コンテンツにスキップ

ポピュラーメカニクス/第13巻/第6号/有名な "ドゥモワゼル "サントス-デュモン単葉機の作り方


これまで時折、飛行機を作る方法について漠然とした説明が一般に行われてきた。しかし、これまで、成功の見込みがあり、作業を開始できるような具体的なものは何も発表されていない。したがって、サントス=デュモンが発明したすばらしい単葉機の設計図を発表できることは、大きな喜びである。しかし、著者が指摘するように、ある程度の機械的技術と常識のない人が、このような詳細な構造と説明書をもってしても、有名な飛行機の複製を作ろうとすることは無意味であろう。- 編集部


数ヶ月前、アルベルト・サントス=デュモンが、航空学のために、彼の最新の飛行機「ドゥモワゼル」の設計図を世界に提供するつもりだと発表してから、この素晴らしい単葉機に大きな関心が集まっている。この飛行機は、あらゆる飛行機械の中で最も軽く、最も小さいものでありながら、徹底した実用性を備えている。昨年9月13日、有名な飛行家がこの単葉機でセント・シールからブークまで時速56マイルの飛行を成功させたのである。

この機体は、最小の費用と最小の実験で結果を得ようとする人々にとって、これまでに作られた他のどの機体よりも優れている。この記事に添付された設計図は、現在フランスで製作されているものと同じものである。

材料の強度、柔軟性、抵抗力、その他の特性について長々と取り上げると、この記事の目的から離れすぎてしまうので、ここでは飛行機の組み立て方についての説明にとどめることにする。もちろん、これから飛行士になろうとする人は、航空学に適用される大気の話題に精通し、ガソリン機関についての一般的な知識を持ち、単葉機の構造に含まれるさまざまな材料の性質や特質を研究しておくとよいだろう。

これらの事柄についてここで長々と述べることは明らかに不可能であるが、航空航法の主題に完全に精通しようとする意欲のある者は、これらの主題に関する適切な書物を参照しないわけにはいかないだろう。もちろん、設計図がなければ飛行船を作ることはできないが、同時にある程度の機械的技術と能力、そして十分な常識を備えていることが必要である。

ポピュラー・メカニクス誌を通じて設計図を紹介するにあたり、これらの資質、特に後者、これなくしては何事も成し遂げることができない資質を持たない読者が、誰も建造を始めないことを信じているのである。

図.1
図.2
図.3

単葉機が優れた飛行機であるというのは、航空専門家の大多数の意見である。複葉機や三葉機も素晴らしい飛行をしたが、単葉機ほどバランスを取りやすい飛行機械はなかった。単葉機の主な欠点は、機体の支柱を立てるのが難しいことである。複葉機では、トラスがこの点で非常に役に立った。しかし、サントス・デュモン型では、フレームから主翼までのガイド線がしっかりと固定されているので、ほとんど問題はないだろう。

最初に断っておくが、この機体の製作で最も費用がかかるのは、エンジンとプロペラである。サントス-デュモンは、記録達成のために30馬力のダラック・エンジンを使用したが、それ以前には17馬力のエンジンで何度かすばらしい飛行をしたことがあった。フランスから輸入する場合、運賃と関税がかかるので、アメリカ製のエンジンでも十分な性能があり、しかもはるかに安価である。

プロペラの構造は極めて重要であり、これを購入することをお勧めする。

まず手始めに、図3の垂直舵から始めるとよいでしょう。竹の太さは最大値である。この図にある竹の厚さは最大値であり、より強く、より重い部分は、継ぎ目ができて負担の大きい中心部に使用される。この図の詳細図Cは、布が21番のピアノ線で骨組みに取り付けられている様子を示しています。このように、単葉機のすべての箇所で行う必要があります。ピアノ線を布の外縁に縫い付けてから、ピアノ線を骨組みに取り付ける部分を空けておき、ピアノ線を伸ばして端まで行き、竹の外縁に作った溝に落とし込みます。こうすると、布がよく伸びて、しっかり固定され、機体の強度が増します。まず針金を取り付けてから布を縫い付ける方法では、同じ目的を達成することはほとんどできません。これは翼にも言えることで、強さと堅さを増すごとに完成度が増していくのです。竹の端に溝を作り、そこに針金を入れて固定する。このとき、竹の先端のくぼみにコルクを入れ、同時に切り込みを入れるとよい。真鍮線(ゲージ25番)も、溝の端のすぐ下にあるロッドに巻いておくとよい。こうすることで、布を縫い付けたピアノ線が竿を割るのを防ぐことができる。このやり方は粗末に見えるかもしれないが、サントス=デュモンがサン・シールからブークに飛んだときに作った方法である。その後、彼は何機もの "ドゥモワゼル "を所有し、時折小さな破損が起こるので、ロッドの端に小さな金属のキャップをかぶせるようにした。このキャップにワイヤーを通すための溝が作られていた。このように、前者を紹介したのは、アマチュアの飛行船製作者にとっては、圧倒的に簡単な方法だからである。

「ドゥモワゼル」でフライトを開始するM. サントス=デュモン

サントス-デュモンが使った布は、非常に細かく織られた絹であった。絹は綿のように腐りにくく、強度もかなりある。しかし、絹は高価であるという大きな欠点があり、パーケールや丈夫なモスリンを使う方がよいでしょう。

図.4

Bの接合部の作り方は、図面によく示されている。鉄板やアルミ板を使うことは非常に重要で、これがなければ必要な強度を確保することは不可能である。この機械の発明者が採用した巧妙なアイデアは、この接合部を実質的に一体にするものであり、この点ではほとんど問題がなかった。2つの小さなピースの端は、図のように垂直なピースに約1/4インチ挿入される。特にきれいに仕上げたい場合は、この接合部に家具職人のムシロやニスを数回塗ることができます。竹の腐敗を遅らせる効果がある。

後部から見た"ドゥモワゼル "

図4は、機体の高度を調節する水平舵の詳細を示している。「Gouvenail de Profendeur "は、フランス語でこれを意味する。垂直舵と同じような構造である。水平舵の布を切り、両側の垂直舵の布と縫い合わせる必要がある。このとき、布がすべて覆われているので、棒が見えることはない。布が棒を覆っている様子は、図IIIに示されている。

舵をフレームに取り付ける方法を図IVに示します。これは事実上自在接手であり、図Iと単葉機の小さな図に示された制御索によって、操舵装置をどの方向にも回転させることができるようになっている。これらの索は、慎重に選択し、試験する必要がある。普通のピアノの弦や針金を使うのは非常に不用心である。サントス・デュモン氏は、規格材13番のしなやかな金属線の中央に亜麻色の紐をつけたものを使っている。この金属線は、絶え間ない曲げに耐え、切れる心配はない。ジョイントは、非常に重要な役割を果たすので、入手しやすい最高の鋼管を使用する必要があります。自転車用の鋼管がよい。

(ポピュラー・メカニクス7月号に掲載)

脚注[編集]


この著作物は、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1929年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。