ペトロ後書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ペトロ後書

第1章[編集]

1イエズス、キリストのしもべたりかつ使徒しとたるシモン、ペトロ、わがかみにして救主すくひぬしましますイエズス、キリストのによりて、われひとしき信仰しんかうたる人々ひとびとに[書簡しよかんおくる]。 2ねがはくは、かみおよ我主わがしゆイエズス、キリストを熟知じゆくちたてまつことによりて、恩寵おんちよう平安へいあんなんじくははらんことを。 3キリストのかみにてましませる大能たいのうは、その固有こいう光榮くわうえい能力のうりよくとにりてわれたまひしかみらしめて、すべ生命せいめい敬虔けいけんとにえきするところのものをわれたまひしものなれば、 4またその光榮くわうえい能力のうりよくとにりてもつとおほいなるたふと約束やくそくたまひしは、なんじをしてりてもつこのおけ情慾じやうよく腐敗ふはいけて、かみ本性ほんせいあづかものたらしめたまはんためなれば、 5なんじまた十分じふぶん注意ちゆういして、なんじ信仰しんかうとくくはへ、とく學識がくしき6學識がくしき節制せつせい節制せつせい忍耐にんたい忍耐にんたい敬虔けいけん7敬虔けいけん兄弟きやうだいてき相愛さうあい兄弟きやうだいてき相愛さうあいあい[とく]をくはへよ。 8けだしもしこれことなんじにありて増加ぞうかせば、なんじをして我主わがしゆイエズス、キリストをたてまつるにおいて、はたらかざるものむすばざるものたらしめじ。 9これことなきひとめしひにしてとほあたはず、その既往きわうつみきよめられしことわすれたるものなり。 10れば兄弟等きやうだいたちよ、なんじされしことえらまれしことを、善業ぜんげふもついよいよかたうするにつとめよ、これすにおいては何時いつつまづことなかるべし。 11我主わがしゆにして救主すくひぬしましますイエズス、キリストの永遠えいえんくにるのめぐみゆたかくはへらるべければなり。 12ゆゑなんじげんこの眞理しんりり、かつかたこのうへてるにかかはらず、われなほつねなんじをしてこれこと記憶きおくせしめんとす。 13おもふにこの幕屋まくやあひだは、この記憶きおくもつて、なんじはげますを至當したうなりとす。 14われ我主わがしゆイエズス、キリストのしめたまひしところしたがひて、この幕屋まくやおろことちかきにりと確信かくしんするがゆゑに、 15りしのちなんじをして、しばしばこれことおもひいださしむるやうつとむめんとす。 16けだしわれしゆイエズス、キリストの能力のうりよく降臨かうりんとをなんじつげらせしは、たくみなる寓言ぐうげんもとづけるにあらずして、その威光ゐくわう目撃もくげきしやとせられてなり。 17すなはかれかみにてましまちちより尊厳そんげん光榮くわうえいとをたまはり、偉大ゐだいなる光榮くわうえいよりこゑこれためくだりて、「これわがこころやすんぜるわが愛子あいしなる、これけ」、とはれしなり。 18われかれとも聖山せいざんりしときこのこゑてんよりきたりしをしたしくけり。 19またなほかたくせられし預言よげんしやことばわれり、なんじこれもつくらところらすともしびとし、夜明よあけてなんじこころうちづるまでこれかへりみるをしとす。 20まづ斯事このことるべし、すなは聖書せいしよ預言よげんすべ一個人いつこじんかいしやくもつかいせらるるものにあらず、 21預言よげんむかし人意にんいりてもたらされずして、かみ聖人等せいじんたち聖霊せいれい感動かんどうせられてかたりしものなればなり。

第2章[編集]

