ペトロ前書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ペトロ前書

第1章[編集]

1イエズス、キリストのしとたるペトロ、ポント、ガラチア、カパドシア[せう]アジアおよびビチニアにりさんしてきりうせるひとびと2ちちにてましまかみよちしたがひて、[せい]れいによりてせいとせられ、かつふくじゆうし、イエズス、キリストのおんちそそがれんためえらまれたるひとびとに[しよかんおくる]。ねがはくはおんちようへいあんなんぢくははらんことを。 3しゆくすべきかなわがしゆイエズス、キリストのちちにてましまかみけだしそのおほいなるあはれみしたがひて、イエズスのししやうちよりのふくくわつもつて、われあらたうまれしめて、けるきぼういだかしめ、 4てんおいなんぢそなはりたる、くつせずけがれざるしかしぼまざるよつぎさせんとしたまふ。 5なんぢかみのうりよくにより、をはりあらはるべくそなはりたるたすかりために、しんかうもつまもらるるものなり。 6これによりて、たとひしばらくはしゆじゆこころみなやまさるべきも、なんぢよろこびへざるべし。 7けだしなんぢしんかうこころみらるるは、きんもつためさるるよりもはるかたふとことにして、イエズス、キリストのこうげんときほまれさかえたふとみとをべきものとしてみとめられんためなり。 8なんぢはイエズス、キリストをざりしも、これあいたてまつり、いまなほずしてこれしんたてまつり、しんたてまつりてしかくわうえいびたるがたよろこびへざるならん。 9なんぢしんかうもくてきたるたましひたすかりべければなり。 10このたすかりきては、なんぢおけしやうらいおんちようことよげんせしよげんしやたちせんさくしてこれたんきうせり。 11すなはちキリストのれいかれらましまして、キリストにおけくなんそののちくわうえいとをあらかじめたまひしかば、いつころいかなるときしめたまへるぞとたんきうしたりしに、 12そのつたふるところは、かれらみづからのためあらずしてなんぢためなりとのもくしたり。そのつたふるところとは、てんよりつかはされたまひしせいれいによりてなんぢふくいんべしひとびとより、なんぢいますでげられたるところにして、てんしたちまたこれかんがみることほつせるなり。 13このゆゑなんぢこころおびしてせつせいし、イエズス、キリストのこうげんときなんぢたまはるおんちようくるところなくきぼうし、 14じゆうじゆんなるこどもごとく、さいしよふちのぞみしたがことなく、 15なんぢたまひしせいなるものにかたどりて、すべてのぎやうじようおいなんぢまたせいれ。 16かきしるして、「われせいなるによりなんぢせいるべし」とあればなり。 17ひとえこあることなく、おのおのわざによりてしんぱんたまものちちたてまつるならば、おそれもつなんぢめるときすごせ。 18これなんぢせんぞでんらいむなしきぎやうじようよりあがなはれしは、きんぎんごとやぶるべきものによらずして、 19むけつむくこひつじごときキリストのたふとおんちによれることればなり。 20かれせかいかいびやくいぜんよりよちせられたまひたりしかど、かれによりてかみしんかうせるなんぢために、すゑあらはたまひたるものにして、 21かみこれししやうちよりふくくわつせしめこれくわうえいたまひしは、なんぢしんかうきぼうとをかみによらしめたまはんとてなり。 22なんぢいつはりなききやうだいてきさうあいしやうぜしめんがために、しんりふくじゆうすることによりてたましひきよめ、ひとしほふかこころよりあひあいせよ。 23なんぢあらたうまれたるは、くさるべきたねによらず、くさるべからざるたねにより、きてえいゑんそんするかみおんことばによれり。 24けだしいつさいにくしんくさごとく、そのさかえくさはなごとし、くさそのはなつれども、 25しゆおんことばえいゑんそんす。なんぢふくいんりしことばすなはこれなり。

第2章[編集]

