マタイ伝福音書-第二十一章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第21章[編集]

1かれらエルサレムにちかづき、オリブやまほとりなるベテパゲにいたりしとき、イエス二人ふたり弟子でしつかはさんとしてたまふ、 2むかひむらにゆけ、やがてつなぎたる驢馬ろばのそのとともにるをん、きてわれききたれ。 3たれかもしなんぢらになにとかはば「しゅようなり」とへ、さらばただちにこれつかはさん』 4ことおこりしは、預言者よげんしゃによりてはれたることば成就じゃうじゅせんためなり。いはく、

5『シオンのむすめげよ、
よ、
なんぢわう、なんぢにきたたまふ。
柔和にうわにして驢馬ろばり、
くびき驢馬ろばりて」』

6弟子でしたちきて、イエスのめいたまへるごとくして、 7驢馬ろばとそのとをききたり、おのころもをそのうへにおきたれば、イエスこれりたまふ。 8群衆ぐんじゅうおほくはそのころもみちにしき、あるものえだりてみちく。 9かつまへにゆきあとにしたがふ群衆ぐんじゅうよばはりてふ『ダビデのにホサナ、むべきかな、しゅ御名みなによりてきたもの。いとたかところにてホサナ』 10つひにエルサレムにたまへば、みやここぞりてさわぎちてふ『これはたれなるぞ』 11群衆ぐんじゅういふ『これガリラヤのナザレよりでたる預言者よげんしゃイエスなり』

12イエスみやり、そのうちなるすべての賣買うりかひするものひいだし、兩替りゃうがへするものだい鴿はともの腰掛こしかけ たふしてたまふ、 13『「わがいへいのりいへとなへらるべし」としるされたるに、なんぢらはこれ強盜がうたうとなす』 14みやにて盲人めしひ跛者あしなへども御許みもときたりたれば、これいやしたまへり。 15祭司長さいしちゃう學者がくしゃらイエスのたまへる不思議ふしぎなるわざと、みやにてよばはり『ダビデのにホサナ』とひをるどもとをいきどほりて、 16イエスにふ『なんぢかれらのふところをくか』イエスたまふ『しかり「嬰兒みどりご乳兒ちのみごくち讃美さんびそなたまへり」とあるをいままぬか』 17つひかれらをはなれ、みやこでてベタニヤにゆき、そこに宿やどたまふ。

18あさはやみやこにかへるとき、イエスゑたまふ。 19みちかたへなるひともとの無花果いちぢくて、そのしたいたたまひしに、のほかになにをも見出みいださず、これむかひて『いまよりのちいつまでもむすばざれ』とたまへば、無花果いちぢくたちどころにれたり。 20弟子でしたちこれあやしみてふ『無花果いちぢく立刻たちどころれたるはなにぞや』 21イエスこたへてたまふ『まことになんぢらにぐ、もしなんぢ信仰しんかうありてうたがはずば、ただ無花果いちぢくにありしごときことをるのみならず、やまに「うつりてうみれ」とふともまたるべし。 22かついのりのときなににてもしんじてもとめば、ことごとくべし』

23みやいたりてをしたまふとき、祭司長さいしちゃうたみ長老ちゃうらう御許みもときたりてふ『なに權威けんゐをもてこれことをなすか、たれがこの權威けんゐさづけしか』 24イエスこたへてひたまふ『われ一言ひとことなんぢらにはん、もしそれげなば、われもまたなに權威けんゐをもてこれのことをすかをげん。 25ヨハネのバプテスマは何處いづこよりぞ、てんよりか、ひとよりか』かれらたがひろんじてふ『もしてんよりとはば「なにゆゑかれをしんぜざりし」とはん。 26もしひとよりとはんか、ひとみなヨハネを預言者よげんしゃみとむれば、われらは群衆ぐんじゅうおそる』 27つひこたへて『らず』とへり。イエスもまたひたまふ『われなに權威けんゐをもてこれのことをすかなんぢらにげじ。 28なんぢら如何いかおもふか、あるひとふたりのありしが、そのあににゆきてふ「よ、今日けふ葡萄園ぶだうぞのきてはたらけ」 29こたへて「しゅよ、われゆかん」とひてつひかず。 30またおとうとにゆきておなじやうにひしに、こたへて「かじ」とひたれど、のちくいてきたり。 31この二人ふたりのうちいづれちちこころしし』かれらいふ『のちものなり』イエスたまふ『まことになんぢらにぐ、取税人しゅぜいにん遊女あそびめとはなんぢらにさきだちてかみくにるなり。

32それヨハネみちをもてきたりしに、なんぢらはかれしんぜず、取税人しゅぜいにん遊女あそびめとはしんじたり。しかるになんぢらはこれ のちも、なほ悔改くいあらためずしてしんぜざりき。 33またひとつのたとへけ、ある家主いへあるじ葡萄園ぶだうぞのをつくりてまがきをめぐらし、なか酒槽さかぶねり、やぐらて、農夫のうふどもにしてとほ旅立たびだちせり。 34果期みのりどきちかづきたれば、その受取うけとらんとてしもべらを農夫のうふどものもとつかはししに、 35農夫のうふどもそのしもべらをとらへて、一人ひとりちたたき、一人ひとりをころし、一人ひとりいしにててり。 36またほかのしもべらをまへよりもおほつかはししに、これをもおなじやうにへり。 37「わがうやまふならん」とひて、つひにそのつかはししに、 38農夫のうふどもたがひふ「これは世嗣よつぎなり、いざころして、その嗣業しげふらん」 39かくてこれをとらへ、葡萄園ぶだうぞのそといだしてころせり。 40さらば葡萄園ぶだうぞの主人あるじきたるとき、この農夫のうふどもになにさんか』 41かれらふ『その惡人あくにんどもをくまでほろぼし、果期みのりどきにおよびてをさむるほか農夫のうふどもに葡萄園ぶだうぞのあたふべし』

42イエスひたまふ『聖書せいしょに、

造家者いへつくりらのてたるいしは、
これぞすみ首石おやいしとなれる、
これしゅによりてれるにて、
われらのにはくすしきなり」

とあるをなんぢいままぬか。 43このゆゑなんぢらにぐ、なんぢらはかみくにをとられ、むす國人くにびとは、これあたへらるべし。 44このいしうへたふるるものはくだけ、またこのいしひとのうへにたふるれば、ひと微塵みじんとせん』 45祭司長さいしちゃう・パリサイびとら、イエスのたとへをきき、おのれらをしてかたたまへるをさとり、 46イエスをとらへんとおもへど群衆ぐんじゅうおそれたり、群衆ぐんじゅうかれを預言者よげんしゃとするにる。