1たみうちには預言よげんしやすらりしが、かくごとなんじうちにもまた教師けうしありて、ほろび異端いたんもたらし、おのれあがなたまひししゆいなみ、すみやかなるほろびおのれまねかんとす。 2しかしておほくのひと彼等かれら放蕩はうたうならひ、眞理しんりみち彼等かれらためののしらるべし。 3彼等かれら貪欲どんよくなるがゆゑに、空言くうげんもつなんじきてするところあらんとするものにして、その審判しんぱんむかしよりありていままず、しかしてそのほろびねむらざるなり。 4けだしかみつみをかしたる天使等てんしたちゆるたまはずして、これ地獄ぢごく暗黒くらやみつなぎき、ゆだねんとして審判しんぱんたせたまひ、 5またむかしゆるたまはずして、宣教せんけうしやたるノエの一にんまもり、敬虔けいけんならざるもの洪水こうずゐいたらしめたまひ、 6ソドマ、ゴモラの都會とくわいくわしてはひらしめ、敬虔けいけん生活せいくわつすべき人々ひとびとせしめとして、これ全滅ぜんめつしよたまひ、 7また義人ぎじんロトが非道ひだう人々ひとびとより侮辱ぶじよく放蕩はうたうなる振舞ふるまひとをもつなやまさるるを救出すくひいだたまへり。 8この義人ぎじん彼等かれらうちみ、彼等かれら不義ふぎおこなひ見聞みききして、日々ひびそのただしきこころいたたればなり。 9しゆ敬虔けいけんなるもの患難くわんなんよりすくことまた審判しんぱんばつせらるるやう不義ふぎしや保留ほりうすることたまふ。 10いわんにくしたがひてけがらはしき情慾じやうよくうちあゆみ、主権しゆけんかろんじ、大膽だいたん横柄わうへいにして光榮くわうえいあるものをののしるをおそれざる人々ひとびとをや。 11能力のうりよく権威けんゐとにおいて[彼等かれらに]まされる天使等てんしたちすら、光榮くわうえいあるものにたいして侮辱ぶじよくひやうくはへざるに、 12彼等かれらあたかとらへられてはふられんためうまれたる智恵ちゑなきけものひとしくして、おのらざることののしりて不義ふぎむくいけ、ほろびすべし。 13彼等かれらじつ汚染しみなり、汚穢けがれなり、一にち愉快ゆくわいたのしみとし、にく歓樂くわんらくもとめ、その會食くわいしよくおいなんじとも放蕩はうたうきはめ、 14その姦通かんつうち、つみかず、精神せいしん堅固けんごならざるものたぶらかし、そのこころ貪欲どんよく鍛錬たんれんしてのろひたり。 15不義ふぎ報酬はうしうこのみしボゾルのバラアムのみち辿たどり、ただしきみちはなれてまよへり。 16かれそのつみとがめられて、ものいはぬ驢馬ろばひとこゑにてかたり、もつ預言よげんしやおろかいましめたりしが、 17彼等かれらみづなきゐどあらしふきらるるくもにして、これのこるはやみくらさなり。 18けだし傲慢がうまん大言たいげんかたりてまよへるものしばとほざかりたる人々ひとびとを、放蕩はうたうもつ肉慾にくよくさそひ、 19これやくするに自由じいうもつてすれども、みづからは腐敗ふはい奴隷どれいたり、ひとものたるればその奴隷どれいればなり。 20そもそも彼等かれら我主わがしゆにしてかつ救主すくひぬしましますイエズス、キリストをたてまつりしために、一旦いつたん世間せけんけがれとほざかりてのちふたたこれけてまつはらるれば、そののち状態ありさままへまさりてあしれり。 21けだしみちらざるは、むしろこれりてのちつたへられたる聖誡せいかいとほざかるよりは彼等かれらりてまさりしなり22まことことわざに、そのきたるものにかへれるいぬひ、あらひきよめられてどろうちまろべる牝豚めぶたへるは彼等かれらあたれり。

第3章[編集]

1至愛しあいなるものよ、いまこのだい二の書簡しよかんおくるは、このふたつ書簡しよかんもつなんじ正直しやうじくなる理性りせい喚起よびおこし、 2せいなる預言よげんしやたちあらかじかたりしことばおよなんじ使徒しとたちつたへし、救主すくひぬしにてましましゆ命令めいれい記憶きおくせしめんためなり。 3まづこのことるべし、すゑには、おのれよくしたがひてあゆめる嘲弄てうろうしやどもきたりてはん、 4その降臨かうりん約束やくそく何處いづこにかある、先祖せんぞたちねむりし以來いらい開闢かいびやくはじめひとしく、すべわることなきに、と。 5彼等かれらは、ことさらつぎことらざるがごとし。すなはもとてんあり、またかみ御言おんことばによりて、みづよりでてみづもつ成立なりたちたりしに、 6そのときは、またかみ御言おんことばみづとにより、みづおぼれてほろびたりき。 7しかるにいまところてんとは、おな御言おんことばもつ保存ほぞんせられ、かれんために、敬虔けいけんならざるもの審判しんぱんほろびとのまでたもたるるなり。 8至愛しあいなるものよ、なんじこの一事ひとことらざるべからず、すなはしゆおいてはいちにちいつせんねんごとく、いつせんねんいちにちごとし。 9ある人々ひとびとおもへるがごとくに、しゆおん約束やくそくのばたまふにあらず、ただひとほろぶるをこのたまはずしてみな改心かいしんするにいたらんことをこのたまふにより、なんじため忍耐にんたいもつ處置しよちたまふなり。 10れどしゆ盗人ぬすびとごときたるべし、そのときてんおほいなるとどろきもつり、物質ぶつしつやけくづれ、そのうへなる造物ざうぶつとはやけほろびん。 11かくごと萬物ばんぶつくづるべきをさとりて、なんじ如何いかにもせいなる行状ぎやうじようおよ敬虔けいけんわざおいて、 12しゆきたるをち、かつこれはやむべきなり。かのあたりて、てんもえくづれ、物質ぶつしつ火勢くわせいもつかさるべし。 13れどわれその約束やくそくしたがひて、ところあたらしきてんあたらしきとをつなり。 14このゆゑに、至愛しあいなるものよ、みづかこれことちつつ、平和へいわおい汚染しみなく瑕疵きずなくみとめられんことつとめよ。 15また我主わがしゆ忍耐にんたいすくひなりとおもへ。われ至愛しあい兄弟きやうだいパウロが、そのたまはりたる知識ちしきもつなんじ書贈かきおくり、 16またすべての書簡しよかんおいこれこときてかたりしがごとし。かれ書簡しよかんには往々わうわうさとがたところありて、學者がくしやこころかたからざるものとは、聖書せいしよ曲解きよくかいするがごとく、これをも曲解きよくかいしてみづかほろびいたる。 17れば兄弟等きやうだいたちよ、なんじあらかじこれりて注意ちゆういせよ、不法ふはふじんまよひさそはれておの堅固けんごうしなふことなかれ。 18かえつますます恩寵おんちようし、ますます我主わがしゆにしてかつ救主すくひぬしにてましますイエズス、キリストをたてまつることをつとめよ。いま永遠えいえんにも、光榮くわうえいかれす、アメン。