フィリッピ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

フィリッピ書

第1章[編集]

1イエズス、キリストのしもべたるパウロおよびチモテオ、すべてフィリッピにおいてキリスト、イエズスにせいとならびかんとくおよしつじとうに[しよかんおくる]。 2ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、おんちようへいあんとをなんぢたまはらんことを。 3われなんぢおもひおこごとに、わがかみかんしやし、 4すべてのきたうおいつねなんぢいちどうためよろこびてこんぐわんたてまつる。 5けだしなんぢさいしよよりいまいたまで、キリストのふくいんためけふりよくしたれば、 6なんぢうちぜんげふはじたまひしものの、キリスト、イエズスのまで、これまつたうしたまはんことしんらいせり。 7なんぢいちどうきておもへるはしたうことなり、なんぢわがこころり、またなはめうちるにも、ふくいんべんごしてこれかたむるにも、なんぢみなわれともおんちようあずかればなり。 8けだしが、キリストのはらわたもつて、いかばかなんぢいちどうこひしたふかは、かみわがためこれしようたまふ。 9いのところは、すなはなんぢあいますますちしきすべてのさとりとにみ、 10なんぢひとしほことわきまへて、キリストのいたるまできよとがなくして、 11イエズス、キリストによりて、かみくわうえいさんびとのために、かうくわたされんことこれなり。 12きやうだいたちよ、われなんぢらんことほつす、わがくわんすることがらは、かえつふくいんひえきるにいたりしことを。 13すなはなはめへることのキリストのためなるは、このゑへいぜんえいにもいづこにもあきらかられたり。 14かくきやうだいちゆうたすうは、わがなはめゆゑしゆたのたてまつりて、ひとしほはばからずかみおんことばかたるにいたれり。 15じつそねみあらそひとのためにキリストをぶるものもあれど、かういもつてするものもあり、 16またふくいんしゆごせんためかれたるをりて、あいじやうよりするひともあれば、 17まごころたず、なはめおけわがこんなんさんことおもひ、たうはしんよりキリストのことものもあり。 18りとてなにかあらん、いかやうにもあれ、あるひこうじつとしてなりとも、あるひまごころもつてなりとも、キリストせんでんせられたまへば、われこれよろこぶ、[いごも]またよろこばん。 19われなんぢいのりとイエズス、キリストのれいじよりよくとによりて、このことわがすくひとなるべきをればなり。 20これてるところきぼうせるところかなへり、すなはわれなにおいてもづることなかるべく、かえついつしかあるごとく、いままたきてもしても、キリストはあんぜんわがおいあがめられたまふべきなり。 21けだしわれりて、くるはキリストなり、ぬるはえきなり。 22もしにくしんおいくることわれじげふかうくわあるべくば、そのいづれえらむべきかはわれこれしめさず、 23われさうほうはさまれり、たちさりてキリストとともらんことのぞむ、これわれりてもつとことなり、 24れどにくしんとどまことは、なんぢためなほひつえうなり。 25かくしんするがゆゑに、われなんぢしんかうしんぽよろこびとをきたさんために、なんぢいちどうともとどまり、かつとうりうすべきことる。 26われふたたなんぢいたらば、キリスト、イエズスにおいて、われきてなんぢほこところいやますべし。 27なんぢただキリストのふくいんふさわしくせいくわつせよ、これあるひいたりてなんぢときも、あるひはなれてなんぢことときも、なんぢどういつせいしんどういつこころもつてることと、ふくいんしんかうためいつちしてたたかことと、 28いささかてきおどろかされざることとをらんためなり。このおどろかされざることこそ、てきにはほろびしるしなんぢにはたすかりしるしにして、かみよりづるものなれ。 29なんぢキリストのためたまはりたるは、ただこれしんずることのみならず、またこれためくるしむことなればなり。 30なんぢへるたたかひは、かつわれおいところまたわれきてきしところひとしきものなり。

第2章[編集]

