マタイ伝福音書-第九章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第9章[編集]

1イエスふねにのり、わたりておのまちにきたりたまふ。 2よ、中風ちゅうぶにてとこしをるものを、人々ひとびとみもとにきたれり。イエスかれらの信仰しんかうて、中風ちゅうぶものひたまふ『よ、こころやすかれ、なんぢつみゆるされたり』 3よ、ある學者がくしゃこころうちにいふ『このひとかみけがすなり』 4イエスそのおもひりてたまふ『なにゆゑこころしきことをおもふか。 5なんぢつみゆるされたりとふと、きてあゆめとふと、いづれやすき。 6ひとにてつみゆる權威けんゐあることをなんぢらにらせんために』――ここに中風ちゅうぶものたまふ――『きよ、とこをとりてなんぢいへにかへれ』 7かれおきてそのいへにかへる。 8群衆ぐんじゅうこれをておそれ、かかる能力ちからひとにあたへたまへるかみあがめたり。 9イエス此處ここよりすすみて、マタイといふひと收税所しうぜいしょしをるをて『われしたがへ』とたまへば、ちてしたがへり。

10いへにて食事しょくじせきにつき居給ゐたまふとき、よ、おほくの取税人しゅぜいにん罪人つみびときたりて、イエスおよ弟子でしたちとともつらなる。

11パリサイびとこれを弟子でしたちにふ『なにゆゑなんぢらのは、取税人しゅぜいにん罪人つみびとらとともしょくするか』 12これきて、ひたまふ『すこやかなるもの醫者いしゃえうせず、ただ、めるものこれをえうす。 13なんぢらきてまなべ「われ憐憫あはれみこのみて、犧牲いけにへこのまず」とは如何いかなるこころぞ。われただしきものまねかんとにあらで、罪人つみびとまねかんとてきたれり』 14ここにヨハネの弟子でしたち御許みもとにきたりてふ『われらとパリサイびと斷食だんじきするに、なにゆゑなんぢの弟子でしたちは斷食だんじきせぬか』 15イエスひたまふ『新郎はなむこともだち、新郎はなむこともにをるあひだは、かなしむことをんや。されど新郎はなむこをとらるるきたらん、そのときには斷食だんじきせん。 16たれあたらしきぬのきれふるころもにつぐことはじ、おぎなひたるきれは、そのころもをやぶりて、破綻ほころびさらにはなはだしかるべし。 17またあたらしき葡萄酒ぶだうしゅをふるき革嚢かはぶくろるることはじ。もししかせば、ふくろはりさけさけほどばしりでて、ふくろもまたすたらん。あたらしき葡萄酒ぶだうしゅあたらしき革嚢かはぶくろにいれ、かくてふたつながらたもつなり』 18イエスこれのことをかたりゐたまふとき、よ、一人ひとりつかさきたり、はいしてふ『わがむすめいまにたり。されどきたりて御手みてこれにおきたまはばきん』 19イエスちてかれともなたまふに、弟子でしたちもしたがふ。 20よ、じふ二年にねん血漏ちらうわづらひゐたるをんな、イエスのうしろにきたりて、御衣みころもふさにさはる。

21それは、御衣みころもにだにさはらばすくはれんとこころうちにいへるなり。 22イエスふりかへり、をんなひたまふ『むすめよ、こころやすかれ、なんぢ信仰しんかうなんぢをすくへり』をんなこのときよりすくはれたり。 23かくてイエスつかさいへにいたり、ふえふくものさわ群衆ぐんじゅうとをひたまふ、 24退しりぞけ、少女せうじょにたるにあらず、ねたるなり』人々ひとびとイエスを嘲笑あざわらふ。

25群衆ぐんじゅういだされしのち、いりてそのをとりたまへば、少女せうじょおきたり。 26この聲聞きこえあまねくひろまりぬ。 27イエス此處ここよりすすみたまふとき、ふたりの盲人めしひさけびて『ダビデのよ、われらをあはれみたまへ』とひつつしたがふ。 28イエスいへにいたりたまひしに、盲人めしひども御許みもときたりたれば、これひたまふ『われこのことをなししんずるか』かれいふ『しゅよ、しかり』 29ここにイエスかれらのさはりてひたまふ『なんぢらの信仰しんかうのごとくなんぢらにれ』 30すなはかれらのあきたり。イエスきびしくいましめてひたまふ『つつしみてたれにもらすな』 31されどかれでて、あまねくそのにイエスのことをいひひろめたり。 32盲人めしひどものづるとき、よ、人々ひとびと惡鬼あくきかれたる唖者おふし御許みもとにつれきたる。 33惡鬼あくきおひいだされて唖者おふしものいひたれば、群衆ぐんじゅうあやしみてふ『かかることいまだイスラエルのうちあらはれざりき』 34しかるにパリサイびといふ『かれは惡鬼あくきかしらによりて惡鬼あくきいだすなり』 35イエスあまねくまちむらとをめぐり、その會堂くわいだうにてをしへ、御國みくに福音ふくいんべつたへ、もろもろのやまひ、もろもろの疾患わずらひをいやしたまふ。 36また群衆ぐんじゅうて、そのものなきひつじのごとくなやみ、かつたふるるをいたあはれみ、 37つひ弟子でしたちにひたまふ『收穫かりいれはおほく勞動人はたらきびとはすくなし。 38このゆゑ收穫かりいれしゅに、勞動人はたらきびとをその收穫場かりいればつかはたまはんことをもとめよ』