マタイ伝福音書-第九章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第9章[編集]

1イエスふねにのり、わたりておのまちにきたりたまふ。 2よ、ちゅうぶにてとこしをるものを、ひとびとみもとにきたれり。イエスかれらのしんかうて、ちゅうぶものひたまふ『よ、こころやすかれ、なんぢつみゆるされたり』 3よ、あるがくしゃこころうちにいふ『このひとかみけがすなり』 4イエスそのおもひりてたまふ『なにゆゑこころしきことをおもふか。 5なんぢつみゆるされたりとふと、きてあゆめとふと、いづれやすき。 6ひとにてつみゆるけんゐあることをなんぢらにらせんために』――ここにちゅうぶものたまふ――『きよ、とこをとりてなんぢいへにかへれ』 7かれおきてそのいへにかへる。 8ぐんじゅうこれをておそれ、かかるちからひとにあたへたまへるかみあがめたり。 9イエスここよりすすみて、マタイといふひとしうぜいしょしをるをて『われしたがへ』とたまへば、ちてしたがへり。

10いへにてしょくじせきにつきゐたまふとき、よ、おほくのしゅぜいにんつみびときたりて、イエスおよでしたちとともつらなる。

11パリサイびとこれをでしたちにふ『なにゆゑなんぢらのは、しゅぜいにんつみびとらとともしょくするか』 12これきて、ひたまふ『すこやかなるものいしゃえうせず、ただ、めるものこれをえうす。 13なんぢらきてまなべ「われあはれみこのみて、いけにへこのまず」とはいかなるこころぞ。われただしきものまねかんとにあらで、つみびとまねかんとてきたれり』 14ここにヨハネのでしたちみもとにきたりてふ『われらとパリサイびとだんじきするに、なにゆゑなんぢのでしたちはだんじきせぬか』 15イエスひたまふ『はなむこともだち、はなむこともにをるあひだは、かなしむことをんや。されどはなむこをとらるるきたらん、そのときにはだんじきせん。 16たれあたらしきぬのきれふるころもにつぐことはじ、おぎなひたるきれは、そのころもをやぶりて、ほころびさらにはなはだしかるべし。 17またあたらしきぶだうしゅをふるきかはぶくろるることはじ。もししかせば、ふくろはりさけさけほどばしりでて、ふくろもまたすたらん。あたらしきぶだうしゅあたらしきかはぶくろにいれ、かくてふたつながらたもつなり』 18イエスこれのことをかたりゐたまふとき、よ、ひとりつかさきたり、はいしてふ『わがむすめいまにたり。されどきたりてみてこれにおきたまはばきん』 19イエスちてかれともなたまふに、でしたちもしたがふ。 20よ、じふにねんちらうわづらひゐたるをんな、イエスのうしろにきたりて、みころもふさにさはる。

21それは、みころもにだにさはらばすくはれんとこころうちにいへるなり。 22イエスふりかへり、をんなひたまふ『むすめよ、こころやすかれ、なんぢしんかうなんぢをすくへり』をんなこのときよりすくはれたり。 23かくてイエスつかさいへにいたり、ふえふくものさわぐんじゅうとをひたまふ、 24しりぞけ、せうじょにたるにあらず、ねたるなり』ひとびとイエスをあざわらふ。

25ぐんじゅういだされしのち、いりてそのをとりたまへば、せうじょおきたり。 26このきこえあまねくひろまりぬ。 27イエスここよりすすみたまふとき、ふたりのめしひさけびて『ダビデのよ、われらをあはれみたまへ』とひつつしたがふ。 28イエスいへにいたりたまひしに、めしひどもみもときたりたれば、これひたまふ『われこのことをなししんずるか』かれいふ『しゅよ、しかり』 29ここにイエスかれらのさはりてひたまふ『なんぢらのしんかうのごとくなんぢらにれ』 30すなはかれらのあきたり。イエスきびしくいましめてひたまふ『つつしみてたれにもらすな』 31されどかれでて、あまねくそのにイエスのことをいひひろめたり。 32めしひどものづるとき、よ、ひとびとあくきかれたるおふしみもとにつれきたる。 33あくきおひいだされておふしものいひたれば、ぐんじゅうあやしみてふ『かかることいまだイスラエルのうちあらはれざりき』 34しかるにパリサイびといふ『かれはあくきかしらによりてあくきいだすなり』 35イエスあまねくまちむらとをめぐり、そのくわいだうにてをしへ、みくにふくいんべつたへ、もろもろのやまひ、もろもろのわずらひをいやしたまふ。 36またぐんじゅうて、そのものなきひつじのごとくなやみ、かつたふるるをいたあはれみ、 37つひでしたちにひたまふ『かりいれはおほくはたらきびとはすくなし。 38このゆゑかりいれしゅに、はたらきびとをそのかりいればつかはたまはんことをもとめよ』