バルザツ ブライツ/1846/追放された司祭

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


説明[編集]

ブルターニュの神職は一種の聖なる王族である。古代ケルト人の子孫は、彼らの父祖がドルイドに抱いていた崇敬の念を、カトリックの神職にも残しているようである。しかし、キリスト教はこの感情に加え、信徒と司祭の相互の愛着という、キリスト教だけが鼓舞しうる別の感情も加えているのである。実際、信者が司祭のことを父親のように愛しているならば(この表現は強すぎない)、司祭は自分の人生を彼らに捧げ、肉に従った子供たちに捧げるような優しさを彼らに移します。この相互の愛着は、特に革命の時に顕著であった。ブルターニュの農民が「国と司祭をくつろがせるために立ち上がった」と叫ぶのを間もなく聞こう。まず司祭自身の話を聞こう。

聖職者の市民的憲法への宣誓を拒否したためにイギリス、スペイン、ポルトガルの海岸に放逐されたブルターニュ人の聖職者の中に、ヴァンヌ司教区のビニャン教区の司祭であるアベ・ヌルリがいた。彼は亡命と自国の不幸について、教区の住民に宛てた感動の哀悼曲を作曲している。彼の歌は、たしかに通常の人気のある詩の形式で考えられてはいないが、非常に人気があるので、このコレクションから除外されることはないだろう。

ビグナンの老婆が歌ってくれたものである。ブルターニュ人の印刷業者は、一般に提供する版において、彼らの習慣に従って、これを割愛している。

21章[編集]

追放された司祭の歌

(ヴァンヌの方言)

信仰のために追放され、王国から遠く離れたヴァンヌの司教区の司祭の話を聞いてください。彼の体はあなたから遠く離れているが、彼の思考と心はあなたから離れていないのです。

無慈悲な命令で私を奪って以来、私はいつもあなたの目の前にいて、あなたの悲しみを思って夜も昼も泣いているのです。

苦痛に満ちた日よ! 喪に服した日よ! お前たちから私を引き離した、私の子供たちよ!」私が生きている限り、私はあなたを忘れません。

エレミヤのように、あるいはバビロンに長く捕囚されていた不幸なユダヤ人のように、毎日、あなたたちの悲しみを思いながら、私は海の波と涙を混ぜ合わせています。

海辺の岩の上に一人座って、海の彼方にいるあなたを思って、私は激しく泣き、頬を、哀しいかな、涙で溢れさせます。

祝福された人々よ!毎日私を見つけ、神について語り、心を解き放ち、交わりで支えてくれた幸せな時間はどこに行ったのでしょう。

ああ、私の愛する子供たちよ、あなたはどんな状態なのか?あなたは毎日私を探しているが、もはや私を見つけることはできません。

親愛なる小さな羊たちよ、あなたたちはどうなるのだろう?誰があなたを助けてくれるのか、誰があなたを助けてくれるのか。良き羊飼いであるイエス様、彼らを忘れず、いつも手を差し伸べてあげてください。

幸福な霊魂、聖なる男女、そして天の女王であるあなたは、決して彼らを見捨てず、彼らの義務に助けを、悩みに慰めを与えてください。

ブルターニュの国よ、私の荒涼とした国よ、あなたはどんな苦難の海に投げ出されたのですか?かつて汝は美しく、汝は楽しく、愉快であったが、今、汝は悲嘆に暮れている。

信仰も法律もない裏切り者の一団が、それを揺り動かし、動揺させ、心の喜びをすべて奪い、司教、修道士、司祭を追い出したのです。

司教、司祭、修道士は追い出され、修道女は国を捨て、ミサも聖餐も行われず、教会にはわだちが生えるばかりです。

祭壇の布、十字架、聖杯は汚され、すべての小教区から鐘が盗まれました。教会は未亡人となり、品物を奪われ、愛するイエスは幕屋から追放されました。

教会は冒涜され、馬小屋に変えられ、高い祭壇は食卓に変えられている。真のキリスト教徒、誠実な人々は泣いています。

私の神よ、あなたは私たちの罪にお怒りです。私たちを圧倒するすべての悪の作者は私たちです。私たちがあなたに忠実であるとき、あなたは私たちに忠実であり、私たちがあなたから遠く離れているとき、あなたは私たちから遠く離れているのです。

しかし、あなたの怒りは慈悲に満ち、私たちの苦悩の淵から幸福を生み出してくださります。私の神よ、憐れんでください、私たちはあなたの子供です、私たちの行った悪をお赦しください。

全王国、荒れ果てた教会に、私の神よ、あなたの優しさを早くお授けください。愛の神よ、私たちを憐れんでください。私たちの平和を、私たちの信仰を、返してください

いつになったら、羊飼いと群れの私たちは、集まってあなたの賛美を歌えるのでしょう。私たちの涙を乾かしてくれる日、私たちの神殿の中であなたの栄光を歌える日はいつになるのでしょうか。

至福の日よ!甘美な日よ!四六時中、あなたを思っています。 善なる神よ!私が子供たちに再会できる時を早くしてください。

行け、悲しみの歌、私の心の慰めよ、行け、私の悲しみの大きさを私の民に伝えよ。あなたの翼に乗せて、良い天使たちよ。そして、私が昼も夜も彼らのことを思っていると伝えてください。

鳩よ、小さなナイチンゲールよ、新しい時が来れば、私の子供たちの戸口で歌うのだ。ああ、あなたのようにそこに飛ばない手はありません!あなたのように、海を越えて、私の国へ、飛んで行かなくてどうするのでしょうか!?

ああ、私がどうしたいかを彼らに伝えなさい、あなたの力を尽くして彼らに歌いなさい、「信仰を守りなさい、掟を守りなさい」と、そして彼らに答えさせなさい、「はい!私たちは信仰を守ります!私たちの神を忘れるくらいなら、千の死を受けたほうがましです!」と。


対訳テキスト[編集]

注釈と説明

ビニャン村の司祭が自分の村に帰ってきた日は、国にとっておめでたい日だった。溶けるのを防いでいた鐘が動き出し、知らせを聞いた人々が遠くから走ってきて、誰もが彼に会いたがり、彼のカソックに触れ、その手に口づけしようとした。その額は青白く、頬は痩せ、髪は流浪の旅で白くなっていた。まるで、地下墳墓から出てきた最初のキリスト教徒のようだった。

翌日、彼は讃美歌歌った。教会は、聖人の首が切られ、壁は緑色の漆喰で覆われ、床は瓦礫で覆われていたが、すべての額が喜びに満ちていた。司祭が司式をしている間、割れたステンドグラスの窓から風が入り、祭壇の布を揺らし、彼の白い髪を揺らした。彼は古い法衣を着ていたが、彼の額は教区民と同様に喜びに満ちていた。

M. l'abbé Le Joubiouxは、この聖なる司祭を偲ぶために興味深いブルターニュ語の記事を捧げている。彼が、批評が正当化する形式に対するある種の偏見に従わざるを得なかったことを、我々はただ残念に思う。

ビニャンの住人たちよ、司祭と父親はどこにいる?嗚呼 彼の体はあなたから遠く離れていますが、彼の思いと心はあなたから離れてはいません

元の旋律

脚注[編集]