フェア・ローザモンドの生と死 (1850年-1860年)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


フェア・ローザモンドの生と死 (1850年-1860年)
[編集]

ヘネリー2世の側室

グラスゴー

(ブックセラーズのために印刷された)

フェア・ローザモンド

ヘンリー王がこの地を統治していた頃 )。
その名の二代目。
彼が愛した女王のほかに
美しく魅力的な女性。
その美しさは比類なきものであった。
彼女の好意と顔。
この世でこれほど甘い生き物はいない。
王子は決して抱くことができなかった。

金色の糸のような彼女のパリッとした髪。
人の目に映る。
彼女の美しい瞳は東洋の真珠のようです。
天国のような光を放ちました。
彼女の水晶のような頬の中にある血は
色に駆られる。
まるで百合と薔薇のように
主人の座をめぐって

フェア・ローザモンド。
彼女の名前はそう呼ばれていた
我らがエレノア女王が
致命的な敵として知られていた。
そのため王は彼女のために(防衛)を行った。
激怒した女王に対抗するために
ウッドストックにこのような東屋を建てた。
このようなものは見たことがない。

この東屋は、とても不思議なことに、(建築)されたのである。
石と材木の丈夫な
百五十の扉
この塔は、この塔に属していた。
そして、それらはとても(巧みに)作り上げられた。
これを、回転させている。
手がかりや糸がなければ
出入りすることができた。

さて、彼の愛と女性のために
彼女はとても勇敢で明るかった。
東屋を預かることになった。
勇敢な騎士に
しかし、(幸運)はしばしば(顰蹙)になる。
以前は微笑んでいた場所に
王が喜び、婦人が喜ぶ。
すぐに彼女は惑わされた。

なぜか、王の不肖の息子は
彼は高い(進歩)をした人。
父に対抗して戦争を起こした。
フランス領内で
しかし、私たちの慈悲深い王の前に
を見捨てる。
彼の美しい女性、ローザモンドの
彼はこうして別れを告げた。

私のロザモンド......愛しいバラよ
私の目を最も喜ばせる人
この世で最も美しい花
私のファンタジーを養うために

私の心を揺さぶる花
その甘さは勝るとも劣らない
私のロイヤルローズの100倍
今、あなたに別れを告げます
私の最も美しいバラと別れなければならないからです。
私の一番可愛いバラを早く
海を渡ってフランスへ
誇り高き反乱者たちを堕落させる

しかし、まだ私のバラは、あなたがしなければならないことを確認してください。
私の来訪を間もなく知る
そして、私の心の中に、私がいなくなったとき。
私のバラを抱いて
聡明な女性ロザモンドが
王がそう言うのを聞いた。
その悲しみは彼女を苦しめ
彼女の外見にも表れています。

そして彼女の澄んだ水晶のような目から
涙がとめどなく溢れ出し
そして、銀の真珠の露のように
彼女の美しい顔を流れ落ちた
そして卒倒してしまった。
ヘンリー王の顔の前で
王様の腕の中で
彼女の体を抱きしめた。

そして20回、目を見開いて
彼女の優しい頬にキスをした
彼が再び蘇るまで
彼女の精神は穏やかでおとなしい

なぜ私のバラを悲しませるのか?
王はよく言ったものだ
なぜなら、彼女は血なまぐさい戦争に言ったからだ
私の主は亡くなられたのです
しかし、異国の地であなたの恩寵を受けて以来
あなたの不親切な敵の間で
命と子羊を危険にさらすために行かねばならない
なぜ私はここに留まらなければならないのですか?

いや、むしろ私をページのようにさせてください
汝の剣と標的が負う
私の胸に一撃が灯るように
私の親愛なる人を怒らせるような
あなたの王室のテントに行かせてください
夜、あなたのベッドを準備する
甘いお風呂でリフレッシュして
あなたが戦いから戻るとき

だから私はあなたの存在を楽しむことができる
労苦を拒むことはない。
しかし、あなたが欲しいということは、私の人生は死です
真の愛は悪用する
汝自身を満足させるのだ、私の愛しい人よ
汝の(休息)は我が家であろう
イングランドの甘美で心地よい宮廷で
旅はあなたに似合わないからです。

淑女は血なまぐさい戦争を許さない
甘い平和が喜びを生む
心の豊かさを育む
その空想が最初に養われた。

我が薔薇はウッドストックの東屋で休もう。
音楽の甘い歓びとともに
私は突き刺すような槍の中で
敵に立ち向かう
真珠と金の衣をまとった私のバラ
ダイヤモンドの輝きで
私の恋のガリヤードを踊ろう
私が敵を倒している間

そして、私が信頼するトーマス卿は
私の愛の庇護者であるために
私の勇敢なローズをよろしくお願いします
私がここから別れるとき
そして、ここで彼はため息をつきました。
心が折れそうなほど
そしてローザモンドは悲しみのあまり
一言もしゃべれない。

そして別れの時、二人はよく
心底から悲しんでいる
その日以降、美しいロザモンドは
王はもう二度と会うことはなかった。
彼の恵みが海を越えたとき
そしてフランスへ旅立った。
嫉妬に駆られたエレノア女王が
がウッドストックにやって来ました。

そして彼女は信頼できる騎士を呼び出した。
この不思議な東屋を守っていたのは
撚り糸を手がかりに
この有名な花からやって来る。
しかし、彼らはヒンを負傷したとき。
女王は彼の糸を手に入れました。
そして、レディ・ローザモンドのもとへ
は、女性のように設定されていた。

しかし、女王が固い目で見ると
彼女の美しい顔を見た。
彼女は心の中で驚いていた。
そのような非常に優雅な
彼女は言った、これらの立派な錬金術の(衣を)捨てなさい。
その豊かで高価である。
そして、この致命的なドラフトを飲み干すのだ。
私があなたのために持ってきたものである。

しかし、すぐに膝をついた。
ローザモンドは倒れた
彼女は女王の赦しを請うた。
彼女のすべての罪のために。
私の若さを憐れんでください。
ローザモンドは嘆いた
そして、強い毒を私に与えないでください。
死ぬことを余儀なくされる。

私は罪深い人生を捨てる。
そして、どこかの回廊に身を寄せる。
さもなければ追放してください。
世界を広く見渡せるように
そして、私が行った(過失)は確かに
私はそうせざるを得なかったのである。
私の命を守り、私を罰してください。
あなたが正しいと思うように。

そして、この言葉とともに、彼女のユリの手が
それをよく絞った。
そして、彼女の美しい顔には
涙を流していました。
しかし、この激怒した女王は何もできなかった。
このように宥めることができる。
猛毒の杯は強い。
彼女は膝の上に持っていた。

彼女はこの美しい女性に飲ませた。
彼女はそれを手から取り上げた。
そして、曲げた膝から立ち上がりました。
そして、その足で立ちました。
天を仰ぎながら。
彼女は慈悲を求めた
そして、強い毒を飲み干した。
彼女は生命を失った。

そして、その死が四肢を貫いたとき
その最大の恨みを買った。
彼女の主な敵は、告白することができました。
彼女は輝くばかりの姿だった。
その時、彼らは彼女の体を埋葬した。
命が失われたとき
オックスフォードの町に近いウッドストックにて。
今日見ることができるように。

脚注[編集]


この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。