ペトロ後書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ペトロ後書

第1章[編集]

1イエズス、キリストのしもべたりかつしとたるシモン、ペトロ、わがかみにしてすくひぬしましますイエズス、キリストのによりて、われひとしきしんかうたるひとびとに[しよかんおくる]。 2ねがはくは、かみおよわがしゆイエズス、キリストをじゆくちたてまつことによりて、おんちようへいあんなんじくははらんことを。 3キリストのかみにてましませるたいのうは、そのこいうくわうえいのうりよくとにりてわれたまひしかみらしめて、すべせいめいけいけんとにえきするところのものをわれたまひしものなれば、 4またそのくわうえいのうりよくとにりてもつとおほいなるたふとやくそくたまひしは、なんじをしてりてもつこのおけじやうよくふはいけて、かみほんせいあづかものたらしめたまはんためなれば、 5なんじまたじふぶんちゆういして、なんじしんかうとくくはへ、とくがくしき6がくしきせつせいせつせいにんたいにんたいけいけん7けいけんきやうだいてきさうあいきやうだいてきさうあいあい[とく]をくはへよ。 8けだしもしこれことなんじにありてぞうかせば、なんじをしてわがしゆイエズス、キリストをたてまつるにおいて、はたらかざるものむすばざるものたらしめじ。 9これことなきひとめしひにしてとほあたはず、そのきわうつみきよめられしことわすれたるものなり。 10ればきやうだいたちよ、なんじされしことえらまれしことを、ぜんげふもついよいよかたうするにつとめよ、これすにおいてはいつつまづことなかるべし。 11わがしゆにしてすくひぬしましますイエズス、キリストのえいえんくにるのめぐみゆたかくはへらるべければなり。 12ゆゑなんじげんこのしんりり、かつかたこのうへてるにかかはらず、われなほつねなんじをしてこれこときおくせしめんとす。 13おもふにこのまくやあひだは、このきおくもつて、なんじはげますをしたうなりとす。 14われわがしゆイエズス、キリストのしめたまひしところしたがひて、このまくやおろことちかきにりとかくしんするがゆゑに、 15りしのちなんじをして、しばしばこれことおもひいださしむるやうつとむめんとす。 16けだしわれしゆイエズス、キリストののうりよくかうりんとをなんじつげらせしは、たくみなるぐうげんもとづけるにあらずして、そのゐくわうもくげきしやとせられてなり。 17すなはかれかみにてましまちちよりそんげんくわうえいとをたまはり、ゐだいなるくわうえいよりこゑこれためくだりて、「これわがこころやすんぜるわがあいしなる、これけ」、とはれしなり。 18われかれともせいざんりしときこのこゑてんよりきたりしをしたしくけり。 19またなほかたくせられしよげんしやことばわれり、なんじこれもつくらところらすともしびとし、よあけてなんじこころうちづるまでこれかへりみるをしとす。 20まづこのことるべし、すなはせいしよよげんすべいつこじんかいしやくもつかいせらるるものにあらず、 21よげんむかしにんいりてもたらされずして、かみせいじんたちせいれいかんどうせられてかたりしものなればなり。

第2章[編集]

