フィレモン書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

フィレモン書

第1章[編集]

1キリスト、イエズスのしうじんたるパウロおよきやうだいチモテオ、われあいするところじよりよくしやフィレモン、さいあいしまいたるアッピア、せんいうたるアルキッポ、 2およなんぢいへけうくわいに[しよかんおくる]。 3ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、おんちようへいあんとをなんぢたまはらんことを。 4われかみかんしやたてまつり、わがいのりうちつねなんぢきねんし、しゆイエズス、キリストにおける、 5またすべてのせいとたいするなんぢあいしんかうとをきて、 6キリスト、イエズスにたいしてわれうちぜんげふことごとしれわたれることによりて、なんぢしんかうほどこしいうこうならんことこひねがふ。 7きやうだいよ、せいとたちはらわたなんぢによりてやすんぜられたるがゆゑに、われなんぢあいきておほいなるよろこびなぐさめとをたり。 8ればキリスト、イエズスにおいて、ことおうじてすべきところめいずるは、あへはばからざるところなりといへども、 9むしろあいたいしてすすめ、かくごとくなるわれすなはらうじんにしてしかげんにイエズス、キリストのしうじんたるパウロ、 10くさりりてみしところわがオネジモのためなんぢこひねがふ。 11かれかつなんぢむえきなりしかど、いまわれにもなんぢにもいうえきなり、 12われこれなんぢおくりかへす、ねがはくはなんぢわがはらわたごとくにこれけんことを。 13われかれをして、なんぢかはりてふくいんためくさりつながるるわれつかへしむるやうわれともとどまらしめんことほつしたれど、 14なんぢかずしてはなにごとをもすをこのまざりき。これなんぢぜんげふをして、むをざるがごとくならず、とくしらしめんがためなり。 15かれいちなんぢはなれしは、あるひなんぢえいえんこれけて、 16もはやどれいとしてにはあらず、どれいまさりてしあいきやうだいさんためにはあらずや。われには、ことしかあるものなれば、ましなんぢりては、にくしんおいてもしゆおいてもしからん。 17ればなんぢもしわれともとせば、かれうけいるることわれおけるがごとくせよ。 18かれもしなんぢそんがいあたへ、あるひふさいあらば、これわれはせよ。 19われパウロづからかきしるせり、われかならつぐのふべし。なんぢおのれもつわれつぐのふべきふさいあることは、われこれはじ。 20しかり、きやうだいよ、われしゆおいなんぢたのしまん、しゆおいわがはらわたやすんぜしめよ。 21われなんぢじゆうじゆんしんじ、そのさんとするところところまされるをりて、なんぢかきおくれるなり。 22どうじわがためやどそなへよ、けだしわれわがの、なんぢいのりによりてなんぢあたへられんこときぼうす。 23キリスト、イエズスにりてわれともしうじんたるエパフラ、なんぢよろしくとへり。 24わがじよりよくしやたるマルコ、アリスタルコ、デマス、ルカもまたおなじ。 25ねがはくはわがしゆイエズス、キリストのおんちようなんぢれいともらんことを、アメン。