ドーバーからカレーまでの海峡トンネル

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ドーバーからカレーまでの海峡の下のトンネル。モン・セニのトンネルの成功は、最も大胆な技術者に勇気を与え、ドーバーからカレーまでの海峡の下のトンネルの掘削の困難をどう克服するか、様々な計画が出てきた。地質学者も最初は二の足を踏んでいた。海峡の底は硬い固い石灰岩や白亜の大理石でできているという説もある。トンネルの建設にこれほど便利なものはない。素材はチーズのように簡単に切れるし、他の障害もない。唯一の問題は、露出度と利子がつくかどうかだ。一方、有能な地質学者は、このトンネルが通る地層は多孔質で、地中深くまで達する広い亀裂や割れ目があり、工事は絶対に不可能だと主張している。テムズ・トンネルへの浸水も想定外だったことを思い出そう。私はどちらの説も必ずしも受け入れてはいない。それを決めることができるのは、実際の実験だけである。私はただ、自分の意見をストレートに言いたいだけである。つまり、この実験は、実際に論争の問題を決めるほどには行われないだろう、ということである。

私は、イギリスと大陸の多くの有力な団体が、この計画について世論を獲得しようと努めていること、そして彼らがこの計画を実現可能と考えているだけでなく、その実行を熱心に勧めていることをよく承知している。しかし、私は断固として反対の立場であり、この事業を遂行するために見積もられた200億ポンドは、純粋に捨てられると信じて疑いない。このように影を追う一方で、私たちが確実に持っている本物の代替物を犠牲にしていることになるのである。

まず、仮に海の中に長さ25マイル(5ドイツマイル以上)のトンネルを作り、換気できたとして、誰がそれを借りると豪語するのか。このような長時間のネズミ算式に身を任せる勇気のある旅行者がどこにいるだろうか。4分の3時間も恐怖に耐え、いつ何かの事故で換気が悪くなり、列車全体が窒息死してしまうかもしれない危険を冒してまで、この列車に乗ろうとするだろうか?イギリス3マイル(ドイツ4分の3)のトンネルを車で通ったことのある人なら、それがどんな気分にさせるか知っている。さて、たとえ大多数が大胆で信頼できる人であったとしても、たとえ幸せな試みが人々を安心させたとしても:少なくない少数派が海の旅を好み、確かに海に強い人ばかりである。

これは、収益性に対して言うべきことである。さらに、戦争が勃発する可能性は、どんな状況下でもこの作品全体にとって危険であることに変わりはない。トンネルのために欧州の中立性を保証すべきだ! もし、そのトンネルが敵の手に渡っていたら?そうなると、当然、水没することになるわけである そして、「海峡トンネル会社」とその2千万ポンドはどうなるのだろう。もちろん、隣国であるフランスは、私たちが望むように平和になることができるが、すでにそうなっていると誰が言いたいのだろうか、そして、今、私たちが彼らに対抗している「海の銀嶺という最高の防波堤」はどうなってしまうのだろうか。

地質学的な可能性、経済的な可能性、政治的な可能性など、あらゆる困難が、橋梁に信頼を置く技術者たちを現場に呼び寄せたのである。その大胆さは素晴らしいが、彼らは最も冷静にその計画を世間に発表している。10月10日付の「タイムズ」からの一例である。橋の高さは、春の大潮を越すのにちょうどよく、一里から一里まで開くことができ、大きな船も通すことができるなどとしているが、この計画の独創的な発案者は、橋の発案者と同じであった。しかし、この巨大な計画の独創的な著者は、橋脚の立て方すら教えてくれないし、費用についても口を閉ざしている。また、嵐や暗い夜の船の衝撃から橋をどう守るかも書いていない。

ドーバーとグリズネを結ぶこの2種類の接続方法は、両岸から肉眼で見える対向する石灰岩の断崖のうち、明らかにトンネルが最もキメラ的でない。

しかし、ここで、すでに提案されている現実的な解決策に迫る。

ドーバーからカレーへの通路の害は大きく、深刻な性質を持っている。しかし、トンネルにかかる費用の20分の1で、最も繊細な旅行者のためにさえ、この害を解決することができるのである。50万ドルをダンケルクとブローニュの間の港と港湾堤防の建設に、あるいは半円形の堤防の保護の下にカレーとブローニュの堤防を前進させるために使えば、十分に深い水深であらゆる天候での接近が可能になる。そうすれば、どんなに荒れた天候でも、目立った揺れもなく、80分で移動できるような、大きくて動きの速い船を作ればいいのだ。

この情報は、十分に壮大であるが、冒険的でもなく、不可能でもなく、したがって、想像力よりも心に訴えるものである。と推薦している。

アーノルド・ルーゲ

脚注[編集]


この著作物は、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1928年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。