1もしいくばくのキリストにおけすすめいくばくあいなぐさめいくばくせいれいまじはりいくばくあはれみはらわたあらば、 2なんぢわがよろこびたせよ。すなはこころおなじうし、あいおなじうし、どうしんどういにして、 3なにごとたうはしんきよえいしんためにせず、けんそんしてたがひひとおのれまされるものおもひ、 4おのおのおのことのみをかへりみずしてたにんことかへりみよ。 5なんぢこころざことはキリスト、イエズスのごとくなれ、 6すなはかれかみかたちましましてかみならことぬすみとはおもたまはざりしも、 7おのれきものとしてどれいかたちり、ひとたるものり、ぐわいばうおいひとごとくにえ、 8みづかへりくだりて、しかじふじかじやういたるまで、したがへるものとなりたまひしなり。 9このゆゑかみまたこれさいじやうげて、たまふにいつさいまされるもつてしたまへり、 10すなはちイエズスのみなたいしては、てんじやうのもの、ちじやうのもの、ぢごくのもの、ことごとひざかがむべく、 11またすべてのしたちちにてましまかみくわうえいために、イエズス、キリストのしゆましませることこうげんすべし。 12ればわがしあいなるものよ、なんぢつねしたがひしごとく、わがめんぜんときのみならず、いまふざいときあたりても、ひとしほおそれおののきつつおのたすかりまつたうせよ、 13こころざことしとぐることとは、かみごかういもつなんぢうちさしめたまところなればなり。 14なんぢつぶやことなくあらそことなく、いつさいことおこなへ、 15これなんぢあしかつよこしまなるりて、とがむべきところなく、かみじゆんすゐなるこどもとして、とがなきものとならんためなり。なんぢかかひとびとあひだに、せかいおけほしごとひかりて、 16せいめいことばたもてり、かくはしりしことむなしからず、らうせしことむなしからずして、キリストのおいわがめいよるべし。 17たとひなんぢしんかうそなへものまつりとのうへに、が[は]そそがるるも、われこれよろこびてなんぢいちどうともこれしゆくす、 18なんぢこれよろこびてわれともしゆくがせよ。 19われなんぢことりてこころやすんぜんためすみやかにチモテオをなんぢつかはさんことを、しゆイエズスにおいきぼうす。 20くまでわれどうしんして、まごころもつなんぢためおもんぱかひとまたほからざればなり。 21けだしひとみなイエズス、キリストのこともとめず、おのこともとむ、 22いへども、かれふくいんために、ちちおけごとわれともつとめたるは、なんぢそのしようれるところなり。 23ればわがうへなりゆきば、ただちかれなんぢつかはさんことせり。 24われみづからもまたほどなくなんぢいたるべきことを、しゆおいしんらいす。 25れどわれおもふに、なんぢよりつかはされてえうするところきようせしわがきやうだいにしてけふりよくしやたりせんいうたるエパフロヂトをなんぢつかはさざるべからず。 26けだしかれなんぢいちどうこひしたひ、そのめるよしなんぢきこえしとてうれたりしなり。 27じつかれやまいかかりて、ぬばかりにりたれど、かみかれあはれたまひ、ただかれのみならず、わがかなしみうへまたかなしみかさならざるやうわれをもあはれたまへり。 28このゆゑかれことによりて、さらなんぢよろこばせ、われうれひをもげんぜんために、ひとしほはやかれつかはせるなり。 29ればなんぢしゆおいあつかれくわんげいし、ていちようかかじんぶつたいぐうせよ、 30かれわれたすけてなんぢけたるところおぎなはんと、キリストのじげふためせいめいとうじてをかしたればなり。

第3章[編集]

1そのほかわがきやうだいたちよ、なんぢしゆおいよろこべ、くりかへしておなことかきおくるも、われことなくしてしかなんぢえきあり。 2なんぢかのいぬどもようじんし、あしはたらきてようじんし、にせかつれいようじんせよ。 3けだしれいによりてかみれいはいし、にくしんたのまずして、キリスト、イエズスにほこれるわれこそかつれいなれ。 4れどわれにくしんにもたのことたにんもしにくしんたのむをとせば、われなおさらことなり。 5われやうかかつれいけて、イスラエルのすゑ、ベンヤミンのぞく、ヘブレオじんよりのヘブレオじんりつぱふたいしてはファリザイじん6ふんぱつきてはかみけうくわいはくがいせしものりつぱふによれるきてはとがなくせいくわつせしものなり。 7しかるにわがえきとなりしこれことを、われはキリストにたいしてそんなりとみとめたり。 8しかわがしゆイエズス、キリストをるのてうえつせるがくしきたいしては、いつさいことみなそんなるをおもふ。われキリストのためいつさいそんしつかうむりしかど、これことふんどごとし。これキリストをまうたてまつらんためにして、 9またりつぱふによれるわがいうせず、キリスト、イエズスにおけしんかうよりのすなはしんかうによりてかみよりづるいうしつつ、キリストにおいみとめられんため10キリストをり、キリストのふくくわつのうりよくり、キリストのかたどれるものとなり、そのくるしみあずからんため11いかにもしてししやうちよりふくくわつするにいたらんためなり。 12へばとてわれすでたつすることあるひくわんぜんりたるにはあらず、ただわれキリスト、イエズスにとらへられたれば、いかにもしてこれとらたてまつらんとつゐきうするのみ。 13きやうだいたちよ、われとらへたりとおもはず、つとむるところただひとつすなはあとことわすれてさきことむかひ、 14かみがイエズス、キリストによりてうへたまへるところほうびんとて、もくてきつゐきうするのみ。 15くわんぜんる[にすすむ]われは、こころざことみなかくごとくなるべし。なんぢもしなんらかのいぎあらば、かみこれをもなんぢしめたまはん。 16ただしすでいたれるところよりして、われすすむべきなり。 17きやうだいたちよ、われまなべ、またなんぢわれかたとせるごとくにあゆめるひとびとちゆうもくせよ。 18けだしわれしばしばなんぢへるごとく、いまなほきつつふ、キリストのじふじかてきとしてあゆひとおほく、 19そのはてほろびなり、かれらはらそのかみし、づべきことほこりし、ことをのみあじはふ。 20しかれどもわれこくせきてんりて、われわがしゆイエズス、キリストのすくひぬしとしててんよりきたたまふをつなり。 21かればんぶつおのれふくせしむるをたまちからもつて、われいやしきからだへんぜしめ、おのえいくわうからだかたどらしめたまふべし。