1れどなんぢすべてのあくしんすべてのさぎへうりねたみすべてのそしりとをきて、 2あたかうまれたてのみどりごごとく、まがひなきれいてきちちこひねがへ、そはこれによりてせいちやうしてたすかりいたらんためなり。 3なんぢもししゆぜんりやうましませることあじはひたらんには、よろしくしかすべし。 4しゆけるいしにして、ひとよりはてられしもかみよりえらまれてたふとくせられしいしにてましませば、なんぢこれちかづきたてまつりて、 5おのれまたけるいしごとく、そのうへてられてれいてきかをくり、せいなるしさいしゆうり、イエズス、キリストをもつかみみこころかなへるれいてきぎせいささぐるものれ。 6ればせいしよのたまはく、「よ、われえらまれたるすみうはいしをシオンにかんとす、これしんずるひとは、はづかしめられじ」と。 7ゆゑしんじたるなんぢにはそんえいあれども、しんぜざるひとびとりては、けんちくしやてたるいしすみいしり、 8つまづいしつきあたたるいはれり、これおんことばしんずしてつまづやうかれたればなり。 9れどなんぢせんばつじんしゆわうてきしさいしゆうせいなるじんみんまうけられたるこくみんなり。これなんぢが、おのれそのたへなるひかりくらやみよりたまへるもののとくげんためにして、 10かつてはたみたらざりしものいまかみたみり、あはれみざりしものいまあはれみたるものとれり。 11しあいなるものよ、たましひはんしてたたかにくよくらんことを、きりうにんりよじんとにたいするごとく、われなんぢこひねがふ。 12なんぢいはうじんあひだりてぎやうじようまもれ、これかれらをしてなんぢあくにんとしてそしところおいても、ぜんげふによりてなんぢおもんぜしめ、はうもんせらるるかみくわうえいたてまつらしめんためなり。 13ればなんぢしゆために、すべひとせいていしたるものにふくせよ、すなはしゆけんしやとしてていわうふくし、 14またあくにんばつしてぜんにんしやうせんためていわうよりつかはされたるものとして、すべてのくわんりふくせよ。 15けだしなんぢぜんおこなひて、おろかなるひとびとふちもくせしむるはかみおぼしめしなり。 16なんぢじいうなるがごとくにして、じいうあくおほひことなく、かみどれいたるもののごとくにせよ。 17すべてのひとうやまひ、きやうだいたちあいし、かみおそたてまつり、ていわうたふとべ。 18どれいたるものよ、ばんじおそれもつなんぢしゆじんしたがへ、ただぜんりやうをんわなるものにのみならず、なさけなきものにもまたしかせよ。 19かみいしきせるがために、ふぎくるしみけてかなしみふるこそみこころかなへることなれ。 20つみをかしてたるるをしのべばとて、なんこうかあらん、ぜんしつつしのびてこれにふるこそ、かみみこころかなふことなれ。 21けだしなんぢされたるはこれためなり、はキリストがわれためくるしみたまひしも、れいなんぢのこしておんあとしたはしめたまはんためなればなり。 22かれつみをかたまひしことなく、またおんくちいつはりありしことなし。 23かれののしられてののしらず、くるしめられておどさず、ただもつしんぱんたまものまかたまひしなり。 24かれおんみづかうへにてわれつみたまひしは、これわれをしてつみはなきしめんためにして、なんぢそのあをざめたるきずあとによりていやされたるなり。 25なんぢかつてはまよへるひつじごとくなりしかども、いまたましひぼくしやかんとくしやにてましますものにたちかへたてまつりたればなり。

第3章[編集]

1かくごとく、つまたるものまたおのをつとふくすべし、これをつとが、たとひおんことばしんぜざるも、つまぎやうじようによりてむごんうちに、 2なんぢゐけいみさをぎやうじようかんがみてまうけられんためなり。 3そのかざりうはべちぢらしがみきんかざりわけたるいふくらずして、 4こころうちかくれたるひとすなはていしゆくきんしんなるせいしんかはらざるにるべし、これこそはかみみまへあたひたかきものなれ。 5けだしいにしへせいぢよたちかみきぼうたてまつりて、おのをつとふくしつつかくごとかざりたりしが、 6そのごとくサラは[そのをつと]アブラハムをしゆびてこれしたがたり。なんぢかれむすめとしてぜんし、なんへんどうをもおそれざるなり。 7をつとたるものよ、おなじくちしきしたがひてどうきよし、をんなわれよりもよわうつはとして、しかあひともせいめいおんちようものとして、これそんちようし、なんぢいのりさまたげられざるやうにせよ。 8をはりに[はん]、なんぢみなこころおなじうしてあひいたはり、きやうだいあいし、じひけんそんにして、 9あくもつあくむくいず、ののしりもつののしりむくいず、かえつしゆくふくせよ。これよつぎとしてしゆくふくためこれされたるなんぢなればなり。 10けだしせいめいあいしてよきひんとほつするひとは、そのしたをしてあくけしめ、そのくちびるいつはりかたらず、 11あくとほざかりてぜんし、へいわもとめてこれふべきなり。 12これしゆおんぎじんたちうへかへりみ、おんみみかれらいのりかたむき、おんかほあくひとびといかたまへばなり。 13そもそもなんぢもしぜんねつしんならば、たれなんぢがいすべき。 14またたとひためくるしめらるるもさいはひなり、ひとびとおどしおそれず、こころさわがさず、 15こころうちしゆキリストをせいなるものとせよ。つねなんぢところきぼうゆゑんきて、ひとごとまんぞくあたふるじゆんびあれよ、 16ただしりやうしんいうしてにうわゐけいとをもつたふべんせよ。これキリストにおけなんぢふるまひざんげんするひとびとの、そのそしところきてみづかぢんためなり。 17けだしかみおぼしめしならばぜんしてくるしむはあくしてくるしむにまされり。 18すなはちキリストもひとたびわれつみために、すなはぎじんとしてふぎしやためたまひしが、これわれかみささたまはんためにして、にくにてはころされたまひしかど、れいにてはかされたまひ、 19そのれいごくりしれいいたりてすくひのべつたたまへり。 20これものは、むかしノエのじだいかみにんたいちをりしに、はこぶねつくらるるあひだふくせざりしものなりしが、このはこぶねおいみづよりすくはれしものわずかに八にんなりき。 21これぜんぺうせられたるせんれいこそいまなんぢをもすくへるなれ。これにくしんけがれゆゑあらずして、イエズス、キリストのふくくわつによりてりやうしんかみたてまつやくそくゆゑなり。 22かれは(われえいゑんせいめいしめんために、ほろぼして)てんたまかみおんみぎましましててんしけんせいのうりよくこれふくせしめられたるなり。