1たみうちにはよげんしやすらりしが、かくごとなんじうちにもまたけうしありて、ほろびいたんもたらし、おのれあがなたまひししゆいなみ、すみやかなるほろびおのれまねかんとす。 2しかしておほくのひとかれらはうたうならひ、しんりみちかれらためののしらるべし。 3かれらどんよくなるがゆゑに、くうげんもつなんじきてするところあらんとするものにして、そのしんぱんむかしよりありていままず、しかしてそのほろびねむらざるなり。 4けだしかみつみをかしたるてんしたちゆるたまはずして、これぢごくくらやみつなぎき、ゆだねんとしてしんぱんたせたまひ、 5またむかしゆるたまはずして、せんけうしやたるノエの一にんまもり、けいけんならざるものこうずゐいたらしめたまひ、 6ソドマ、ゴモラのとくわいくわしてはひらしめ、けいけんせいくわつすべきひとびとせしめとして、これぜんめつしよたまひ、 7またぎじんロトがひだうひとびとよりぶじよくはうたうなるふるまひとをもつなやまさるるをすくひいだたまへり。 8このぎじんかれらうちみ、かれらふぎおこなひみききして、ひびそのただしきこころいたたればなり。 9しゆけいけんなるものくわんなんよりすくことまたしんぱんばつせらるるやうふぎしやほりうすることたまふ。 10いわんにくしたがひてけがらはしきじやうよくうちあゆみ、しゆけんかろんじ、だいたんわうへいにしてくわうえいあるものをののしるをおそれざるひとびとをや。 11のうりよくけんゐとにおいて[かれらに]まされるてんしたちすら、くわうえいあるものにたいしてぶじよくひやうくはへざるに、 12かれらあたかとらへられてはふられんためうまれたるちゑなきけものひとしくして、おのらざることののしりてふぎむくいけ、ほろびすべし。 13かれらじつしみなり、けがれなり、一にちゆくわいたのしみとし、にくくわんらくもとめ、そのくわいしよくおいなんじともはうたうきはめ、 14そのかんつうち、つみかず、せいしんけんごならざるものたぶらかし、そのこころどんよくたんれんしてのろひたり。 15ふぎはうしうこのみしボゾルのバラアムのみちたどり、ただしきみちはなれてまよへり。 16かれそのつみとがめられて、ものいはぬろばひとこゑにてかたり、もつよげんしやおろかいましめたりしが、 17かれらみづなきゐどあらしふきらるるくもにして、これのこるはやみくらさなり。 18けだしがうまんたいげんかたりてまよへるものしばとほざかりたるひとびとを、はうたうもつにくよくさそひ、 19これやくするにじいうもつてすれども、みづからはふはいどれいたり、ひとものたるればそのどれいればなり。 20そもそもかれらわがしゆにしてかつすくひぬしましますイエズス、キリストをたてまつりしために、いつたんせけんけがれとほざかりてのちふたたこれけてまつはらるれば、そののちありさままへまさりてあしれり。 21けだしみちらざるは、むしろこれりてのちつたへられたるせいかいとほざかるよりはかれらりてまさりしなり22まことことわざに、そのきたるものにかへれるいぬひ、あらひきよめられてどろうちまろべるめぶたへるはかれらあたれり。

第3章[編集]

1しあいなるものよ、いまこのだい二のしよかんおくるは、このふたつしよかんもつなんじしやうじくなるりせいよびおこし、 2せいなるよげんしやたちあらかじかたりしことばおよなんじしとたちつたへし、すくひぬしにてましましゆめいれいきおくせしめんためなり。 3まづこのことるべし、すゑには、おのれよくしたがひてあゆめるてうろうしやどもきたりてはん、 4そのかうりんやくそくいづこにかある、せんぞたちねむりしいらいかいびやくはじめひとしく、すべわることなきに、と。 5かれらは、ことさらつぎことらざるがごとし。すなはもとてんあり、またかみおんことばによりて、みづよりでてみづもつなりたちたりしに、 6そのときは、またかみおんことばみづとにより、みづおぼれてほろびたりき。 7しかるにいまところてんとは、おなおんことばもつほぞんせられ、かれんために、けいけんならざるものしんぱんほろびとのまでたもたるるなり。 8しあいなるものよ、なんじこのひとことらざるべからず、すなはしゆおいてはいちにちいつせんねんごとく、いつせんねんいちにちごとし。 9あるひとびとおもへるがごとくに、しゆおんやくそくのばたまふにあらず、ただひとほろぶるをこのたまはずしてみなかいしんするにいたらんことをこのたまふにより、なんじためにんたいもつしよちたまふなり。 10れどしゆぬすびとごときたるべし、そのときてんおほいなるとどろきもつり、ぶつしつやけくづれ、そのうへなるざうぶつとはやけほろびん。 11かくごとばんぶつくづるべきをさとりて、なんじいかにもせいなるぎやうじようおよけいけんわざおいて、 12しゆきたるをち、かつこれはやむべきなり。かのあたりて、てんもえくづれ、ぶつしつくわせいもつかさるべし。 13れどわれそのやくそくしたがひて、ところあたらしきてんあたらしきとをつなり。 14このゆゑに、しあいなるものよ、みづかこれことちつつ、へいわおいしみなくきずなくみとめられんことつとめよ。 15またわがしゆにんたいすくひなりとおもへ。われしあいきやうだいパウロが、そのたまはりたるちしきもつなんじかきおくり、 16またすべてのしよかんおいこれこときてかたりしがごとし。かれしよかんにはわうわうさとがたところありて、がくしやこころかたからざるものとは、せいしよきよくかいするがごとく、これをもきよくかいしてみづかほろびいたる。 17ればきやうだいたちよ、なんじあらかじこれりてちゆういせよ、ふはふじんまよひさそはれておのけんごうしなふことなかれ。 18かえつますますおんちようし、ますますわがしゆにしてかつすくひぬしにてましますイエズス、キリストをたてまつることをつとめよ。いまえいえんにも、くわうえいかれす、アメン。