コンテンツにスキップ

ポーター提督の魚雷艇と自航式魚雷

提供:Wikisource


魚雷艇と自航式魚雷

アメリカ海軍のポーター提督は現在、ブルックリンで有名な魚雷艇の建造を完成させている。この船は長さ173フィート、底辺の幅28フィート、深さ13フィートで、鉄製である。水密区画、つまり水を入れて自由に空にできるケーソンに分けられ、必要なときには甲板の1フィートだけが見えるようになるまで沈むことができる。この船のもう一つの独創的な特徴は、ブラケット・システムの原理で造られていることである。つまり、2つの船体で構成され、小さい方が大きい方の船体の中に入っており、最初の船体が攻撃を受けてひどく損傷しても、内側の船体は機械、大砲、船のすべての重要装備とともに残る。これらの機関は、最もよく知られた方式で、並外れたパワーを持つと言われている。この原動機は、船を前にも後ろにも同じ速度で動かすことができる。ファウラーホイールが内部に装備される予定である。この新しいプロペラは、造船業者から大きな改良とみなされており、同じ車輪で船を操縦し、舵を取ることを可能にする。ブレードの傾きを変えることで、舵がなくても舵を取ることができると言われている。高度な電気装置により、機械、魚雷室、操縦櫓、その他の部分がリンクされる。さらに、我々の図面では船の前部に示されている魚雷を装備したスパーとは別に、両側に魚雷が端から端まで配置され、敵に見せる面がどちらであっても、電気の助けを借りてその側から魚雷を放出することができる。その拍車は、他の状況では、恐ろしい武器にもなる。その大きな長さは、どう見ても40フィートほど離れているように見える敵を攻撃することができる。

ポーター提督の魚雷艇
自航式魚雷

2枚目の図面[1]にある自航式魚雷はあまり知られておらず、発明者がその設計図をすべて公開していないため、この魚雷を製造することはできない。私たちが知っているのは、実験によって明らかになったこと、つまりその形状、寸法、駆動する原動機である。長さは25フィートで、原動機は電気である。しかし、この機械を発進させ、停止させ、操縦するための手段は、当然ながら繊細で複雑すぎる機構を含んでおり、批判されるのも無理からぬところである。そのため、2人の発明家の間で激しい議論が交わされ、2,000ドル(10,000フラン)の賭けが行われ、その収益は慈善団体に寄付されることになっている。科学に多大な恩恵をもたらすはずのこの戦いの結果を、私たちは報告することになるだろう。

レオン・レナール

脚注[編集]

  1. これらの版画は、Revue maritime et colonialeから送られてきたものである

この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。