第4章[編集]

1ればわがしあいにして、いとなつかしききやうだいたちよ、わがよろこびわがかんむりなるしあいものよ、しゆおいかくごとて、 2われエヴォヂアにもすすめ、シンチケにもすすむ、しゆおいこころおなじうせんことを。 3くびきともにするちゆうじつなるともよ、われなんぢにも、これをんなたすけんことこひねがふ。かれらはクレメンスと、せいめいしよしるされたるわがじよりよくしやともに、われともなひてふくいんためはたらきしなり。 4なんぢつねしゆおいよろこべ。われかさねよろこべ。 5なんぢをんりやうなることすべてのひとれよかし、しゆちかましますなり。 6なにごとをもおもわづらなかれ、ただばんじきてきたうこんぐわんかんしやとによりて、なんぢねがひは、かみられよかし、 7かくいつさいちしきまされるかみへいあんは、キリスト、イエズスにおいなんぢこころおもひとをまもるべし。 8そのほかきやうだいたちよ、すべまことなることすべたふとぶべきことすべただしきことすべいさぎよことすべあいらしきことすべかうひやうあることいかなるとくも、きりついかなるほまれも、なんぢこれおもんぱかれ。 9なんぢわれきてまなびしことけしこときしことことこれおこなへ、かくへいわかみなんぢともましまさん。 10なんぢわがうへおもこころの、つひまたきざしたることを、われしゆおいはなはだよろこべり。なんぢもとよりわれおもたれど、きくわいざりしなり。 11われけつぼうによりてこれふにあらず、るがままにてことたりれりとするは、まなびたるところなればなり。 12われいやしめらるることり、またゆたかなることをも、れり。いちいちばんじにつけてことをもううことをも、ゆたかなることをも、けつぼうしのぐことをもしゆげうせり。 13われつよたまものおいて、いつさいことざるはなし。 14りながらなんぢは、まことわがこんなんたすけたり。 15フィリッピじんよ、なんぢれり、ふくいんつたふるはじめ、マケドニアをしゆつぱつせしときには、いづれのけうくわいやりとりふうもつわれまじはらず、なんぢのみこれして、 16ひとたびふたたびもテサロニケにおくりてわがようきようしたりき。 17われおくりものもとむるにはあらず、ただなんぢりえきかうくわゆたかならんこともとむるなり。 18われにはなにごとそなはりてあまりあり、なんぢおくりしものそのかをりかんばしく、かみみこころかなひてかなふせらるるいけにへを、エパフロヂトよりけてあきれり。 19わがかみおのとみによりて、くわうえいうちなんぢえうするところことごとくキリスト、イエズスにおいたしたまふべし。 20ねがはくはわがちちにてましまかみよよくわうえいあらんことを、アメン。 21キリスト、イエズスにせいとおのおのよろしくつたへよ。 22われともきやうだいたちなんぢよろしくとへり。すべてのせいとことにセザルのいへぞくするひとびとなんぢよろしくとへり。 23ねがはくはわがしゆイエズス、キリストのおんちようなんぢれいともらんことを、アメン。