マタイ伝福音書-第二十一章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第21章[編集]

1かれらエルサレムにちかづき、オリブやまほとりなるベテパゲにいたりしとき、イエスふたりでしつかはさんとしてたまふ、 2むかひむらにゆけ、やがてつなぎたるろばのそのとともにるをん、きてわれききたれ。 3たれかもしなんぢらになにとかはば「しゅようなり」とへ、さらばただちにこれつかはさん』 4ことおこりしは、よげんしゃによりてはれたることばじゃうじゅせんためなり。いはく、

5『シオンのむすめげよ、
よ、
なんぢわう、なんぢにきたたまふ。
にうわにしてろばり、
くびきろばりて」』

6でしたちきて、イエスのめいたまへるごとくして、 7ろばとそのとをききたり、おのころもをそのうへにおきたれば、イエスこれりたまふ。 8ぐんじゅうおほくはそのころもみちにしき、あるものえだりてみちく。 9かつまへにゆきあとにしたがふぐんじゅうよばはりてふ『ダビデのにホサナ、むべきかな、しゅみなによりてきたもの。いとたかところにてホサナ』 10つひにエルサレムにたまへば、みやここぞりてさわぎちてふ『これはたれなるぞ』 11ぐんじゅういふ『これガリラヤのナザレよりでたるよげんしゃイエスなり』

12イエスみやり、そのうちなるすべてのうりかひするものひいだし、りゃうがへするものだいはとものこしかけ たふしてたまふ、 13『「わがいへいのりいへとなへらるべし」としるされたるに、なんぢらはこれがうたうとなす』 14みやにてめしひあしなへどもみもときたりたれば、これいやしたまへり。 15さいしちゃうがくしゃらイエスのたまへるふしぎなるわざと、みやにてよばはり『ダビデのにホサナ』とひをるどもとをいきどほりて、 16イエスにふ『なんぢかれらのふところをくか』イエスたまふ『しかり「みどりごちのみごくちさんびそなたまへり」とあるをいままぬか』 17つひかれらをはなれ、みやこでてベタニヤにゆき、そこにやどたまふ。

18あさはやみやこにかへるとき、イエスゑたまふ。 19みちかたへなるひともとのいちぢくて、そのしたいたたまひしに、のほかになにをもみいださず、これむかひて『いまよりのちいつまでもむすばざれ』とたまへば、いちぢくたちどころにれたり。 20でしたちこれあやしみてふ『いちぢくたちどころれたるはなにぞや』 21イエスこたへてたまふ『まことになんぢらにぐ、もしなんぢしんかうありてうたがはずば、ただいちぢくにありしごときことをるのみならず、やまに「うつりてうみれ」とふともまたるべし。 22かついのりのときなににてもしんじてもとめば、ことごとくべし』

23みやいたりてをしたまふとき、さいしちゃうたみちゃうらうみもときたりてふ『なにけんゐをもてこれことをなすか、たれがこのけんゐさづけしか』 24イエスこたへてひたまふ『われひとことなんぢらにはん、もしそれげなば、われもまたなにけんゐをもてこれのことをすかをげん。 25ヨハネのバプテスマはいづこよりぞ、てんよりか、ひとよりか』かれらたがひろんじてふ『もしてんよりとはば「なにゆゑかれをしんぜざりし」とはん。 26もしひとよりとはんか、ひとみなヨハネをよげんしゃみとむれば、われらはぐんじゅうおそる』 27つひこたへて『らず』とへり。イエスもまたひたまふ『われなにけんゐをもてこれのことをすかなんぢらにげじ。 28なんぢらいかおもふか、あるひとふたりのありしが、そのあににゆきてふ「よ、けふぶだうぞのきてはたらけ」 29こたへて「しゅよ、われゆかん」とひてつひかず。 30またおとうとにゆきておなじやうにひしに、こたへて「かじ」とひたれど、のちくいてきたり。 31このふたりのうちいづれちちこころしし』かれらいふ『のちものなり』イエスたまふ『まことになんぢらにぐ、しゅぜいにんあそびめとはなんぢらにさきだちてかみくにるなり。

32それヨハネみちをもてきたりしに、なんぢらはかれしんぜず、しゅぜいにんあそびめとはしんじたり。しかるになんぢらはこれ のちも、なほくいあらためずしてしんぜざりき。 33またひとつのたとへけ、あるいへあるじぶだうぞのをつくりてまがきをめぐらし、なかさかぶねり、やぐらて、のうふどもにしてとほたびだちせり。 34みのりどきちかづきたれば、そのうけとらんとてしもべらをのうふどものもとつかはししに、 35のうふどもそのしもべらをとらへて、ひとりちたたき、ひとりをころし、ひとりいしにててり。 36またほかのしもべらをまへよりもおほつかはししに、これをもおなじやうにへり。 37「わがうやまふならん」とひて、つひにそのつかはししに、 38のうふどもたがひふ「これはよつぎなり、いざころして、そのしげふらん」 39かくてこれをとらへ、ぶだうぞのそといだしてころせり。 40さらばぶだうぞのあるじきたるとき、こののうふどもになにさんか』 41かれらふ『そのあくにんどもをくまでほろぼし、みのりどきにおよびてをさむるほかのうふどもにぶだうぞのあたふべし』

42イエスひたまふ『せいしょに、

いへつくりらのてたるいしは、
これぞすみおやいしとなれる、
これしゅによりてれるにて、
われらのにはくすしきなり」

とあるをなんぢいままぬか。 43このゆゑなんぢらにぐ、なんぢらはかみくにをとられ、むすくにびとは、これあたへらるべし。 44このいしうへたふるるものはくだけ、またこのいしひとのうへにたふるれば、ひとみじんとせん』 45さいしちゃう・パリサイびとら、イエスのたとへをきき、おのれらをしてかたたまへるをさとり、 46イエスをとらへんとおもへどぐんじゅうおそれたり、ぐんじゅうかれをよげんしゃとするにる。