゐたるものども、ぢしんとそのりしこととをいたおそれ『かれかみなりき』とへり。 55そのところにてはるかのぞみゐたるおほくのをんなあり、イエスにつかへてガリラヤよりしたがきたりしものどもなり。 56そのなかには、マグダラのマリヤ、ヤコブとヨセフとのははマリヤ、およびゼベダイのらのははなどもゐたり。 57れて、ヨセフとふアリマタヤのめるひときたる。かれもイエスのでしなるが、 58ピラトにきてイエスのしかばねふ。ここにピラトこれわたすことをめいず。 59ヨセフしかばねをとりてきよあまぬのにつつみ、 60いはにほりたるおのあたらしきはかをさめ、はかいりくちおほいなるいしまろばしおきてりぬ。 61そこにはマグダラのマリヤとほかのマリヤとはかむかひてしゐたり。 62あくるすなはそなへよくじつさいしちゃうらとパリサイびとらとピラトのもとあつまりてふ、 63しゅよ、かのまどはすものりしとき「われみっかのちよみがへらん」とひしを、われおもひいだせり。 64さればめいじてみっかいたるまではかかためしめたまへ、おそらくはそのでしきたりてこれぬすみ、「かれしにんうちより よみがへれり」とたみはん。しからばのちまどひまへのよりもはなはだしからん』 65ピラトふ『なんぢらにばんぺいあり、きてちからかぎかためよ』 66すなはかれらゆきていしふういんし、ばんぺいきてはかかためたり。