第4章[編集]

1キリストすでにくしんおいくるしみたまひたれば、なんぢまたおなこころえもつぶきとせよ。けだしにくしんくるしみたるひとは、これつみめたるものにして、 2もはやひとよくしたがはず、かみおぼしめししたがひてにくたいのこれるときごさんとするものなり。 3けだしわれきわうおいては、いはうじんのぞみまつたうして、いんらんじやうよくすいきやうばうしよくばういんおよよこしまなるぐうざうすうはいせいくわつせしことにてれり。 4かれらなんぢどうやうなるはうたうきはみはしらざるをあやしみてこれののしれども、 5いますでせいしやししやとをしんぱんせんとしてまちまうたまへるものはうこくたてまつるべし。 6けだしふくいんししやにものべつたへられしはこれためすなはししやひとつうれいしたがひて、にくしんしんぱんけたりとも、れいかみによりてきんためなり。 7ばんぶつをはりすでちかづけり、ればなんぢつつしいのりつつけいかいせよ。 8なにごとよりもさきたがひあつあいいうせよ、あいおほくのつみおほへばなり。 9くじやうなくあひせつたいし、 10おのおのけたるたまものおうじてかみさまざまなるおんちようぶんぱいしやとして、たがひこれきようきふせよ。 11すなはひとかたときかみおんことばかたるがごとくし、つとむるときかみたまへるのうりよくもつてするがごとくすべし。これかみいつさいおいてイエズス、キリストをもつたふとばれたまはんためにして、くわうえいしゆけんよよこれす、アメン。 12しあいなるものよ、なんぢこころみんとするごとくるしみを、しんきなるもののたうらいせるがごとくにあやしむなかれ、 13かえつてキリストのくるしみあづかものとしてよろこべ、これそのくわうえいあらはれんときなんぢまたよろこびへざらんためなり。 14なんぢもしキリストのみなためぶじよくせらるることあらばさいはひなるべし、くわうえいれいすなはかみれいなんぢうへとどまたまへばなり。 15れどあるひひとごろしあるひぬすびとあるひあくかんあるひたにんことたちいものとしてくるしめらるるものは、なんぢうちひとりこれあるべからず。 16もしキリストしんじやとしてくるしめられなばづることなく、かえつこのたいしてかみくわうえいたてまつるべし。 17けだしとききたれり、しんぱんかみいへよりはじまらんとす、もしわれよりはじまらば、かみふくいんしんぜざるひとびとはていかるべき。 18もしまたぎじんにしてからすくはれなば、けいけんならざるものざいにんとはいづこにかつべき。 19しかれはかみおぼしめししたがひてくるしむひとびとぜんして、しんじつにてましまざうぶつしゆそのたましひたのたてまつるべきなり。

第5章[編集]

1なんぢうちちやうらうには、われともちやうらうとして、またキリストのくなんしようにんとして、しやうらいあらはるべきくわうえいあづかものとしてこひねがふ。 2なんぢうちところかみひつじむれぼくせよ、これかんとくするに、ひられてせずしてよろこびてかみおんためにし、はづかしきためにせずしてとくしもつおこなひ、 3たくせられたるひとびとあつせいせずして、こころよりむれもはんるべし。 4しからばだいぼくしやあらはたまはんときなんぢしぼまざるくわうえいかんむりべし。 5わかものよ、なんぢまたちやうらうふくせよ、みなたがひけんそんびよ、かみがうまんなるものさからひて、けんそんなるものおんちようたまへばなり。 6ればなんぢかみぜんのうなるおんてしたへりくだれ、しかせばときいたりてかれなんぢたかたまはん。 7おもわづらところことごとかみゆだたてまつれ、かみなんぢためおもんぱかたまへばなり。 8なんぢせつせいしてけいかいせよ、なんぢあだなるあくまは、ゆるししごとく、くひつくすべきものをさがしつつゆきめぐればなり、 9なんぢこのきやうだいたちおなじくくるしめることりて、しんかうこころかためてこれていかうせよ。 10いつさいおんちようかみはキリスト、イエズスによりてそのえいゑんくわうえいなんぢたまひしものなれば、いささかくるしみたるうへは、おんみづかくわんぜんにしかたうしつよからしめたまはん、 11くわうえいしゆけんよよこれす、アメン。 12ちゆうしんなるきやうだいシルヴァノをもつなんぢかきおくりしところは、われおもふにかんたんなり。これこのかみおんちようまことなることくわんこくし、かつほしようするもののにして、なんぢよろしくこれつべし。 13なんぢともえらまれてバビロンにけうくわいおよわがマルコはなんぢよろしくとへり。 14あいせつぷんもつたがひよろしくつたへよ。ねがはくは、キリストになんぢいちどうへいあんあらんことを、アメン。